Category Archives: 中国ビザ

外国人にも中国の身分証があればいいのにと思う。

 中国には、日本にない身分証制度というものがあり、戸籍に登録されている大人はほぼ全員身分証カードを持っている。
 「ほぼ」と書いたのは、一人っ子政策の下で戸籍に登録されていないような人もいるため100%とはならないはずということだが、まあ普通に生まれて戸籍に存在する16歳以上の国民は全員身分証を持っているようだ。

 この身分証に書いてある内容は、姓名、性別、戸籍住所、生年月日、民族、身分証番号などであり、顔写真もついている。
 で、この身分証は5~6年前にICカード化したことにより、単なる身分証明の枠を超えて、日常で非常に便利に使われるようになった。
 (余談だが、このIC身分証は日本で印刷されているという噂がある)

 例えば、中国の鉄道の乗車券はこの身分証がないと乗れないことになっているが、逆に座席を予約した後は、チケットレスで身分証だけで改札を通れたりする。

 あるいは銀行の取引きなどもこの身分証でできたりする。

 特にインターネットを通して行う取引や登録にはこの身分証がよく使われ、たいていは番号の登録が必須であり、IT化が進んだ中国社会では不可欠なものとなっている
 しかし、このようにIT化の進展により身分証の重要度が上がってくると、実は身分証を持ってない私のような外国人はその発展の蚊帳の外に置かれつつある状況が生まれている。

 まあ中国での大方の用事はパスポートを身分証として提示すれば、何とか中国人たちと同様の結果は得られるものとなっているが、途中の便利度の享受という意味では身分証のあるなしで、大きな差がつけられている印象なのである。

 その一つが上記でも触れた鉄道切符の購入であり、中国での鉄道切符のネット予約や駅での自動券売機利用での購入には身分証の利用が必須となっているため、身分証を持たない外国人は窓口に並ばなければならない状況となっている。
 これは切符を買うたびに感じている非常に面倒な点であり、外国人にも身分証を用意してもらえないのだろうかといつも思ってしまう。

 この外国人の証明関係について日本の状況を見てみると、日本国内にいる外国人に対しては外国人登録証というものが発行されており、一通りの身分証明はこの外国人登録証で済むことになっている。

 まあ、日本は鉄道に乗るのに身分証明書は必要としないが、銀行口座の開設などの手続きにはこの外国人登録証が効果を発揮する。
 こうやって考えると、やはり中国でも、外国人居留証など長期滞在ビザを得ている外国人には「外国人身分証」たるものを作って、鉄道利用などが出来るようにしていただくと非常に便利になるのではないかという気がしている。

 そうすれば、駅の窓口の行列などは確実に減らせるはずであり、ちょっとした外出くらいではわざわざパスポートを持ち歩かなくても済むようになると思われる。
 まあ外国人の身分に関する法律などは、国家の大枠であるため、おいそれとは物事が進まないかもしれないが、ぜひ検討してほしいこの「外国人身分証」である。


上海の日本人が1万人転勤になるという噂

 先日、私の知り合いが言っていた話だが、この3月で上海から1万人の日本人が転勤となるという噂があるらしい。
 まあきちんとした統計機関があるわけではないので、確証のある数字ではないようだが、引っ越し業者の反応や日本人学校の生徒数の動向などから推測するとどうも1万人転勤という数字が導き出されるようだ。

 もちろん3月・4月というのは毎年人事異動のある時期であり、1万人が日本に戻って以後上海にまるっきり日本人が来なくなるということでもないらしく、入れ替わりで来る人もそれなりいるので、単純に1万人減ることにはならないらしい。
 ただ、その中身においてこれまでは家族帯同が主だったものが、単身赴任が多くなるなど、駐在の中身に差があり、来なくなった家族の穴の影響が非常に大きいということのようだ。

 この日本人が減る状況についてやはり経済的理由が大きいと推測され、円安による家族滞在費の増加、さらには輸出コスト高による事業体制の見直しなどで、工場を主としていたメーカーの撤退が相次いでいるのはニュースで伝わっている通りである。
 さらには世代的な問題もあり、日本経済をけん引してきた団塊の世代が60歳台半ばに達し、社内的に定年年齢に達し引退の時期を迎えたり、ビザ取得の壁にぶちあたり、滞在を断念するようなケースも増えてきたのだと思われる。
 こういった上海における日本人の減少は、これまで日系企業を支えてきた日系企業向けサービス産業にも影響を与えている面があり、フリーペーパーや不動産関連、夜の娯楽産業などもかなり影響を受けていると聞き、成り立たなくなった業態にかかわる人もまた日本に帰国したり別の業種に転職したりしている。
 まあ今後為替がまた円高に振れれば、上海の日本人状況も変わってくるかもしれないが、潮目が変わらなければさらに日本人が減るトレンドは続くのではないかと推測される。

逆単身赴任が増えている

 最近、上海で逆単身赴任が増えているような気がする。

 一般的に単身赴任と言えば、奥さんや子供を置いて旦那さんが一人で上海に駐在するようなケースだが、逆単身赴任というのは家族が上海にいて旦那さんだけが日本に戻ってしまうようなケース。

 何故そういうことが発生するのかというと、ほとんどの場合は子供の学校の問題が要因となっている。

 つまり旦那の都合で一緒に帯同して上海にやってきて、子供を日本人学校なりインターナショナルスクールに入れたが、子供の卒業のタイミングが来る前に旦那に帰任命令が出てしまったようなケースである。

 旦那は会社の業務の都合なので子供を理由に帰任を延期することなど当然出来ないが、子供は出来れば途中で転校させず、卒業・進学のタイミングまで同じ学校に通わせた方がいいという判断で、結果面倒をみる奥さんが子供に帯同することになるため旦那だけ先に帰国して逆単身赴任状態になるという形である。

 特に中学でも高校でも卒業間近の子供というのは、進学のための受験を控えている訳でその他の学年よりナーバスになり、そのタイミtングでの学習環境の変化というのはなるべく避けたいというのが保護者の本音だと思われる。

 私は転校経験はないが、受験学年での転校は環境に馴染むのが大変だということは想像するに余りある。

 結果、やはり奥さんが子供の卒業を待ってから帰国する結果となる。

 こういった逆単身赴任のケースが、最近私の周りでチラホラ見かけるようになった。

 夫婦ともに知っている知人の旦那の帰国の報を聞いて「ああ寂しくなるな」と思っているところに、奥さんにばったり出くわすケースが出てきているのである。

 こういった逆単身赴任が具体的にどのくらいの数が発生しているか知らないが、それなりの数があるのではないのかという気がしている、

 まあ旦那を日本に送り出す奥さんにしてみれば、「子供のことを考えて」は第一義として当然のことながらも、外国生活にストレスを感じず過ごせるならば駐在員の奥さんという立場の生活は、日本生活に比べきっとかなり楽ちんであり、少しでも長く謳歌したいというのも本音としてあるのではないだろうか?

 旦那に対しても、上海へ単身赴任で野に放つよりは日本の単身赴任はリスクが小さいと考えているのかもしれない。

 まあいずれにしても、最近逆単身赴任が増えているような気がするのである。