Category Archives: 音楽

磯崎新さんと上海

 先日、日本の建築家の磯崎新さんが、「建築のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞したことがニュースとして報じられていた。
 建築デザインの世界にあまり明るくない私なのでこの賞の重みがそれほどわかっているわけではないが、磯崎新さんの名前は知っており、彼は私の現代建築界への興味の入り口となった建築家でもある。
また彼がデザインした建物のいくつかが私の人生の中で結構身近にあったので、そういった面でも親しみを感じている建築家となっている。

 まず、その発端となったのは水戸芸術館との出会いである。
 水戸芸術館はスネークキューブのような不思議なデザインの塔が印象的な場所ではあるが、あの建物は設計案をコンペで募集した際、多くの建築家が外見上の形式からアプローチした案を提出したのに対し、磯崎さんは哲学的というかデザイン的要素を排してコンセプトを軸とした提案を行ったとされていて、それ故に選ばれたという話を建設物語として読んだことがあった。
 そういった概念的視点で建物を捉えるという発想が自分にはそれまでなかったので、とても新鮮な建築思想であるとの印象を受け、さらに水戸芸術館という存在に興味が湧き、以降磯崎新氏の名前は自分の頭に刻み込まれることになった。
 そして、建築順序は逆になるが、自らが芝居をやっていた関係で、東京グローブ座や、さらに遡った時代の作品の利賀芸術公園(富山県)の野外劇場も訪れたことがある。

また、現在は閉館となってしまったカザルスホールのある東京・お茶の水スクエアも、20年以上前にコンサートに良く通った記憶があり、気が付かないうちに結構多くの磯崎作品に触れて人生を歩んできたのである。

そして12年ほど前に私は上海に来てしまった訳だが、実はここ上海にも磯崎新氏の建築作品が置かれ始めている。
一つは上海浦東区のヒマラヤセンターで、大きな展示会場である新博覧中心に隣接し、やはり劇場や展示空間を含んだ公共施設的概念の空間となっている。
海岸の切り立った岩壁を想起させるような不思議な外観の建物であり、開業したばかりの頃のイベントに参加した後はほとんど訪れてないが、現在は「上海証大喜瑪拉雅中心」の名となり内部の劇場では。時々日本から来た舞台なども上演されている。

上海証大喜瑪拉雅中心

そしてここ数年、私が何度も通っている上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)も実は磯崎新氏の手によるものである。
 内部のコンサートホールの音響設計は日本の永田音響設計事務所が請け負われたようだが、外側は磯崎新氏のものであり、そう言われてみると私が慣れ親しんだ水戸芸術館と同じ匂いを感じる建物であり、居心地が良さを感じるのはそういった過去の体験との共通項を持った建物だからなのかなとも感じる。

上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)

 どうやら磯崎氏は上海に「磯崎新+胡倩工作室」という、拠点のアトリエを置いて胡倩さんという方(お弟子さん?)とパートナーを組み、中国向けの仕事を行っている模様である。
 中国には上記の2つの建物以外にも、この事務所として取り組んだ作品が上海には幾つかあり、訪れたことは無いが、浦東新区の九間堂や、朱家角の水楽堂もこの事務所の仕事となっている。

朱家角の水楽堂

 また深圳や北京でもこの事務所の仕事の建物があり、どこまで磯崎氏が主体的に絡んだ仕事になっているか分からないが、すくなくとも磯崎氏のDNAが息づいている方たちの仕事であることは確かだろうに思う。
 
 磯崎氏は既に87歳と高齢ではあるが、まだまだ素敵な仕事をしてほしいものである。

晴れない上海の冬

 例年のことではあるが、上海の冬の空は関東の冬のように晴れてはくれない。
 どちらかというと日本海側のごとく、曇った天候が続きぼんやりとした天候が続く。

上海の空

 気温も上がらず1ケタ台の気温が続くので、日照時間の少なさも手伝って毎日寒々しい思いで過ごさなければいけないのが、上海の平均的な冬の顔である。
 暦の上では既に立春を過ぎ、春節も過ぎ去ったというのに、春という印象からはまだほど遠い。
 この2週間ではっきりした青空が覗いたのは1日くらいしかなかったのではないだろうか。

 大気汚染という要因も確かにあるにはあるのだが、雨の日などは汚染物質の値は低く、視界の悪さは汚染物質だけではない要因であるようで、この地域の持つ気候環境がこの寒さや陰鬱さをもたらしているようだ。

 その割には以前「上海人はあまり脱がない」で書いたように、ストーブなどの暖房器具などをほとんど利用しないのがこの上海地域の特徴でもある。

 このような気候が続くと、当然行動力は鈍くなるし、気持ちも重く成る、

 医学の世界では冬季性うつ病という言葉もあるように、太陽光を浴びる時間が少なくなるこの季節は、うつ病に近い心理的状態になる人もいるようだ。
 そのための治療用ライト(照明)なども世の中にはあったりする。

 まあ私とて、底の底まで気持ちが落ちているわけではないが、やはり決して爽快な気分でこの気候を過ごしているわけではない。

 音楽などを聴いて意図的に気持ちを前向きに持ち上げたり、外出機会を増やして引きこもりにならないよう努めているが、やはり気持ちは重い。
 関東で育った人間にとって冬は寒いが、空は青いのが当たり前なので、この重い空は結構堪える。
 晴れた青空が待ち遠しい今日この頃である。


<目覚まし用ライト>

天皇陛下の思い出

 退位のタイミングが間もなくに迫ってきた今上天皇陛下であるが、かつてこの現在の天皇陛下を実際に見かけたことがある。

 それも新年の一般参賀のようなタイミングではなく、もちろん防弾ガラス越しでもない状況で、素の陛下を見かけた。

 それは1996年10月7日の東京上野の東京文化会館の出来事。

東京文化会館前(こちらの演奏家は本文とは直接関係ありません)

 その日は東京都交響楽団の定期演奏会の日であり、故朝比奈隆氏指揮によるブルックナー交響曲第5番が演奏される予定になっていて、私はそれを鑑賞する予定になっていた。

たぶんその日も私はいつも通り会場には1時間前には着いていたと思うが、ついた時点からどうも会場の雰囲気が物々しかった。
やたら警備員というか警官の数が多いのである。

ああ、ひょっとすると外国の要人でも来るのかなとその時は思った。
 クラシックの演奏会では時々ある話で、どこどこの国の皇太子とかが来日の記念に演奏会へ顔を出すことはあり、今回もそれかなと思ったのである。

 そして会場に入り席について開演を待っていた時のことである。

 通常はオケのメンバーが配置についた後、チューニングが行われ指揮者が入場してくる番なのだが、突然2階席にパーッとフラッシュが焚かれ明るくなった。

 その時なんと、天皇陛下と皇后陛下のご夫妻が入場なされたのである。

「おお、天皇陛下だ!」

 生の天皇陛下ご夫妻を初めて見たという驚きとともに、その荘厳な雰囲気に衝撃を受けた。

 ひょっとしてあの時の眩しさはフラッシュではなくスポットライトだったのかもしれないがお二人の姿がまるで後光が差すというか光輝いているかのごとく眩しく見えたのである。

 会場全体で万雷の拍手でお二人を迎えていたというのも手伝ったかもしれない。 

私はそもそも天皇主義者でも崇拝者でもなかったのだが、この時は日本の象徴として君臨されている方はかくも神々しい雰囲気があるのかと驚いたのである。

 そして両陛下は会場の聴衆に向けて例の片手をあげたポーズで挨拶をした後に着席された。
お二人が着席された後、会場は何とも言えぬ緊張感に包まれており、その状態でマエストロ朝比奈隆氏の登場を待ったのである。
そして朝比奈氏が登場すると、会場は普段より緊張感に支配された堅い感じの印象の拍手でマエストロは迎えられた。
もちろんマエストロは陛下の鑑賞は知らされているわけで、ステージ中央に立つと陛下の座られている席に深く一礼した。
そしてすぐにオーケストラに向かい合った。

いかに百戦錬磨のマエストロとは言え、陛下を迎えての演奏は緊張感もただならぬものがあるだろうし、明治生まれのマエストロにとっては陛下という存在は戦後生まれの私とは比べものにならないほど崇高なものであっただろう。
その緊張感がマエストロの背中から伝わってくる印象なのである。

そしてピーンと静かに張りつめた会場の空気の中、ブルックナーの5番の冒頭のチェロと弦バスによるピチカートが非常にゆったり、ズン、ズン、ズンと重々しくスタートした。
指揮者によってはもっと柔らかく鳴らす場合もあるこの部分だが、こんなに引き締まった始まり方は初めてだった。
もちろん、それはマエストロの音楽的特徴でもあったのだが、陛下の存在が余計に音楽を引き締まらせ、緊張感の高い音楽にしていたような印象だった。

その緊張感はこちらにも伝わり、聴く側に緊張感と集中力を要求してくる。
その緊張感の中、音楽は非常にゆったりと濃く前へ進んでいく。

そもそもブルックナーの交響曲第5番は演奏時間が1時間を超える長丁場であり、それを極度に緊張感の高い状態でゆっくり演奏されたのでこちらも体力をかなり消耗したのを覚えている。

覚えているというか、眠りこそしなかったが演奏が終わった時に疲れ切っていたのを覚えている。
演奏は集中し聴いていたが、どうやら高い緊張感のあまり集中力がスタミナ切れしていたかもしれない。

そしてこちらが聴き終えて疲れきった状態の中、両陛下が挨拶をしながら拍手に送られながら退席されたことは何となく覚えているが、入場時のような鮮烈な記憶は残念ながら残ってないのである。

その後朝比奈氏を何度もカーテンコールで呼び出すことは当時の慣例となっていたが、あの時のマエストロの顔には責任を遂げたような安堵感があったような気がする。

 兎にも角にも、これが天皇陛下をテレビ以外で見かけた唯一無二の体験であり、今も記憶に残っている天皇陛下の思い出である。