Category Archives: スポーツニュース

女人禁制は男尊女卑ではない

 先月初め、日本の大相撲の地方巡業の場において、急病人を救助しようとした女性が土俵上に上がり、それを止めた職員がいたことにより女人禁制を謳う大相撲の土俵ルールの是非が話題になった。

 まあ、この事件の是非を問う前に、まず女人禁制の意味からよく考えてみたい。

 女性を土俵に上げない女人禁制のルールは男尊女卑的であるような声もあるが、私はそうは考えていない。

 女人禁制というのは女性そのものに問題があるというより、男性が女性という存在に弱いということに起因するものから発したものと考えられるからである。

 どういうことかと言えば、男性に女性が近づくことによって男性側の風紀というか意識が乱れるという問題である。

 古代より男性にとって女性は、社会的にどういう関係であろうと、常に性的な存在である。
 女性にとっては全く性を意識しないような状況や関係に見えても、男性は常に女性との関係に性を意識している。

 女性が性的な存在であるがために、身辺に存在することによって常に一定程度の神経を奪われてしまう。
 もちろん、全てが性衝動に繋がるわけではないが理性でコントロールされてはいても性は常に意識されている。


 古い女人禁制の代表的なものにトンネル工事の女人禁制というものがある。

 トンネル工事の空間に山の中に女性を入れないというのは、山の神が怒るからだという言われ方をするが、本質的には男性杭夫たちの意識が乱れて、安全意識への配慮に不足が生じてしまうから事故が起きやすくなるからだと推測する。

 もちろん、山の中という閉鎖された空間では、意図せず女性の貞操そのものが直接脅かされる危険性もあり、それ故近づけさせないという理由も当然あるだろう。
 山は古くは修験者の修行の場でもあり、女性が踏み入れると修行の邪魔になり、意識が乱れて危険を伴うという意味もあり、山の神は女性で有るとして女性を排除してきた。

 同様に、相撲の土俵上においても、土俵は山を模したものという意味もあり、土俵の中(山の中)に女性という存在をそこに入れてしまうと、稽古の邪魔になったり、集中力に欠いてケガに繋がる可能性もあるから、女人禁制として女性を遠ざけているのだと思われる。
 つまり相撲のような野性的な闘争心を研ぎ澄ませて上がる場所に、女性の香りがあってはまずいのである。
 例えば、土俵上の俵は、単なる競技場の枠線ではなく、女性を排除するための結界としての俵と見るのが妥当である。

 いずれも禁欲を修行の一つと捉え、女性を男性にとっては煩悩欲を刺激する存在として、意識的に遠ざけるために、修行の場を女人禁制にして、女性を排除してきたのだというのが相撲やそのほかの女人禁制の歴史だと思われる。

 恐らくこのような問題は、先日の甲子園の女子マネージャー問題などにも同様の構造があり、私は「甲子園女子マネ問題に見る安易な時代錯誤論」でもちょっと触れたが、単純な男女平等の社会組織だけでは図り切れない人間の根源的な性衝動を背景にした理由が存在するような気がする。

 さて、このような女人禁制の由来の背景を前提にして、現代の女人禁制をどう扱えばいいのだろうか?

 確かに、男女平等の現代法の観点から言えば、女人禁制などというものは一切排除するのが正論かもしれないが、女人禁制の根拠が「性」という人間の根源に根ざした考え方である以上、表面上の男女平等や男尊女卑を無理やり押し付けるべきではないという気がする。
 
 さりとて、今後も表彰式などで女性市長は登場し続けるし、土俵上の緊急事態に医療関係者の力が必要な場面もまたやってくるのが現代社会である。

 しかし、いろいろ考えてみても個人的な意見としては、大相撲としての土俵上は今後も女人禁制を継続してもいいのかなと考えている。
 その上で土俵上の神聖度というか意味合いをさらに明確化するため、力士や行司以外の関係者も土俵上に上げず、表彰式などは土俵外で行うようにして、一般人も含めて部外者を排除するのが良いと考える。

 同時に常に男性の医療関係者を待機させ、緊急の場合でも女性が土俵上に上る必要が無いような体制を整えるである。

 一方で、女性相撲などは、相撲をスポーツとして行う競技を大相撲興行とは切り離した形で整備し、他の格闘技スポーツ同様に男女別の競技を行い、土俵とは違うような専用競技空間とルールで実施してもいいのではないかという気がする。

 つまり現代の大相撲興行のように、女性が直接力士として参加する社会環境が整わない段階においては、現在の土俵上の女人禁制のルールは継続するのが妥当という気がしており、女性相撲がスポーツ的に興隆してきた段階で改めて考えれば良いのではないかと思っている。

 この考え方は女性の方にはあまり納得頂けないかも知れないが、男性は女性の存在に対して女性が想像する以上に惑わされる生き物であり、時には女人禁制にしてでも、物事に真剣に取り組む時間や空間を確保したいと考えていることを理解していただきたいと思っている。


カーリングが4年に一回しか盛り上がれない理由

平昌オリンピックが終わり、日本選手団が先週帰国し、メダリストたちがマスコミにちやほやされている状況がネットを通じてこちらにも伝わっている。

 特にカーリングの女子チームは「そだねー」の流行語とともに注目を浴びている印象だ。
 まあ今回メダルを取ったというのもあるが、日本国民が彼女らに好感を抱く決定的な理由が他の種目に比べ存在すると分析している。

カーリング女子のインタビュー風景

 それは競技時間の長さである。

 冬季オリンピックの他の競技を見ればわかると思うが、ほとんどの競技は一競技で一人の人間が映る時間はせいぜい数分であり、しかも屋外競技の場合はゴーグルと帽子でほとんど競技中は顔が映らない

 これに対して、カーリングは一つの試合の試合時間が、2~3時間と長くその間に何度も何度も素顔がアップになる。
 この素顔が沢山映るという意味ではフィギュアスケート人気にも共通する面がある。

 しかもチームメンバーは、原則たった4人のため、否が応でも顔や表情を覚えてしまう。

 さらに、今回「もぐもぐタイム」とネーミングされた栄養補給の休憩時の素直な表情や、ピンマイクから拾われる彼女たちの音声が彼女たちの素の姿を映し出し、人柄を知ることになる。
 このように人となりを知れば、自然と好感を持つ可能性が高まり人気が出るのである。

 つまりこの競技時間の長さが、カーリングが他の競技と圧倒的に違って好感を持たれる理由であると思う。

 但し、実は逆にこの競技時間の長さがカーリング人気を持続させられない理由でもある。

 オリンピックでこそ、各テレビ局とも非常に注目が高いため一試合3時間もかかる試合を、何試合も中継してくれるが、オリンピック以外の国際大会レベルだと、さすがにあそこまでの中継体制は取れないため、映像を見ることは出来ない。

 テレビ放映枠というのは無限にあるわけではないので、現在人気の高いMLBの野球でさえテレビ中継を意識して時間短縮の為に申告制敬遠などというルールが導入される時代なのである。
 そのような時代に、カーリングのような動きの地味なスポーツが放送枠を確保してもらえることはありえないのである。

 まあコストのかからないインターネット中継などであれば放映は実現可能かもしれないが、それとて年間を通じて何十試合も中継するのは難しいだろうに思う。

 つまり結局視聴者から彼女らを見る機会を維持することは難しく、カーリング選手が視界から遠ざかれば、日常は忘れてしまう可能性が高くなるのである。
 よってカーリングの試合観戦は、ほとんどの人が次にスポットの当たる次のオリンピック中継まで待たなくてはならす、故に持続的な人気の確保は難しいと思われる。

 今回、彼女たちのオリンピック銅メダルという結果を受けて、盛り上がったカーリング人気を何とか持続させてやりたい気持ちはあるが、前途はなかなか厳しいという気がしている。

カーリングに再び夢中

 特に大きな予定もないまま春節を迎えてしまったが、オリンピック中継の存在に救われている。
 もちろん、昨日のフィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手の金メダルは、中国CCTVのインターネット放送ではあるが、しっかり見届け、感激を覚えた。
 余韻としては今現在も残っており、VPNを繋げば、gorin.jpで競技の様子もフルバージョンで見ることも出来、実際に何度も見た。
 ただ、競技としては一種目であり、長い春節休みをカバーするには短すぎる。

CCTVでの羽生選手の表彰式

 そこで、この休み期間中の私のテンションを保たせてくれているのがカーリングであり、特に女子チームの試合はかなり見ている。
 日本チームも当然見ているが、中国、イギリスのチームは前回や前々回のメンバーがのこっているし、韓国チームも地元ということで注目していたので、試合を見るようになりすっかりメンバーも覚えた。
 もちろん、各チーム美人選手が多いというのもその理由にある。(笑)

イギリスチームのスキップ ミューアヘッド選手

 カーリングの何が面白いかというと、月並みな表現だが一投ごとに局面の変わる戦況と、駆け引きや心理戦が非常に面白い。
 氷上のチェスト評されるほど、スポーツでありながら半分は頭脳戦なのである。

 もちろん、時間制限もあるので将棋のような長考はないが、ポイントとなる場面ではチームメンバーが集まって、色々な可能性について意見を出し合い作戦を決めていく。

 オリンピック代表選手なので、基本的にはみな精度の高いショットを出すが、コート表面の氷の状況など、狂いが生じる可能性がある。
そういったリスクをどこまで織り込んで、次のターゲットを決めていく。

こういった勝負を全10エンド制で行い、攻守を交代しながら点数を取り合ってこなしていく。

ただ、以前「1点をとってはいけないカーリング」で書いた通り、そのエンドで1点をとることが必ずしもプラスにならないため、それを考慮して目の前にある点を取るべきかなどの作戦を立てていくという難しい要素もある。

これが、この競技奥深さであり、面白さとなっている。

 従って、例えばスピードスケートや、スキーの滑降などのように、せいぜい数分で結果の出てしまう競技とは一線を画し、一試合2時間以上かかる場合もざらである。

観る側もじっくりと腰を落ち着けてみる必要があって、それを楽しんでいる。
 ただ、こうやって競技特性を考えてみると、以前のブログでは
カーリングは中国人にも人気が出そうな気がする。

というような記事も書いてしまったが、じっくり考えることのあまり得意ではない中国人たちにはあまり馴染まないような気がしてきた。
 やはり次回の北京五輪が少し心配である。