Tag Archives: 運転手

上海浦東国際空港のリムジンバスでの死亡事故、ニュートラル走行の多い高速バス

 一昨日の朝9時頃、上海浦東国際空港へ向かうリムジンバスで死亡事故が起きた。
 上海市内の高架道路を走行中に、前方の作業車に追突したあと道路の側壁にあたり、その勢いで乗客2人が横窓から投げ出され高架下に落ち、この2人が亡くなったようだ。

上海浦東国際空港のリムジンバス

上海浦東国際空港のリムジンバス(写真は機場2線)

 このニュースではシートベルトの着用の有無に焦点が当てられており、亡くなった2人はシートベルトをしていなかったとされる。

 確かにシートベルトの着用は大事であり、命が助かるかどうかが左右されると言われるが、その差が如実に表れ明暗を分けてしまった今回の事故となっている。

 ただ個人的にはこの事故で気になっているのは、シートベルトの着用の有無もさることながら、中国のバス運転士の運転マナーの悪さというか悪い癖である。

 私も何度もこれらのリムジンバスに乗っているので幾度もその状況を体験しているのだが、中国のバス運転士は高速道路上で平気でクラッチを切ったニュートラル走行を連発する。

 自動車の運転教習をマニュアル車で受けた方はご存知だと思うが、マニュアル車のクラッチを切ってニュートラル状態で走行すると、エンジンに負担がかからなくなる分だけ燃費が節約できるのだが、逆にエンジンの制御がきかなくなるため、走行が不安定になる。

 結果、急ブレーキなどではタイヤにロックがかかり、車体がハンドルで制御できなくなるという危険が生じる。

 それ故、ニュートラル走行は安全上の観点から、クラッチ切り替えの際など最小限に抑えるべきであるというのが日本の教習所で教える運転マナーとなっている。

 しかし中国ではそういった危険性を意に介さないのか、燃費優先でニュートラル走行を連発し、場合によっては直線走行だけでなく頻繁な車線変更などもニュートラル状態のまま行われる。

 こういった中国の危険な運転方法を身を持って体験している自分としては、昨日のリムジンバスの事故についても「もしや」と感じるところがあるのである。

 まあ中国の交通事故の現場検証では、そういった運転状況までチェックするかどうかわかないし、もしニュートラル走行を確認できたとしても中国の運転慣例から言って問題として取り上げないかもしれない。

 しかし、乗客としては恐ろしいこれらの運転マナーであり、是非改善を望みたいが、当局が問題として取り上げないのであれば、乗客としてはやはりシートベルトで自己防衛せざるを得ないということろに帰結するのかもしれない。

 中国では我が身は自分で守れということなのである。

運転の合間にスマホでゲームをするおばさん

 以前からバスで移動するケースは多いのだが、バスの中では目が疲れるので自分のスマホはあまり見ないようにしている。
 そのため、たいていは車窓の外の風景を観察していたりするのだが、バスから外を眺めていると、車を運転しながらスマホをいじっている人の姿をよく見かける。
 まあスマホの出たての頃よりはかなり減っているという気がしており、そんなに多いという訳じゃないが、それでも感覚的には20台に1台くらいの割合ではまだ運転中にスマホをいじっている。
 しかも一般乗用車だけでなく、タクシーや公共バスの運転士も例外では無かったりするのであり、職務規定的にどうなのかなぁという疑問も涌いたりする。
 上海でもこの「ながら運転」の危険性は認識されていて、通話中に悲劇を招いた人の家族を模したCMもながされている。
 ただ、中国のその他の一般的なマナー水準からすると、運転中の通話くらいは許容範囲として含まれるのかなという印象で、我々外国人が目くじらを立てるようなものではないような気もしており、私も許容するようになってしまっている。

 しかし、ながら、昨日見かけた中年のおばさんの運転態度は、こんな中国でもちょっと見過ごせないレベルに感じたものだった。
 なんと、車が信号待ちで停車している運転の合間にスマホでゲームに興じていたのである。
 いわゆるテトリス系のパズルゲームで、やや渋滞気味の道路でバスの横を走っていた車だったのでよくその様子が見え、車が停止するたびにゲームに興じていたのである。
 さすがにこれは危ないと感じた。
 しかも、他人との会話などではなくゲームであり、運転中に対応しなければならない必然性など全くなく、例えば信号待ちの停車中だけだとしても、目に疲労感を与えるなど良い影響は全くない。
 まあ、もしこの女性が万が一自爆事故を起こして死んでしまっても本人の自己責任として仕方ないかもしれないが、他の車や歩行者を巻き込むような事故を起こさないとは限らず、巻き込まれた方はたまったものではないので是非改めて欲しいと感じた。
 そんな風景を見ていた時、偶然にもバスの車内広告モニターには、例の「ながら運転」に警告を鳴らすCMが流れていたが、バスの外にはどうにも届いていないようである。
 どうもあのCMはバスの車体の内側に流すより外側にも張り出すべきだという気がする。
 この件について日本だって程度の差こそあれ同じような状況はあるはずなので、「中国だから」ということは言えないが、どこのドライバーも安全のために運転中は運転に集中してほしいという気がするのである。

バスの運転手に突然指差され

 昨日の昼間、バスに乗ろうと待っていたら、その時に走ってきたバスを運転していた運転手が、突然運転席から私に向かって指を差してきた。

 急な出来事に訳が分からずこちらはポカンとしていると、その運転手はバスの扉を開けて私に話しかけようとした。

 で、運転手が話しかけようとして何かを言いかけたが、突然話すのを止めた。

 こちらは益々何事か分からない。

 「何が起きた??」

 こちらは自分が変な格好していたかもしれないかと思って慌てて自分の恰好を確認したり、もしや重大な交通違反などを起しておりそれを指摘されたのではないかと思い、ちょいとパニック気味になった。

 ところが、その後に運転手が言った一言が

 『見間違いだ、人違いだった』

 おいおい、そりゃないだろう!

 運転手の言うには、知り合いにそっくりで何で昼間っからこんなとこに居るんだと思ったとのこと。

 料金徴収員まで一緒になって同じ話題で話しており、どうやらバス会社の同僚の誰かと見間違えたようであった。

 まあ、上海語で話していたので正確にはわからないが、ズボンの雰囲気まで物凄く似ていたらしく、相当びっくりしたようだ。

 とはいえ、びっくりしたのはこちらも同じである。

 運転手は「いやぁ、びっくりした」だのなんだのと話しかけてきたが、100%理解できなかったのと、こちらは日本人であることをあまり晒したくなかったので、相手の話しかける言葉に適当に相槌をうって受け流して聞いていた。

 まあ特に何かの迷惑を被ったわけではないが、見間違えられたことはともかくとして、中国人にそっくりだと言われて、中国生活に染まってきた自分にちょっと驚きを隠せない今回の出来事だった。

 それにしても上海のバスの運転手は、運転中も気楽に客と話しているという気がしており、日本のように杓子定規な勤務態度ではなく、自由奔放に働いているという印象である。

原掲載

日本の道交法が改正!飲酒運転は同乗者も処罰

昨日19日付けで日本の道路交通法が改正になった。
飲酒運転に関する大幅な規制強化が話題になっている。最近の飲酒運転事故多発を受けての改正で飲酒運転の場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金、酒気帯び運転でも3年以下の懲役又は50万以下の罰金となった。
さらに今回より同乗罪というものが新たに創設され、飲酒運転と知りながら同乗すると、同乗した人も3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになった。
 つまり親子でファミリーレストランへ車で出かけ、お父さんがビールを飲み、帰りがけに捕まると子供を含め全員に行政罰の対象になるので、子供が前科者になってしまうということだ。もちろん酒を提供した店や車を貸した人も処罰の対象となる。
 非常に厳しい規則だがこのくらいやらないとなかなか飲酒運転がなくならないのが現実である。一般的な感覚で言えば100万円の罰金と引き換えに酒を飲む人はいないと思うが、酒はその一般的な感覚を狂わすシロモノである。この改正でなんとか飲酒運転事故が減ることを祈りたい。
 

ところで日本の教習所や免許更新の時の講習教本では「ゆずりあい」という大変大事な言葉がたくさん出ている。最近改めて読んでみて、是非中国人ドライバがーにも読ませてやりたい一冊だと思った。中国には恐らくこういった安全教育はほとんど行われていないのだろうと思うが、これだけ車が増えた社会では中国でもそろそろ日本的な安全教育の必要な時期かと思う。

おばちゃんVSバスの運転手

昨日、壮絶な口げんかバトルに遭遇し、付き合わされる事態があった。
事の発端は、(恐らく)おばちゃんが支払ったバス代が「足りてないよ」と注意した(らしい)ことから始まった。その瞬間からおばちゃんが烈火のごとく吠え出した。
 上海語で物凄い勢いでまくし立てていたので、具体的に何を言っているのか分からないのだが、「私はちゃんと払った」「金をごまかしてなんか酷い」「差別するのか?」「馬鹿にするな」みたいなことを多分言っていたのだろう。

 この勢いに運転手もひるむどころか負けずに応戦を開始した。

 日本だとお客とサービスする側という図式が優先するが、こちら上海ではそういう図式は通用しないらしい。

 私はそのバスの始点から乗り合わせていたので、その運転手が上海のバスにありがちなそれほど礼儀正しいとはいえない運転手であることは感じていたが、それにしてもである。
 おばちゃんと対等に喧嘩していた。(笑)

おばちゃんの不正に自信があったか、単に引っ込みがつかなくなったか分からないが全くひるむ様子が無い。
 

 現実のところ事実がどっちなのかはわからない。運転手だって無用にトラブルを増やしたくはないだろうから、人をむやみに疑うことも考えにくく、何らかの勘が働いたから声をかけたに違いない。

ごまかそうとしてたおばちゃんが発見されて逆上し、ごまかし通そうとしているのかも知れないし、単に間違ってお金を投入した可能性もある。

 でもそれを証明する証拠は無い。

 事実の行方はともかくとして、運転手はおばちゃんと激しいやりとりのさなかもずっと運転をしていた。

 というかおばちゃんのほうが攻撃の手を緩めなかったのである。
 日本だと何とか運行法に引っかかる行為であろう。
 まあこの当事者はともかくとして迷惑なのは乗客の方である。
 路上の喧嘩であれば他人事として取り合わずその場を通り過ぎればいいのだが、戦場はバスの中である。
 結局このバトルは終点まで続き、最後までおばちゃんの怒涛がバスの中に響きわたり、このおばちゃんは終点で降りていった。
 同乗の中国人も飽きれていた。