Tag Archives: 上海交響楽団

上海のコンサートの19時半開始の習慣はありがたい。

 上海でのクラシックのコンサートなどエンタメ系の夜の公演は、たいてい19時半開始になっていて日本より遅い。
 これは非常に利用しやすい時間だと感じている。

 日本のコンサートや演劇の類は、平日の夜の公演は大半が19時開始の慣習になっている。

 まあ土曜日など週末は昼の14時や18時開始の公演などもあり、プロ野球のナイターなどは18時開始が多いが、コンサート系の平日夜公演はやはり19時開始である。
 これらは恐らくいずれも帰宅する時間を意識した時間設定と思われ、およそ21時に終了することを目安に開始時間が設定されていると推測される。

 しかし聴衆・観衆にとっては、19時開始に合わせて出かけようとする場合、18時定時の仕事だと会社を慌てて出ても60分しかないことになる。

 まあ駆けつけるだけなら60分あれば、山手線周辺から都内の主要コンサートホールや劇場などは何とか間に合うようにたどり着ける。

 しかし、出来ることならサンドウィッチの一つでもお腹に入れた状態で、開演15分前にはホールに入って着席したいのだが、18時からの移動ではとてもそこまで余裕は持てないはずである。

 以前に日本時代に働いていた会社は17時半終業であったため、かなり余裕をもって何れの会場に到着することができたが、もし18時終業の会社であったなら、なかなか難しかったのではないかという気がする。

 これに対して上海のように19時半開始ならプラス30分の余裕がある。

 コンサートによっては上海交響楽団のように20時開始に設定されている場合もある。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

 いずれにしても上海中心部での職場なら、18時の定時で仕事を終了することができれば、移動と軽食の時間を考慮しても開演には何とか間に合わせることができる。

 まあ今の私の仕事は17時には会社を出られるので、いずれの時間でも間に合うタイミングで駆けつけることができるのだが、もし仕事終了が18時であったとしても19時半なら十分間に合うのである。

 ただ開演が遅いと逆に心配になるのが、終演後の帰宅の足である。

コンサートなどはおよそ2時間を目安にプログラムが組まれているので、平均21時半終了、或いは22時までとなる。

 上海市の場合はもし22時が終演になったとしても、地下鉄の足は一応確保されており、大よその地下鉄路線の終点駅まではたどり着くことができる。
 すべての地点を検証したわけではないが、地下鉄は22時30分に最終列車が始発駅を出発するようにダイヤが組まれているので、よほど遠くなければなんとか帰れるはずである。

 また最悪途中でタクシーを利用せざるを得なくなっても、タクシー料金を考えれば、東京に比べそれほどひどい出費が必要になるわけではないし、深夜バスが走っている区間もあり、それなりに足はある。

 そういった意味では上海での音楽鑑賞環境は東京に比べ恵まれていると言える。
 もちろん聴衆マナーを含めて考えると本当に良い環境であるかは疑問符が付くのだが、昼間の労働者が勤務後にエンタメを楽しむためには非常に嬉しい時間設定の習慣とも言える。

 この上海の状況に比べると実は日本の東京などのエンタメ環境は、それほど洗練されているとも言えないということになる。
 19時開始では都心の劇場やコンサートホールの夜公演はその周辺で働いている方か、勤務終了時間が早いなど時間が比較的自由になる人しか利用できない状況になっているからである。

 まあプロ野球など、遅れて入場しても問題なく観戦しながらお弁当が食べられるような環境の催し物の場合は、18時や19時開始でも良いかもしれないが、コンサートや舞台は最初から楽しみたいのが当然なのであり、遅れたくなく、その設定として19時開始はちょっと苦しいのである。
 
 特に私のようにコンサート通いを趣味にしたい者にとっては、コンサートのたびに会社を休めないので、30分遅くスタートしてくれる上海の環境は意外と美味しいということになる。
 最初はこの30分遅い時間設定にやや違和感を感じていたのだが、今となっては恵まれていたのだなと感じる今日このごろである。
 東京も出来れば、開演時間がもう少し遅い時間になると嬉しいのだが、出演する側の拘束時間や観客などの帰宅の足を考えると、なかなかこの習慣を変えるのは難しいのかもしれない。
 日本の場合は法律で22時以降は残業代の深夜割り増しの対象になるので、劇場従業員のコストアップとなることもその要因だろう。

 ところで余談だが、上海の日本人コミュニティの宴会の開始時間もやはり19時開始に設定されていることが多い。

 やはりこれも日本人的時間感覚の習慣の現れという気がしており、18時終業後に移動して駆けつけるのにちょうどよい時間なのでそうなっているのだと思われる。
 そして飲み放題の時間制限も2時間などという枠が多く、19時から21時までが結局宴会のコアタイムとなる。

このように我々日本人の日勤者にとって19時スタート21時終了というのは夜のエンタメタイムとして染み付いた時間感覚であるようで、中国人たちがそうでないリズムであることを見せられて初めてその特異性に気付かされるのである。

磯崎新さんと上海

 先日、日本の建築家の磯崎新さんが、「建築のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞したことがニュースとして報じられていた。
 建築デザインの世界にあまり明るくない私なのでこの賞の重みがそれほどわかっているわけではないが、磯崎新さんの名前は知っており、彼は私の現代建築界への興味の入り口となった建築家でもある。
また彼がデザインした建物のいくつかが私の人生の中で結構身近にあったので、そういった面でも親しみを感じている建築家となっている。

 まず、その発端となったのは水戸芸術館との出会いである。
 水戸芸術館はスネークキューブのような不思議なデザインの塔が印象的な場所ではあるが、あの建物は設計案をコンペで募集した際、多くの建築家が外見上の形式からアプローチした案を提出したのに対し、磯崎さんは哲学的というかデザイン的要素を排してコンセプトを軸とした提案を行ったとされていて、それ故に選ばれたという話を建設物語として読んだことがあった。
 そういった概念的視点で建物を捉えるという発想が自分にはそれまでなかったので、とても新鮮な建築思想であるとの印象を受け、さらに水戸芸術館という存在に興味が湧き、以降磯崎新氏の名前は自分の頭に刻み込まれることになった。
 そして、建築順序は逆になるが、自らが芝居をやっていた関係で、東京グローブ座や、さらに遡った時代の作品の利賀芸術公園(富山県)の野外劇場も訪れたことがある。

また、現在は閉館となってしまったカザルスホールのある東京・お茶の水スクエアも、20年以上前にコンサートに良く通った記憶があり、気が付かないうちに結構多くの磯崎作品に触れて人生を歩んできたのである。

そして12年ほど前に私は上海に来てしまった訳だが、実はここ上海にも磯崎新氏の建築作品が置かれ始めている。
一つは上海浦東区のヒマラヤセンターで、大きな展示会場である新博覧中心に隣接し、やはり劇場や展示空間を含んだ公共施設的概念の空間となっている。
海岸の切り立った岩壁を想起させるような不思議な外観の建物であり、開業したばかりの頃のイベントに参加した後はほとんど訪れてないが、現在は「上海証大喜瑪拉雅中心」の名となり内部の劇場では。時々日本から来た舞台なども上演されている。

上海証大喜瑪拉雅中心

そしてここ数年、私が何度も通っている上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)も実は磯崎新氏の手によるものである。
 内部のコンサートホールの音響設計は日本の永田音響設計事務所が請け負われたようだが、外側は磯崎新氏のものであり、そう言われてみると私が慣れ親しんだ水戸芸術館と同じ匂いを感じる建物であり、居心地が良さを感じるのはそういった過去の体験との共通項を持った建物だからなのかなとも感じる。

上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)

 どうやら磯崎氏は上海に「磯崎新+胡倩工作室」という、拠点のアトリエを置いて胡倩さんという方(お弟子さん?)とパートナーを組み、中国向けの仕事を行っている模様である。
 中国には上記の2つの建物以外にも、この事務所として取り組んだ作品が上海には幾つかあり、訪れたことは無いが、浦東新区の九間堂や、朱家角の水楽堂もこの事務所の仕事となっている。

朱家角の水楽堂

 また深圳や北京でもこの事務所の仕事の建物があり、どこまで磯崎氏が主体的に絡んだ仕事になっているか分からないが、すくなくとも磯崎氏のDNAが息づいている方たちの仕事であることは確かだろうに思う。
 
 磯崎氏は既に87歳と高齢ではあるが、まだまだ素敵な仕事をしてほしいものである。

上海でエンタメチケット情報は意外と探しにくい

最近、上海でコンサートに行くようになって、上海は意外と情報が探しにくいというか、見えないところに埋もれていることが多いなということに気が付いた。

どういうことかというと、いわゆるチケットエージェントが乱立しているため、一か所ではチケット情報が網羅できないのである。
故に希望のコンサートを探すためには、多くのチケットサイトを開いて探す必要がある。

もし初めから見たいイベントが分かっていれば探すだけなので、それほど苦労はしないのだが、「何かいいのないかな」的にチェックするには、ちょっと不便な状況が存在する。

例えば、上海交響楽団音楽庁というホールがあるがここは主に同ホール主催の演奏会が開催され、チケット販売も同ホールのサイトで購入できる。
ただし、このホールのサイトで購入できるのは、このホールの主催公演のみである。

しかし、このホールは、時折貸しホールとして機能することがあり、この貸しホール状況の場合は、ホールのサイトにこの情報が一切表示されない。
実はこの8月14日に、日中友好40周年記念コンサートとして東京交響楽団の演奏会があったが、ホールのサイトには一切記載がなく、貸しホール稼働であることも一切表示がなかった。
結局、ほかのチケットエージェントを覗いていた際に偶然見つけたのだが、ホールサイトだけ覗いていたのでは見つけられなかった情報である。

このようなことは他のホールでも存在し、東方芸術中心などで日本人のアマチュアの合唱コンサートが行われるのに、ホールにサイトのイベントカレンダーには一切記載がなかった。

このあたり、日本のサントリーホールなどであれば貸し切り公演であっても、公演カレンダーにはその旨は記載されており、丁寧に主催者の連絡先まで記載されているが、中国の場合はそういった配慮は一切ないようである。

故にホール側のイベントカレンダーを除いただけでは、そのホールの全公演情報を把握できないのが現状である。

ではどうするか?

残念ながら今のところこれを完全に解決する決定的な手段は存在しない。
そもそもチケットエージェント自体が薄利多売な稼業なので、利益にならない他のエージェント扱いでのチケット情報などを扱う余裕がないのである。

さらに次から次へと新しい情報が出てきて、情報としての賞味期間が短いのでこの手の情報はマメに情報をチェックする利用者側のエンタメ欲求があって初めて成り立つ。

つまり情報を積極的に探したいという欲求を持たなければ、なかなか価値のある情報にはたどり着けないのが本質で、イベントを探すには一生懸命探すしかないのが現実のようである。

ちなみに私がいつもチェックするのはこのあたりのサイト
◇ホールサイト
上海交響楽団音楽庁
上海東方芸術中心
上海大劇院
◇プレイガイド
・票牛
http://www.piaoniu.com/
・摩天輪
https://www.moretickets.com/

◇日本語情報
・WheneverOnline(フリーペーパーが発信する情報)
http://new.whenever-online.com/category/sh_ticket

・City Calendar(カレンダー形式のイベント情報)
http://city-calendar.net/

参考にしていただければ幸いです。

中国独特の座席番号の割り振り方

 中国の劇場やホールなどの公共施設に何度か足を運んだ人ならご存知だと思うが、中国のホールでは、独特の席番号の割り振り方が行われている。
 番号振りが独特と言われても、ピンと来ないかもしれないが知らないで会場を訪れてしまうと非常に戸惑うことになる。

 日本の劇場などの座席表を見ると、日本のホールは舞台側から「A、B、C・・」あるいは「1列、2列、3列」などとなっており、これは中国側も同じである。

東京文化会館大ホール座席表(引用元

 ただ違うのは、横方向の番号の振り方である。

 日本の劇場は一般的に舞台に向かって左側から「1番、2番、3番・・」と小さい番号から順に振られている。
(施設によっては、劇場形状により縦のラインを合わせるために1番から始まらない場合もあるが。)

 これに対して中国の劇場は番号が真ん中から始まる。

 まず劇場の中心線上に1番の番号が振られる。
 そして舞台に向かって右側へ「2番、4番、6番・・・」と偶数番号が割り振られ、逆に左側に「3番、5番、7番・・・」と奇数番号が割り振られている。

長寧芸術文化中心の中央部座席

 つまり中心の1番から「右、左、右、左・・・」と外側へ行くに連れ番号が大きくなっている法則となっている。

 よって、2枚のチケットが22番、24番という飛び番号だったらそれは飛び席ではなく、隣あった席ということになる。

上海交響楽団音楽庁の座席

 中国の全ての会場をチェックしたわけではないが 固定の座席を持つ劇場は総じてこの法則で番号が振られており、フリースペースの劇場の状況はわからないが、映画館なども基本的にこの法則に従っている。

上海大劇院3階席の座席表

 何故、このようなわかりにくい法則になっているか?

 明確な根拠文書は見つけていないが、おそらく座席序列の明確化なのではないかと思われる。

つまり、真ん中を最高峰の席として、振られる座席がその人の組織の中での序列を表していることになり、肩書や地位の序列によって座る場所が定められているのだろうに思う。

 つまり逆に座る場所によって序列が分かってしまうことになる。
 
 階級社会の国内文化の影響が強く感じられるこの劇場の座席番号の割り振り法則であり、これを見ると中国はそういう社会なんだなということに改めて気づかされる。

 まあ我々外国人は外交官でもない限りこの序列そのものを気にする機会はほとんどないだろうが、演奏会などで劇場空間を訪れる機会がある場合は、戸惑わないように予め知っておいた方が良いこの法則である。

クラシックコンサート鑑賞の流儀

 流儀などと書くと仰々しいが、昔からコンサートを聴きに行く際に習慣になっている行動パターンというか、聴き方の段取りが自分の中でおおよそ決まっている。

 野球選手で言う打席前のルーティーンのようなもので、まあそれほど厳格な決め事ではないものの、ほぼ毎回その段取りを踏襲してコンサートに臨んでいる。

 もちろんルールのためのルールではなく、あくまで音楽を聴く時間大切にするための段取りである。
 改めて書き出すと結構な量になり、自分でも驚くのだが、まあそれくらい生の音を聴く機会というのは大切な時間なのである。

①前日は疲れを残さない
 コンサートを聴く行為というは結構集中力を要するため、前日はなるべく酒席などを避け、コンサート当日に疲れを残さないように過ごすようにしている。
 また生モノや冷たい飲み物も避け、お腹を壊すなどが無いように体を保つようにして、風邪をひいていたら強力な薬などで無理やり直す。
当日具合が悪くなってチケットを無駄にしたり、演奏中に体調が気になって集中を欠くようなことがないよう準備をする。

②耳掃除
しっかり音楽を受け止めるために、前夜の内から必ず綿棒で耳掃除をしておく。

③栄養ドリンク
コンサートに臨む際、2時間ほど集中するのにはやはり体力が必要なのでほぼ毎回コンサート前に栄養ドリンク的なものを飲む。
 但し、あまり冷えすぎたものはお腹を冷やす可能性があるので、なるべく常温に近いものを摂取する。

④直前の食事は軽め
 コンサート前には必ず開演の2時間前くらいにサンドウィッチ程度の軽めの食事を摂ってから会場に行くことにしている。
 軽めにするのは演奏中眠くならないためと、トイレのリスクを避けるためである。
 逆に空腹でも途中で集中力を欠いてしまうので、必ず食事を摂ってからコンサート会場に行く。

⑤当日はコンサート会場に開演1時間前には着く
 コンサートの開演時間ギリギリに到着すると、心が音楽を聴く状態にならず、ざわついた状態で音楽に向かわなければならないため、原則として1時間前にはコンサート会場に到着するよう心掛けている。
 それ故にコンサートの当日に別の用事を入れることは極力避け、19時や20時から始まる夜のコンサートならば、15時以降はなるべく予定を入れないようにする。
 1時間前の他の聴衆があまり集まってない状態で会場に着き、気持ちのざわつきが落ち着くようにするのである。
もちろんトイレなども余裕をもって済ませることができる。

⑥プログラムは必ず手に入れる
有料・無料にかかわらず、プログラムは当日会場で必ず手に入れる。
早く着いてしまうので、時間つぶしに読むという意味もあるが、まあ曲の順番や解説を読み、すこしばかり予習をする意味があり、記念というか記録という意味でもプログラムの購入は大事である。

⑦開場したらすぐ入場
普通のコンサートホールは大体30分前に開場するが、私は開場したらすぐ入場し席に行く。
あとから入って席を探すとバタバタしてしまうし、比較的静寂なホールの雰囲気を楽しみ、心が会場に馴染んだ状態で演奏を聴くためでもある。

⑧眼鏡の掃除と目薬
席に着いてから、眼鏡を拭いて、目薬を差すことにしている。
もちろん、目薬を差して脳に刺激を与え、心がシャキッとした状態になってから音楽に臨むためである。
またホール内は結構乾燥しており、眼も乾くためステージ上がしっかり見えるよう目のコンディションを整えるためでもある。
 
⑨タオルかハンカチを手元に用意する。
演奏中、空調の関係で冷えて咳き込むことが時々あるため、自分がもし咳をせざるを得ない状態になった場合に、咳の音が最小限になるよう、手元にハンカチかタオルを準備し、万が一の際はそれを口に当てられるよう準備している。

⑩携帯電話の電源を切る。
 演奏中に携帯電話の音が鳴らないようにするのは当然のこととして、音を消した状態にした上で電波を遮断する航空機内モードにし、さらに電源を切ってしまい、スマホ通信の未練を断ち切った状態で演奏を待つ。
 音云々の問題もあるがスマホで得られる情報などに気を取られると音楽に集中できないため、早めに未練を断ち切り、気持ちを鑑賞モードにして臨むのである。
⑪荷物は床に置く。
 演奏中、眠くなってパンフレットなどを床に落とすといった不注意を防ぐため、パンフレットは鞄にしまい、鞄は膝の上に置かず必ず床に置く。
 傘も立てかけず、必ず預けるか床の上に横倒しに置く。
 これも全て演奏中の不注意で落としたりして物音を出さないための準備である。

 このように幾つかのいつものルーティーンを経てコンサートに臨むのが習慣になってしまった。
 故に開演時間ギリギリで入場することは滅多にないし、そういう聴き方は極力避けている。
 皆様に真似をしろとまでは言わないが、やはり演奏を生で聴くというのは非常に贅沢なお金で買った時間であり、その贅沢を最大限味わい尽くすには、それなりの努力と準備が必要なのだと思っている。

dav