Category Archives: 日本語

過去ブログのワードプレスへの移行作業

 現在合間を見ては、引っ越し前の過去のブログを少しずつ現在のシステムへ乗せ換える作業をしている。

 何故こんな手間のかかることをしているかというと、読み返すとなかなか我がブログながら興味深いことを取り上げていて、もう少しネット上で晒せる状態にしておきたいからである。 

am900_bi071

 現在の状態だと一応ネット上に公開されている状態とは言え、それぞれHTMLの単独ページで保管している状態なので、ほぼ倉庫の中に眠っている状態とあまり変わりなく、検索エンジンではあまり引っかからない状態になってしまっている。

 これをワードプレスのデータベースに載せることにより、プラグインを使って関連記事にその記事へのリンクを自動的に表示させたり、カテゴリ分類によるリンクで、閲覧者がそのページにたどり着きやすいルートを確保することが可能になるのである。

 また直接の閲覧だけでなく、ワードプレスで扱うことにより、カテゴリやタグの活用で、検索エンジンのクローラーが回りやすくなり、SEOという点でも非常に効果が出やすい

 ウェブサイトにとってはページ数のボリュームこそが一番のパワー源であり、SEOの強力な武器となるため、同じシステムに文章を載せかえることによって、ブログ全体としてまとまったパワーを持てるのである。

 さらにワードプレスで扱うことによって、そのボリュームパワーは加速度的に上昇が可能(うまく設定すればの話だが、、、)になるので、時間をかけても載せ換えることに意味があるのである。

 とはいえ、過去ページは数えてみると1300ページ近くあり、現在ようやく半分をちょっとを超えたような段階である。

 単純にコピペだけでも良いような物だが、いちおうSEOを考えて色々タグ付けなどの作業をしながら進めているので、思いのほか時間がかかる。

 しかも過去の自分の文章をいちいち読み返しながら自分の過去の歴史などを思い出しつつ作業をしているので、なかなか進まない。
 過去10年の自分の上海生活を振り返る気分になっている。

 誤字や文体のブレなども数多く見つかり、どうにも恥ずかしいので校正も入れつつやっているので、1文章あたり結構な作業量となるのである。

 さらに日付設定を忘れて過去文章が最新の状態などに出てしまうこともしばしばで、恐らく古いネタのタイトルで引かれてクリックしてしまった方も少なくなく、開いてくれた方にちょっと申し訳ないという状況も発生している。

 まあ個人作業なのでいつまでという期限はないものの、夏までには終えたいこの作業である。


使うと失礼な謙譲語

 よく「一国民」「一市民」「一利用者」などといちいち「一」をつけて自らをへりくだっていろんな意見を言う人がいるが、この自らに「一」を頭につけるというのは場合によってはどうも相手に失礼に当たる気がする。

 つまり、「一」をつけるという言葉の裏には、「本当は自分は一じゃないんだが」という、優越感・傲慢さが本人に見えるからである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 本来は主語は「私は」でいいはずなのに、わざわざ「一」をつけて自分を小さくしているんですよとPRする必要はないのである。
 「私」というのは基本的にPRしなくても「一」のはずなのである。

 故に「一○○」などと言えるのは、明らかに立場がある人に限られ、例えば市長や市議が「一市民」としてモノを言うのは意味がある。

 かつて、かの小沢一郎さんが、自らを「一兵卒」として呼んだことがあるが、あれは代表選挙に敗れた後だったから、使い方としては正しい気がする。

 しかし、そういう明確な社会的な立場が無い人が、客先相手でもないのにへりくだるというのはやはりどこかおかしい。

 実はへりくだったつもりが却って自らの尊大な意識をPRすることになるのである。

 現に「一国民として」「一市民として」「一利用者として」などの言葉で検索をすると、へりくだる必要もなさそうな立場の人が非常に強い意見を述べている。

 「私は○○なんだが、腰を低くして言っているんだ」という傲慢さがどこかにありそうな印象を受け、却ってかなり尊大に感じてしまい、じゃあお前は何様なんだと反発を感じてしまう。

 まあ日本語とはかくも難しく、使い慣れない言葉を意味も考えず使うと恥ずかしい思いをする場合があり、自らの戒めの意味を込めて是非気を付けたい。

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。
 これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをもった言葉として我々の生活の中でも日常よく使われる言葉として残っている。

 その代表的なものとして四面楚歌呉越同舟、或いは臥薪嘗胆などの言葉が挙げられるのではないかと思われ、これらは今でも使われているのは周知のとおりだろう。

 ところが、こういった中国生まれの故事成語に混じって、日本生まれの故事成語が中国に逆輸入されているケースがあることをつい先ほど知った。

 その逆輸入された言葉とは実は「天王山の戦い」という言葉である。

 まあこの言葉は日本人なら誰でも知っているように、戦いの上で勝敗の分かれ目となるポイントを指す言葉であり、戦国時代の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀が争った際に、京都府と大阪府の境目にある山崎の天王山を先に取った秀吉が勝ったことに由来する日本発の故事成語である。

 この日本人なら誰でも知っている故事成語であるが、実は中国でも日常的に使われる言葉となっていたようなのである。

 それを見つけたのが、実は先ほどまで見ていたサッカーのドイツブンデスリーガのネット放送であり、バイエルン対ドルトムントの試合のサブタイトルに、「天王山の戦い」と記されていたのである。

1299318508

 へぇー、これって日本の故事成語じゃんと思いつつも、ひょっとして中国にも同じような名前の場所で同じような戦いがあったのではないかと思い、百度(バイドゥ)で調べてみた。
 しかし、出ていたのはやはり日本の故事を基にした言葉だという説明で中国に類似した言葉があったわけではないようだった。

 1446073689

 これは非常に驚くべきことである。

 まず、日本で生まれた故事成語が中国で使われていることが一つの驚きであり、さらにこういった「天王山の戦い」的な同様の意味を持つ言葉が中国の故事成語の中に無かった(残らなかった)ということがとっても驚きなのである。

 言っては悪いが、中国の4000年の歴史なんてほとんどが戦乱の歴史であるからして「天王山」的な存在は過去にもありそうに思える。

 しかし、日本発の故事成語、しかも16世紀末という遥かに遅い時代の言葉が輸入されてまで今まで残っているということは、中国の古代史には天王山に類するものがなかったということになるのではないだろうか?

 懸命に探せば中国の故事に似たような言葉があるかもしれないが、この「天王山の戦い」という言葉が、しっかり中国に逆輸入され中国人が普通に使う言葉になってしまっているということは確かのようである。

 今回日本人の私としては非常に驚く状況を発見してしてしまったようである。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。