Tag Archives: VPN

今が最悪の時期?上海のインターネット環境

 先月末からずっと、上海でのインターネット環境の悪い状態が続いている。

 但し、これは日本などの国際アクセスに限った話で、中国国内へのアクセスは変わりなく平穏無事な状態である。

 しかし、日本へのアクセス状況はすこぶる悪い。

 Yahooのトップページがなかなか開かなかったり、以前は繋がっていたGooのトップページにもアクセスが出来なくなったりしている。
 すでに1年ほど前からはVPNを通さなければYahoo検索ができない状態にはなっていたが、Gooは検索が出来ていた。

 しかし今回それもふさがれた状態になっている。

 一応頼みの綱のVPNは、繋がることは繋がるのだが接続速度がすこぶる遅く、動画はもちろんのこと、音声さえも途切れ途切れになってしまうようなことがある。
 こんなネット状況は非常に精神的に悪く、日々とてもイライラしているのである

 何故こんなことになっているのか、いろいろ理由を考えてみたが、まずはトランプ氏の貿易戦争やファーウェイ絡みに関すること、30年前に北京で起きたあの事件のこと、また最近起きた香港での出来事など、中国にとっては好ましくない情報が、国外で流布されているので、国外への接続が厳しくなっているのかもしれないと想像した。

 さらに上海でもどうやら今月は闇勢力の排除キャンペーンなるものをやっているようで、街のいたるところに横断幕が掲げられ、悪い奴を見つけようなどと書かれている。

キャンペーンの横断幕

 何故この時期に、こういったキャンペーンが行われているか分からないし、実際の具体的な脅威が街に迫っているのか、それとも単なる引き締めのための掛け声なのか分からないが、とにかく横断幕が沢山貼られている。

 ひょっとすると現在ネット環境が悪いのも、このキャンペーンの影響なのかもしれない。

 ということであれば、このキャンペーンは6月いっぱいのようだから、月明けの7月には回復する可能性を期待できるのであろうか?
 ただここまでインターネット環境が悪くなってしまうと、確実にビジネスに影響が出る。

 国内向けにだけ商売している方であれば、影響が少ないのかもしれないが、為替レートから始まって、国際情報を瞬時に拾えるのがインターネットの利点なのだが、これだけレスポンスが悪いと、インターネッとが使いものにならず、国際情報から立ち遅れてしまう可能性がある気がする。

 私が上海卒業を考え始めた理由の一つにこの上海のネット環境の悪さもあり、やはり仕事の障害の一つとして苦しんでいるのである。
 とりあえず来月に月が替わって、環境が少しでも回復していることを期待したい。
 

今時の中国向けレンタルWIFIルーターはVPN付き

 昨今の中国のインターネット事情は不便を増すばかりであり、ますますスムーズさを欠いて、日本のサイトへの接続速度がひどくなりつつある。
 頼みの綱のVPNも、よく途中で途切れるようになった。
  まあ動画などを見ている最中に途切れるようなことはあまりないのだが、YAHOO検索などをかけたときに突然ぷつりと途切れてしまい、回復に時間がかかる。

 以前からも中国の重要な会議などが行われる時期などは非常にパフォーマンスが低下することがあったがここ1~2週間はちょっとひどい。

 恐らく最近の要因はトランプ大統領の発言などを発端とした貿易戦争などが原因と推測するが、まあこの国はそんなはっきりしたことは言わないで、ただ突然に繋がりが悪くなる。

 この国はインターネット環境さえもう少し良ければ、まだストレスなく過ごせる国なのだが、どうもここが一番の生活ネックである。
 ところでこのように住んでいる者にとっても不便なネット環境の中国であるから、短期で訪れる旅行者にとってはもっと不便だろうと思っていたのだが、最近はちょっと事情が違うらしいということを知った。

成田空港の香港航空機

 どうやら日本の空港でレンタルされるWIFIルーターに、予めVPN回線への接続がセットされているようである。
 つまり、中国に入境した後、中国側のWIFI環境には繋がず4G回線などの公衆回線に繋がるWIFIルーターを使い、そのルーターにセットされたVPNポイントに接続することによって、例えばLINEやグーグルなどの中国国内では直接利用できないサービスが利用できるようなのだ。

 よく考えてみるとこれは、賢いというか当然のサービスであり、利用者は日本同様のネット環境を持ち込みたくて、当然のごとくスマホやノートPCを持ち込むのでこれはとても需要が高いサービスと言えるである。
 もし、それらのサービスに繋がらないようで有れば、スマホは単なるカメラ付き携帯電話と化してしまうので意味がなくなくなるのである。
 先日このレンタルサービスを行う業者のサイトを覗いたところ、「特別回線」など表現されているが、これは明らかにVPN回線のことであり、まあ横文字に弱い人のことを考えてこういった表現にしてあるのだと思われる。

 レンタル料は1日1000円前後であり、決して安いとは言えないが、中国現地でグーグルマップなどでの位置情報やYAHOOなどで情報検索する必要性を考えると、できれば付加すべき機能ではある。
 もちろん中国語の現地情報などはあるが、外国人にとって自国言語で書かれた地下鉄路線図などのほうが使いやすいのである。

 幸いWIFIルーターの場合は複数人接続が可能なので、旅行同行者全員で共有しても良いだろう。

 もっとも、VPN回線契約だけならば月1000円程度なので、現地のスタバなどでのWIFI接続を主にして利用するのであれば、短期のVPN契約をして、ルーターを借りずに済ます手もある。
 しかし、海外ローミングでの4G回線(公衆回線通信)利用はやはり通信費が馬鹿にならないので、4G対応のスマートフォンを持っていたとしても、WIFIルーターを利用するのが賢明なのではないかと思われる。

 いずれにしても、旅行者にとっては中国のインターネット環境に対してそれほど極度に構える必要はなくなってきたと言えるだろう。

成田空港出発検査場入り口

 ただ、ここで気を付けておきたいのは、恐らくVPN回線は完全なフリーパス回線ではないでろうということ。
 どういうことかと言えば、恐らく通常は警察に止められている道をVPN回線は許可証を見せて警官の前を通り過ぎているようなものであって、決して警官の見えない裏道を抜けているわけではないだろうと察せられる。

 つまり、VPNであろうとなかろうと常時通信内容などを見られている可能性があるわけで、法律的に禁じられている違法な行為はやはり違法で、場合によっては逮捕されたりする可能性があるため、くれぐれもネット上での言動や行動は慎重に行った方が良いだろう。
 そこを忘れなければ、短期旅行者であっても中国国内で一応は日本と同じようなネットサービスは受けられる環境になったようなのである。

海外のスマホでは聴けない日本のラジコ

 私が何度も日本のラジオを好んで聞いていることは何度も書いているが、全ては自宅(場合によっては職場)のインターネットの固定回線を通してのPC(パソコン)での聴取だった。

 もちろんラジコは日本国内だけのサービスであり、海外にいるこちらとしてはVPNを通して聴いていた。

 ところが昨日は所用で外出してしまったため、放送時間に自宅へ戻ることが出来ない状況になってしまった。
 そこで、スマホで公衆回線を通してVPNに繋ぎ、ラジコに接続しようとチャレンジした。

写真はイメージ

 これまでスマホでの聴取については、通信量が嵩むという発想もあり一度も試してこなかったのだが、放送時間まで間に合わないのはちょっと嫌だったので通信量に目をつぶってためしてみることにしたのである。
もちろんタイムフリーを使ってあとで聴けば何の問題もないのだが、生放送はやはりリアルタイムで聴きたいのである。

で、YAHOOでラジコのサイトを検索して、ラジコのサイトに接続してみた

すると、PCで見ていた画面とは別の画面に繋がった。

その画面の説明によるとスマホの場合はアプリをダウンロードしないと聴けないとある。

「なんだなぁ、不便だなぁ」と思いつつ、数メガのアプリをその場でダウンロードしてインストールした。

そしていよいよ再接続を試すことにした。

ところがである。
アプリを起動しようとすると、なんとアプリが位置情報の取得の許可を求めて来た。

 「ガーン!、そういうことか・・・」

 こちらは海外にいるので当然のことながら、位置情報はGPSも接続回線情報も上海になってしまっているわけで、通信はVPN回線を通そうが位置情報は日本国外になってしまう。

 つまり、サービスエリア外と判定されてしまうことになる。
 
 実際に繋ぐ前にそのことに気づいてしまったのでたぶん繋がらないだろうと思ったものの、一応位置情報の提供をOKにして繋いでみた。

が、やはり案の定つながらなかった。

「やっぱり・・・」

恐らく推測するにラジコはラジオ放送の補完的役割という基本方針があるため、日本国内でも聴取者の滞在位置によってエリア分けをしている。
従って、スマホで地域移動をしてしまえばラジオの電波が届く範囲の放送しか聴けないという設定にしてあるのだろう。
故にスマホの位置情報を利用するのであり、故に海外からはVPNを通してもスマホの位置情報を利用されて、海外と判定されてしまう。

 結局この日はスマホからの接続を諦め、帰宅後にタイムフリーの利用で聴取と相成った。

 まあこのエリア制限は、恐らく何らかの回避策があるのではないかと思うが、今回は調べきれず今後の研究課題である。

ラジコのタイムフリーがとても便利

 中国に来てからテレビをほとんど見ない自分は、ずいぶん前から日本のラジオを、VPN回線を通して聴くことが習慣化している。

特に週末の土曜日は外出するイベントがない限り、家でラジオを聴きながら作業をしたりして過ごすのが毎週の行動パターンとなっている。

写真はイメージ

 しかし、天気の悪い日はともかく天気の良い日に家でラジオを聴いて過ごすというのはどこか勿体ない面もあり、どうも体がムズムズしてしまう日もないではない。

 ただ、毎週聴くことが習慣化してしまうと、番組を聞き逃すのもまた嫌で、好天を恨めしそうに眺めながら結局は家に閉じこもって過ごしてしまう日も少なくなかった。
 さらにイベントなどで外出せざるを得ない日も後ろ髪引かれる思いで外出していた。
 
  そんなラジオ好きの私にとって、最近とても便利な機能が登場している。

 それはラジコタイムフリー機能である。

 これを説明するには、ひょっとると「ラジコ」自体から説明しなければならないのかもしれないが、ラジコとはインターネットを通して聴取できるラジオであり、電波で流れているラジオ放送がそのままインターネット回線を通して聴けるものである。

 ただインターネットラジオとはいうものの、一応エリア制限があり、日本国内を幾つかのブロックに分け、首都圏からの接続であれば基本としては首都圏のラジオ局の放送しか聴けない。

 しかしこれには例外があり、ラジコプレミアムという月額350円(税別)の有料会員になるとエリア外のラジオも聞き放題となる。
 現在日本全国のラジオ局82局が参加しており、その気になれば北は北海道から南は沖縄まで全国のラジオ放送を聴くことができるのである。
 まぁ私の場合、ほとんどTBSラジオ一択で聴き続けているので、プレミアムには入っていないのだが、結構便利な機能である。

 そして、昨年10月から試験が始まっているのがタイムフリー機能である。

 これは、過去一週間分の放送の録音がそのまま聴けるというもので、スポーツ中継など特定番組以外は万が一放送を聞き逃しても聴取可能なものとなっている。
 それ故に、今まではライブで聴くほかなかった番組が、時間を問わず聴けるようになったのである。

 これにより昼間の番組を夜聴いたり、早朝の番組を昼過ぎに聴いたりと自由な聴き方が可能で、用事と重なって外出せざるを得ないような時でも安心して後から番組を聴くことが出来る。
 ただ、一応注意を言っておくと、同じ番組を1週間以内に何度も聞けるわけではなく、一番組につき聴取可能な時間は最大3時間までとなっており、巻き戻しての聴き直しは可能だがその分で時間カウントされてしまうので、聴き方によっては全部聴き終えないうちに時間切れとなる場合もある。
 あくまで原則は一回限りの聞き直し機能ということのようである。

 とにかく、この機能により私のラジオ番組の聴取の幅が広がり、TBS以外にも朝のJWAVEなど日本時代の聴取習慣を取り戻しつつあり、聴取時間が足りないくらいラジオな時間を過ごしている。
 

北海道日本ハムファイターズの日本一とラジオの野球実況技術の高さ

 一昨日、日本のプロ野球の日本シリーズで見事に北海道日本ハムファイターズが勝利を決めて日本一に輝いた。
 実に10年ぶりの日本一であり感慨ひとしおである。

 この一週間は日本シリーズのおかげで、いろんなことが手につかなくらい日本シリーズに集中していたので、ある意味やっと解放されたともいえる
 
 実はちょうど10年前の優勝の際に、私は上海にやってきており(正確にはまず蘇州に行った)あれ以来の日本一ということになる
 それ故にこの10年という長さはちょうど私が上海で過ごした時間と同じことになる。

 当時はたぶんテレビの実況中継も見てないし、インターネットの速報で優勝を知ったようなことだったと思うが、ファイターズの日本一を知って始まったばかりの上海生活の心を引き締めたような心境だったような気がする。

 で、あれから10年が経ち、相変わらず上海にいる私は未だ日本のテレビとは縁遠い生活を送っている。
 有料の海外テレビ視聴サービスも身近で提供されているのだが、コストが高いのと、日本のテレビを見始めると結局自分が怠惰になるだけなので遠ざけてきており、視聴サービスは一度も契約しないまま10年が過ごしている。

 どうしても見たいサッカーの試合などがあるときは、テレビ設置の日本料理屋などにいけば事足りたのである。

 その後VPNには加入したので、日本のパリーグテレビくらい入ってもいいかなと考えた時期もあったが、仕事や時差の関係上毎試合見られるわけでもないので、コストパフォーマンスを考えやはり見送った。
 で、結局残ったのが日本のラジオのインターネットサービスである「ラジコ」であり、このラジコを通じて日本のラジオの野球中継を聴くことにしたのである。
 
 でラジオの実況中継を聴いていて改めて感じたのは日本のラジオ実況の技術の高さである。
 ラジオなので当然音だけなのだが、会場の雰囲気から選手の動きまで手に取るようにわかるように実況され、選手の表情から天候、守備体形までが詳しく説明される。

 そしてその合間合間に解説者の解説まで織り込んで放送するのだから下手にテレビで見るよりわかりやすいのである。

 むしろテレビの実況のほうが映像に頼り切ってしまい、時には緊張感に欠ける実況が行われることもあり、盛り上がりに欠ける放送が行われる時がある。

 その点、ラジオ実況は一球一球耳が離せず、緊迫するので試合が動いたときの緊迫感や盛り上がりがひしひしと伝わってくる。

 まあ野球という競技自体が比較的定型的な動きの繰り返しなので、比較的説明が容易というのもあるかもしれない。
以前サッカーのラジオ中継を聴いていたこともがあったが、まるで場面が想像できずもどかしさばかりが募ったのを覚えている。
その点、ラジオ実況を聴いている範囲ではもどかしさを感じないほどに、状況が理解できるのである。

 こういったラジオ実況の技術のおかげで、今回の日本ハムのペナントレースやCS、日本シリーズにいたるまでライブはすべてラジオで聴いていた。

 まあ、どうしても映像で見たくなったシーンなどはYAHOOやYOUTUBEに上がってきたもので確認しており不足はない状況になっていて、ライブで映像を見たいという欲求はそれほど高まらずに済んでいる。

 ただまあ、映像で見たい欲求はそれほど高くはないが、スタジアムで一緒に応援したかったという気持ちはちょっと残り、日本一はうれしいがちょっと今後どうするべきかを悩んでいる。

 とにかく北海道日本ハムファイターズ日本一おめでとう。