Tag Archives: デザイン

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

やっぱりA案ありきだった?エンブレムコンペの序列

 ちょっと数日が経過してしまったが、先日2016年の東京オリンピックの公式エンブレムがようやく決定した。

エンブレム候補作品

エンブレム候補作品

 まあ、世間ではB案D案が人気で、単色のA案は人気がなかったが、何故か選ばれてしまったものとなっている。

 確かにデザインの専門家が指摘している通り、完成度が高いデザインはA案であり、よく練られたデザインにはなっている。

 それゆえに、デザイナーなどの玄人の方々はA案以外は駄目であるとした指摘もそれなりに理が通っている。
 しかし、そのデザインの優秀さを除外したとしても、今回のエンブレムのコンペがA案ありきであったのではないかという疑いが浮上している。

 その理由は、各デザインに序列を示す記号を用いてしまったということ。

 即ち、今回各作品にA・B・C・Dという序列記号がつけられてしまったわけで、これがコンペの結果にも影響をもたらしたのではないかと言われており、A案が最初から圧倒的に優位だったと言われている所以となっている。

 一般的にデザインコンペなどは作品に序列を生んでしまうような記号付けは避けられていると言われている。

 今回であれば本来はABCDではなく、組み市松案、風神案、朝顔案など、文字上で序列がつけにくい言葉で識別すべきだったのではないかということである。

 一般的に企業ロゴなどのデザイン提示や複数の企画提示案などでも、一番目が一押し案、二番目が次善案、三番目が変化球案などと言われ、一番目が最もプッシュしたい案であるのが定石となっている。

 また複数案の競合プレゼンを行う上でもトップバッターの案が圧倒的に優位といわれており、実際トップバッターの案に決定する確率が高いと言われている。

 それ故に、コンペなどはやはりトップに表示されるものが有利で、作品が「A案」と決められた時点でA案の作品が有利なのである。

 それでなくても今回デザイン性の高い候補作品が「A案」に設定されたのであり、「A案ありき」と言われてもしかたない状況だったことになる。

 このように、審査委員会が恣意的な選考を否定しても、序列のある記号をつけた時点で審査が公正ではなかった疑いがかかってしまう。
 振り返ってみると先日の新国立競技場のデザインコンペもやはりA案が選ばれたのであり、ここにも恣意的な序列決めの匂いがプンプンしてしまう。

 まあこの決定したエンブレムに関してはいうことはないが、序列記号での設定に推薦順位が見えるわけであり、やはりA案推しだったような気がしてならないのである。

 また今回国民から広く意見を募集したともあるが、寄せられた意見がどんな形で反映されているか具体性が全くないわけで、パフォーマンス的には何となく国民に開かれたような雰囲気が漂っているが、実質的には恣意的な選択だったとしても不思議ではないのが今回のコンペだったといえるのである。

 

新国立競技場案アンケートに見る現在の日本人の意識

 引き続き、新国立競技場に関する話となってしまうが、どちらの案が選ばれるかは別として、先日示されたA・B両案への日本国内での反応に現在の日本人の意識指向を見ることが出来る気がする。

新国立競技場案 左がA案 右がB案

 まあこの2案のデザインを大雑把に相対評価してしまえば、A案は環境調和を重視し、B案は先進性を重視したデザインと言ってしまうことができる。
これについて例えばYAHOOサイトの行ったアンケートでは約5割近くがA案を選択し、B案の4割弱を大きく上回っている。 

 

ヤフーのアンケート

ヤフーのアンケート

つまり、デザインの先進性より環境や調和を優先する意見が強いのが今の日本国民の意識ということになる。

 これが、例えば30年くらい前だったらどうであろうか?

 30年前、つまり1985年であれば恐らくA・B両案からの選択なら間違いなく、B案を望む声が多かったのではないかと想像する。
 或いは今回のような計画の見直しなどは発生せず、当時もザハ案があればそのままの計画で建設が進んでいたように思えるのである。
 1985年と言えば、つくば科学万博の開かれた年であり、近未来を意識した先進型デザインのパビリオンが沢山並び、さらにこの年から経済バブルに向かって急激に成長する先進思考がまさにピークの時期であった。
 街を見ればスポーツカーやカラフルなマイカーが沢山走っていたのを思い出すわけで、そんな時代にザハ案はぴったりだっただろう。

 あれから30年(きみまろの漫談じゃない)、街はシルバー塗装の軽乗用車だらけになり、大型車やスポーツカーは一部のちょいワル親父が乗りまわすだけになった。
 少子高齢化により、街から子供が消え、介護サービスが社会の課題となっている。

 こんな時代に選考されかかったザハ案は、先進的なデザインは一旦称讃されかかったものの結局コスト高を言われ否定されるという結果になっている。

 さらに再提出されたA・B案の相対比較についても、やはりより調和を重視したA案が好まれている結果となっており、ザハ案よりは比較的「和」の要素が入っていると思われるB案でさえ、更に和が見えるA案には人気の面で及ばない状況となっている。

 これが例えば今の上海であれば、ザハ案・A案・B案を並べればザハ案を選ぶのは間違いなさそうだし、恐らくA案を選ぶことは絶対にないと思われる。

 まあ私自身も最近の中国の先進デザイン嗜好への反発もあって、今回のA案の自然調和のスタイルは結構気に入っており、コンペの有利不利は別にしても、現代社会であのデザインを日本が国立施設として採用できたなら世界に誇れる素晴らしい選択だと感じている。

 A案は今回懸念された空調をつけないという条件も逆に日本の伝統の知恵を生かす結果となっており、スタジアムを囲む緑の存在や木の構造物が建物の熱の上昇を抑え、季節風を取り入れる形で内部の暑さを和らげるという工夫がなされるなど、随所に自然を生かす智慧が発揮されている。
 数年前にサッカーのW杯招致でカタールが用意するという全空調スタジアムが話題になったが、この新国立競技場案は空調を捨て自然を生かす意味でカタールの施設の真逆の発想なのである。

 一部で指摘される植生部分の維持費の懸念についても、確かにスタジアム単体で考えれば割高に見えるのだが、周辺の神宮の森の緑地整備費・維持費と一体として考えれば、スタジアムに直接付属しているかどうかだけの差である。

 寧ろ空調費を抑えたためのコストダウンの結果のコストなのではないかと考えられ、つまりその意味で言えば植生の部分におけるコスト差はA・B案ともほとんどないのである。

 まあ最先端の電気を駆使したハイテク技術というのも、もちろん日本の誇れる技術の一部だとは思うが、日本には古くから生きる庶民の生活の知恵というものも存在する。

 日本人が震災後の節電時期を経る中で、改めて思い出した伝統的な避暑対策の知恵が実はA案には見て取れるのであり、デザインとしても調和を望む成熟した国民意識が多くA案を選んでいる結果となっているのではないかという気がする。

 こう考えると震災前と後では新国立競技場に対する要求理念が全く違っていた可能性があり、もしアンケートの結果の通りにA案が選ばれるなら、震災後だからこそ選択された結果だったのかも知れないのである。
 今回最終的にどちらの案が選ばれるかは分からないが、Aのようなものを望んでいる人が多いというのが今の震災を経た日本人の意識なのではないだろうか。

新国立競技場はA案になると予想する。

 今年の夏の新国立競技場の建設費問題を受けて、新たな2案が提出され、昨日その2つの案の技術計画書が明らかになった。

新国立競技場案 左がA案 右がB案

 まあぱっと見の外観は、2案とも以前のザハ案に比べると地味でシンプルな外観は似ていて、それほど差がない。
 示された総工費もほとんど同じで、それほど差があるようには思えないものである。

 確かにデザイン的な差はあり、A案はスタジアムの周りを緑が取り囲むようなデザイン、B案は非常に大きな木の柱がスタンドを支え、ある人に言わせるとスタンドが白磁的な印象で斬新なイメージがあるとのこと。

 しかし最初に書いた通りスタジアムのデザインと言う意味ではほとんど五十歩百歩であり、好みの差は多少出るとしても決定的にどちらがどうというものではないという気がする。
 つまり、デザインの写真だけを見た時点では私はこの両案どちらでも良いなという気がしていた。
 
 しかしである。
 
 JSCのホームページに掲載された技術提案書を見て考えが変わった。

 A案の方が遥かに有利だなと感じたのである。

 もちろん、B案の方に悪い点が見つかったということではないが、A案のほうが遥かに練られた提案書のように映ったからである。
 A案の提案書では徹底的なシミュレーションが様々な観点から行われており、それを細かく明らかにし、随所に工夫の数々を施してあることがはっきりPRされていた。

 例えば夏場に行われるオリンピックを考慮して、風を取り入れた場合の気温のシミュレーションや、非常時の観客の避難ルートや時間、はては日照シミュレーションによる芝の育成までありとあらゆる面で想定が行われており、維持コストの低減を含め実に細かく数多くの提案が行われている。

A案の提案書

A案の提案書

 これに対してB案はデザイン的には斬新で分がありそうなものの、細かい技術説明の部分が概念的で具体性に欠ける説明なのである。
 恐らく本来両方の業者とも技術的にはほとんど差がないと思われるが、比較してしまうとB案の提案書は明らかに準備不足の計画に映るのである。

 これでは、やはり信頼度の面でA案になるのは目に見えていると思われる。

 実は巷の噂によるとA案は隈研吾さんデザインで大成建設と組んだもの、B案は伊東豊雄さんデザインで竹中工務店+JVと組んだもののようだが、旧ザハ案でスタンドを受注していたはずの大成建設が人員も資材も確保できている点で準備は万端らしく、それ故の今回の提案書の差でもあるようだ。

 まあ今回のコンペが出来レースとまでは言わないが、あくまで国民を納得させるために競争入札という建前を守って2案が提示されたに過ぎないようで、最終的にはA案が受注されるのはほぼ間違いないだろうというのが私の見立てである。

中国の食卓テーブルが高いのは○食いが原因

 中国で現地のレストランに入ると、日本のレストランよりテーブルの高さが高めに設定してある店が多いということに気が付く。
 まあ一軒一軒高さを測って調べたわけでもないし、具体的な平均値データがあるわけでもないので、完全な個人的感覚に基づく所感でしかないのだが、どうもローカルレストランのテーブルは、日本のそれに比べ高いように感じるのである。
 
 高いと言ってもせいぜい数センチかそこら程度の差でしかないので、店ごとの個体差だと思えば気がつかない人は気が付かないかも知れない。
 しかし、中国のローカルレストランで背筋を伸ばしてテーブルに腕を置くと、肘がやや窮屈な店が多いのである。

 逆に上海でも日本料理店などでは日本的なテーブルの高さの店が多いようで、およそ肘よりやや低位置の高さのテーブルの店が多く、はっきりとこの差を感じることが出来る。
 
 はてはて、何がこのテーブルの高さの差を生み出しているのだろうと考えてみた。

 普通に考えて一番大きな要因は、食文化、特に食べ方の差だろうと考えるのが最も妥当である。
 日本と中国はご存知の通り同じ箸の食文化であるが、実は許される行儀の面では大きな差がある。

 日本の食文化において行儀良い姿勢というは我々が知る通り、背筋を伸ばして茶碗を持ってご飯や汁物を頂く形となっている。
 そのため、おかずを箸で取るために腕の自由度の空間が要求され、自ずと食卓に要求する高さは低くなるのである。

 これに対して中国の料理は(と書いたが国土が広いのできっと一律ではないが)、一般的にお椀に口を近づけて食べる、日本で言う犬食い的な恰好が通常となっている。
 そのため、お椀に口を近づけやすい高さが高いテーブルが好んで用いられているのではないかと推測できる。

 中国では日本より麺類が食べられる機会が多いと思われるが、麺類の器は大きく熱いので、器を手で抱えて麺をすするのは現実的ではなく、顔の方を器に近づけるのが普通で、そういったことから食べやすいようにテーブルが高くなっているとみることが出来る。

 この点日本のラーメン屋など麺専門店でも、比較的テーブルの高さが高めに設定してある店が多いのは、やはりラーメンはどんぶりを手で持って食べることが少ないから、顔を近づけ易くするため、テーブルを高くしているのだろうと思われる。

 同様に日本蕎麦屋も比較的テーブルが高い印象であるが、蕎麦屋にあるご飯ものメニューに伝統的にカツ丼や親子丼などどんぶりが多いのは、食べやすさという点を考慮すると、実は蕎麦屋のテーブルの高さと無縁ではないような気がするのである。

 こうやって考えると、麺食が主流の店ではテーブルが高く、それ以外のおかずをつついて食べるスタイルではテーブルが低く設定されているのではないかと整理することが出来る。

 もしかするとこんなことは、レストラン専門の内装屋さんにとっては常識なのかもしれないが、私にとっては中国に来て初めて気が付いた発見である。 
 
 この推論の検証のために、またしばらくローカルレストランの食べ歩きが続きそうである。