Category Archives: オーケストラ

チケットの勘違いで危うくコンサートを聴き逃しかける

人は一つのパターンに従って行動することに慣れると、別のパターンがあることを忘れてしまうようである。
そもそも前日のうちからきちんと確認する行動をとっておけば良かったのだが、自分で安全のための保険をかけているという安心感があるので、不測の事態が起きるとは予想していなかった。

その不測の事態とは先日のコンサートのチケットのことである。

先日から、何度か書いているように最近のコンサート通いは費用節約のために、ダフ屋チケットを通して買うことが多くなった。
しかも公演直近の購入だと、チケット渡しが当日の会場前とかになってしまい、先日のような出来事が起きてしまうのは怖いので、なるべく事前に実券を手に入れることにしている。

そして受け取ったチケットも、いつも持ち歩いているカバンの中の、クリアケースフォルダーの中にしまって保管しており、カバンごと盗まれでもしない限りチケットは失くさないような状態で保管している。
そうやって準備している安心感というか自信があったので、改めてチケットを前日に確認しなくてもまず大丈夫であろうという意識で当日を迎えた。

当日の朝、さすがにチケットを忘れていたらまずいだろうと思い、会社に着いたときにそのクリアフォルダーの中のチケットを確認しようとした。
しかし、チケットをまとめて保管しているクリアファイルの部分にチケットが見当たらなかった。

「あれ、おかしいなぁ」

違う場所に保管したり、カバンの中に落ちているのかなと思い、カバンの中身を全てひっくり返して見たが、やはりチケットは無かった。

「ありゃ、家に忘れて来てしまったのかな。」

家の中は結構散らかっているので、チケットのような重要なものはあまり家に放置しないようにしているのだが、万が一ということもある。

この日のコンサートはどうしても聴きたかったので、もし見つからなかったら泣くに泣けないなと思いつつ心ここにあらずで昼の仕事をこなす。

しかしいたたまれなくなって、何とか職場から直帰できるように外に用事をつくって早めに帰宅して家の中を探すことにした。
で、家の中を片付けながら探すがやはりチケットは出て来ない。

「うわ、仕事で移動している時にどこかでチケットを落としてしまったのかな」と嫌な可能性が頭をよぎる。

そうしているうちに演奏会開始の時間がどんどん迫ってくる。

もう半ばあきらめかけた時、もしかしたら業者のミスか何かで実はまだチケットを受け取ってないのではないかという可能性が浮かんできて、スマホのショートメール履歴を確認した。

実は上述のダフ屋サイトでは公演日が迫ってくると、それを知らせるショートメールが送られて知らせてくれる仕組みになっているのだが、何故か今回は受け取った記憶がないということに気が付いたのである。

「うーん購入した日はいつだったんだっけ」と、ショートメール履歴を確認していると、あるメールを発見した。

それは、なんと今回の会場サイトからの予約完了と発券パスワードを知らせるメールだった。
「うぉー、そうだったぁ!このコンサートは会場サイトで直接予約したから、チケットは会場現場での発券だった!」
つまりチケットはまだ受け取ってないのである。

どうりでチケットが見つからないはずであり、いつものパターンでチケットは持っているものだのと思い込んでいたのである。

とにかくコンサートを聴ける可能性が出てきた。
この時に時計を見ると、すでに18時20分だった。

コンサートの開演は19時30分であり、なんとかギリギリ間に合う時間だった。

チケット探しで汗だらだらの状態であったが、急いで洗面所で顔を洗うとすぐに部屋を飛び出した。

駅への移動中に自分が物凄く空腹で喉も乾いている状態に気が付き、このままコンサートを聴いてもよかったが、それでは身体が辛すぎるし、その程度の時間は何とかありそうだったので、急いでコンビニでサンドウィッチとウーロン茶を買い腹へ押し込んだ。

駅へ行ってみるとちょうど夕方のラッシュ時にぶつかり、改札前の荷物検査のところで人がわんさかと渋滞していた。
うわぁと思いながら、焦る気持ちを抑え何とか地下鉄に乗り会場へ向かう。

確信はなかったが最寄り駅には開演20分前には着くであろうと予測を立て、会場まで5分、チケットを機械で発券して10分前には何とか席につけるであろうという計算である、

地下鉄の列車の中は非常に混んでいて、その日の気候の影響で車内はムシムシしていて汗がだらだら流れてしまったが、こちらはもうそれを気にするどころではなく、列車トラブルなどなく無事に着いてくれと祈るだけだった。

そうして最寄り駅に無事に着いた。

改札を出ると速足で会場に向かい、会場に入れたのが開演12分前くらいのころ。

そして急いで発券機に自分の携帯番号とパスワードを打ち込むと、無事にチケットが印刷されて出てきた。

「このチケットを探してたんだよ―!」とこの時ようやく安心することが出来た。

チケット発券機

通常ならこの後、開演前にトイレに行くのを習慣というか、ルーチンにしていたのだが、今回は汗で水分を出してしまって身体自体がカラカラだったのでトイレで出そうにないので、そのまま会場に入った。

この日は幸いにも、通路際の席を取っておいたので誰に気兼ねすることもなく着席する。

時計を見ると開演4分前であり、一安心である。

上海東方芸術中心

コンサートの時は身体を最大限にリラックスさせてから臨むのがいつものパターンだが、この日ばかりは気持ちがハイな状態でコンサートに臨むことになった。
それもあってか非常に集中力の高い状態で曲を終演まで聞きとおすことが出来、満足の高い演奏となった。

もしチケットの件に気が付かなったなら聴けなかったと思うと、非常にぞっとしたが、何とか無事に乗り切れたので、自分の運もまだ地に落ちていなかったようである。
やはり前日にチケットを確認しておけば、早めに当日発券の事実に気づいたかもしれないし、一つのパターンの思考で行動してはいけないと反省したこの日の出来事だったのである。

第九の第3楽章の味わい

 日本では年末師走の風物詩として当たり前すぎるほどにその名が知れ渡っている「ベートーベンの第九」だが、ここ上海でも徐々に演奏回数が増えてきているような印象である。

 10年前に第九の習慣のない中国で書いた通り、そもそも中国では第九の演奏は少なかったが、今年は暮れの音楽界のプログラムの中にちらほらと第九の名前が散見されるようになってきた。

私も昨年はその流れに乗って、先日の大みそかに第九を聴いて一年を締めた。(楽章ごとに拍手が起きる聴衆環境だったが・・・)

第九コンサートの看板

 と思っていたら、今度は今週の土曜日に日本人奏者や合唱団が大勢参加する「第九」が開催されるようで、私も慌ててチケットを手に入れた。

まあ彼らはオケも合唱もアマチュアの寄せ集め所帯なのだが、第九が浸透している日本人が大半を占めるようなので、そこそこの演奏にはなるのではないかと期待している。

 ところで、第九と言えば合唱を伴う第4楽章が圧倒的に有名だが、交響曲であるからには第1楽章から第3楽章までもきちんと存在し、音楽の作曲理念から言えば、開始から終わりに向かって一つの流れがあって、繋がっていることに意味があるのであり、第4楽章だけ聴けばいいというものではない。

 この 第九の各楽章のイメージは「チェリビダッケの第九」でも書いたが私は下記のようなイメージで捉えている。(前回より若干修正)

 第1楽章は、恐る恐る勇気を持って踏み出し壁にぶつかりながら開拓する精神

 第2楽章は、試行錯誤の中、大きな夢への希望の道筋を感じつつ進む喜びと苦労の時間

 第3楽章は、ふと立ち止まり、迷いの中、自分の内面と向き合い思慮にふける時間。

 第4楽章は、迷いが消えて夢の実現にまっすぐ進み希望の喜びがふつふつとわきあがる。
そして苦労を共にした仲間と喜びの宴、最後はどんちゃん騒ぎへ 。

 このうち第3楽章のアダージョは、実に優しい曲である。

 人によっては怠惰な冗長な楽章と評価する向きもあるようだが、第3楽章は第1第2楽章で力が入っていた状態から、ふっと肩の力を抜いて、自分の歩んできた道や自分自身の内面を迷いながらゆっくりと顧みる時間を与えてくれる音楽である。

 苦しかった時間や迷っていた時間などを思い出しつつ、あれこれや考えていくうちに、心の迷いが整理されて行き、徐々に心が一つの方向へ集約されていく効果がある。

 そして心の迷いが消えた状態で第3楽章が終わり、第4楽章で心身ともに力強く再度立ち上がり再び前へ動き始める音楽となり、いわゆる「心が決まった状態 」 になる。

このように第3楽章は心の浄化作用ともいうべき優しさがあり、メロディに心と身を預けることによって、心の迷いや苦しさを音楽が優しく慰めじっくりと自分の日常やそれまでの時間を思い出させてくれるのである。

 そしてこういった自分への振り返りがあって、初めて「心が決まって」第4楽章の喜びの爆発に繋がる。

 逆に第1第2楽章での苦悩があってこそ、第3楽章の振り返りが意味を持つ面もあって、いきなり前提(第1第2楽章)もなしに、振り返りの時間を持っても何も出て来ないのである。

この第九の第3楽章は、後にアダージョの大家(たいか)と評されるブルックナーが参考にしたとされるほど、深い隠れた名曲であり、第九に足を運ばれる方は合唱楽章の前の退屈な時間などと思わずにじっくりと心を預けて聴いてほしいと思っている。

中国人はテクニシャンが好き?

 上海でずっとコンサートを聴き続けていると、中国の聴衆に喜ばれる音楽家のタイプが自然と分かってくる。

 特にソリストに聴衆の好みの差が強く見える。

 どういったタイプが中国の聴衆に好かれるのかというとずばり「テクニシャン」タイプの演奏家ということになる。

 つまり、中国の聴衆には奥深い味わいのある演奏より、どうも超絶技巧的な速弾きを行うような演奏がウケているようである。

 中国人ソリストたちの演奏を見ていても、まさに体育会系的演奏スタイルと言うか、力いっぱい自転車をこぐかのように力を入れて熱演する。
 まあそれはそれで音楽演奏スタイルの一つの要素なのだが、音楽の魅力というのはそんな形式的なところだけはなく、もっと深い内面的なところにあるはずである。

 しかし中国の演奏家たちはどうもテクニックを磨けばいい演奏になるのだと信奉しているようなフシがみえる。

 実際、彼らの音楽には「歌い」があまり感じられず、内面から飛び出してくる音のゆれというか心の動きが感じとれないのである。
 確かにテクニックとしてはうまいのだろうが、あれでは芸術ではなく単なる楽器芸であり、極端な言い方をすれば大道芸の延長でしかなく人の心を震わすようなものにはならない。

 また聴衆にも問題がある。

 演奏家がそういったテクニック偏重の演奏をするものだから、「歌う」演奏というものに慣れず、聴衆も心で音色を聴くという姿勢で音楽に接していない。

 つまり初めから音楽によっての心が震えるような体験を期待しておらず、ステイタス的な満足感や、超絶的な技巧や単に心地よいだけの音、激しいだけの音楽を観に来ている聴衆が大勢いるような印象である。

 それ故なのか、演奏後の拍手もどこか形式的であり、楽章間に拍手が起こったり、指揮者が指揮棒を下ろしていないのに総休止の部分で音が途切れた途端に拍手が起きてしまう。

 まあ楽章間の拍手については、事前知識や慣れの問題でもあり、時に楽章そのものがすごい演奏だったり、交響曲のフィナーレを思わすような終わり方だったりする場合があるので、拍手をしたくなる気持ちもわからないではないので。あまり目くじら立てて非難するものでもない。
 しかし、曲が終わっての興奮鎮まる前の早すぎる拍手や、むやみにやたらに猿の遠吠えごとくホーホーと無意味な歓声を上げ盛り上げようとする聴衆にはやはり辟易する。

 特にこちらがそれほど良い演奏じゃなかったと感じたような時でも、中国人ソリストが超絶技巧を見せたときはホーホーと言葉になってない歓声で盛り上げだけ演出する。

 これを聴くとああ、彼らは音を聴いていても音楽は聴こえていなかったんだなとがっかりするのである。

 どうやら上海は音楽鑑賞文化がまだ成熟しておらず成長過渡期のようで、今のところまだじっくり音楽を聴いて感動したいというより、ステイタスで聴きに行くといった人が多いようで、テクニシャンの芸を観に行く鑑賞スタイルのようである。