Category Archives: 日本語

二十四節気を旧暦と混用してはいけない

 先日、ネットで沖縄の習俗に書かれている記事を読んでいた時、ちょっと微妙な記述を見つけた。
 沖縄の伝統行事は、基本的に旧暦の暦に合わせて行い、正月やお盆などを旧暦に合わせて行うとあり、その中に清明節が並列して説明されている。
 清明節の時期は4月の初旬とある。

 しかし、ここでおかしいと感じたのは。清明節が旧暦によって決まっている伝統行事かのような印象で書かれていることであった。
 清明節は確かに伝統的行事の一つではあるが、清明節は旧暦ではなく二十四節気によって時期が決まってくるものであり、記事の説明としては確かにそうなっている。
ただ、やはり一緒くたになって扱われている書き方にはやや抵抗感を覚える。

ここで旧暦と二十四節気が何かを改めて簡単に説明すると、旧暦と呼ばれる太陰太陽暦は、月の満ち欠けのサイクルを一か月として暦を数え、太陽による季節変動に合わせて、19年に7回程度の割合で閏月を加えることによって、季節のずれを最小限に修正した状態で概ね正確に進む暦である。
 これに対して、二十四節気というのは、黄道(天空上の太陽の通り道)を二十四等分し、季節の気候変化を約15日単位で示したものである。(定気法による場合)

例えば上記の二十四節気の「清明」は、立春を起点とした場合は5番目となる節季で、つまり立春を基点として太陽が黄道上を60度進んだ時点が清明となり、それが新暦(グレゴリオ暦)で言うところ4月5日頃に該当する。

 従ってその位置は毎年ほぼ固定であり、旧暦の日付のように新暦上でそれほど大幅に変動するものではない。
 つまり発想として二十四節気は太陽暦に近く、月を基準とした太陰太陽暦とは全く異なるわけであり、そもそもとして二十四節気自体は暦でもなく単なる季節の目安である。

 要するに、「清明節」は太陽暦的な尺度で清明節の日付が決まっている時点で。毎年だいたい同じ日の春分の日や秋分の日、或いは夏至・冬至と同じなのであり、「清明節」を旧暦の行事のような印象で扱う時点で間違っていることになる。

 沖縄の伝統行事の中で、清明節は大切な位置を占めてはいるが、それは旧暦文化が息づいていることとはその意味合いが違うのであり、単に我々本土に清明節の習慣が残らなかったことの意味の方が実は大きく、暦は関係ないのである。

 ただ沖縄の人たちが季節感を大事にして伝統を守っているという意味においては、旧暦で行事を行うということと清明節を守って行っていることは同義でもあると言える。
むしろ季節感を失って伝統行事を形だけにしてしまった本土側のおかしさを浮き彫りにしてくれるという意味では、沖縄の年中行事は貴重な比較対象となる。

伝統行事を伝統という壁の向こう側に押し込んで放置していると、その伝統行事が何故生まれその日に行われことが分からず、結果旧暦と二十四節気の違いさえ分からなくなってしまうのかもしれない。

あの日本向け製品が中国のトイレに?

 先日、某地下鉄駅のトイレを利用した際にとても違和感のある掲示物を発見した。
 それが下記の写真なのであるが、これは化粧室内のベビーチェア利用者向けのいわゆる多言語表記の説明書き掲示である。

ベビーチェア注意書き

 日本語のほかに英語、ハングル、中国語で説明書きが書かれている。

 まあ日本国内から私のブログを読んでくださっている方々にとっては、この表記のどこに違和感があるのだとおっしゃられる方もおられるかもしれない。
 近年の訪日観光客の増加で、日本の公共施設にはこういった多言語表記の掲示が増えているからである。

 しかし、この表示をもう一度よく見て欲しい。

 中国・上海の駅のトイレの掲示であるはずなのに、何故か日本語が最初に書かれているのである。
 そして次に英語、3番目にやっと中国語が書かれ、最後にハングルとなっている。

 もしこの駅が特に外国人利用客の多い駅だったとしても、常識的に考えて中国国内の公共施設で日本語を筆頭表記することは考えられない。

 つまりこの掲示物は、明らかに日本国内などで使用されることを目的として製作されたものに違いないとの推測が成り立つ。
 そして、その日本向けの掲示であったものが何故か上海でも利用されているのである。
 
 どうして、この「日本向け製品」が上海のトイレに貼られることになったのかという経緯は分からないが、日系の便器メーカーからの提供か、多言語掲示の準備に迫られた担当者がネットか何かで見つけて日本から買い付けたのかのような理由であろう。
 いずれにしても中国国内では既製品を見つけられず、やむを得ず日本向け製品の導入になったにちがいない。

 しかし、これは考えようによっては便利な使い方である。

 言語の順番にさえこだわらなければ、この多言語併記の掲示物は日中韓の3か国や英語圏の国々でも使いまわしが出来るからである。

 まあ欧米ではアジア言語より他の欧米系言語の併記の方が便利かもしれないが、アジア圏ではかなり使えそうである。
 思わぬところで発見した「日本からの輸入品」ではあるが、これもひとつのビジネスヒントになりうる商品だという気がする。

中国でルート検索やタクシー運賃予測に便利な百度(バイドゥ)の地図

日本だと、交通機関のルート検索などはGoogleマップなどの活用が一般的なのかなと思うが、中国だとインターネットの環境の都合で、Googleマップは使用できない。
しかし、中国国内では百度(バイドゥ)の地図で、ほぼ同様の検索ができる。
(パクリという意見は今回横に置いておいて、、)

●百度マップのアドレスhttps://map.baidu.com/

というか、本音を言えば私自身はGoogleマップが便利に普及してし始めた頃に上海に来てしまったため、本当の意味でのGoogleマップの使いこなしは知らないのだが。

でこの百度マップは何ができるかというと、Google同様に地点検索はもちろんのこと、A地点からB地点までの各交通機関のルート検索が可能になっている。
しかも、各交通機関の運賃まで計算される。

百度MAP検索

鉄道など公共共通機関に関する費用算出はたしかGoogleマップでもできていたと思うが、百度マップはタクシー運賃まで算出できる
まあ、ルート距離にタクシーの運賃算出を付加したものなので、そんなに複雑な機能ではないだが、知っておくと便利だし、よく利用させてもらっている。

百度MAPでタクシー検索

さらにこの百度地図が日本人にとっても便利なのは、日本語漢字で入力しても対応してくれるということ。
つまり日本語漢字で入力しても中国簡体字を基に、地点の候補を表示してくれる。

例えば「東」は簡体字だと「东(dong)」の表記になるのだが、東と日本漢字で入力しても検知して「东」で検索してくれる。
故に簡体字のピンインを知らない地名でも検索が可能である。
但し、駅という表記は中国では使用せず「站」となるので、駅を検索したいときは站と入力するか、「駅」を省略した駅名のみを入力を検索するほうがいい。

ちなみに英語での入力を試したところ、地図データが英字で登録されているような施設以外は反応せず、空港など国際性のある場所でさえ実用に耐えるレベルでは使えなかった。

やはり漢字利用にとどまるようである。

このような利用条件のもと、移動時間などを検索すると、大よそ正確な値が示され、その情報に沿った行動するとほぼ時間通りに行動できる。
仕事上で、初めて行く場所の客先の場合は、ほぼこの百度マップを利用している。

ただしルート上にバスが含まれてしまう場合は、バスの運行頻度に不安があるので、その運行頻度の想定分だけ保険をかけて時間を余分に見る必要があるが、基本的にはかなり正確な時間が算出される。

またこの情報はショートメールなどへも共有が可能で、スマートフォンではないガラケーや、移動中の外部での通信量を抑えたい場合などはテキスト保存できるので便利である。
まあ多少の中国語の理解力や入力の知識(ピンインなど)は必要だが、中国で移動される場合はぜひご利用いただきたい。