Category Archives: 航空会社

春秋航空の荷物重量規定が変更になり、エコノミーの無料枠が無くなった

 中国のLCCである春秋航空の荷物規定が変更になったようだ。

 春秋航空はもちろん上海―茨城便など中国在住者にとっては、貴重な一時帰国の足となっている格安航空会社である。

飛び立つ春秋航空機

飛び立つ春秋航空機

 今回どのように規定が変更になったのかというと、これまでエコノミークラスの場合、機内持ち込みが5㎏以内で、機内持込+委託荷物が総合計15㎏以内というのが従来の規定だった。
 これに対して新しい規定では機内持ち込みが7㎏以内となり、委託荷物の無料枠がなくなり、委託荷物は全て有料になってしまった。

 またビジネスクラスにあたるスプリングクラスは機内持ち込みが7㎏以内となり、機内+委託荷物は従来の25㎏以内から30㎏以内に拡大となった。
 ただし移行期間として当面はエコノミーでも10㎏以下の委託荷物を受け付けてくれるようだ。

 まあ、ぱっと見でスプリングクラスの金を多く払ったお客優遇が進んだように見えるが、荷物の分だけエコノミー側が安くなるのであれば、パソコンなど身の回り品以外の荷物が無い場合は、安くなる場合もあり、今後の運賃体系が気になるところである。
 これにより、私が前回「LCCは往復で買わないほうがいい」書いたように空のスーツケースの預け入れなどは無料ではなくなったので、費用最優先の場合はその都度見比べが必要な状況になった。

 ちなみにチェックインカウンターでの荷物追加のための費用は、上海―茨城の場合は距離が約1800㎞なので、5㎏あたり日本円なら1475円、人民元なら90元の料金となるが、ネットなどで枠を事前購入するとおよそ半額となる。
 費用を気にする方はに事前予約をして安く枠を買うか、スプリングクラスで予め込々の料金を選択するかは人によって判断が分かれるであろう。

 LCC利用者にとっては小さくないこの荷物規定変更のお知らせである。

春秋航空のお知らせ

茨城空港へ向かう2日目の春秋航空のサービス

前回
2日目の臨時便は目的地の台風の影響が去るであろう11時出発に設定されていた。

前日同様にチェックインカウンターでチェックインすると、前日と同じ席が割り振られていた。
どうやら前日のデータがそのまま移築されて使われているようである。

そして再び、イミグレを通って中国を出国した。

この時点でまだ昨日来のお腹の調子は回復していなかったので、薬を買うことにした。

前日の出発時には薬局を見つけられなかったのだが、今回は事前調査をしたので存在を確認済みである。
この免税エリアの薬局は、セキュリティチェックを出た正面の裏側にあり、前日ももっとよく探せばすぐそばにあったのだが、体力的に余裕が無さ過ぎたので探し切れなかった。

そしてようやくこの日にそのお腹の薬を買い求めたところ、なんと日本の正露丸を勧められた。

正露丸は、まあ色々言われてはいるがいまだ健在の薬であり、中国でも食あたりの薬として重宝されているようである。

今回の搭乗口は前日同様にD229ゲートで沖合駐機場からの出発だったので、上記の薬局のそばからエスカレータを一階まで下りた。

出発時間まですることもないというか、今更買い物の予定もなかったので早めについて出発時間をロビーのベンチで待っていた。
すると、春秋航空のスタッフが搭乗者向けに中国製のカップラーメンと飲料水を配り始めた。
どうやら今回の飛び直しのお詫びとして朝食だか昼食だかの代わりという意味らしい。

私自身は中国メーカーのカップ麺はあまりおいしくないのを知っていたので、取り立てて欲しいという欲求は湧かなかったが、貰えるものは貰っておこうということで私も受け取った。

カップ麺が食事代わりというのは対応として決して満足ではないのだが、春秋航空がLCCであることを考えると、質はともかく誠意はそれなりに感じる。

さて搭乗時間が来て、空港の端の端までバスで運ばれ、再び航空機に乗り込んでみると、どうやら必ずしも全員が前日の席に座っているわけではないようであった。

顔を覚えた日本人は大体前日と同じ席に座っていたが、中国人客はかなり入れ替わっていた。

この辺りは、何とも統一性のない中国的サービスである

機体は滑走路の北の端にある駐機場から、滑走路の南端までダラダラと移動した後、ようやく飛び立った。
この日の上海の空もまずまずで、今度こそ無事に到着できそうである。

ところで、この日は朝食をホテルで食べたが、昼食は特に何も準備していなかった。
もちろん事前注文もしていなかったし、もらったカップ麺は機内で食べるのは難しそうであったので、昼食についてはどうするか考えあぐねていた。
まあ機内販売で済ますしかないかなと考え、一応現金を準備していたところ、CAの方が来て「注文はジャージャー麺でしたが、売り切れているのでご飯もので良いですか?」とたずねて来た。

「まじか?ラッキー!」

どうやら、昼食の注文まで前日のデータがスライド移行され、食事も含めて予約されているようだ。

もちろん、追加料金はなく、これで払おうと思っていた40元が浮いた。

ただ、その日は麺が品切れということなので、代わりにカレー牛肉飯を頼んだ。
前日便で香しいカレーの香りが漂っていたので気になっていたのである。

で、期待を持って食べてみたこのカレーだったが、カレーはまぁまぁなのだが、正直ライスの期待はずれ感が半端なかった。

非常に水っぽくてうまくないのである。

それでも残すのが嫌なのと、所詮無料でもらったものだからと諦め、一応は完食したが、今後自ら頼むことはまずないというレベルであった。

次回以降春秋航空に搭乗する際は、食事は一つのネックになったという印象であり、お金を出せばよくなるような状況では無さそうだ。

まぁなんというか、LCCだからなのか、中国の航空会社だからなのか全体的にクォリティは高くないのがこの春秋航空のサービス内容なのである。

ただ、春秋航空の名誉のために言っておくと、前年にピーチ航空で同様に欠航になった際は、ホテル、食事、臨時便といった対応は一切なく、払い戻しを受けただけだったので、今回無いよりマシという意味での比較をすれば、遙かに春秋航空の方が誠意を見せて対応してくれている面はある。

ドライに割り切るか、質は低くても最低限の対応があった方が良いか、どちらが好みかは人によって意見の分かれるところだが、LCCの割りには顧客対応意識があるのは春秋航空だという気がした。

そんなことを感じながら無事、飛行機は茨城空港に到着した。
現地は恐らく台風一過の状態であったはずなのだが、そんなことを微塵も感じさせない綺麗な青空が広がっていた。

台風の影響で春秋航空は上海に戻され、翌日再び出発へ

前回

札幌を飛び立った後は、元々の体調不良もあってぐったり眠っていた。

札幌出発前の機内の様子

結局札幌(新千歳空港)では、外の空気さえ吸わせてもらえなかったこともあり、どんよりとした空気が流れていた。
時々目を覚まして外の景色を眺めても、既に日が暮れていて暗い空であり、爽やかな窓の景色ではなかった。

そう、もう夕方なのである。

周りでは、夕飯として食事を注文する人がたくさんいた。

春秋航空ではLCCであるため、機内食は自分で購入する形式になっている。

私も上海から飛び立った際には、事前予約でジャージャー麺を注文して食べたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったのと、お腹の回復具合に自信がなく、トイレを控えるためにこの時間は上海の空港に着くまで我慢することにした。

また春秋航空では、飛行中は携帯電話を「機内モード」にしても使用が許されないため、音楽も聴けず退屈な時間を過ごすしかなく、寝るほかなかった。

さて中国時間の19時過ぎになってようやく機体は上海に戻った。

朝10時前に機体に乗ってから9時間以上も飛行機に乗りっぱなしにも関わらず、どこへも行けていないのである。
仕事も出来ず、娯楽もなく寝るだけで、ただただ時間だけを無駄に消費した印象である。

それ故に機体を下りようやく地上に足を下した時は格別の解放感があった。
しかし、この後どう動けばいいのか、それを考えると憂鬱な到着でもあった。

この時点でいくつかの選択肢を考えており、翌日の便を探してみるか、数日先か一か月ほどの日程に全体の旅程事スライドさせてしまうなどの案を考えていた。
 ただ、一か月後にしてしまうと当初の帰国目的の免許の更新手続きが複雑化してしまう面もあり、悩ましいところがあった

 いずれにしても春秋航空側の案内を待つほかなかった。

上海浦東国際空港の駐機場行き待合室に戻される。

駐機場からのバスが旅客ターミナルに着くと、通常の到着手続きの経路ではなく、いわゆる出発時の順序の逆ルートで戻されてゆき、イミグレでも前回同様に出国スタンプの上に取消印が押される処理となった。

 このようにして、チェックインカウンターの前までに戻された時点で、係員から今回の件の処理に関する説明があった。

それによると、翌日午前11時に再び茨城空港に向けて臨時便を飛行させるとのこと。
また乗客は荷物を持って航空会社の用意するホテルに宿泊してくださいとのことだった。

「おおー、ラッキー。」

LCCではなかなかあり得ない厚遇な待遇にちょっと喜んだ。

翌日出発なら日本の滞在日程が短くなっても、免許更新の目的は果たせそうである。
個人的には空港から自宅まで帰れなくもなかったが、往復で最低2時間かかることを考えると、体力的にありがたい航空会社のフォローである。

 ただLCCの用意するホテルなので、どんな安ホテルを用意されるかなど些かの不安はあった。
 が、こちらとしては横になって寝られれば、どこでも良いという気分になっており、急いで送迎のバスに乗り込んだ。

着いたホテルは上海航空の経営する4つ星クラスのホテルであり、これにはけっこう驚いた。
きっと航空会社が、同様のトラブルのために用意しているホテルで割安で用意できるのだろう。

ただし、部屋の扱いは一人一部屋にしてもらえず、私も日本人の乗客との相部屋となった。

上海航空大酒店の部屋

上海航空大酒店の部屋

機内の座席ですぐそばの席にいた方で、会話した印象は普通の方であったので安心は出来たが、やはり赤の他人とのいきなりの相部屋は抵抗感がないわけではない。
しかしそんな抵抗感はあってもが、眠りたいという欲求の方が勝っており、メニューのほとんど残っていないレストランでパスタだけを腹に入れて、すぐに眠りについた。

翌朝は、7時頃目が覚め、朝食を摂りにまた同じレストランに行ったが、38元とやはり有料であった。

今回の場合は無料で泊まれただけ良しとするしかないのだろうが、食に関しては選択肢がなくやや不自由な印象だった。

さて事前の集合時間の告知もなく、突然部屋にかかってきた「下りてこい」の電話で部屋を出てチェックアウトし、ホテルを出発した。
つづく

LCCは往復で買わない方がいい

 中国の春秋航空や日本のピーチ航空、バニラ航空などですっかり知名度の上がったLCC(ローコストキャリア)だが、従来のフルサービスキャリアと様々な点が違うため利用の方法も、やはり同じような感覚で扱わない方がいい様な気がする。

 特に従来の大手キャリアと大きく違うのは料金設定と、荷物の扱いである。

 まあ悠々会社のお金で大手キャリアを使って移動できる方は読んでもらわずともいいのだが、少しでも安く帰りたい方は、LCCの特徴を是非掴んだほうがいいと思われる。

 まず料金について、大手キャリアはほとんどの航空会社で片道と往復料金が設定されていて、往復は片道の2倍より遙かに安い金額が設定されており、なるべく往復利用を促す料金設定がなされている。

 これに対してLCCの場合は往復料金の設定がほとんどなく、原則として片道1便ずつの設定となり、往復で同じ航空会社を利用してもメリットがない料金設定となる。

 よって、例えば行きと帰りでそれぞれ安い日を選んで買うような方法になることになり、もし複数のLCCが飛んでいるルートなら、無理に往復を同じ航空会社で買い揃える必然性はなくなることになる。

 そしてもう一つの大きな違いとして航空会社ごとの荷物条件の違いがある。

大手キャリア、例えばJALとANAのような日本の二大キャリアの場合は、ほとんど条件が同じであり、路線にもよるがエコノミーで23キロを2個までと、機内手荷物1個などの条件となっている。

 しかしLCCの場合は、この荷物条件が一律じゃないのである。

 つまり手荷物料金や委託荷物の扱いが航空会社ごとにバラバラであり、制限重量や手荷物条件などがそれぞれ異なっており、航空会社の選択によって運べる荷物や料金に大きな違いが出ることになるのである。

 特に海外旅行や、海外赴任者の一時帰国のような往復で荷物の量に極端な差が出るような場合、つまり旅先でお土産を大量に買い込んだり、一時帰国で日本食を大量に持ち帰るような場合は、こういった荷物条件の差を意識して往復の航空会社を別々にしたほうが得な場合が生まれてくる。

 一つの例を挙げると、私のように上海から東京などに一時帰国する場合、上海から日本へ行くスーツケースの中身は着替え程度しか持たないので、結構スカスカの場合が多い。
 逆に日本から上海に戻るときは、食料品などを大量に買い込むためスーツケースがいっぱいになり、結構重量制限ギリギリになる。

 よってこの差を考えてチケットを買うことを考える。

 まず上海から日本への便として春秋航空の利用を考える。

 春秋航空の場合、手荷物が5キロまで、このほか委託荷物が10キロまでという制限になるため、大きめのスーツケースでもスカスカなら追加料金なしで預けることが出来る。
 つまり基本のチケット料金だけで荷物を運べるのであり、格安のチケットの日を選ぶとかなり安く移動できる。

茨城空港の搭乗通路

 
 しかし、今度は日本から上海へ戻る便を利用する場合を考えてみると同じようにはならなくなる。
 荷物が増えて重くなるからである。

 春秋航空の場合は例えば20キロの荷物を追加すると5000円近くの料金が発生する。
 元の15キロ枠があるので、委託荷物には30キロまで預けられるのではあるが、ちょっと高い追加料金である。

 これに対して、例えば羽田-上海浦東間のピーチ航空は、委託荷物は全て有料だが、手荷物枠が10キロまで無料となっている。
 また委託荷物は20キロまでが1個あたり2800円となっているため、これは春秋航空に比べるとかなり安い。
 つまり合計30キロで2800円となる。

 よって、もしチケット料金が同じレベルであれば、日本から上海に戻る際の荷物が多ければピーチ航空が断然得ということになる。

 じゃあ、上海から日本に戻るときもピーチでいいじゃないかという方もいるかもしれないが、上述した通りピーチの委託荷物枠は全て有料なので、スカスカの5㎏程度のスーツケースでも同じ料金を払わないと預けられないのであり得策とは言えない。
 
 故に、上海発は春秋航空、日本発はピーチ航空などというように、往復のキャリアを荷物などの条件によって使い分けることによって、運賃に差が出てくるのがLCC利用の特徴なのである。

ついつい往復で同じ航空会社を利用したくなるのが人の心情だが、LCCの場合は往復で買うことが必ずしも得とならず、それぞれ片道ずつ分けて検討するべきなのである。

春秋航空に茨城空港から初搭乗 その2(茨城空港内編)

前回のブログの終わりに、茨城空港の2階の食堂でそばを食べてからチェックインに向かったと書いたが、今回「その2」を書くにあたって、写真をチェックしてみると、どうも撮影時間から言えば、私は空港についてまず先にチェックインを済ましていたようである。
(数か月も経つと人間の記憶なんていい加減なものである><)

 で改めてチェックインの時の様子を記すと、茨城空港には春秋航空専用となっているカウンターが4つほどあるのだが、ロビーが非常に狭いため、くねくね折り返しの通路に行列を作って並らばさせられた。

 この「くねくね通路」は日本でもそれなりに見かけるが、中国ではかなり多くの施設の入り口に導入されており、行列のある所には「くねくね通路」ありといった感じで私にとっては中国名物といった印象になっている。

 今回の茨城空港でのくねくね行列も、日本の空港なのに春秋航空という中国キャリア故なのかなとちょっと面食らった光景に映ったのである。

 狭い空間に人が折り返し行列を重ねており、人がごちゃごちゃ溜まっている状態になっていて、日本語や中国語、さらには上海語が飛び交う随分と混沌とした雰囲気である。。

春秋航空のチェックインを待つ列

 またチェックインの窓口と荷物の委託荷物が別であり、実はチェックイン(搭乗券発行)後に、再び行列に並ぶ必要があり、チェックイン待ちの列と委託待ち荷物の列が交差し非常に錯綜した状況になっている。
 で、この委託手続き、預ける荷物だけ重量を計るのかと思いきや、まず委託荷物が計られ、さらに手荷物も載せて全体の重量オーバーが無いことを確認した上で計量パスとなる。

 徹底していると言えば徹底しているが、このタイミングで手荷物から中身を少し抜いて誰かに預けておけばスルーできそうだなぁという気もする。

今度は荷物を預けるための列

 さて、冒頭で訂正した通りこの後に食事をし、その際に航空機の到着を見かけたので搭乗手続きに向かうことになる。
 小さな空港なので安全検査も出国審査も通路は最小限しかなく、それでも人数が少ないのでほとんど詰まることなくスムーズに進む。

茨城空港荷物検査場の入り口

 直線距離で言えば30mも歩けばあっという間に搭乗待合室に到着するので、成田国際空港や上海浦東国際空港など大型空港に慣れた人間からするとちょっと拍子抜けするほど近い。

 待合室は学校の教室より小さいと思われるスペースで、目一杯にベンチが置かれているが、とても搭乗客全員分の数は足りず、立て待っている人も結構いる状況となっていた。

茨城空港の国際線搭乗待合室

茨城空港の国際線搭乗待合室

 この待合室の脇には「永山」という免税店があり、主に中国人たちがお土産に買って帰るためのスペースとなっており、訪日観光の記念になるお菓子から炊飯器などの家電まで、かなり多様なアイテムが所狭しと置かれている。
 やはり第一人気は北海道の石屋製菓の「白い恋人」のようで、他に比べ非常に大きなスペースを占めて置かれている。

茨城空港の免税店「永山」

茨城空港の免税店「永山」

 まあ「白い恋人」が一位を占めてしまうのは致し方ないものの、茨城県や茨城空港を応援する立場から言えばちょっと複雑な気分で、「もっと茨城産頑張れ」という気持ちになる。

 待合室の脇には、申し訳程度の電源設備があり、パソコンでもスマホでも充電できるようにはなっているが、これもまた最小限の設備だけ用意したという感じになっている。
 現時点では国際線の便数も多くないので需要も余り多くないのであろう。

気持ち程度の茨城空港の充電設備

 いよいよ搭乗時間が来て、歩いて航空機へ向かう。
 ご存知の通り茨城空港はボーディングブリッジを設置していないので、ターミナルから航空機まで30mほどを徒歩で移動する。
 天候の悪い日はちょっと辛いが、屋外を歩いて航空機へ向かうのはやはり心地よいものである。

茨城空港の搭乗通路

 中国ならこのタラップ搭乗は珍しくないのだが、そうはいってもバスで駐機場へ行くパターンは多いがターミナルから直接歩いて行くというのは小さな地方空港に行かないと体験できず、日本だとかなり貴重な体験ではないだろうか。
さあ、春秋航空初搭乗である。(続く)