Category Archives: 北京首都国際空港

デルタ航空の北京―成田便が3月で休止

 デルタ航空の北京―成田便が3月で休止してしまうというニュースを目にした。

 成田発は3月29日、北京発は3月30日の便が最終便という事のようである。

 実は、先日日本に帰る時に上海―成田便が少々値段が高かったので、虹橋空港―北京空港―成田空港というラインで帰ったことがある。

デルタ航空機

 まあ料金もそうだが、浦東空港より虹橋空港のほうが圧倒的に近いので、寝る時間に関して無理をせず移動できるのと、ちょっと旅をしたくてそのルートを利用した。

 もちろん前後で安宿に宿泊が必要になったが、マイルが少し多く貯まるというのもあったので敢えてそうした。

 しかし、今回その便が休止になるという発表で、一度乗ったことのある私には少々残念な決定となった。

 確かに、北京着が22時20分、出発が8時50分というのは少々利用しずらい時間で、私が搭乗したときも席に余裕があった気がするし、チケット代は常に安かった気がする。

 これは成田をハブとする同社の運行パターンの中では致し方なく、成田でアメリカ行きの便の接続時間を合わせるためにこんな運行になっているようである。

 もちろん、昨今の日中関係の影響による搭乗客の減少の影響もあるだろう。

 まあ中国では外様の航空会社なのでニュースにはなっていないし、撤退されるニュースは国家の面子上あまり大きく扱いたくないのかも知れないが、とにかく撤退は事実のようで、これでデルタ航空が直接中国に乗り入れる便は上海だけになったようである。


役に立たない中国の航空便遅延保険

 先日北京へ行く予定がありCTRIPで航空券を買ったのだが、その時に遅延保険というものを見つけ、飛行機が目的地に3時間以上遅れたら300元が払われるというものをだったので、飛行機代に保険料20元を追加して加入した。

 太平洋保険という保険会社である。

 深夜便だったので遅れる可能性があったので念のためちょっとでも足しになればと思い保険に加入したのだ。

 今回乗る予定だった飛行機は、東方航空のMU5165便で上海虹橋発22時0分発、北京首都空港着0時10分着というもの。

 さて当日に、虹橋空港の東方航空カウンターには20時50分頃到着した。

 従来の離陸予定時間の70分前である。

 ところがカウンターでチェックイン手続きをしようとすると、係員から北京の空港の事情で飛行機が遅れているから、便を振り替えると言われた。

 私はちょっとでも早く到着できるならと思い、言われるままにチケットを受け取ったが、振り替えられた便はMU5199便で定刻20時30分出発の便だったが到着が遅れていてまだ出発してないとのこと。

 なんだかちょっとラッキーだなと思い手続きを行ない、検査場を経て登場口へ向かい、21時20分頃にはゲート前に着いたと思うが、この時点では乗る予定の北京からの機体はまだ虹橋に到着していなかった。

 この時点で相当遅れているんだと思ったが、幸い空港の無線LANが通じたのでパソコンを開けてしばらく仕事をすることにした。

 こうやって時間を過ごしたのだが、待てども待てども飛行機が飛んでこない

 本来最初搭乗予定の便が到着しているはずの時間になっても、飛行機がまだ来ないのである。

 そうして搭乗する航空機が虹橋空港に着いた時には時刻は既に深夜1時を回っていた。
 前便の乗客の降機後すぐに機内整備が始まったが、結局機内に搭乗できたのは1時半頃で、飛行機が出発できたのは2時直前だったと思う。
(離陸のため携帯電話をオフにしてしまったので正確な時間は分からない)  

 ヘロヘロになりつつも北京首都空港についたのは早朝4時半頃、この便として約6時間遅れで私の元の予約便から数えても4時間以上の遅延となった。

夜の北京首都国際空港

夜の北京首都国際空港

 深夜到着の予定が、既に早朝の時間帯である。

 しかも、そこからの足がまた大変だった。

 タクシー乗り場が大行列だったのである。

 北京空港は世界でトップを争うほどの国際空港になったはずなのに、深夜の足回りはまだまだ貧弱で、一応バスも1ルートだけ走っているようだが結局はタクシーしか足がないのである。

 しかもそのタクシーでさえも数的に満足に走っておらず、1分あたり数台がやってくるのみで、この大行列はなかなかさばけそうになく私がタクシーに乗ったのは6時前でだった。

 空港から近めのホテルをとったのが幸いだったが、それでもホテルについたのは6時半頃だった。
 深夜の1時には寝ている計画が、朝6時半すぎに就寝となった。
あまりにも遅い到着にホテルのフロントに笑われたものである。

 まあとんでもない行程になったが、保険が出そうなのが救いだなとこの時は思っていたのである。

 ところがである。

 昨日、件の太平洋保険に、今回の事情を説明すると一旦は「了解しました」との返事がきて保険振込の口座手続きなどを行なった、

 ところが、今日になって太平洋保険から連絡があり、保険金は払えないと言ってきた。

 太平洋保険の言い分によれば、保険は航空便1便につき1口必要で、私の場合は便を振り替えて元の便に乗らなかったから保険の支払い対象にならないのだというのだ。

 私がMU5165便の登場していないので保険は失効しており、もし振り替えたMU5199便で再度保険に加入していれば保険金は払われたが、今回加入していないので保険の対象にならないのだと太平洋保険の担当者は説明した。

 これには私もブチ切れた。

 便を振り替えたのは私の都合ではないし、振り替えたMU5199便は予約していたMU5165便の到着予定時刻に対して4時間も遅れており、当然予約した便に対して3時間以上遅れて到着したという条件に合致するからだ。

 航空会社の都合で便を振り替えても遅れたのだから、当然保険金は払われるべきで、たかが300元の保険金だが本来そういう趣旨の保険であるはずであり、こんな条件なら保険に加入する意味がないのである。

 しかも振り替え便でも保険加入すべきだったとはなんという言い分であろう。

 あまりにも納得いかないこの太平洋保険の理不尽な説明に、保険金支払いを求めて今再度抗議をする戦略を練っている。

4年前は北京にいた

まだ中国に本格的に来る前、どこの都市に住むべきか少し迷っていた。

もちろん仕事次第ではあったのだけれど、およそどの都市に住むにしても主要都市は一度は訪れておかなければと思い、4年前に北京を訪れてみた。

格安のチケットを探したため、MUの上海経由北京行きという何とも時間のかかるルートを選んでしまい、2泊3日ながら実質行動可能なのは真ん中の1日だけという何とも勿体無い行動日程だったが、まあ街の様子を窺い知るにはおよそ充分であった。

 今になって思うと、私が中国を訪れる直前にサッカーのW杯が行なわれていたので、今後自分が中国にいる期間の起算日を忘れたらW杯の年を起算年にすればよいことがわかりちょっと得した気分である。
 北京を訪れたのはW杯の直前だった。つまりあれから4年経ってしまったことになる。
 
 さて北京に行ったとき、一応日本で少し(といっても結構死に物狂い!)で中国語を勉強して行ったので、通訳など一切つけなかったが、やはり幼稚園生のような中国語しか話せなかったので、友達の中国人の友達を紹介していただき、結局お世話になり、かなり有り難かったのを覚えている。

 そのときの北京はオリンピックを2年後に控えて街の改造の真っ最中で、いたるところで工事が行なわれていて、結構ぐちゃぐちゃしており、そしてやたらだだっ広く、歩くのが疲れたというのが率直な感想である。

 たった1日の訪問であったがそのときの感想はというと、住めない町じゃないが、第一希望ではないなぁという感じで、中国生活をスタートさせるにはやはり上海かなぁと、そのとき6割がた腹積もりが決まった。

 そんな4年前を思い出させる夢を見たのでこんなことをちょっと書いてみた。

夢の内容は?まあ秘密にしておこう。