Category Archives: 部屋

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

紛らわしい中国の10Aと16Aの三又電源プラグ

 上海滞在10年を超えて、最近ようやく気が付いたことがある。
実は、中国で使われている三又の電源プラグには2種類存在していたようである。
 見た目にはほとんど同じなので、気が付かなかったのだが、というか一方の器具に接する機会がほとんど無かったので、その存在に気が付かなかったのである。

 以前、「中国の電源コンセントは何でもアリ?」で全て勉強したつもりだったが、それ以外にもプラグとコンセントに別の電気規格があったのである。
 
この2種類は電気規格による種別が別のようで、10Aのものと16Aのものがある。
ぱっと見はほとんど形状が一緒だが、実際に差し込んでみると差し込めず互換関係がないことに気が付く。

16Aのプラグ

10Aのプラグ

 中国の百度で調べて見ると、10Aのプラグの歯の幅が約8㎜、16Aの幅は約10mmとなっている。
 また器具の規定値は250V /10Aは最大効率が2200wと、16Aが250V /16Aが 最大効率が3500Wとなっているようだ。
 普段家庭用に普及しているのは10Aの方で、私は長い間こちらの方しか知らなかった。

10Aのコンセント

 16Aも一応家庭に使われるが、エアコンとか電気温水器とか電気消費量が大きい家電用のプラグ仕様となっているようである。
 実は何年か前にも三又プラグの大きさが合わないことがあって、単に製造精度が悪いだけなんじゃないかと思ったことがあったが、今頃になってようやくあの時の不整合は規格違いであることに気が付いたのである。

16Aのコンセント

 それ故に、ネットショッピングなどでこれらの電源器具を買う際には、写真だけでなく表示上の規格をよく見てから買わないと無駄な買い物をすることになりかねないのである。
 日本人で自分で電源器具を買う方は少ないかもしれないが、ぜひお気をつけ下さい。

ドアの鍵が壊れて家に閉じ込められる

 数週間前、住んでいる部屋の鍵が突然壊れた。
 鍵のユニットの内部でバネか何かが折れたらしく、鍵が閉まった状態のままになり扉が開かなくなったのである。
 幸い当日は土曜日であり、当日これといった外出の用事もなかった。
 とはいえ、このまま部屋から出られないのは困る。

 実は私の借りている部屋は少々特殊な造りとなっていて、トイレやシャワーの空間が独占利用空間ではあるが、部屋の外にあり、この鍵の壊れた扉を開けなければ行けない場所にあった。
 つまり扉を開けない限りトイレには行けなかった。
 
 ただ逆に、水分や食料は扉の内側にあるため、飢えるような状態ではなかった。
 もちろん、迂闊に食べると排泄が不便なので最小限に控えるしかなかった。

 早速大家に連絡を入れる。
 大家はすぐそばに住んでいるので、入ればすぐ来てもらえるはずだったのだが、外出しているようだった。
 これは困った。
 とりあえず、微信にメッセージを残した。

 扉の異常に気付いたのが午前10時頃で、大家がようやくやってきたのが午後3時過ぎだった。
 大家と扉越しに会話し、扉が壊れたとことを説明した。
 
 すると大家はああだこうだ色々鍵をいじり始めたが、なかなか開かなかった。

 結局扉をはめ込んである部屋の壁ごと壊しにかかり、扉と扉枠の間にバールのようなものを差し込んで、扉を押し込んで強引に開けた結果、無事扉が開いた。
私は数時間ぶりに救出された。

 なんだか災害救助を受けたような感じで、助け出された瞬間はちょっと感動した。

 そして急いでトイレに駆け込んだ。(笑)

 上海の住宅のユニットはそれぞれ耐久性がないため、長く同じところに住んでいると時々こういうことが発生するが、今回は昨年のぎっくり腰並みの時並みの生命の危機を感じた出来事になった。

 結局壊れた扉は辛うじて鍵が閉まるようになり、近々予定している部屋の改造工事の際に修理してもらうことになった。
 まずは無事で脱出が出来てひと安心であった。

ドアノブを外した状態