Category Archives: 中国語

中国の高速道路表示は下から読む!

先日、浙江省の方へバスで移動した際に、ちょっと面白い発見をした。

私は、この日ある団体の幹事的な役割りということもあって、バスのほぼ最前列に陣取り、運転手と同じ方向を向いて高速道路風景を眺めていたのだが、その時に奇妙なものを見かけたのである。

それは、道路上に書かれている行先案内の表示である。

そこで何を発見したのかというと、なんと中国の高速道路では、路面の行先表示がなんとドライバーからの視点を考慮して、手前から奥へ読むように、つまり下から上への並びで地名が表示されているのである。

逆さの道路標示

逆さの道路標示

例えば「杭州」であれば「杭」が手前で「州」が奥となっている。

私はバスの最前列から眺めていて、初めは地面に知らない地名が沢山出てくるなとばかり思っていたのだが、よくよく見ると順番が逆さまだっただけで、よく知った地名が書かれていたのであった。

これは中国に来て初めて気がついた光景で、今更ながら軽いカルチャーショックを受けた。

慌てて、日本の表示をネットで画像検索して調べてみたところ、日本の場合は例え高速道路であっても、通常の日本語表記同様に上から下へとの表示になっていた。

日本の阪神高速の表示(引用元)

日本の阪神高速の表示(引用元

或いは横書きで、左から右への順番で書かれており、日常の表記と同じルールで書かれていたのである。

横書きの高速道路の路面標示

横書きの高速道路の路面標示(引用元

最近ではドライバーからの視点角度に合わせて手前の文字のフォントを縦長に崩し、読みやすいように工夫したものもあるようだが、いずれにしても上から下へ読ませる原則には変わりなく、中国のように逆転表示されている例は無いようである。

日本の道路標示(引用元)

日本の道路標示(引用元

まあ、私は中国で車を運転するような機会はないものの、この中国式表示にはとても慣れそうになく、ますます運転したくなくなったというのが本音である。

当地の中国の文章文化も、通常の縦書き表示はやはり上から下であり、この高速道路の下から上へ読ませる表示は中国人たちにとっても読みにくいのではないかと思うがはたしてどうなんだろうか?

今度一度訊いてみたいと思っている。


半馬交通管制の意味

 今日買い物に出かけたところ、バス停の情報モニターに「半馬交通管制」なるものの通知が出ていた。

 写真を解説すれば「半馬」のための交通規制が行われると言う意味の情報である。

バス停モニターの通知

バス停モニターの通知

 まあ「半馬」が何のことだ分からなくても、交通規制が行われる時間と場所の通知だけ読み取れれば事足りるのだが、それでは何ともモヤモヤしてしまう。

 この「半馬」という表現がいかにも分かりにくく、半分の馬と理解しようとするとまず本当の意味にたどり着けない。

 私も瞬間的には意味を飲み込むことが出来なかったのであるが、交通規制がかかるということから推測して、数秒後にようやく意味が分かった。

 この「半馬」とは、実は「ハーフマラソン」のことなのである。
 
 中国語でマラソンは「馬拉松」と書くのだが、これがハーフマラソンの場合は正式には「半程馬拉松」という表記になる。
 半分の距離のマラソンと言う意味である。

 そしてこの半程馬拉松を省略した表現が「半馬」となる。

 言われてしまえば、納得するこの省略表現かもしれないが、突然出てくると分かりにくいわけで、半分の馬の意味を探して迷走してしまいそうな表現である。

 ちなみにこの「半馬」を中国人にぶつけたところ、やはり私と同じように最初は首をひねっており、理解するまで非常に時間がかかってしまっていた。

 中国人だって「馬拉松(マラソン)」なら大方の人が理解できると思うが、「半程馬拉松(ハーフマラソン)」になってしまうと、その競技の存在すら理解していない人も大勢いると思われるし、ましてやその略語までは判断できないのは実際のところのような気がする。

 「半馬」とは何とも分かりにくい略語であり、その略語で交通規制を通知するのはどうもそぐわないと言った印象である。

 私は今年で上海滞在10年目になるが、長く中国で暮らしていてもこういった不可思議な省略表現に時々出くわし、中国語のその意味を理解するに時間がかかることが間々あるのである。

 

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。
 これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをもった言葉として我々の生活の中でも日常よく使われる言葉として残っている。

 その代表的なものとして四面楚歌呉越同舟、或いは臥薪嘗胆などの言葉が挙げられるのではないかと思われ、これらは今でも使われているのは周知のとおりだろう。

 ところが、こういった中国生まれの故事成語に混じって、日本生まれの故事成語が中国に逆輸入されているケースがあることをつい先ほど知った。

 その逆輸入された言葉とは実は「天王山の戦い」という言葉である。

 まあこの言葉は日本人なら誰でも知っているように、戦いの上で勝敗の分かれ目となるポイントを指す言葉であり、戦国時代の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀が争った際に、京都府と大阪府の境目にある山崎の天王山を先に取った秀吉が勝ったことに由来する日本発の故事成語である。

 この日本人なら誰でも知っている故事成語であるが、実は中国でも日常的に使われる言葉となっていたようなのである。

 それを見つけたのが、実は先ほどまで見ていたサッカーのドイツブンデスリーガのネット放送であり、バイエルン対ドルトムントの試合のサブタイトルに、「天王山の戦い」と記されていたのである。

1299318508

 へぇー、これって日本の故事成語じゃんと思いつつも、ひょっとして中国にも同じような名前の場所で同じような戦いがあったのではないかと思い、百度(バイドゥ)で調べてみた。
 しかし、出ていたのはやはり日本の故事を基にした言葉だという説明で中国に類似した言葉があったわけではないようだった。

 1446073689

 これは非常に驚くべきことである。

 まず、日本で生まれた故事成語が中国で使われていることが一つの驚きであり、さらにこういった「天王山の戦い」的な同様の意味を持つ言葉が中国の故事成語の中に無かった(残らなかった)ということがとっても驚きなのである。

 言っては悪いが、中国の4000年の歴史なんてほとんどが戦乱の歴史であるからして「天王山」的な存在は過去にもありそうに思える。

 しかし、日本発の故事成語、しかも16世紀末という遥かに遅い時代の言葉が輸入されてまで今まで残っているということは、中国の古代史には天王山に類するものがなかったということになるのではないだろうか?

 懸命に探せば中国の故事に似たような言葉があるかもしれないが、この「天王山の戦い」という言葉が、しっかり中国に逆輸入され中国人が普通に使う言葉になってしまっているということは確かのようである。

 今回日本人の私としては非常に驚く状況を発見してしてしまったようである。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。