Tag Archives: 料金

日本人的安心感と中国人的誠意感

 上海にいると、日本人と中国人ではお客に対しての安心感の与え方が違うということに気が付く。

 まあ旅行会社のパック料金などを見ればわかる通り、日本人がお客様に対して安心感を与える方法というのは支払い金額の上限を示してあげるというものだ。

 例えば日本料理屋の食べ飲み放題というのはその典型で、200元という上限が決まっていれば、それが割安であろうと無かろうと余分な支出の心配がないため安心して飲み食いできるのである。

 日本の携帯電話の通信量課金のパックプランもその一例と言うことができ、どんなに通信しても上限が決まっているというのは日本人にとって非常に安心する材料であり単純な従量制課金に比べ好まれる傾向がある。

 恐らくこれは日本人が長らく月給労働体制を続けてきたサラ―リーマン的経済サイクルの知恵というか産物であって、毎月の予算枠をいかに超えずに過ごすというかという発想が染みついているものだと考えられる。

 それ故に予想外の請求が来る可能性のある従量制的課金体系を嫌い、割高になる可能性があったとしても毎月の上限額の決まっている固定額的支払い方法を好む。

 しかし、中国ではその発想の根本がまず異なっている。

 中国では日本のように上限制ではなく、使った分だけしかお金を払いたくないという意識がまず根底にある。

 故に日本のように得しているのか損しているのだか分からないような固定額サービスはあまり好まれず、純粋な従量制課金のほうが好まれる傾向にある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これは中国人たちの生活の中で、もらう給料にしても受けるサービスにしても未来が保障されている訳ではなく、自らの生活についても1年後や5年後がどういう状態になっているのかが想像できないという状況が根本にあり、未来何年間分を均して得かどうかということではなく、今損するか得するかが大事で、つまりは使った分しか払いたくないという考え方に繋がる。

 つまり未来を信用していないのだ。

 そのため中国人のお客に対して物を売るときのサービスの考え方は、日本人のそれと比べ微妙に異なる面がある。

 例えば旅行用の車両手配などを行なう場合、誠意的に動こうとする中国人は料金体系を細かく示し、変動要素のある駐車料金や高速道路などは客側に直接負担させるというスタンスを取る。

 これは日本人からすると総額予算が見えず不安を抱えたままの出発となるが、中国人の側からすると、車の料金以外の部分で不正に儲けたり余分な利益を得ていませんよと誠意を示すスタンスのつもりなのである。

 中国では不当に間を抜いて儲けるという“悪意”のスタンスが一方に存在する為、そうではなく明朗会計ですよというのが、彼らの誠意なのだろう。

 まあ誠意という意味では理解できなくないとは言えないが、やはり日本人にとっては総額が幾らかになるかがわからないと安心できず、そこに違和感が生じることがままある。

 こういった日本人と中国人の安心感、誠意感の意識の違いは、実は中国市場を考えたり逆に彼らに日本人向けサービス業的考え方を説明するときに、重要なポイントになってくる。

 それが分からず日本的な業務方式にこだわってしまうと昨日撤退を表明した楽天のようにやはりうまく行かないことになる。

 先日書いた餃子の例を一つとってもわかるように、お互い同じように餃子を食べているように見えても頭の中は実は全く違う意識の考え方であるのが文化の違いということなのである。

IP電話カードの市場競争

 上海市内を歩くと、白いボードにカードのようなものを沢山貼り付けて売っているおばちゃんやおじちゃん達がいる。

 彼らが売っているのは長距離電話や国際電話の通話が割引になるIP電話回線のカードなどだ。そのうちの国際電話カードなどを見ると額面が100元で、日本まで1分2.4元と書いてある。中国から日本まで普通の回線で電話すると1分8元くらいかかるので1分2.4元と聞くとかなりお徳に聞こえるが、ところがこのカードを額面の100元で買う人はまずいない。

 実は100元出せば額面100元のカードが3~4枚は買える。

 1枚だけでよければ35元程度が相場であり、それを上回ることはまずほとんどない。

 通話料に換算すれば、1分0.6~0.8元といったところである。
 何故額面100元のものをこんなに割り引いて買うことができるのかを考えるとちょっと不思議な気がするが、ちゃんと理由がある。

 実は中国移動などの携帯キャリア自身にIP回線を使った国際通話プランがあり、月に1元だけ基本料を払えば国際電話が自動的に安い通話が出来るという状況がある。

 これだと日本までならば、たった1分1元となる。特別面倒な手続きなど必要ないから、まあ国際電話を使う人は誰だって普通はこのプランを選ぶ。

 こんな状況であれば当たり前の話だが、1分2.4元もかかり、しかも面倒くさいIPカードを買う人など誰もいない。

 故に価格競争を強いられるIP電話回線会社は、この1分1元という価格を必ず下回らなくてはならなくなった。しかもIP電話カードは携帯電話から直接電話をかけるのと違い、若干面倒な操作が必要になってくる。その分携帯キャリア自身の通話料に比べ相応のディスカウントがないと、やはり面倒臭さを嫌ったユーザーに逃げられてしまう。

 その結果の価格が、額面100元に対して25%から35%程度の売価であり、通話料に換算すれば1分0.6~0.8元となっている。これならばユーザーにもメリットがあり競争力があるということで、この値段で売られている。

 まあ日本人としては、ならば最初から額面100元のカードで通話料0.8元などに設定してしまえばいいじゃないかと思うが、そこが中国的なずるさの見える商売手法で、相手と状況によって相場を変動させられるようにこの額面はいじらないようだ。 買う枚数やこちらの足元を見て価格を決めているらしい。

 相手によっては外国人などに対して1枚100元の値段そのままで売ってしまうこともあり相場を無視した価格とは言え、額面通りのサービスを提供できれば何の違法性もない。故にこの額面はいじらないようだ。

 まあこんな風に額面で買わされるケースは少ないにしろ、古北など売り子が多く競争が激しいエリアのほうがディスカウントしやすく、それ以外エリアではあまりディスカウントしにくいようだ。いろんな人の話を総合すると売り子さんたちの仕入れ値は100元のカードで15元前後のようで、最低10元くらいの利益を上乗せして売っており、故にそれを下回る価格では購入は出来ない。

 逆にいうとそれを見越した上で、例えば300元出すから16枚売ってくれという交渉なら相手にも60元くらいの利益があるので、応じてもらえる可能性がある。
 このケースならばこちらの通話料は1分0.44元と、中国国内通話並みの安さになる。

 日本国内では携帯電話会社や回線会社同士の価格競争はあっても、それは公称価格の月単位の価格変動であり、例えばテレフォンカード(懐かしい!)を一つとっても、交渉によって価格が変わることなどありえないのだが、中国では電話代までが相場変動し、交渉しだいで価格が変わる。

日常的に目にするこんな風景にも日本以上に市場競争の激しくなっている中国の姿がある。

バラの花束を贈る

 日本のバレンタインデーは女性が男性にチョコレートを贈り愛を告白する日となっているが、中国では事情が違い「情人節」といって男性が恋人や奥さんにプレゼントをする日となっている。

 故にバレンタインデーの数日前から街中にバラの花束を並べたお店が増える。花屋はもとより携帯の修理屋やタバコ屋までバラの花束を売っている。

 それにしてもこの日の花束の値段は無茶苦茶である。 安くても200元、高いものになると500元近くにもなる。
普段だと、恐らく100元以下で買えるはずなのだが、この日ばかりはいくら高いと感じようとも買わざるを得ない。「買うな」と相手に言われない限り買わなければ愛を疑われるからである。

 中国故にまるで中国人女性達と花の業者が結託していて、この利益が女性に流れているのではないかと疑ってしまう(笑) それほどの理不尽な高騰ぶりなのである。

 ところで、このバラの花束であるが、花の色や本数にそれぞれ意味があるらしい。色はともかく本数にまで意味があるとは今日まで私は知らなかった。
赤は「愛情」、白は「尊敬」「純粋」、青は「奇跡」「神の祝福」、黄色は「友達」「別れ」を意味するらしい。つまり黄色を愛する人に送った日にはその場で修羅場と化してしまうかもしれない(笑)

 また本数でいうと、主なものでは11本が一番有名で「一心一意」、1本が「あなただけ」、9本が「ずっと愛してます」、10本が「あなたは完璧だ」、108本が「結婚しよう」などという意味があるらしい。

 さてさて、私も昨年お見合いした彼女に花束を贈った。まあ彼女といっても実は未だに恋愛といえるような甘い関係には全然発展して無いのだが、贈らなければ自動的に続ける意志がないという意思表示になってしまうので、仕方なく?贈ることにした。

 私が買ったのは白いバラの花束で280元(約4000円)。 何故白かと言うと上記のような意味を意識したわけでなく、彼女が赤いバラが好きでないという単純な理由からである。

 で本数はというと、本数に意味があることを知ったのはつい先ほどなので、実は贈った本数を数えておらず、何本贈ってどういった意味が相手に伝わったのか、無責任な話であるが実は私自身が把握していない(**;)

 まああえて言えば、花屋がオマケでくれたピンクのバラの1本が意味を伝えてくれたような気がする。
 さてさて、贈った結果はというと、彼女の体調が優れないため早めに家に送ったが、信頼関係を継続する程度の意味はちゃんとあったような彼女の表情であった気がする。さてさて今後の進展はいかに?

原油下落で日本帰省は年明けまで待つほうがお得?

いま原油価格が急激に値下がりしてて、先週1バレル65USドルを割り込んだ。
八月に140USドルを超える価格を示していたことを考えれば、あっというまに半値以下に落ち込んだことになる。
これにともなって、各航空会社のサーチャージ算定の基礎となっているシンガポールケロシン市場も暴落し、10月末の値で1バレル82USドル台まで下がっている。
 これにより、各航空会社のサーチャージが下がることが期待される。
 たとえばJALの規定を例に取ると、日本ー中国線で現在1区間10500円、つまり往復で21000円となっている。
これが、来年1月からは8月~10月の3ヶ月間のシンガポールケロシン市場の平均額を基準に金額が決まるとなっていて この間の平均はざっと手元で計算したところ約115USドルとなる。
 従って、JALの提供する表に従えば日本-中国線で1区間6000円、往復で12000円まで値下がりすることになっていて、現行と9000円もの差が生まれる。非常に大幅な値下がりということになる。
 

 ただし、これは1月1日以降に発券されたものに適用される価格となっていて、同じ1月の搭乗便でも12月中に発券されたものであれば12月のサーチャージ基準が適用されてしまうので注意が必要だ。
 このような状況を考えると、年末に日本には帰らずに1月になってから航空券を買って、ゆっくり日本に帰るのがお得ということらしい。
 ただ、航空券本体の価格のほうは一定でなく常に変動しているので、航空会社のほうが値下がり待ちの客を嫌って、年末にとんでもない安値の航空券を出したり、年明けに航空券本体価格を上昇させたりして、年越しを挟んで思ったほどは、大幅にトータル金額が変動するような状況にはならないのではと予測している。
 そうはいっても年明けのサーチャージの値下がりは確実で、来年1月の終わりには春節休みもあり、航空券価格の大幅な値下がりに大いに期待するところではある。

原油下がれどサーチャージ上がる?

一時、140円台まで上がっていた異常とも言える原油価格だが、7月11日をピークに下落を始めている。昨日現在110円を割り込むところまで下がっている。
にもかかわらず、10月1日から航空運賃に上乗せされている燃油費(サーチャージ)はさらに値上がりするようである。
 日本-中国線で日本円で片道2000円値上がりして10500円、海外発券だと22ドルの値上がりだそうである。往復で20000円以上である。これに空港使用料や税金が加わるので毎回航空運運賃のほかに25000円以上徴収されるということになろうか?原油が値下がりしているのにサーチャージばかりが上がっていくのはなんとも納得のいかない話である。
 これはサーチャージの算出基準が5月~7月までの3ヶ月の平均燃料価格による算出となっているため、その前の3ヶ月に対して、この3ヶ月が値上がりしているという計算により10月からの燃油価格に影響が出て値上がりすようである。しかも、この価格は一般で報道されているNY市場の原油価格市場の価格ではなく、実際に取引されている燃油価格がベースになっているので、NY原油市場より値動きに若干のタイムラグがある。
 

次にサーチャージが改定されるのが、2009年の1月1日で、その基準は8月から10月までの燃油価格の平均となるが、今の値下がりペースが継続してNY市場が100円を切るような状況にならない限り、大幅な値下がりは期待できない。 そのくらい、今の燃油価格が急激に高騰しているということになろう。
 10月に改定されるサーチャージは12月末までの発券航空券への適用となるようなので、どんなに今から原油が値下がりしたとしても年末年始の帰国時まではサーチャージが下がりそうにもない。
来年の年明けには改善を期待したいが、まだまだ日本へのお土産を減らすしかないようである。