Category Archives: 音楽

ヴィヴァルディの四季が春から始まるのは何故か?

 日本人に大変親しまれているイタリアの作曲家ヴィヴァルディ作曲の「四季」
合奏協奏曲ともヴァイオリン協奏曲ともいわれるが、邦題だと「和声と創意への試み」という12曲の作品群のうちの最初の「春」「夏」「秋」「冬」4曲が、「四季」の愛称で呼ばれている。

 私ももちろん好きな曲でありブームの火付け役になったイムジチのCDはコンサートマスターが変わる度に購入し、五枚目のフェデリコ・アゴスティーニさんの版までは全て買っていた。

ところで、最近この曲に対して素朴な疑問を持った。
何故、この四季の曲は春夏秋冬の順序なのだろうか?

 我々日本人は4月1日を年度替わりにおいているので、春をスタートとした季節順序には全く違和感がないので当たり前に受け止めているが、イタリアなどの欧州は学校などの年度始まりは夏の8月或いは秋の9月になっている。

 これは中国もアメリカも同じであり、欧州サッカーなどのシーズンも同様に8月などの夏をスタートとし、6月か7月に終わるので年度の感覚は夏が境目になっているはずである。
 よってその感覚に従えばヴィヴァルディの四季も「夏」から始まっても良さそうな気がする。

 一応各曲にはそれぞれ、RV○○○と言ったリオム番号という整理番号が付けられているが、番号が若い順に春→秋→冬→夏となる。

 しかし実はこれは作曲順ではなく、後の時代の研究家が調性に基づいて整理してしまったもので作曲順序とは全く関係ないようだ。
 よって春夏秋冬の順序を探る根拠にはならない。

 ちなみに、他の作曲家の例で言えばチャイコフスキーもピアノ曲で「四季」という名前の曲を書いているが、これは1月が12月までの月ごとに各月の情景をテーマに描いたものであり、数字の順列に従ったものであって、まあその順番の理由は理解できる。

またリベル・タンゴで有名なアストール・ピアソラも「ブエノスアイレスの四季」という季節シリーズの曲を残しており、これは「夏秋冬春」の順序で、シーズン感覚は夏が年度のスタート的に扱われている。
(※アルゼンチンは南半球のため秋である3月頃が年度始まりらしく11月か12月に年度が終わる)

 このように、欧州文化の中では1年というか季節のスタートは標準的に「夏」或いは「秋」なのであり「春」スタートで書かれる四季の順序は異様な存在に見える。

 しかし、やはりもう一例「春」から始まる「四季」の曲があり、ハイドン作曲のオラトリオ「四季」は、やはり「春夏秋冬」の順番で書かれている。

 但し、このハイドンの曲の順序には理由があり、スコットランドの詩人ジェームズ・トムソンの作品を基にしていて、この詩人の作品「四季」が「春夏秋冬」であり、ハイドンはそれをそのまま受け継いだだけであり、春をスタートとする理由はこれだけではわからない。

 このトムソンの四季(1726~30)と、ヴィヴァルディの四季(1725年)はほぼ同年代ではあるがヴィヴァルディのほうが少し早く、ヴィヴァルディがトムソンに影響を受けたという仮説も成り立たない。

 結局、何故「春」をスタートとする「四季」となったかについては振り出しに戻ってしまった。

 ひょっとすると、一番最初に「春」を作曲してみた後、じゃあ四季の全部を作ろうという順序で作曲が決まったため春が先頭になったという単純なことかもしれないと考えた。

 しかし、それでは少々面白みに欠けるのでちょっと大胆な仮説を立ててみた。

 以前、「日本発祥の扇子が活躍するバレエとフラメンコ」でも書いた通り、15世紀には既に日本は南蛮貿易を通じて、ヨーロッパとの交易が始まっていたことから、その中で絵画などが渡っていた可能性があり、その絵を通じて日本の季節感のインスピ―レーションが伝わったのではないかという仮説である。

 日本の安土桃山時代には狩野派など、色彩感豊かな絵画が既に生まれている時代である。

 ジャポニスムが起きる100年以上前ではあるものの、日本の色彩感覚はヨーロッパ文化にとっては新鮮な印象を与えた可能性はあるかもしれないのである。
 しかし残念ながら具体的にヴィヴァルディのいたベネツィアに日本画が伝わったという具体的な記録は見つけられず、この可能性はかなり低いようだ。

 或いはベネツィアの先人マルコポーロが開いた中国との交易のルートにおいて、ポーロ自身やその後裔や後進たちが持ち帰った資料が、影響を与えた可能性も考えてみたが、やはり具体的な繋がりは見いだせない。

 ここで、基本に戻って世界の暦の成り立ちを調べて直してみると、ようやく答えが見えてきた。

 実はヨーロッパで広く使われている太陽暦であるグレゴリオ暦では春分の日を基準として、1年が定められているのである。

 その前身のユリウス暦でも同様に春分を基準に暦を定めており、キリスト教の宗教観の中では春が1年の始まりであり、復活祭(キリストが処刑の3日後に復活されとする日)を含め、春夏秋冬を1年のサイクルとして順序を定めていたようだ。

 つまり春をスタートとして季節を数えるのはキリスト教圏の世界では正当だったようである。
 よって、かのヴィヴァルディの四季もこのキリスト教的季節観の中で習慣づいた季節順序だったことになる。

 では逆に湧いてくる疑問が、何故世界の学校の多くは秋冬春夏など秋や夏を起点にしたサイクルをとっているのか?

これは恐らく、ユダヤ人の使っていたユダヤ暦の影響が大きいと推測される。

 ユダヤ暦は太陰太陽暦で決まる暦であり、上述のキリストの復活と絡んだ春を起点とする宗教暦と、秋に始まる政治暦があり、ユダヤ人は主に政治暦を使っていたようだ。

 つまりこの秋冬春夏の季節サイクルは、ユダヤ暦の政治暦を世界中に散らばって政治の裏舞台で活躍したとされるユダヤ商人たちが広めた結果だと推測されるのである。

 故に、ヨーロッパのキリスト教信者にとっても日本同様に春が季節のスタートである感覚自体は変わりが無いようだが、ユダヤ人によって敷かれた政治的経済的の仕組みにより、クリスチャンであっても両方の年度サイクルをこなしていることになる。

 たかが曲の順番への疑問であったが、調べていくと色んな世界の歴史が繋がりがわかってくる。

上海のコンサートの19時半開始の習慣はありがたい。

 上海でのクラシックのコンサートなどエンタメ系の夜の公演は、たいてい19時半開始になっていて日本より遅い。
 これは非常に利用しやすい時間だと感じている。

 日本のコンサートや演劇の類は、平日の夜の公演は大半が19時開始の慣習になっている。

 まあ土曜日など週末は昼の14時や18時開始の公演などもあり、プロ野球のナイターなどは18時開始が多いが、コンサート系の平日夜公演はやはり19時開始である。
 これらは恐らくいずれも帰宅する時間を意識した時間設定と思われ、およそ21時に終了することを目安に開始時間が設定されていると推測される。

 しかし聴衆・観衆にとっては、19時開始に合わせて出かけようとする場合、18時定時の仕事だと会社を慌てて出ても60分しかないことになる。

 まあ駆けつけるだけなら60分あれば、山手線周辺から都内の主要コンサートホールや劇場などは何とか間に合うようにたどり着ける。

 しかし、出来ることならサンドウィッチの一つでもお腹に入れた状態で、開演15分前にはホールに入って着席したいのだが、18時からの移動ではとてもそこまで余裕は持てないはずである。

 以前に日本時代に働いていた会社は17時半終業であったため、かなり余裕をもって何れの会場に到着することができたが、もし18時終業の会社であったなら、なかなか難しかったのではないかという気がする。

 これに対して上海のように19時半開始ならプラス30分の余裕がある。

 コンサートによっては上海交響楽団のように20時開始に設定されている場合もある。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

 いずれにしても上海中心部での職場なら、18時の定時で仕事を終了することができれば、移動と軽食の時間を考慮しても開演には何とか間に合わせることができる。

 まあ今の私の仕事は17時には会社を出られるので、いずれの時間でも間に合うタイミングで駆けつけることができるのだが、もし仕事終了が18時であったとしても19時半なら十分間に合うのである。

 ただ開演が遅いと逆に心配になるのが、終演後の帰宅の足である。

コンサートなどはおよそ2時間を目安にプログラムが組まれているので、平均21時半終了、或いは22時までとなる。

 上海市の場合はもし22時が終演になったとしても、地下鉄の足は一応確保されており、大よその地下鉄路線の終点駅まではたどり着くことができる。
 すべての地点を検証したわけではないが、地下鉄は22時30分に最終列車が始発駅を出発するようにダイヤが組まれているので、よほど遠くなければなんとか帰れるはずである。

 また最悪途中でタクシーを利用せざるを得なくなっても、タクシー料金を考えれば、東京に比べそれほどひどい出費が必要になるわけではないし、深夜バスが走っている区間もあり、それなりに足はある。

 そういった意味では上海での音楽鑑賞環境は東京に比べ恵まれていると言える。
 もちろん聴衆マナーを含めて考えると本当に良い環境であるかは疑問符が付くのだが、昼間の労働者が勤務後にエンタメを楽しむためには非常に嬉しい時間設定の習慣とも言える。

 この上海の状況に比べると実は日本の東京などのエンタメ環境は、それほど洗練されているとも言えないということになる。
 19時開始では都心の劇場やコンサートホールの夜公演はその周辺で働いている方か、勤務終了時間が早いなど時間が比較的自由になる人しか利用できない状況になっているからである。

 まあプロ野球など、遅れて入場しても問題なく観戦しながらお弁当が食べられるような環境の催し物の場合は、18時や19時開始でも良いかもしれないが、コンサートや舞台は最初から楽しみたいのが当然なのであり、遅れたくなく、その設定として19時開始はちょっと苦しいのである。
 
 特に私のようにコンサート通いを趣味にしたい者にとっては、コンサートのたびに会社を休めないので、30分遅くスタートしてくれる上海の環境は意外と美味しいということになる。
 最初はこの30分遅い時間設定にやや違和感を感じていたのだが、今となっては恵まれていたのだなと感じる今日このごろである。
 東京も出来れば、開演時間がもう少し遅い時間になると嬉しいのだが、出演する側の拘束時間や観客などの帰宅の足を考えると、なかなかこの習慣を変えるのは難しいのかもしれない。
 日本の場合は法律で22時以降は残業代の深夜割り増しの対象になるので、劇場従業員のコストアップとなることもその要因だろう。

 ところで余談だが、上海の日本人コミュニティの宴会の開始時間もやはり19時開始に設定されていることが多い。

 やはりこれも日本人的時間感覚の習慣の現れという気がしており、18時終業後に移動して駆けつけるのにちょうどよい時間なのでそうなっているのだと思われる。
 そして飲み放題の時間制限も2時間などという枠が多く、19時から21時までが結局宴会のコアタイムとなる。

このように我々日本人の日勤者にとって19時スタート21時終了というのは夜のエンタメタイムとして染み付いた時間感覚であるようで、中国人たちがそうでないリズムであることを見せられて初めてその特異性に気付かされるのである。

まもなくオープンする上海音楽院のオペラハウス

上海にはここ20年余りで、大型文化施設が次々に登場しているが、またもや間もなく新しい施設がオープンするようである。
その施設とは上海音楽院歌劇院、つまり上海オペラハウスである。
上海の目抜き通りの一つである淮海路と份陽路の角にある上海音楽院の敷地内に建てられている。

先週見た状況だと、すでに建物は出来上がっており、オープンに向けて内部の最終整備が行われている段階のようである。

上海音楽院歌劇院の外観

こけら落とし公演などの情報はまだ見つけられないが、オープンは10月1日とアナウンスされている。
先々月に市民向けの一般公開も行われたようだ。
建物のスペックとしては地上3階地下2階の5層構造で、メインとなるオペラ劇場は1200席の座席でアリーナ部分のほかに3層の外周席が設けられる。

全体の観客キャパとしては、ウィーン国立歌劇場などよりはやや少ないが、外周席の層の少なさによるもので、恐らく天井はかの劇場などよりは低いと思われ、響きは他の上海のホール同様に比較的抑えられたあっさりとした風味の音に仕上がると予想する。
1/10サイズで作られた模型を見ても、壁は音を吸収させる構造に力点が置かれていて、分厚い音で充満するとも思えず、また天井も高くなさそうなので、長い残響や余韻を楽しむと言った構造ではないようである。

上海音楽院歌劇院の模型内部

上海音楽院歌劇院の模型内部

引用元

またステージはプロセニアム形式であるが、サイドステージがどの程度の規模で設けられているのかはちょっと不明である。
オペラは舞台装置が大掛かりである上に、場面転換が重要な演出要素であることから、サイドステージの大きさはオペラ劇場の機能を測る上で重要な要素なのだが、私が読んだ記事ではそこまで触れている内容はなかった。

これは私の予測であるが、自慢が好きな得意な中国が、サイドステージには触れないということは自慢できるほどの特別大きなスペースを用意していないのではないかと推測する。

その理由として、実はこのホールはすぐそばの上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)同様に構造全体を中空に浮かせ、点で支えるスプリング免震構造を取っており、すぐそばを走る地下鉄1号線からの振動の干渉を押さえる構造となっていることが発表されていることから、必要以上に大きなサイドステージは取れないのではないかと思われるのだ。

また上述のように客席数もやや抑えた規模となったのも規模を押さえるためではないかとも察せられる。
さらに上海といえともオペラは西洋言語の歌詞が歌われることから聴衆人口は限られており、その市場規模を考慮した上でのサイズでもあるのであろう

かくいう私もオペラそのものはほとんど聴かないので、ここを訪れることがあるとしたらオーケストラコンサートなどが開かれる時になろうか?
上海には上海歌劇院とその座付きオーケストラである上海歌劇院管弦楽団という団体があり、通常は上海大劇院などで行われるオペラなどのピットに入っているが、ごくたまに単独で演奏することもあるので、このオケがこのホールで演奏会を行うことはありそうである。

それにしても、この界隈は旧フランス租界で西洋的な雰囲気が漂うエリアとはいえ、文化施設が多く、徒歩圏内には上述の上海交響楽団音楽庁のほかに、ミュージカル公演が中心の上海文化広場もある。
まあそれだけ上海市民の趣味文化が成長し、豊かになりつつある証拠ではあるのだが、一方で西洋文化偏重の文化政策はちょっと危惧するところではある。

バレエもオペラも中国人の作った中華風の味付けの西洋文化作品は存在するのだが。中国の伝統に基づいた文化の現代発展形のものがあまり目に入らないのである。
西洋的な芸術文化施設が増える反面、地場の伝統的価値観が見えなくなってきているのはちょっと寂しい状態ではある。

上海からの卒業を考える

 上海に来て13年目だが、今年は年明けから仕事の状況が思わしくない。
 周囲の日本人に聞いてみても、業界関係なく今年になってから数字がさっぱり上がらないという声は多い。

 恐らくトランプさんが仕掛けた貿易戦争の影響がじわじわと効いているのだと思われ、まあ私の仕事は直接の貿易関係ではないので、目に見える直接の影響があるわけじゃないが、間接的に影響は感じており、かなり先行きが不透明である。

 故に行き詰りつつあるので、そろそろ変化を考えなければならない時期に来ている、

 端的に言ってしまえば上海からの卒業の検討である。

 とはいえ、仕事ありきの生活ことであるからそう簡単な話でもなく、そのことでここのところ日々煩悶している。
 まず転職するにしろ一番のネックとなるのは年齢である。

 間もなく50代の足音が聞こえてくる自分にとって、例えば日本に戻って職を探すにしたとしても、飛び込める職種は限られる。
 それに相手方の条件枠を抜きにしても私自身の性格的な面から言えば、新しい仕事をぱっぱと覚えるのは得意ではなく、時間がかかるので、戦力として認めてもらえるためのハードルは高い。

 そして仮にもしうまく就職できたとしても、日本社会にうまく復帰できるかどうかという問題もある。
 中国への渡航前の人脈はケアしていないので、今ではかなり縁遠くなってしまっているため、戻ったからと言ってすぐに回復できるものでもない。

故に、仕事以外の生活周りの人間関係の交流回復というのはなかなか容易ではなく、やはり馴染むまで時間がかかるだろうに思う。
 それでも勤務が順調に進めばまだ良いのだが、やはり躓くことが無いとも言えない。

 そうすると、最近の日本で発生している事件の要因のひとつとも言われている中高年のひきこもり問題が頭をよぎる。
 さすがに社会に復讐などという発想には至らないと思うが、心折れて行動気力を落とし引きこもりがちになるようなことはあり得ないことではなく、日本の報道を見てとても他人事ではないと身をつまされる

 そこまで行かなくて環境を替えた直後のストレスは小さくないので、自ら気持ちを保つための工夫は必要になるだろう。
 とは言え、いよいよ追い込まれいざとなったら四の五の言えないのではあり、命と体力の続く限りどんどんトライしていくほかない。

 ただまあ幸いというか、現在上海に恋人や家族を抱えているわけではないので、自分一人ならなんともなるかなという面もあり、地域的拘束もないため、自由といえば自由である。

 一応そのパートナー的な意味で言えば、実は台湾に彼女のような存在がいるため、上海を離れる場合は台湾も視野に入っては来るのではあるが、まずは生活の安定ありきであり、それがなければパートナーに迷惑をかけるだけとなるので良い選択ではない。
 それならば日本である程度安定した生活ができるのなら、そこへ呼びせるほうが懸命である。

 故にこの台湾への移住という選択は、結局は生活が成り立つのならばという条件付きとなる。
 もちろん言葉の面で言えば、台湾であれば仕事でバリバリに要求されなければ生活の面では心配ないし、不安を感じていない。
 それに人間関係も下手な日本国内の社会に戻って孤立するよりも、台湾ならアウェイの連帯感もあり馴染みやすい面はあるだろうには思う。

 また正直なところ、日本に対してホームシックになってこの悩みに至っているわけではないので、生活が安定して、音楽がそこそこ聴ける環境があって、帰りたいと思ったときに日本に帰れるような距離であれば、必ず日本である必要もない。

 いずれにしても自分の生活とパートナーとの関係のすり合わせは、ここ10年近く悩み続けたテーマでもあるため、そろそろ何か解決の道筋を見つけねばならない時が近づいている。

チケットの勘違いで危うくコンサートを聴き逃しかける

人は一つのパターンに従って行動することに慣れると、別のパターンがあることを忘れてしまうようである。
そもそも前日のうちからきちんと確認する行動をとっておけば良かったのだが、自分で安全のための保険をかけているという安心感があるので、不測の事態が起きるとは予想していなかった。

その不測の事態とは先日のコンサートのチケットのことである。

先日から、何度か書いているように最近のコンサート通いは費用節約のために、ダフ屋チケットを通して買うことが多くなった。
しかも公演直近の購入だと、チケット渡しが当日の会場前とかになってしまい、先日のような出来事が起きてしまうのは怖いので、なるべく事前に実券を手に入れることにしている。

そして受け取ったチケットも、いつも持ち歩いているカバンの中の、クリアケースフォルダーの中にしまって保管しており、カバンごと盗まれでもしない限りチケットは失くさないような状態で保管している。
そうやって準備している安心感というか自信があったので、改めてチケットを前日に確認しなくてもまず大丈夫であろうという意識で当日を迎えた。

当日の朝、さすがにチケットを忘れていたらまずいだろうと思い、会社に着いたときにそのクリアフォルダーの中のチケットを確認しようとした。
しかし、チケットをまとめて保管しているクリアファイルの部分にチケットが見当たらなかった。

「あれ、おかしいなぁ」

違う場所に保管したり、カバンの中に落ちているのかなと思い、カバンの中身を全てひっくり返して見たが、やはりチケットは無かった。

「ありゃ、家に忘れて来てしまったのかな。」

家の中は結構散らかっているので、チケットのような重要なものはあまり家に放置しないようにしているのだが、万が一ということもある。

この日のコンサートはどうしても聴きたかったので、もし見つからなかったら泣くに泣けないなと思いつつ心ここにあらずで昼の仕事をこなす。

しかしいたたまれなくなって、何とか職場から直帰できるように外に用事をつくって早めに帰宅して家の中を探すことにした。
で、家の中を片付けながら探すがやはりチケットは出て来ない。

「うわ、仕事で移動している時にどこかでチケットを落としてしまったのかな」と嫌な可能性が頭をよぎる。

そうしているうちに演奏会開始の時間がどんどん迫ってくる。

もう半ばあきらめかけた時、もしかしたら業者のミスか何かで実はまだチケットを受け取ってないのではないかという可能性が浮かんできて、スマホのショートメール履歴を確認した。

実は上述のダフ屋サイトでは公演日が迫ってくると、それを知らせるショートメールが送られて知らせてくれる仕組みになっているのだが、何故か今回は受け取った記憶がないということに気が付いたのである。

「うーん購入した日はいつだったんだっけ」と、ショートメール履歴を確認していると、あるメールを発見した。

それは、なんと今回の会場サイトからの予約完了と発券パスワードを知らせるメールだった。
「うぉー、そうだったぁ!このコンサートは会場サイトで直接予約したから、チケットは会場現場での発券だった!」
つまりチケットはまだ受け取ってないのである。

どうりでチケットが見つからないはずであり、いつものパターンでチケットは持っているものだのと思い込んでいたのである。

とにかくコンサートを聴ける可能性が出てきた。
この時に時計を見ると、すでに18時20分だった。

コンサートの開演は19時30分であり、なんとかギリギリ間に合う時間だった。

チケット探しで汗だらだらの状態であったが、急いで洗面所で顔を洗うとすぐに部屋を飛び出した。

駅への移動中に自分が物凄く空腹で喉も乾いている状態に気が付き、このままコンサートを聴いてもよかったが、それでは身体が辛すぎるし、その程度の時間は何とかありそうだったので、急いでコンビニでサンドウィッチとウーロン茶を買い腹へ押し込んだ。

駅へ行ってみるとちょうど夕方のラッシュ時にぶつかり、改札前の荷物検査のところで人がわんさかと渋滞していた。
うわぁと思いながら、焦る気持ちを抑え何とか地下鉄に乗り会場へ向かう。

確信はなかったが最寄り駅には開演20分前には着くであろうと予測を立て、会場まで5分、チケットを機械で発券して10分前には何とか席につけるであろうという計算である、

地下鉄の列車の中は非常に混んでいて、その日の気候の影響で車内はムシムシしていて汗がだらだら流れてしまったが、こちらはもうそれを気にするどころではなく、列車トラブルなどなく無事に着いてくれと祈るだけだった。

そうして最寄り駅に無事に着いた。

改札を出ると速足で会場に向かい、会場に入れたのが開演12分前くらいのころ。

そして急いで発券機に自分の携帯番号とパスワードを打ち込むと、無事にチケットが印刷されて出てきた。

「このチケットを探してたんだよ―!」とこの時ようやく安心することが出来た。

チケット発券機

通常ならこの後、開演前にトイレに行くのを習慣というか、ルーチンにしていたのだが、今回は汗で水分を出してしまって身体自体がカラカラだったのでトイレで出そうにないので、そのまま会場に入った。

この日は幸いにも、通路際の席を取っておいたので誰に気兼ねすることもなく着席する。

時計を見ると開演4分前であり、一安心である。

上海東方芸術中心

コンサートの時は身体を最大限にリラックスさせてから臨むのがいつものパターンだが、この日ばかりは気持ちがハイな状態でコンサートに臨むことになった。
それもあってか非常に集中力の高い状態で曲を終演まで聞きとおすことが出来、満足の高い演奏となった。

もしチケットの件に気が付かなったなら聴けなかったと思うと、非常にぞっとしたが、何とか無事に乗り切れたので、自分の運もまだ地に落ちていなかったようである。
やはり前日にチケットを確認しておけば、早めに当日発券の事実に気づいたかもしれないし、一つのパターンの思考で行動してはいけないと反省したこの日の出来事だったのである。