Category Archives: 中国ビザ

上海の街はペーパーレス?雑誌が消えた?!

 私が上海に来た頃に、街のいたるところにあった新聞スタンドだが、5~6年前くらいからだろうか、最近全く見かけなくなってしまった。
 よく考えてみると、上海では紙そのものがそれほど扱われなくなっており、オフィスの現場や、広告チラシなどではいまだ健在だが、街で新聞を読んでいるおじさんもほとんど見かけなくなった気がする。
 それに従って街中に散乱する紙ごみもめっきり減っており、街全体のペーパーレス化がかなり進んでいるような印象である。

 まあコンビニで買い物をした時のレシートなどはまだ紙だが、ネットショッピングをした際に発行される発票(領収書)は基本としてQRコード付きの電子発票が基本になっている。
 また鉄道のチケットも、地下鉄は公共交通カード‘(チャージ式のプリペイドカード)か、スマホ決済になっているため、一回券などというものは滅多に見なくなった。

 長距離鉄道の利用も同様で、外国人にはまだ紙のチケットが発行されるが、現地の中国人はICチップ内蔵の身分証明証を使えば乗車できるので、わざわざ紙のチケットを手に入れる必要がなくなった。
 このようにほとんどの取引について、主にスマホが紙処理を飲み込んでしまい、ペーパーレス化となっている印象である。

上海地下鉄の自動改札

上海地下鉄の自動改札

 その最たるものがやはり、書籍・雑誌類であり、本屋・書店に行けばまだ手に入らないことはないが、わざわざ注文しない限り見かけることは滅多になくなったのである。
 その書店に至っても、街中の実体店は次々に閉鎖され、一時カフェを併設したスタイルで巻き返しが図られた状況があったが、状況を跳ね返す勢いにはならず、何店舗かは閉鎖されたようである。

 日本だと、コンビニが取り寄せ代行を含めて書店の機能を担いつつある面もあるが、上海では街のコンビニに行ってもほぼ雑誌の取り扱いは無い。
 まあそもそも中国ではコンビニでは日本に比べ雑誌の取り扱いは少なかく、冒頭に書いた新聞スタンドがその役割を担っていたが、今やコンビニでの扱いも新聞スタンドも全くなった。

 結局書籍はネットショッピングで取り寄せるのが主流になっており、能動的に取り寄せなければ目にすることすら稀な状況になっている。

 では中国人たちが活字を読まなくなったかというとそんなことはなく、そんなことはなく主に電子書籍をブックリーダーで読んでいる姿を地下鉄の中で目にする。
 また資格取得なのか、スターバックスのようなカフェで紙の本を置いて勉強している姿はちらほらみかける。

 外国人のビザ手続きなどを見ても、役所関係の提出書類はまだペーパーレス化は進んでいない気がするが、手続きの一部は電子データ化されて、資料の不整合のような現象は徐々に減りつつあり、いずれこれらの書類数もかなり減らされるかもしれない。

 時流として、中国全体でかなりのペーパーレス化が進みつつあるのは確かなようで、紙が発明された国ではあるが、ペーパーレスがいの一番に完成するのもまた中国なのかもしれないという気がしている。

在上海日本国総領事館は市役所的な存在

上海に住み始めて12年を超えたが、長く住んでいても身分が中国人になるわけではないので、時折り日本人としての事務手続きが必要になる場合がある。

そんな時に頼りになるというか、有難い存在なのが在上海日本国総領事館の存在である。

領事館は日本政府の出先機関である上に、その名称から非常に硬いイメージがあって一般市民には縁が遠い存在のような印象を受けるが、実際にはその逆である。

上海にいる邦人にとっては、市役所の市民センターのような存在であり、何かと重宝する機関である。

その第一としてパスポート関連の業務があり、旅行者の紛失の際の緊急対応を行なってくれるほかに、現地在住の邦人の旅券再発行や更新、増補など、通常は日本の各都道府県の旅券事務所で行っている事務を、ここで済ますことが出来る。
よって期限が迫ってきたからと言っていちいち帰国しないでもよいのである。
私はこれまでパスポート紛失時も含めて二度上海でパスポートを更新している。

第二に、各種証明書関連の発行や届け出業務が非常に充実している。
例えば、結婚証明書や出生証明など中国での労働ビザや家族ビザ申請に必要な書類類は領事館で取得することができる。
さらに無犯罪証明書(犯罪経歴証明)の発行・認証、卒業証明書の認証などを受け付けてくれる。
そのほか中国人と結婚する際には重婚を防ぐ意味で独身証明書などが要求されるが、こういった書類は日本の市町村では公式には取り扱いが無い。

しかし、このような証明書類も、この上海の領事館ではローカライズされて発行が可能になっている。
また届けに際しても、結婚届出生届、離婚届に死亡届に至るまで日本の住民票を抜いてしまって移住されてしまっているような場合でも総領事館で手続きができるのである。

これらは通常は市区町村役場で行う届け出であり、その役割を在上海日本国総領事館が担っている。

また国政選挙に限りだが在外投票もここで実施されており、総領事館で投票が実施され日本に帰って地元の自治体に行かなくても日本国民としての権利が行使できる。

最も法律的な理屈を述べれば、そもそも旅券交付や戸籍事務などは国が果たす業務であり、それを法定受託事務(以前の機関委任事務)として都道府県や市区町村などの地方自治体が代行しているだけのため、国の直属機関である在上海日本国総領事館がこの業務を負うのは原点回帰として何ら不思議な事ではないのである。

まさに日本政府直属の日本人のための役所であり、邦人保護の役割も含めて重要な存在である。

ちなみに、総領事館のもう一つ大事な仕事として、訪日中国人のためのビザ発給という仕事がある。

総領事館のホームページによると昨年2017年の年間ビザ発給件数は185万件で、地球全体の日本の在外公館発給の1/3を占める件数となっており、つまり日本の訪日観光客引き入れのための非常に重要な役割を担っている。

東方航空機

以前、本館で取り扱っていたときは「中国人の日本行きビザ申請の現場」で書いたような状況となっていたが、現在は量が増えすぎたため別館で取り扱っているようだ。

まあこの状況を上海在住の日本人の人数が数万人規模であることに比較して考えると、今や在上海日本国総領事館は日本人のための機関というより中国人のための機関としての意味合いが重要になっているのかもしれない。

在上海日本国総領事館のホームページ

中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。