Category Archives: 中国語

中国でルート検索やタクシー運賃予測に便利な百度(バイドゥ)の地図

日本だと、交通機関のルート検索などはGoogleマップなどの活用が一般的なのかなと思うが、中国だとインターネットの環境の都合で、Googleマップは使用できない。
しかし、中国国内では百度(バイドゥ)の地図で、ほぼ同様の検索ができる。
(パクリという意見は今回横に置いておいて、、)

●百度マップのアドレスhttps://map.baidu.com/

というか、本音を言えば私自身はGoogleマップが便利に普及してし始めた頃に上海に来てしまったため、本当の意味でのGoogleマップの使いこなしは知らないのだが。

でこの百度マップは何ができるかというと、Google同様に地点検索はもちろんのこと、A地点からB地点までの各交通機関のルート検索が可能になっている。
しかも、各交通機関の運賃まで計算される。

百度MAP検索

鉄道など公共共通機関に関する費用算出はたしかGoogleマップでもできていたと思うが、百度マップはタクシー運賃まで算出できる
まあ、ルート距離にタクシーの運賃算出を付加したものなので、そんなに複雑な機能ではないだが、知っておくと便利だし、よく利用させてもらっている。

百度MAPでタクシー検索

さらにこの百度地図が日本人にとっても便利なのは、日本語漢字で入力しても対応してくれるということ。
つまり日本語漢字で入力しても中国簡体字を基に、地点の候補を表示してくれる。

例えば「東」は簡体字だと「东(dong)」の表記になるのだが、東と日本漢字で入力しても検知して「东」で検索してくれる。
故に簡体字のピンインを知らない地名でも検索が可能である。
但し、駅という表記は中国では使用せず「站」となるので、駅を検索したいときは站と入力するか、「駅」を省略した駅名のみを入力を検索するほうがいい。

ちなみに英語での入力を試したところ、地図データが英字で登録されているような施設以外は反応せず、空港など国際性のある場所でさえ実用に耐えるレベルでは使えなかった。

やはり漢字利用にとどまるようである。

このような利用条件のもと、移動時間などを検索すると、大よそ正確な値が示され、その情報に沿った行動するとほぼ時間通りに行動できる。
仕事上で、初めて行く場所の客先の場合は、ほぼこの百度マップを利用している。

ただしルート上にバスが含まれてしまう場合は、バスの運行頻度に不安があるので、その運行頻度の想定分だけ保険をかけて時間を余分に見る必要があるが、基本的にはかなり正確な時間が算出される。

またこの情報はショートメールなどへも共有が可能で、スマートフォンではないガラケーや、移動中の外部での通信量を抑えたい場合などはテキスト保存できるので便利である。
まあ多少の中国語の理解力や入力の知識(ピンインなど)は必要だが、中国で移動される場合はぜひご利用いただきたい。


中国人に受動態と能動態を使い分けさせるのは難しい。

中国人の作る日本語の文章を見ていて、よく見つけるのが受動文(受け身)と能動文の使い分けのミス。

 ミスと言っては可哀そうだが、一つの文の中に2つの動作主体が混在し、本来は受動文で書き分けるほうがよいところを、そのまま能動文として書いてある。

 するとどうなるかというと、一つの文の中に主述関係が複数存在することになり、文の途中で動作主体が入れ替わってしまい非常に意味が捉えづらくなってしまうのである。

 まあそれとて、動作主体をきちっと書き分けてあれば意味はそれなりに通じるものの、やはり分かりにくい文章となる。

 本来、文章はある固定された視点からの動きだけで表わしていったほうが分かりやすい。
その観点からすれば、途中から動作主体が入れ替わる文章というのは、読み手を迷わせてしまう可能性があるのである。

 故に、丁寧な日本語の文章を書く人であれば、その書き手の視点というのは滅多に動かない。

 時折、小説などの文章の中では別の登場人物が現れ、文章の動作主体が変わることもあるが。直接話法や間接話法を使い分けることにより、受動態や能動態を正しく書き分けられれば、素直に読むことが出来る。

、、
 日本人であれば、この書き分け読み分けはそれほど難しくないが、外国人たち、、例えば私の身の回りの中国系の人たちは苦労している。

 そもそも中国語では、日本語以上に受動態(受動文)を使う頻度が少ない。

 「我給他(私は彼にあげた)」の逆は日本語だと「私は彼にもらった」と表現するのが普通だが、中国語だと能動態で「他給我(彼は私にあげた)」と表現してしまうため、受動態はほとんど使われない。

 「我被罵了(私はののしられた)」など受動態を使うケースもなくはないが、大半は能動態を使用して、主語の動作主体を入れ替えるのが普通である。
 従って、彼らに受動態の使い分けを身に着けさせるのはとっても苦労する。

 ただ、これは逆に日本人が中国語を話す際に逆の問題が生じるわけであり、受動態で言い慣れている表現を、中国語の能動態で言い換えるのは違和感があり、苦労している部分でもある。
 

日中辞書に載っていない言葉の訳語の探し方

 中国生活も長くなってきているので、他人との意思疎通については、今ではどうにかこうにか知っている単語の範囲で意思伝達を済ませられるようになってきており、現在ではたまにしか日中辞書を引かなくなった。

 とはいえ、中国語で文章を作る必要があるような場合は、時々インターネットの中日辞書の世話になるし、辞書だけでなく念のためネットで確かめたりする。

 また中文読解も、おおよその意味は理解できても固有名詞などは知らなければそれだけで意味がわからない場合がほとんどなので、ネットの中日辞書で調べることになる。

 しかし、比較的語彙数の豊富なネットの日中・中日辞書でも調べきれない単語も世の中にはたくさんある。

 例えば、コンサートでの演奏予定の曲名とか、映画のタイトル、あるいは植物の名前などは辞書にはまず載っていない。

 例えば先日中国語で「時光倒流70年」と表記されている映画の曲があったのだが、これは邦題では「ある日どこかで」(ヤノットシュワルツ監督)と表記されている米国の映画だった。

 また「假如愛有天意」と表記されていた映画は、「ラブストーリー」(クァク・ジェヨン監督)という韓国映画だった。

 これらは、よほど有名じゃない限り中日辞書に訳語が直接載っていることはありえない。
 しかし、どうしても知りたい、調べたいというようなケースも出てくる。

 このような場合はどうするか?

 まず曲名などは、作曲者と作品番号が出ていれば、それをもとにYAHOOやGoogleなどで検索すればおおよそ答えが出てくる。
 またその作曲者のウィキペディアなどを探せば、答えにたどり着く。

 しかし、映画の題名など作品番号などが示されず、発音から中国語の当て字が使われていたり意訳が行われている場合は非常に厄介であり、邦題の特定をするのに難儀する。

 ではどうするか?

 こういった直接の辞書が役に立たない場合は、英語経由の訳語探しを試すことになる。

 どうするのかと言うと、中国語の単語そのままを例えば百度(バイドゥ)などの中国語の検索エンジンで検索をかけ、百度百科などの項目を探す。

 すると、その文章の中にかなり高い確率で英語表記などが示されている。

 植物や動物の名前なども同様で、英語の学名などが記されている確率が高い。

 このように英語の名称が判ればしめたもので、あとはその英語表記を日本語のYAHOOなどで検索をかけると、かなりの確率で日本語表記にたどり着ける。
ちなみに上記の「ある日どこかで」は英題が「Somewhere in Time」であり、「ラブストーリー」の英題はなんと「Classic」であり韓国語原題も「クラシック」の発音であった。

つまり普通の辞書でたどり着けない言葉も、英語を介すことによって答えがでやすくなるのである。

 なお、気をつけなければいけないのは、百度百科やウィキペディアなど、ネット上の情報は必ずしも100%正確とは言えないということ。
まあ映画の題名などはそれほど間違うことはないが、植物などは同じ仲間であっても地域などにより別の固有種を指す場合があるので、正確性を必要とされる場合は慎重に確認を行なう必要がある。

このように日々言葉の壁には苦しみもあるが、発見の楽しみもあり、コンサートのプログラム一つに驚きがある日常となっている。