Tag Archives: 自動車

子供の送迎を止めさせたらどうだろうか

 平日の午後、夕方近くに上海市内を移動していると突然路上駐車の大群を見つけることがある。

 「休日でもないのに何だ、何だ?」

 と、こちらが訝しがっていると、そばに学校が有って、親たちが群がっているのを見つける。

 「ああ、なんだ、子供のお迎えの車か」

 そう、上海市内のインターナショナルスクールなどでは毎日の様に下校する子供を親が迎えにくる光景が見られ、その時間は学校の周りに自動車の路駐がたくさんあるのである。

 朝の登校時はどういう状況になっているか確認したことはないが、恐らく似たような状況になっているのではないかと察する。

 まあ大量の車があるだけでも迷惑であるが、寒くなってくるとアイドリングしながら車の暖房をつけ、下校時間を待っているよう車さえ見かけるようになり、その数は冬に向かい徐々に増えているような気がする。

 良く考えてみると大気汚染が深刻化するなか、これは非常に反社会的行為ともいえ、実は大気汚染の一端を彼らが担っているのではないかという気もしてしまう。

 アイドリングはともかく、彼らの乗りつける乗用車の数だけ考えても相当なもので、その分だけ排気ガスがばらまかれていることになる。

 まあインターナショナルスクールに通うくらいだから、家はそこそこ裕福であるのは言わずもがなで、親としては心配して送り迎えするのであろう。

 しかし、それらの学校には当然スクールバスもあり、無料ではないにしろ、要望すれば自宅そばまで送迎してくれるはずだが、やはり心配なのか自らで送迎したいというのが親達の心理の様だ。

 しかし毎日生徒1人につき1台のあれだけの車が、登下校の送迎のために動くのはやはり非効率という気がするし、これだけ大気汚染が深刻化する中ではもっと社会として対応する必要があるだろうという気がする。

 さらに言えば、そのスクールバス車両も数年前に内陸部で起きた事故以降、新しいものが導入されかなり良くはなっているが、環境という面を考えればさらに一歩進めて電気自動車やハイブリッドカーの導入が進められてもいいような気がしている。

 スクールバスのように決まった範囲しか運行されない車両はそういった電気自動車に向いているはずなのである。

 何気なく毎日繰り返されている日常の中でも、大気汚染を減らす糸口は沢山転がっているように思うのである。


PM2.5は実は毎年累積増加している?

 上海の大気汚染がここ一か月あまりの間、非常に悪化して深刻化している。
今日なんかはまだ天気がよかった方で大気の状態も良い状態だったが昨日は酷かった。

 この状況は上海だけでなく先日飛行機の上から華北エリアの状況を見たところ、山全体に霞がかかったようになっており、あれも単なる霧というよりやはりスモッグのような状態かも知れないという印象だった。

 こういった大気汚染の状況はここ数年、年を追うごとにひどくなっているような気がするが、これは一体どうしたというものだろうか?

 確かに中国全体で経済の発展とともに自動車の保有台数も急速に増えており、これ
が大気汚染を悪化させているという説が一番有力なのは知っている。

 また発電量の伸びから、火力発電所からの汚染物質排出量も増えていることだろう。

 しかし、それと同時に僅かながらとはいえ、環境技術も発展してきているはずで悪
質な排気ガスを出す自動車や発電所は淘汰されつつあるはずであり、ここまで年を追うごとに大気汚染が悪化するというのはやや理解しがたい状況ともなっている。

 つまり去年と同程度なら理解できるが、より悪化しており、さらに大気の悪化の速度の割合と車両台数の増加速度が一致しないような気がするのである。

 つまり大気汚染の速度の方が速いのではないかと。。。

 そこで一つの仮説を考えてみた。

 その仮説というのはPM2.5のような汚染物質は、実は前年や前々年からの累積蓄積されたものがあるのではないかということ。

 つまり今年の汚染された空気は去年の状態に今年の汚染物質が加えられたものが漂っているのはないかという気がするのである。

 夏の間の空気が綺麗だとされている期間はどこか地上に降り積もった状態で残っているか、或いは上空に吹き溜まりのような場所があってそこに漂っているような状態で夏を越え、毎年冬になると気候の影響で地上付近に降りてくるそんなメカニズムでもあるのではないかということである。

 こう考える理由として、以前から言っているようにPM2.5という汚染物質は気候条件によって一時的に街から拡散することはあっても、物質そのものが消滅するわけではないので、どこか別の場所に移動しているだけと考えることができる。

 もちろん、それが少量ならば最終的に海に吸収され、気にすることの無いほどに希釈されるのだろうが、世界の陸地の6%もの国土を持つ国大な中国を覆う大気汚染物質は、ちょっとやそっとでは薄まらず、海や陸に吸収されず残ってしまう可能性がある。

 それ故に夏の間に希釈されきれないまま再び冬を迎え、当年の新規の汚染物質を加えて、前年より悪化した状態での汚染物質が漂っているという形になってしまうことになる。

 もしこうだとすると当年の汚染物質排出量をちょっとやそっと絞ったところで環境対策として追いついていないことになり、既に排出してしまった汚染物質の回収といったような作業が必要になるような気がする。

 まああまり現実的ではないかもしれないが、今時点でやるべきことは巨大な空気清浄機のような物をガンガンに回して、PM2.5物質を回収するような措置だということになる。

 巨大空気清浄器が無理ならば森林植樹を懸命に行い、植物に空気を浄化してもらう方法もあるかも知れない。

 何れにしても、もはや汚染物質の排出を絞る程度では追いつかない気がしており、累積蓄積していそうな汚染物質の回収を考える段階にきているのではないかという気がしている。

 中国の大気汚染は世界に多大な迷惑をかけているのであるからもっと踏み込んで対策を考えるべきだという気がするのである。
 

田舎者ほど自動車はカラフル?

 昨日バスに乗っていて気がついたのだが、最近上海の一般乗用車もシルバーの車両が増えてきたようである。

 以前はもっとカラフルな色の車両が多かったはずだが、最近は日本同様にシルバーが主流になった気がする。

近所で見つけた紺色の車体は安徽省ナンバー

 ただ上海ではシルバー同様に、黒の大型車も多く、威厳を示す為なのか高級車は黒い車体が多いようである。

 もちろん赤や黄色、青といった色付の車体も時々見かけるが数としては多くなく、やや薄汚れた手入れの行き届いていない車両が多い印象で、よく見るとそれらの車両は安徽省や山東省といった地方ナンバーが多い感じがした。 

 気になって車両のナンバーと車の色の相関関係を注意深く観察してみたところ、やはり上記の印象を裏付ける一つの傾向が見えてきた。

 僅か1時間にも満たない短時間での観察の傾向ではあったが、やはり上海ナンバーを付けている車両は圧倒的にカラフルな車両が少なく、黒・シルバー・ダークシルバー・ホワイトの車体だけでおおよそ全体の7~8割を占めるのではないかという印象であった。

 特にシルバーと黒が多く半数を超える。

 逆に赤、青、黄色などといったいわゆる色付の車体はほぼ決まって地方ナンバーであり、安徽省、山東省、浙江省などといったところが非常に多かった。

 上海ナンバーでもカラー塗装を見かけない訳ではないが、割合いから言えばややひねくれ者的存在になっており、少なくとも主流ではない状況になっている。

 日本でも地方の人ほど派手好きな傾向があるが、それは中国でも同様で、地方ナンバーほど派手な原色塗装の車が多く、逆に上海のような都会では重厚感は求められても派手なカラフルな塗装は安っぽく見られるためかあまり好まれず、洗練され落ち着いたシルバーが好まれる傾向のようである。

 つまり日本同様に、中国の中でも特に高齢化社会の進む上海では街を走る車の色の傾向も似てくるということのようである。

 まあ、そんな中、上海ナンバーにもかかわらずで色付き車体を持つ人というのは、まだ目立ちたい子供っぽさを持った意識のような印象でもあり、そこも日本同様の傾向のような気がする。

 街の自動車の色を見ているだけで社会の状態が見えてくるから不思議なものである。

原掲載