Category Archives: オーケストラ

チェリビダッケのブルックナー7番のライブ映像

最近YOUTUBEを覗いていると、時々懐かしい映像に出くわす。
 その一つが、チェリビダッケが1990年に手兵のミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団を率いて、東京赤坂のサントリーホールで行った演奏会の映像で、非常に懐かしさを覚えた。

 忘れもしない1990年10月18日の夜で曲目はブルックナー作曲の交響曲の第7番である。

 何故懐かしいかというと、実は当日会場に足を運んでおり、この演奏を会場にて生で聴いていたからである。

 ただ、今でこそブルックナー好きを自認していて、この組み合わせと曲目であれば垂涎の内容であり、金がなくても借金しても行くかもしれないほど惹かれるのだが、実は当時はブルックナーの音楽というものを私は丸で知らなかった。

 もちろん知識としてブルックナーという作曲家がいることは知っていたが、作品を聴くことはほぼ初体験だった。

 そんなブルックナー初心者の私が、ファンからすれば超プラチナのチェリビダッケの演奏会に何故行ったかといえば、母親の知り合い経由で幸運にもチケットが回ってきたからである。

 協賛企業向けのチケットのようで、当然S席であり、前から15列目くらい超良い席だった!

 いまなら考えるだけでも気絶しそうなほど、すごい体験だったのである。

 しかし、上述のように当時の私は残念なほどのブルックナー初心者であった。

 というか生のオーケストラ演奏会でさえ、通算片手で足りる程度のビギナー聴衆であり、海外オーケストラも当然初体験だった。

 故に、これだけのプラチナ演奏会でありながら、当時の自分にはその価値を味わい切ることができなかったのである。

 居眠りこそしなかったが、ブルックナーの長くゆるやかな曲は非常に長く感じられ、自分の中でどう受け止めて良いかわからなかったのである。
 もちろん、音色は非常に美しく、音も非常に分厚く柔かったことは非常に印象に残っているが、いかんせんブルックナーやチェリビダッケ音楽性を理解するには当時の自分は未熟すぎたのである。

 今思えば非常に勿体無い体験だったのである。

 しかし、この時の縁というか体験が、その後の音楽鑑賞行動に大きな影響を与えてくれることになる。

 チェリビダッケの音楽の凄さの価値を認識してのめり込むようになったのは、NHKの特番か何かがきっかけだと思うが、禅を通じて音楽を語るチェリビダッケ氏の言葉に強く惹かれていくことになる。

 そしてブルックナーとチェリビダッケの偉大さを知った後、改めて当時の映像を確かめてみると、鳥肌が立つほど素晴らしい出来栄えだったということが分かった。

 改めて当時の自分がこの演奏を理解しきれなかったことを悔やむと同時に、結局はあの日があったからこそその後に感化された今の自分があったのかなと思うと、人生の出会いの不思議を感じるこの映像なのである。
 


ブラームス交響曲第4番

 クラッシックと呼ばれる曲は星の数ほどあり、私も数多く聴いてきているが、私にとってこのブラームスの交響曲第4番は特別な曲である。
 この曲は名曲の一つとして列挙されることも多いが、その評価ほどには演奏される回数もそれほど多くないのではないかという気がする。
 ブラームスの交響曲といえば、1番や2番がよく演奏され、それに比較すると4番が演奏プログラムに載ることは少なめな印象である。

 それは何故か? 

 まぁ私は演奏家では無いので詳しいことは分からないが、この曲は演奏が難しいというか深い表現力が要求される曲だからではないかと推察する。
 巷の名曲と呼ばれる曲などの中には、アマチュアオケなどのように演奏者の技術レベルが低くてもそれなりに曲の力で聴けてしまう曲もあるが、このブラームスの交響曲第4番はそうはいかない。
 この曲は演奏者を選ぶというか、それなりの技術を持っていい音色を響かせるオーケストラと、しっかりとそれをドライブ出来て表現力を引き出せる指揮者でないと、音楽が音楽にならず聴くに耐えない状態になってしまう。
 
 実際、先日YOUTUBEで日本のアマチュアオケの演奏会の様子がアップされていてちらっと見たが、始まってすぐに聴くに耐えられなくなり切ってしまった。
 普段ほかの曲ではアマチュアとてそこまで差を感じることはないのだが、この曲は演奏者の力量というか経験がモロに出てしまって辛かったのである。

 このブラームスの第4番は、言葉で説明しようとするするのはとても難しく、言葉が曲を薄っぺらくさせてしまうことがとても怖いのだが、敢えて勇気を出して書けば、人の心の憂いだとか迷いとかがこの曲の根底に流れていて、ため息をつきながら逡巡する人の心模様が表現されている曲となっている。
 ただそれは必ずしも暗く沈んだものではなく、心の内面に沸々と湧き上がる熱さと力強さ故の逡巡でもあり、前を向くが故のもどかしい心の葛藤であり、メロディがそういった心を時に鼓舞し、時に心に寄り添うように優しく包み込んでくれる。
第一楽章、第二楽章と、心の葛藤に向き合った後、第三楽章で一瞬華やいだ明るさを取りすが、第四楽章で再び悟ったように葛藤の中に戻る。
 そういった一人の人間としての人生を悩むような心の葛藤がここに存在している。

 この曲は、特に未来への希望の途中で心の孤独に耐えて自分と向き合わなければならないようなときには、非常に心に染みる。
 このような意味で、私にとって若い頃から非常に心の支えとなっている曲である。

故に迂闊に中途半端なレベルの演奏を聴きたくない曲であり、やはりそれなりに力がある指揮者でないと聴く気がおこらないのである。


 

クラシックコンサート鑑賞の流儀

 流儀などと書くと仰々しいが、昔からコンサートを聴きに行く際に習慣になっている行動パターンというか、聴き方の段取りが自分の中でおおよそ決まっている。

 野球選手で言う打席前のルーティーンのようなもので、まあそれほど厳格な決め事ではないものの、ほぼ毎回その段取りを踏襲してコンサートに臨んでいる。

 もちろんルールのためのルールではなく、あくまで音楽を聴く時間大切にするための段取りである。
 改めて書き出すと結構な量になり、自分でも驚くのだが、まあそれくらい生の音を聴く機会というのは大切な時間なのである。

①前日は疲れを残さない
 コンサートを聴く行為というは結構集中力を要するため、前日はなるべく酒席などを避け、コンサート当日に疲れを残さないように過ごすようにしている。
 また生モノや冷たい飲み物も避け、お腹を壊すなどが無いように体を保つようにして、風邪をひいていたら強力な薬などで無理やり直す。
当日具合が悪くなってチケットを無駄にしたり、演奏中に体調が気になって集中を欠くようなことがないよう準備をする。

②耳掃除
しっかり音楽を受け止めるために、前夜の内から必ず綿棒で耳掃除をしておく。

③栄養ドリンク
コンサートに臨む際、2時間ほど集中するのにはやはり体力が必要なのでほぼ毎回コンサート前に栄養ドリンク的なものを飲む。
 但し、あまり冷えすぎたものはお腹を冷やす可能性があるので、なるべく常温に近いものを摂取する。

④直前の食事は軽め
 コンサート前には必ず開演の2時間前くらいにサンドウィッチ程度の軽めの食事を摂ってから会場に行くことにしている。
 軽めにするのは演奏中眠くならないためと、トイレのリスクを避けるためである。
 逆に空腹でも途中で集中力を欠いてしまうので、必ず食事を摂ってからコンサート会場に行く。

⑤当日はコンサート会場に開演1時間前には着く
 コンサートの開演時間ギリギリに到着すると、心が音楽を聴く状態にならず、ざわついた状態で音楽に向かわなければならないため、原則として1時間前にはコンサート会場に到着するよう心掛けている。
 それ故にコンサートの当日に別の用事を入れることは極力避け、19時や20時から始まる夜のコンサートならば、15時以降はなるべく予定を入れないようにする。
 1時間前の他の聴衆があまり集まってない状態で会場に着き、気持ちのざわつきが落ち着くようにするのである。
もちろんトイレなども余裕をもって済ませることができる。

⑥プログラムは必ず手に入れる
有料・無料にかかわらず、プログラムは当日会場で必ず手に入れる。
早く着いてしまうので、時間つぶしに読むという意味もあるが、まあ曲の順番や解説を読み、すこしばかり予習をする意味があり、記念というか記録という意味でもプログラムの購入は大事である。

⑦開場したらすぐ入場
普通のコンサートホールは大体30分前に開場するが、私は開場したらすぐ入場し席に行く。
あとから入って席を探すとバタバタしてしまうし、比較的静寂なホールの雰囲気を楽しみ、心が会場に馴染んだ状態で演奏を聴くためでもある。

⑧眼鏡の掃除と目薬
席に着いてから、眼鏡を拭いて、目薬を差すことにしている。
もちろん、目薬を差して脳に刺激を与え、心がシャキッとした状態になってから音楽に臨むためである。
またホール内は結構乾燥しており、眼も乾くためステージ上がしっかり見えるよう目のコンディションを整えるためでもある。
 
⑨タオルかハンカチを手元に用意する。
演奏中、空調の関係で冷えて咳き込むことが時々あるため、自分がもし咳をせざるを得ない状態になった場合に、咳の音が最小限になるよう、手元にハンカチかタオルを準備し、万が一の際はそれを口に当てられるよう準備している。

⑩携帯電話の電源を切る。
 演奏中に携帯電話の音が鳴らないようにするのは当然のこととして、音を消した状態にした上で電波を遮断する航空機内モードにし、さらに電源を切ってしまい、スマホ通信の未練を断ち切った状態で演奏を待つ。
 音云々の問題もあるがスマホで得られる情報などに気を取られると音楽に集中できないため、早めに未練を断ち切り、気持ちを鑑賞モードにして臨むのである。
⑪荷物は床に置く。
 演奏中、眠くなってパンフレットなどを床に落とすといった不注意を防ぐため、パンフレットは鞄にしまい、鞄は膝の上に置かず必ず床に置く。
 傘も立てかけず、必ず預けるか床の上に横倒しに置く。
 これも全て演奏中の不注意で落としたりして物音を出さないための準備である。

 このように幾つかのいつものルーティーンを経てコンサートに臨むのが習慣になってしまった。
 故に開演時間ギリギリで入場することは滅多にないし、そういう聴き方は極力避けている。
 皆様に真似をしろとまでは言わないが、やはり演奏を生で聴くというのは非常に贅沢なお金で買った時間であり、その贅沢を最大限味わい尽くすには、それなりの努力と準備が必要なのだと思っている。

dav