Tag Archives: 上海交響楽団

クラシックコンサート鑑賞の流儀

 流儀などと書くと仰々しいが、昔からコンサートを聴きに行く際に習慣になっている行動パターンというか、聴き方の段取りが自分の中でおおよそ決まっている。

 野球選手で言う打席前のルーティーンのようなもので、まあそれほど厳格な決め事ではないものの、ほぼ毎回その段取りを踏襲してコンサートに臨んでいる。

 もちろんルールのためのルールではなく、あくまで音楽を聴く時間大切にするための段取りである。
 改めて書き出すと結構な量になり、自分でも驚くのだが、まあそれくらい生の音を聴く機会というのは大切な時間なのである。

①前日は疲れを残さない
 コンサートを聴く行為というは結構集中力を要するため、前日はなるべく酒席などを避け、コンサート当日に疲れを残さないように過ごすようにしている。
 また生モノや冷たい飲み物も避け、お腹を壊すなどが無いように体を保つようにして、風邪をひいていたら強力な薬などで無理やり直す。
当日具合が悪くなってチケットを無駄にしたり、演奏中に体調が気になって集中を欠くようなことがないよう準備をする。

②耳掃除
しっかり音楽を受け止めるために、前夜の内から必ず綿棒で耳掃除をしておく。

③栄養ドリンク
コンサートに臨む際、2時間ほど集中するのにはやはり体力が必要なのでほぼ毎回コンサート前に栄養ドリンク的なものを飲む。
 但し、あまり冷えすぎたものはお腹を冷やす可能性があるので、なるべく常温に近いものを摂取する。

④直前の食事は軽め
 コンサート前には必ず開演の2時間前くらいにサンドウィッチ程度の軽めの食事を摂ってから会場に行くことにしている。
 軽めにするのは演奏中眠くならないためと、トイレのリスクを避けるためである。
 逆に空腹でも途中で集中力を欠いてしまうので、必ず食事を摂ってからコンサート会場に行く。

⑤当日はコンサート会場に開演1時間前には着く
 コンサートの開演時間ギリギリに到着すると、心が音楽を聴く状態にならず、ざわついた状態で音楽に向かわなければならないため、原則として1時間前にはコンサート会場に到着するよう心掛けている。
 それ故にコンサートの当日に別の用事を入れることは極力避け、19時や20時から始まる夜のコンサートならば、15時以降はなるべく予定を入れないようにする。
 1時間前の他の聴衆があまり集まってない状態で会場に着き、気持ちのざわつきが落ち着くようにするのである。
もちろんトイレなども余裕をもって済ませることができる。

⑥プログラムは必ず手に入れる
有料・無料にかかわらず、プログラムは当日会場で必ず手に入れる。
早く着いてしまうので、時間つぶしに読むという意味もあるが、まあ曲の順番や解説を読み、すこしばかり予習をする意味があり、記念というか記録という意味でもプログラムの購入は大事である。

⑦開場したらすぐ入場
普通のコンサートホールは大体30分前に開場するが、私は開場したらすぐ入場し席に行く。
あとから入って席を探すとバタバタしてしまうし、比較的静寂なホールの雰囲気を楽しみ、心が会場に馴染んだ状態で演奏を聴くためでもある。

⑧眼鏡の掃除と目薬
席に着いてから、眼鏡を拭いて、目薬を差すことにしている。
もちろん、目薬を差して脳に刺激を与え、心がシャキッとした状態になってから音楽に臨むためである。
またホール内は結構乾燥しており、眼も乾くためステージ上がしっかり見えるよう目のコンディションを整えるためでもある。
 
⑨タオルかハンカチを手元に用意する。
演奏中、空調の関係で冷えて咳き込むことが時々あるため、自分がもし咳をせざるを得ない状態になった場合に、咳の音が最小限になるよう、手元にハンカチかタオルを準備し、万が一の際はそれを口に当てられるよう準備している。

⑩携帯電話の電源を切る。
 演奏中に携帯電話の音が鳴らないようにするのは当然のこととして、音を消した状態にした上で電波を遮断する航空機内モードにし、さらに電源を切ってしまい、スマホ通信の未練を断ち切った状態で演奏を待つ。
 音云々の問題もあるがスマホで得られる情報などに気を取られると音楽に集中できないため、早めに未練を断ち切り、気持ちを鑑賞モードにして臨むのである。
⑪荷物は床に置く。
 演奏中、眠くなってパンフレットなどを床に落とすといった不注意を防ぐため、パンフレットは鞄にしまい、鞄は膝の上に置かず必ず床に置く。
 傘も立てかけず、必ず預けるか床の上に横倒しに置く。
 これも全て演奏中の不注意で落としたりして物音を出さないための準備である。

 このように幾つかのいつものルーティーンを経てコンサートに臨むのが習慣になってしまった。
 故に開演時間ギリギリで入場することは滅多にないし、そういう聴き方は極力避けている。
 皆様に真似をしろとまでは言わないが、やはり演奏を生で聴くというのは非常に贅沢なお金で買った時間であり、その贅沢を最大限味わい尽くすには、それなりの努力と準備が必要なのだと思っている。

dav


スマホ撮影に夢中な人たちは損をしている。

 上海に来て10年以上たつが、最近ようやく上海のコンサートに定期的に足を運ぶようになった。

 まあ、昔のような激しい頻度ではないものの、1~2か月に一回という割りと普通の人よりは多めの回数になったのでは無いかと思う。
 それというものの、演奏会によっては結構安くチケットが手に入ることがわかったからである。

上海東方芸術中心外観

 特に東方芸術中心の上海フィルハーモニーの若手の指揮者の回だと100元とか50元(=約850円)とかで売り出されている場合があり、そういうのをうまくチョイスして通うようになった。

 まあ若手の指揮者の場合、深みや味わいという点では巨匠たちに比べ劣るものの、素質は十分で優秀なためスマートな演奏という意味では十分聴き応えがあり、コストパフォーマンス的には十分すぎるくらい堪能できるのである。

 で、このように貴重な機会を得て、コンサートホールに足を運ぶ習慣が復活したのだが、やはり気になるのは観客たちのマナー水準である。
 以前は演奏中おしゃべりや雑音、座席移動、拍手などかなりひどかったが、最近ではこの点では以前よりかなり向上している。

 ただ、そういった部分のマナー向上に反比例して目立つようになったのが、スマートフォン関連のマナーの悪さである。

 一応会場では、演奏中の撮影・録音を禁止する旨のアナウンスや掲示があるのだが、中国人聴衆たちは気にせず係員の目を盗んで、写真や動画の撮影などをちょくちょくやるのである。
 先日など、演奏中にフラッシュを焚いたおばさんがいて、こちらはドン引きして振り返ったのだが、本人は意に介さないようだった。

 また演奏の動画を撮影して、その場で再生をして音を出したというとんでもないおばさんもおり、スマホの機能向上によってもたらされた酷いマナーは後を絶たない。

 この点、今の日本のコンサート会場の現状がどうなっているかわからないが、少なくとも都心の主要コンサートホールで行われるプロオーケストラの演奏会ではそんなことはないのではないかと察する、
 まあ、演奏中の写真撮影などは他人に大きな迷惑をかける行為ではないものの、肖像権の問題もあるし、背後の聴衆にとっては暗闇の中で光る液晶画面が気になり、集中力がそがれるのである。

 
 しかし個人的にはそういう迷惑の有無や著作権の問題を抜きにしても、聴衆は演奏中の録音や撮影はやめたほうがいいと強く思っている。

 まず第一に、演奏中に録音や撮影に気を取られることによって生演奏の空間を体験するという貴重な時間が失われるからである。

 自宅でCDなどもメディア再生による音楽を聴くのと違い、瞬間瞬間の命を持った音楽を会場空間の響きとともに味わえる時間というのは、人生や生活の中で貴重な体験であるはずで、その時間を撮影や録音作業に気を取られることによって失うというのは非常に勿体ないのである。

 CDの音楽のように何度も聴ける響きならば、気の済むまでやり直しが利くが、生の音楽はその一瞬だけなのである。

 そしてその空間にお金を出してわざわざ足を運んで訪れたのに、演奏中に録音や撮影に気をそらすとは私にとっては何とも勿体ない行為に映り、彼らはとても損をしているように映るのである。

 さらに第二の理由としてどんなに高性能のスマホのカメラや録音機能であっても、そこで撮影・録音されたものは、ほとんどゴミのような写真・音にしかならず、プロが撮るような綺麗な状態にならないからである。

 マイクを立ててバランスよく録音できるわけでもなく、きちんと露光を測った撮影が出来ない状態では、ロクな録音や写真が期待できるわけがなく、そういったものは結局ゴミデータにしかならず、見返したり聞き直したりすることはほとんどないのである。

 故に、どうしてもコンサート会場に来た記念が欲しければ、演奏会の前に自撮り写真などを1~2枚残せば、おおよそ事足りる。

 もちろん演奏会終了後でもいいが、演奏会後は音楽の余韻を味わう時間であり、私はその余韻を抱いたまま自宅に帰り寝たいので、写真云々に気を使いたくなく写真を撮ることはほとんどない。

 そのため、記念撮影的な写真は演奏前に済ませておくのである。
 
 現在は録音媒体技術が発達し、自宅や地下鉄などの移動中にも気軽に音楽を聴ける環境があるので、我々はついそれをコンサート会場に持ち込んで、演奏者を前にしても気軽な態度で演奏を聴いてしまいがちになり、ついついスマホに手が伸び撮影などを行う人もいる。

 しかし、それはライブ会場での体験の貴重さを考えると非常に勿体ない行為であり、お金を出して会場に足を運んだのに損をしていることに気付いてほしいのである。

木嶋真優with上海交響楽団inSSOコンサートホール

従来から切望していた上海交響楽団ホールでのコンサート鑑賞を先日ようやく体験することが出来た。
上海に10年以上滞在しながら恥ずかしながら上海交響楽団のコンサートは初めてである。

まあ、これまでも興味がなかったわけじゃないが、上海でチケットを予約して買うという行為自体がちょっと面倒くさいのと、上海に来てからお金や時間の使い方が全く変わってしまい、人付き合い等に消費されるので、こういった趣味にお金や時間を注ぐ余裕が少なくなってしまったというのがあった。

さらに中国の鑑賞環境は決して良いものではなく、高いお金を出しても環境にがっかりする比率が高く、なかなか足が向かなかったというのも理由としてあった。

ただそういった中で、ここ数年上海に質の高いコンサートホールや劇場が増えてきたこともあり、最近コンサートホール巡り的な興味が復活し、特に上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)は音響環境をぜひ体験したくてチャンスをうかがっていたのである。

実は上海交響楽団は意外と人気が高いようで公演直前だと安いチケットは入手しずらく、今回は昨年上海で行われたアイザックスターンコンクールの優勝者と一昨年のデンマークの指揮者コンクールの優勝者という若手の組み合わせなので知名度が低いためか人気薄で、楽々と安いチケットが手に入ったのである。

で、そんな意識のため、チケットを手に入れてから後から出演者を見たのだが、木嶋真優さんという日本人ヴァイオリニストがソリストとして名を連ねていたのを発見した。

恥ずかしながら日本の音楽界の動向をこの10年ほとんどチェックしていなかったので、彼女がどんな演奏家なのかはよく知らなかった。
で、ネットで調べてみるとアイドル演奏家のような笑顔が素敵な写真が沢山出て来たため、そういうタイプの演奏者なのかなぁと思ってがっかりしかけたところ、YOUTUBEで出ていたコンクールのファイナルの演奏を聴いて非常にびっくりした。
なんて凄い演奏をするのだろうと。

正直な話、こんなに魅了されたヴァイオリニストはおよそ初めてだった気がするくらい衝撃的だった。
その後、ネット情報でいろいろ調べていくと、結構日本では著名なヴァイオリニストであることがわかり、その知名度の高さに改めて納得したのである。

そんな映像を見てしまったため、コンサートへの期待はますます高まった。

さて、当日は20時開始というちょっと遅めの演奏会であったが、ギリギリの到着となった。

初めて踏み入れるコンサートホールのホワイエはまあまあ品良くは作られていたが、日本の公共ホールのようなシンプルさ優先のデザインで、豪華な雰囲気というものはそれほどない印象だった。

上海交響楽団ホールホワイエ

上海交響楽団ホールホワイエ

コンサートホールに入ってもそれは同様で、椅子や床、壁などの素材は合板の化粧板が使われ、サントリーホールなどに比べるとやや高級感に欠け重みのない素材の造りだったのである。

上海交響楽団ホールの座席

上海交響楽団ホールの座席

ホール全体は、一応ワインヤード形式的に段々畑のような客席ではあるが、正面側の奥行きが浅く傾斜も比較的急なため、ワインヤードというより円形ステージというか、コロシアム的なステージの取り囲み方ですり鉢に近い空間という印象だった。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

で、早速演奏会が始まり響き方に注意して鑑賞していたところ、音が空間を回るような印象で、サントリーホールのような厚みと奥行きを持った響きとはちょっと違うタイプの空間であると感じた。
恐らく、天井やステージ裏の網込みのような部分が適度に音を吸収し、過剰な響きを空間に残さない工夫がされているのであり、客席裏の通路も扉無しで抜けた状態で、音を籠らせない工夫になっていた。

 結果として音が溶け合うわけでもなく薄味に仕上がっており、雑味がなく比較的素直な音響空間になっていると言ってしまえばそれまでだが、音が濃厚に響く空間を期待した私にとってはちょっと肩透かしを食らった印象であった。

上海交響楽団ホール

上海交響楽団ホール

 そんな空間の中、1曲目のリムスキーコルサコフの「皇帝の花嫁」序曲がさらっと演奏された後、いよいよ期待の木嶋真優さんの登場である。

 今回プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番という比較的珍しいプログラムで、私も1番は確かどこかで聴いたが2番は初めてという気がする。

ただこの曲はソリストの、魅力が最大限に引き出される曲であり、協奏曲と言いながらヴァイオリンの独壇場のような曲である。

しかも、今回の指揮者である台湾人の庄東杰さんは、コンクール優勝歴があるとはいえ協奏曲の経験が浅いのか意図的なスタンスなのか分らないが、オケ側がソリストに対して引き気味な演奏となってしまったため、ますますソリストが目立つ演奏となった。

 結局、リズムさえあまり噛み合わなかったような印象であり、情熱的に激しい演奏をする木嶋さんと、それに合わせず淡々と弾くオケ側の落差が印象的だった。
それを象徴したのが、本番中には珍しく楽章間で木嶋さんが指揮者に一言二言話しかける場面があり、恐らく演奏に関して何らかの要求があったのだと思われる。
 彼女には恐らくオケ側に対するイライラもあったのだと察せられたし、聴衆の私でさえ上海交響楽団という楽団の姿勢や力量に疑問を感じるほどおかしかったのである。

 まあそんなこともあっても木嶋さんの奏でる音は素晴らしく、私自身は彼女の演奏だけでも十分魅了された。
 音色が深い上に力強く存在感もあり、今後も彼女の音楽を聴いていたい、そう思わせるほど印象的な演奏だったのである。

 そして、そんな状態の協奏曲の後、休憩を挟んでラフマニノフの交響曲第2番がメインプログラムであったが、これはまぁまぁ普通の演奏が行われ、オケも良く鳴っていてあのコンチェルトの演奏はなんだったろうと思うくらいオケの演奏の質が違った。

 練習量の差なのかソリストとの相性の差なのか分らないが、同じ日の同じオケの演奏とは思えないくらい差があったのである。
 ただ、まあ個人的な理想を言えばラフマニノフならやはりもっと分厚いうねりが欲しく、やはり表現という意味では物足りないかなという演奏であった。
 上海交響楽団は上海という大都市のオケであり、そこそこ伝統もあるから恐らく演奏者の技術力は低くないはずだから、あとはシェフの味付けが必要なだけであろうに思う。
恐らくこのオケには情熱的な表現ができる、広上さんとか佐渡さんタイプの指揮者が必要かなという気がした。

まぁ、そんなことをうだうだ感じた初めての上海交響楽団の演奏会鑑賞だった。