Tag Archives: 納豆

円安で上海の納豆は1個80円換算の水準に

 従来より納豆好きなので、結構欠かさず買っているのだが、最近の円安により円換算すると納豆が馬鹿馬鹿しいくらいに高級品になっている。

 まあ、こちらの販売価格が上がっている訳じゃないので、円安にそれほど振り回されている訳じゃないのだが、それにしても日配品であるはずの納豆が主菜並みの値段になっている。

 例えばいま上海で一番安いの納豆は「お城納豆」と「西尾納豆」が双璧だと思うが、いずれも中国国内産で、日本食材専門を扱うしんせん館という店だと1パック12元弱程で売られており、3個パックだから1個4元という計算になる。

 1個4元というのは、現在のレートで言えば80円相当となる。

 やはり食材としてはエライ高い高級品となっている。

 昔日本で自炊していた際に、日本のスーパーで買った納豆は1パックで78円とか88円とかであり、安売りなら60円台もあった気がする。
 もちろん1パック3個だったり4個だったりするわけだから、1個あたりは30円を切る金額となる。

 それが現在の上海では1パックではなく、1個で80円なのだから日本の3倍以上の価格となっているのである。
 ちなみに、もともと高い日本からの輸入納豆は冷凍で1パック20元程度だから円換算すると1パック400円程度、1個当たり130円以上となるが、最近の円安で安くなったかどうかは確認していない。
 まあこちら現地の値段が変わってないから、円換算で高くなったからと言って納豆を食べる量を減らすことはないとは思うが、何とも複雑な心境で毎日ごはんに納豆をかけて食べている。

健康のために納豆は加熱しちゃいけない

 中国で売っている納豆は、最近は現地生産のものもあるがやはり風味の点でイマイチで、今の時点では日本で生産されているものにはとてもかなわないという気がしている。

 そういう需要もあってか、日本から冷凍の納豆が沢山輸入されてきており、日本人が多く住むエリアの百貨店などでは輸入の冷凍納豆が売られている。

 まあ冷凍をしてしまうと日本のスーパーで買うよりはやや風味は落ちるが、現地生産品の物よりはやはり数段ウマいのである。

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

 そして冷凍納豆の場合は冷凍庫に入れておけばかなり長期間鮮度を保つことが出来るので、一か月くらい保存していても何の問題もなく食べられる。

 ただ、冷凍であるからには買ってから食べるまでには「解凍」と言う手順を経なくてはならず、これが冷凍納豆であるが故の宿命で納豆好きにはやや面倒くさい事項となっている。
 
 私の場合は常に解凍済み納豆を切らせたくないので、解凍済み納豆が残り1パックになったら冷凍庫から3個組の1セットを取り出して冷蔵室に入れておき、約1日をかけて自然解凍させるという方法で食べている。

 まあどんな方法が本当はベストなのか分からないが、今のところこのやり方が一番風味を壊さず解凍できるという気がしており、そのまま1週間くらい忘れても冷蔵庫の中で保管されるので一番楽なのである。

 ただ、ここで間違ってもやってはいけないのは加熱解凍である。

 何故なら納豆についている納豆菌は熱に弱いため、70度以上になると死滅してしまうからである。

 つまりもし加熱解凍した納豆を食べたとしても、風味はあるが健康への効能効果はゼロになってしまうことになる。

 故に冷凍納豆は自然解凍がベストで、特に健康のために納豆を食べるなら加熱解凍をしてはいけないのである。

 このことは実は解凍だけではなく調理にも同様のことが言え、世の中には納豆を使った料理として納豆チャーハンや納豆汁など様々なものが存在するが、これらの加熱された料理は納豆の風味を楽しむものとしては非常に美味しく頂けるのだが、納豆による健康効果に関しては、実は納豆菌が熱で死滅しまっているため期待できないものとなっている。
 
 よって風味を楽しむだけのものと分かって調理するなら加熱してもいいが、納豆の健康効果を期待して食べるのであれば決して加熱してはいけないのである。

 こうやって考えるとやはり納豆は御飯にかけて食べるのが体にもベストだという結論に達するのである。(笑)

たまごかけごはんしょうゆ

 日本でみつけてきた
「たまごかけごはんしょうゆ」。

たまごかけごはんしょうゆ

たまごかけごはんしょうゆ

 鶏卵を生のままで食べることを原則としてしない中国では、まず生まれ得ない醬油だが日本にはこんなマニアックな醬油まで生まれてしまうほど、たまごかけごはん好きは多い。

 さて実際に使ってみると鰹出汁が含まれ、ほんのり甘く生卵に良く合うことが分かる。

 卵かけごはんを食べながら味噌汁をすすった時のあの感覚である。
 どうやら納豆にも合いそうだがまだ試してはいない。
 日本円で230円程度と量の割にはかなり割高だが、まあそれなりに試してみる価値はある味である。
 こんな楽しみ、中国人に教えてあげたいような上げたくないような、、、複雑な気持ちになっている。