Category Archives: 言葉

日本の変化にまごつく

 先月1年半ぶりに一時帰国をした。
 町の様子にはそれほど大きな変化がないような印象だったが、細かい点では色々と変化を感じた。
 一番の変化を感じたのは電子決済のインフラ浸透である。

 ユーザーの利用率が高いかどうかはわからないが、今回の消費税率引き上げに伴うポイント還元政策により、コンビニやドラッグストアの大手チェーンなどでは、電子決済の環境が整えられた状態になっていた。

 帰国中に私が立ち寄ったのは、セブンイレブン、TSUTAYA、松屋、マツモトキヨシ、コメダ珈琲など大手チェーンばかりだったが、いずれの店でもクレジットカードやデビットカードを含めて、キャッシュレス決済が可能になっていた。

 その中でも交通系カード(スイカなど)が自動販売機を含めて、一番幅広そうだ。
 それにしても日本は対応キャッシュレスサービスの種類が物凄く多い。

地元のセブンイレブンの決済方法表示

地元のセブンイレブンの決済方法表示

 中国でもキャッシュレスツールは探せばたくさんあるのだが、実際動いているのは微信支付支付宝の2つがほとんどである。
 (日本でも微信支付と支付宝が使える店が増えたが、基本的に外国人(中国人以外)は使えないようで、昨年香港で払えなかった経験がある、)

 こういった環境の変化に1年半ぶりの海外帰りの私はややまごついた出来事があった。

 松屋の自販機で食券を買おうとしたときに、現金で払おうと思い1000円札を挿入したら戻ってきてしまったことがあった。
 あれと思い、もう一度試したがやはりだめだった。

 理由はよくわからなかったが、その瞬間に電子マネーでお支払いくださいと券売機が音声を発したような気がした。
 「もしかして現金は駄目なのか」と感じ、慌てて財布の中のsuicaで払おうとするが、今度は残高不足とされてしまった。
 この状況に結構焦ってしまった。

 後ろに人が並んで待っていたというのもあったが、ちょっとパニック気味になったのである。
 今の自分は日本で牛丼の食券すらスマートに買えない状況なのかと感じ、日本社会の中で適応できていない状態に自信喪失気味にもなった。
 ほんのささやかな問題であったし、久しぶりの日本なんだから仕方ないのかもしれず、慣れれば済むはずの問題ではあるが、何となく歳をとったことを実感したというか、自分が社会の中で「年配のおじさんが現代社会にまごついている図」の典型になっていることを理解し、そのことに落ち込んだ。

 まあ、そのときは順番を後ろの人に譲り、結局すぐそばの駅まで急いで行って、suicaにお金をチャージし直して、お店に戻った。
 そして無事に食券を買うことが出来た。

 このチャージとて、もう少し別の場所でスマートにできるんではないかとも考えたが、日本社会にもう少し慣れないと難しい課題だった。

 で、ようやく食事にありつけるかなと思いきや、松屋における食券の扱いを忘れていて、確かテーブルに出して置けばいいんじゃなかったかと昔の記憶を頼りに、席について食券をテーブルに置き待っていた。

 すると入口の方で、店員に向かって「食券を取り忘れていた方がいたみたいなんですけど」と言っているお客の女性がいた。

 どうやら、その犯人は私だった。

 温泉卵がついた牛丼を券売機で注文したのだが、食券が2枚出てくるとは思わず、2枚目を取り忘れたようなのである。
 店員が取り忘れた人いますが?と声をかけてきた。

 店員をよく見ると、東南アジア系の若者で、中韓とかではない名前のカタカナの名前が名札に書かれていた。

 まあその状況に驚いたわけじゃないが、思わず中国語で「是我的(私のです)」と言いかけた自分がいた。

 おっとここは日本だと思い日本語で言い直そうとしたが、ぱっと言葉が出てこない。
 ようやく「私です」という言葉が出てきたが、どうもモゴモゴしてしまったのである。
 食券購入の時点からどうも気後れしてしまっている自分がいた。

 で、注文の品が出て来て食べ始めた。
 食べ始めながら、この「まごつき感」は日本のブランクが長いせいであろうか、それとも自分が歳をとったからであろうかと考えてしまった。
 近い将来に、もし日本に帰国した際に適応できるのか心配が湧いてきてしまったのである。

 まあ歳を取ったのだと開き直る事もできるが、そこまで自ら老け込みたくないと思う自分もいる。
 上海での生活なら外国人であるという自覚のもと、初めて行った場所での多少のまごつき感でもそれほど気にならないが、今回の日本での自分のまごつき様はやはりちょっとショックだった。

 むしろ、自分の両親の方が年老いながらもそのまま社会に適応している印象である。
 まあショックであろうとも、今後日本に帰ったら適応しなければならなのだが、日本社会の中だと、ますます老けを意識させられそうで、自分の将来についての選択を考え込んでしまっている自分が今いる。

上海の地下鉄で音声認識自動券売機を発見

 先日、上海虹橋国際空港の第二ターミナルの駅において、なんと音声認識で地下鉄のチケットが買える券売機を発見した。

 普段は上海公共交通カードを利用しているので、チャージ専用端末ばかり使用して券売機に近づくこともなく気が付かなかったのだが、どうやらあとでネット調べて見ると、昨年の5月には上海に登場していたようだ。

 何故、この音声認識券売機に気が付かなかったと言えば、上述の通り日常は上海公共交通カードを使用しているのと、この音声認識タイプは全駅にあるわけではなく、一部の主要駅にしかないため目にしなかったということになる。
 確かに空港高速鉄道のターミナル駅のような、外地から人が流入するような場所でなければ需要は少ないとも言え、日常から上海で暮らす人にとっては交通カードやスマホ決済が普及しているので、必要ないのである。

 さて、この音声認識券売機が実際どんなものかと面白がって近づいて実験してみる。

 こちらも正確な発音に自信がないため、比較的安易に発音できる駅名から試してみることにした。

 音声認識モードへの切替へのボタンにタッチして、画面が聞き取りモードに変わる。

音声認識券売機の認識モード

音声認識券売機の認識モード

 「静安寺(ジンアンスー)」と発してみる。

するとすぐに画面が切り替わり、静安寺駅までの運賃が表示される。
また、支付宝Wechatなどの電子決済マネーにも対応しており、現金がなくてもチケットが買える。

静安寺までの運賃表示

静安寺までの運賃表示

「おおー」

面白がって、何度も挑戦したが、結構うまくいく。

 このシステム、よく見ると駅名だけでなく、主要スポットを伝えると最寄り駅までの経路及び運賃までも表示してくれるらしい。

 もちろん、これも試してみる。

 「東方芸術中心(ドンファンイーシューチョンシン)」

と発声してみると、見事「上海科技館駅」までのルートが示され、それに納得すると、上海科技館駅までのきっぷを購入するための画面に切り替わる。

 「おおー、凄い」

こういった単純なことに感激してしまう。

 恐らく高機能スマホが普及した現代となっては、それほど技術的に難しいものではなく、音声認識のインターフェイスで認識した文字情報で、駅名や地名を検索させ、ヒットした情報で、券売機の販売情報に接続させただけのことである。

 まあ、通常の券売機よりそういったフロントの部分の作り込みの分だけ少しコストがかかると言えばその通りだが、スマホの音声認識機能を考えたら地下鉄用の特注だとしても、そんなにコストはかからないだろう。
 
 ちなみに外国語でも通用するのかどうか試そうと
「Airport(エアポート)」と発してみたが認識してくれなかった。

まあ、私の英語の発音が悪い原因もないとはいえないが、恐らく外国語は認識されないだろう。
日本語は試さなかったが、やはり駄目だろうに思う。

とにかく、日本ではテスト段階の話しか聴いたことがないこの音声認識券売機だが、上海では実用化されていることになる。
 ちなみに顔認証システムもテストが始まっており、一部駅で実験が始まっている。
 

顔認証改札システム

顔認証改札システム

これらが日本で何故まだ実用化されないかを考えると、まず周囲の雑音や方言、男女や年齢による癖などの問題で、認識制度を上げることが難しいのでは思われる。

 またカナにすると同一駅名や似た駅名も多く、上海地下鉄のような500程度の駅名しか扱わない環境と比較して、音声認識と検索に対する要求が中国語より高いためなかなか実現に結び付かないのであろう。

 何より日本の場合は、完璧を求める要求が高いため8割でOKということにならないのだろうと思われる。

 まあ、中国で先に実現したからと言って、日本が技術の面で後れをとっているとは即座に感じるわけではないが、「まずやってみよう」という精神の分だけ先にに実現したこの音声認識券売機だという気がする。

日本人は正論に自信を持ちすぎる。

 日本と韓国の間で貿易優遇国の措置を巡って大きく揺れている。

 従来から、日本と韓国の間には沢山の火が燻っていたが、それが一挙に噴出したという印象である。
 まあ個人的な意見で言えば、私も日本の措置は当然の対応のように思えるし、日本語情報しか読んでいないバイアスはあるが、その範囲から考える限りにおいては日本の方が正論と感じるので支持はする。

 とは言え、どうも日本側はその正論に自信を持ちすぎるような気もしている。
 自信を持ちすぎるが故に、丁寧な説明を怠っているような気がしており、その為に今回必要以上に韓国側の反応を大きくしてしまっていると感じられるのである。

 例えば、韓国併合の経緯に関して言えば、日本は不当な併合ではないと突っぱねるだけではなく、当時現地には不満を感じる民衆もいたが、当時の朝鮮側の政権側と正式に結んだものであり強引な併合ではなかったことを、丁寧に根気よく発信していく必要があるだろうに思う。
 複雑な状況を含んだことを単に「合法的な併合であった」と片付けるだけでは、説得力に欠けるのである。

 そして日韓基本条約の請求権協定に絡む徴用工問題も、「もう解決済み」と一言で片づけるのではなく、上記の併合の歴史からの歴史的経過や日本の敗戦による統治放棄による経済協力金の5億ドルが個別補償の代わりに韓国に渡され、その後の補償制度は韓国政府に委ねられた約束になっていることを繰り返し丁寧に説明し、これを目先のポピュリズム的な現政権ではなく、韓国国民自身に理解をしていただく必要がある。

 こういったところを丁寧に根気よく言葉にして、向こう方やこちらの記事に拾っていただくことによって、じわじわと問題の本質というか論点が整理され、お互いの考え方が見えてくる面があろうに思われる。

 それに、向こうは向こうなりの判断基準というか、我々とは考え方の違う正義基準というものを持っている。
 上述のように、我々は日本人であるがゆえに、ほとんどが日本語のソースによって得られた情報もとに、物事の是非を判断しているのであるが、それらは日本語に翻訳する人の意図が十二分に含まれていることを忘れてはならない。
 どんなに公平に扱おうとして、人間誰しも身びいきがあり、日本語を書く日本人は、日本人を良いように扱ってしまうので、日本人が正しいのだという文章が出来上がってしまう。

 韓国側も然りで、韓国語で記事や意見を書く人もやはり身びいきで文章を書いてしまう現実があり、結局は言語の壁が自分たちを良い印象にしか書いていない文章しか読まない状況を生んでいることになり、お互い自分たちが正しいと思い込むのである。

故に本当の意味で公平な文章や記事というのは書かれにくく、そこが分離の生まれてしまう原因となる。
さらに過去のことのみならず、日韓にとって第三言語である英語でアメリカの高官が発したとされる言葉も、結局は日韓でお互い都合の良いような解釈で翻訳している現実があり、やはり公平な基準を作れなくなっているのである。
それ故に自分たちの正論に自信を持ちすぎる面が生まれてしまう。

 この日本人の正論に自信を持ちすぎる態度というのは、日韓関係のみならず中国に進出した企業における現地の会社運営において見て取れる。
 現地からの工場撤退において、法律既定の退職金を払ったのに、従業員から不満を持たれ、工場で囲まれてしまうといったトラブルはよく聞かれる。

 日本人責任者は、退職金を払ったのだから法律的に問題ないという正論をかざすのだが、解雇される従業員にとっては、その法律規定は最低ラインとして考えてしまうので、誠意としてのその上のプラスアルファを求めるのである。

 まあごね得を狙っているといえばその通りだが、彼らはその後の生活の問題があるので、最低ラインでは誠意を感じられないと考えるのであり、従業員のことを考えるのなら上積みをするのが解雇する従業員への誠意と考えるのである。

 日本人的感覚から言えば、法律ラインが従業員と雇用主の主張がぶつかる中間点なのだが、彼らはそうではないと考えるのである。
 日本人の考える法律基準による方法が条件を満たすので正論だという考え方は、確かに間違いとは言えないのだが、法律による答えだけが正論だけではない解釈もあるのであり、日本人の思う正論が世界共通ではないのである。

 だからと言って相手に妥協すれば良いというものではないのだが、法律などは過去に一度引かれたという意味だけのラインであり、相対的な存在でしかないことを忘れてはいけないのである。
 寧ろ、相手が上積みを求めるならば、こちらもゼロ基準からその正論である法律ラインまで妥協や譲歩した結果であることをきちんとPRすべきであり、そこにも誠意があることを伝えなくてはならないのである。

 一度作られた基準を壁にした構え方は、苦労して生み出したその基準そのものの位置を誤解させる可能性があり、正論を危うくするものだと感じている。
 故に我々が正論と感じているものを絶対とは思いこまず、その結論に至った経緯を丁寧に伝えることがその正論にとって必要なのではないかと私は思うのである。

上海の学生が「素晴らしい~」

 別に上海の学生を褒めようというのではない。
 先日の夕方に某サンドウィッチチェーンの店舗で食事をしていたところ、中学生だか高校生くらいの男の子が数人で入店してきた。

 その時にその中の一人が発したのが「素晴らしい~」という言葉。

 その学生たちは特に日本語で会話していたのではなく、中国語で会話する現地の普通の学生さんだったが、なぜかはっきり「素晴らしい~」という言葉が出てきた。
 恐らく大して意図をもたない状態で発した言葉だと思われ、ガチョーンとかイェーイとかと同じように、何となく口をついて出ただけのようだった。

 しかし裏を返してみれば、その学生にとってはそれだけその「素晴らしい」という言葉が彼らの脳裏に焼き付いてしみ込んでいるという言葉でもあり、それだけ日本の文化に触れている環境があるのだろうと察する。

 例えばアニメだったり、ドラマだったりなどを見ていないと、なかなか日常生活の中で「素晴らしい」という外国の言葉は口をついて出てこないだろう。

 この学生さんのケースにとどまらず、とっと日本人に興味を持っている中国の人々の会話でも、時々日本語のワンフレーズが紛れ込むことはよくある。

 気持ちいーとか、おいしいーとか感嘆符的なフレーズである。
 多くは思い出しきれないが、上海の街を歩いていても時々日本語のフレーズが混じっている言葉を耳にするのである。

 日本語でも「デリシャス」とか「ビューティフル」と時々混じる人がおりあれと同じようなものであろう。
 そういえば、先日上海の路上で「藤原とうふ店」と自動車の外装にプリントされた車を見かけた。

藤原とうふ店とプリントされた車

 上海にそういった日系の豆腐屋が出来たのかと思いきや、どうやら日本の漫画にそういう設定の豆腐屋と車が登場することを中国人に教えてもらった。

 国家間では時々国民感情のぶつかり合いが取り上げられる日中両国だが、文化の面ではいろいろな場面で日本の文化が染み込んでいっているようである。

二十四節気を旧暦と混用してはいけない

 先日、ネットで沖縄の習俗に書かれている記事を読んでいた時、ちょっと微妙な記述を見つけた。
 沖縄の伝統行事は、基本的に旧暦の暦に合わせて行い、正月やお盆などを旧暦に合わせて行うとあり、その中に清明節が並列して説明されている。
 清明節の時期は4月の初旬とある。

 しかし、ここでおかしいと感じたのは。清明節が旧暦によって決まっている伝統行事かのような印象で書かれていることであった。
 清明節は確かに伝統的行事の一つではあるが、清明節は旧暦ではなく二十四節気によって時期が決まってくるものであり、記事の説明としては確かにそうなっている。
ただ、やはり一緒くたになって扱われている書き方にはやや抵抗感を覚える。

ここで旧暦と二十四節気が何かを改めて簡単に説明すると、旧暦と呼ばれる太陰太陽暦は、月の満ち欠けのサイクルを一か月として暦を数え、太陽による季節変動に合わせて、19年に7回程度の割合で閏月を加えることによって、季節のずれを最小限に修正した状態で概ね正確に進む暦である。
 これに対して、二十四節気というのは、黄道(天空上の太陽の通り道)を二十四等分し、季節の気候変化を約15日単位で示したものである。(定気法による場合)

例えば上記の二十四節気の「清明」は、立春を起点とした場合は5番目となる節季で、つまり立春を基点として太陽が黄道上を60度進んだ時点が清明となり、それが新暦(グレゴリオ暦)で言うところ4月5日頃に該当する。

 従ってその位置は毎年ほぼ固定であり、旧暦の日付のように新暦上でそれほど大幅に変動するものではない。
 つまり発想として二十四節気は太陽暦に近く、月を基準とした太陰太陽暦とは全く異なるわけであり、そもそもとして二十四節気自体は暦でもなく単なる季節の目安である。

 要するに、「清明節」は太陽暦的な尺度で清明節の日付が決まっている時点で。毎年だいたい同じ日の春分の日や秋分の日、或いは夏至・冬至と同じなのであり、「清明節」を旧暦の行事のような印象で扱う時点で間違っていることになる。

 沖縄の伝統行事の中で、清明節は大切な位置を占めてはいるが、それは旧暦文化が息づいていることとはその意味合いが違うのであり、単に我々本土に清明節の習慣が残らなかったことの意味の方が実は大きく、暦は関係ないのである。

 ただ沖縄の人たちが季節感を大事にして伝統を守っているという意味においては、旧暦で行事を行うということと清明節を守って行っていることは同義でもあると言える。
むしろ季節感を失って伝統行事を形だけにしてしまった本土側のおかしさを浮き彫りにしてくれるという意味では、沖縄の年中行事は貴重な比較対象となる。

伝統行事を伝統という壁の向こう側に押し込んで放置していると、その伝統行事が何故生まれその日に行われことが分からず、結果旧暦と二十四節気の違いさえ分からなくなってしまうのかもしれない。