Category Archives: 部屋

ごみ分別が始まって、さらに環境悪化

 先月7月1日から上海でもごみの分別が始まって、これまで一緒くたに捨てていたごみを生ごみと可燃物、資源ごみなどに分けて捨てることになった。
 これにより、ごみ資源の活用などが進むことが期待されていたようだ。

 しかしながら、私の住んでいる住宅エリア(小区)では、どう考えても失敗というか環境悪化に向かってしまっている。
 分別自体に問題があるわけではないが、収集方法に問題があるのである。

 施行前までは一回の入り口脇に置いてあったごみ収集ボックスの中に、全てのごみをごちゃまぜで捨てていたが、条例施行を受けて分別しなくてはならなくなったため、小区の中の何カ所に種類別の収集ボックスを集中設置した集中回収方式に移行した。
 朝晩の2時間ずつ、毎日回収されることになった。

 従って、住民はごみ捨ての度にごみを回収ステーションに捨てに行かなければならなくなった。
 私は現在自炊をしてないためそもそも生ごみは出さないが、ごみ分別は以前から行っており、今回のルールも把握できたため、面倒くさくはなったが、指定された分別ステーションにゴミ出しに行くことになった。

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

 しかしどうもこの方式が失敗したという印象である。
 徹底的に告知が不足している
 集中分別回収方式について、改正当日あたりに一瞬告知のようなものをエリアの掲示板で見かけたが、どう考えてもそれだけでルールの周知が徹底されたとは考え難い状況だった。

私はそれを写真に収めたためルールを把握することが出来たが、知らない人が大勢いるはずである。

 しかもその後改めて探してみても、その小区ルールを記した掲示などがどこにもないのである。
 結果、ルールが徹底されていないため、入り口わきの元の回収ボックスがあったスペースに、ごみが野置きされるようになった。
 もちろん生ごみもである。

 すると、ごみが山積みになった上にハエが集る状態になり、非常に不衛生になった。
 1ヶ月半が経過した今もその状況は改善されてない。

 その野積みされたごみは結局、従来通りの回収担当者がリアカーでごみを回収して回るのであり、以前に比べ何も進歩がないどころか寧ろ退化した状況になっている。

 まあ聞くところによると、今回のごみ分別回収は生ごみの分別が主目的らしく衛生管理やバイオリサイクル的なもののが主眼にあるようだが、現状衛生状態は逆に悪化しているのである。

 まあ社会においてルールの周知徹底というのは永遠の課題であるのだが、それにしても私の小区では対策について下手を打った印象である。
 良いルールも告知して情報を共有しないと機能しないという良い例である。
 
 私が見る限り、中国人は相手の心理がわからないのかどうも情報共有が下手であると感じている。

中国はエアコンが安い?2万円台も!除湿はおまけ?

 会社のオフィスのエアコンが壊れた。
 修理の人に来て見てもらったが、直せなくはないがまたいつ壊れてもおかしくない状態らしい。

  製造時期を見ると2003年となっているから15年以上稼働していたことになり、そろそろ潮時だろう。

 エアコンの平均買い替え時期は購入から13年程度とのことであり、そこから考えれば十分働いたともいえる。
 で、結局事務所の大家と交渉し、大家の負担で新品に取り換えてもらうことになった。

 同僚の交渉経緯を聞いていると、間に入っている仲介業者が手配をし、次回の家賃から差っ引くということになった模様である。
  コストとして2000元程度とのことで、2~300元の修理代を積み重ねても仕方ないという結論になったらしい。
 

壊れたエアコン

壊れたエアコン


 
 私もエアコンの相場が気になって、京東(ジンドン)のショッピングサイトを覗いてみると、かなり安いエアコンが売られており、1300元程度の商品すらある。日本に換算すれば2万1千円程度である。

 今回買うであろう2000元クラスにしても、日本円で3万円ちょっとであり、随分と安いが中国ではこの価格帯が中心のようである。

 機能としては、インバーター制御とかタイマーとか、普通の基本的な機能は一応カバーされているので、不便を感じるような点はないようだ。

 それに対して、日本のエアコン価格をネットで調べて見ると7~8万円が低価格品の中心価格帯で、5万円を切るものもたまにあるが、3万円台は冷房オンリー機能のものしか見つけられず、ましては2万円台というものはありそうな気がしなかった。
 まあ出力能力の差や便利機能の差、省エネ度合の差とか細かく調べていけば、それなりの価格差の要因は見つけられるのだろうが、それでもこの中国市場での低価格ぶりにはびっくりである。
 
 もっとも日本の白物家電は東南アジアや中国製造が多いと聞くから、実はこの日中両国のエアコンは隣り合った製造ラインで作られている可能性もある。
 よって価格差は輸送コストだったりするのかもしれないので、つまり日本人は高いものを買わされている可能性があるのであり、もしかすると笑えない価格差とも言える。

 ところで、これらのエアコンは年々性能がかなり上がっているようで、消費電力の表示は600kw/h程度となっていて、私が学生の頃みた自宅のエアコンは1500kw/hとかそんな数字だと記憶しており、随分省エネが進んだものと驚いている。

 学生の頃、親からエアコンの使用はよほど暑い時だけと言われ、滅多にスイッチを入れない機械を恨めしそうに眺めながら過ごしたことを覚えている。
 しかしそんな時期も今は昔で、たまに実家に一時帰国すると、両親がエアコンのスイッチを入れることに以前ほどあまり躊躇していないことに驚きを感じるほど普通に使っている。

 そのくらいエアコンの省エネ性能が上がったということであろう。

 さて、あと1~2日で新しいエアコンが来ることになったのだが、機種選びは仲介会社まかせなので、やや心配な点がある。
 それは除湿機能がしっかりしているかどうかということ。

 以前からブログで書いている通り上海の方は高湿度に慣れているせいか、あまり湿度を気にしていないようであり、ネット上でのエアコンの性能表示でも除湿機能を重要視している機種は少なかった。

 大半の機種に一応除湿機能はついているようだが、どの機種も除湿に力を入れているようにはとても思えない表示となっている。
 個人的には、湿度さえ下がれば上海は過ごしやすいので、除湿機能に力を入れて頂きたいのだが、湿度が高いことに慣れて生きてきた方にとっては除湿機能の快適さをあまり理解しないのであろう。
 故に今のエアコンにとってはおまけ程度の除湿機能の存在のようであり、エアコン本体が安い場合は除湿機能さえ外されてしまう可能性があるのである。

 そんな心配をしながら、とりあえずは1分でも早く新しいいエアコンがとどかないものかと汗をタオルで拭きながらオフィスで過ごしている。

大家夫婦が離婚していた。

春先に「大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転」で大家夫婦の関係が不穏だと書いたが、どうやらその後に進展があって、とうとう離婚に至ってしまったようだ。

 具体的な原因はよくわからないが、どうやら奥さんの方にお金の使い方或いは浮気その他の何か素行の悪いことがあって、旦那の方が追い出したらしい。

 そういえば、ここのところ大家の家のおばあちゃんの顔に元気がなく、精神的に何か抱えたような状況に映っており、心配していた矢先の事実発覚である。
 きっと息子夫婦の関係が心配だったのだろう。

本文とは直接関係ありません。

 この離婚に際して私が借りている部屋の所有権などは動かされず成立したようで、店子の私には影響がないので直接関係ないと言えば関係ないのだがややショックな事実発覚である。

 思い起こしてみれば、約半年前に建物入居の顔認証用の写真を、小区(住宅エリア)のセンター施設に撮影しに行ったときは、大家のお子さんとおばあちゃんは一緒に来ていたが、奥さんの姿だけ見えなかった。
 もうその時点で夫婦関係は悪化していたのだろうと推測できる。

 ところで今回初めて大家の歳を聞いたのだが55歳だそうである。(もっと若いと思っていた)
 55歳での離婚とは何かと大変そうだが、私も人のことを心配している場合ではなく、中長期の未来のことをじっくりと考えねばならないのである。

私が自分からこの部屋を離れるまで、平穏無事であってほしいものである。

大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転

 先月から私の住んでいる部屋の大家夫婦の関係がどうも不穏らしい。
 まず先々月に、いつも窓口になっている旦那さんの方から、今度から妻の方に払ってほしいとwechatに連絡が来た。
 その直後に、その奥さんからwechatの友達承認申請が来たので、私の方で承認した。
 するとすぐにメッセージがきて、同じ店子らしき人とグループが作られ、この部屋は「私と息子の名義で夫とは関係ない」と、権利を主張するようなメッセージが入った。

 詳しくは分からないが、部屋の店賃(家賃)収入の使い道などを巡って、夫ともめごとのような状態があったのではないかと察した。

 ただこのメッセージがあった時点ではまだ1月だったので、この時は夫婦関係とか大丈夫かなとちょっと思った程度で、店賃の支払い時期(3月)まで時間があったのであまり気にせずやり過ごしていた。
 そして3月に入り、そろそろ家賃の支払いだなと思った頃、旦那の方からWechatのメッセージが入り、「家賃は払ったか?」のメッセージが突然入った。

 「まだです」と答えると、 なんと「絶対渡しちゃいけない」と返ってきた。

 「吸毒」の状態ということで、直訳すれば麻薬ということになるが、恐らく投資か何かに取りつかれているような状態で、上記のほかの店子から預かった店賃を、どこかへ回して使ってしまったらしいようだ。

 故に家賃は「俺に渡せ」という話になった。

 この間、実際に奥さんとは会ってないので、どういった状態になっているのかは分からないので、どちらが正しいのかは判断がつかなかった。

 ただ、自分の窓口としてここまで対応し続けてくれたのが旦那さん方なので、ここは旦那さんの方を信じ、結局店賃は旦那さんの方に先日払った。

 このことで何かトラブルが発生しやしないかと、やややきもきしてここ数日過ごしたが、今のところは何も起きていないし、店賃は払ったので、必要以上には心配しないようにしている。
 ただ、こんな状況なら次回の更新時は引っ越ししないといけないかなと、心配を始めている今日この頃である。

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。