Tag Archives: SEO

過去ブログのワードプレスへの移行作業

 現在合間を見ては、引っ越し前の過去のブログを少しずつ現在のシステムへ乗せ換える作業をしている。

 何故こんな手間のかかることをしているかというと、読み返すとなかなか我がブログながら興味深いことを取り上げていて、もう少しネット上で晒せる状態にしておきたいからである。 

am900_bi071

 現在の状態だと一応ネット上に公開されている状態とは言え、それぞれHTMLの単独ページで保管している状態なので、ほぼ倉庫の中に眠っている状態とあまり変わりなく、検索エンジンではあまり引っかからない状態になってしまっている。

 これをワードプレスのデータベースに載せることにより、プラグインを使って関連記事にその記事へのリンクを自動的に表示させたり、カテゴリ分類によるリンクで、閲覧者がそのページにたどり着きやすいルートを確保することが可能になるのである。

 また直接の閲覧だけでなく、ワードプレスで扱うことにより、カテゴリやタグの活用で、検索エンジンのクローラーが回りやすくなり、SEOという点でも非常に効果が出やすい

 ウェブサイトにとってはページ数のボリュームこそが一番のパワー源であり、SEOの強力な武器となるため、同じシステムに文章を載せかえることによって、ブログ全体としてまとまったパワーを持てるのである。

 さらにワードプレスで扱うことによって、そのボリュームパワーは加速度的に上昇が可能(うまく設定すればの話だが、、、)になるので、時間をかけても載せ換えることに意味があるのである。

 とはいえ、過去ページは数えてみると1300ページ近くあり、現在ようやく半分をちょっとを超えたような段階である。

 単純にコピペだけでも良いような物だが、いちおうSEOを考えて色々タグ付けなどの作業をしながら進めているので、思いのほか時間がかかる。

 しかも過去の自分の文章をいちいち読み返しながら自分の過去の歴史などを思い出しつつ作業をしているので、なかなか進まない。
 過去10年の自分の上海生活を振り返る気分になっている。

 誤字や文体のブレなども数多く見つかり、どうにも恥ずかしいので校正も入れつつやっているので、1文章あたり結構な作業量となるのである。

 さらに日付設定を忘れて過去文章が最新の状態などに出てしまうこともしばしばで、恐らく古いネタのタイトルで引かれてクリックしてしまった方も少なくなく、開いてくれた方にちょっと申し訳ないという状況も発生している。

 まあ個人作業なのでいつまでという期限はないものの、夏までには終えたいこの作業である。

ブログを軽くした。

 日中回線の影響もあって、最近自分のブログを開くのに重いような印象だったので、幾つかのプラグインなどを使って、ブログのアクセスを軽くするような作業を実施してみた。
 まあ、やったことは他のサイトに書いてあったことを受け売りでそのまま実施しただけなのだが、結構軽くなった印象である。

 まず実施した措置は、画像の縮小
 これまで平気で2Mだの5Mだの画像をそのまま掲載してしまっていたが、画像を縮小して最大でも300K程度に抑えた。(これでも大きい気がするが・・・)
 よほど繊細な写真でない限り、これでも十分過ぎるのであり、今までいかに過剰に大きいサイズのデータを使用してしまっていたかを反省している。

 そしてCSSなどの記述が書かれるヘッダ系の整理
 まあこれは自分ではいじりきれないので、完全にプラグインによっかかって実施した処置である。
 今回「Head Cleaner」というプラグインを見つけ、他のサイトで解説されているままに設定してみた。

HEAD CLEAN

 結果、サイトを開く際の動作がかなり速くなった印象で、以前に結構イライラしていたモバイルでの接続もあまりストレスを感じなくなった。

 このサイトのアクセスデータを見ても、結構iOSやアンドロイドOSから見て頂いているようなのだが、今回の措置でモバイル端末からでも以前に比べ開きやすくなったはずである。
 ワードプレスに関するサイトを見る限り、もっと高速化できる措置も沢山ありそうだが、現時点での結果には結構満足しており、当面はこのまま様子を見ようと思ってる。

誤っているワードプレス信仰

 私もこのブログを書くのにワードプレス(WordPress)を使っているので、決してワードプレスそのものを悪く言うつもりはないし、否定するものではないと思っている。

 しかしながら、一部には「ワードプレスは素晴らしい」といった信仰心のような機能を越えた過剰評価を抱いている人も時々見かける。

 以前「2013年08月08日 知ったかぶりの上司」でもちょっと触れたが、ワードプレスと言うのはPHP言語で書かれた「CMS」(コンテンツマネージメントシステム)であり、CMSとしては大変コンパクトに機能がまとまっているシステムとなっている。

 よくSEO(サーチエンジンオピティマイゼーション)に強いと言われることがあり、実際にそういった傾向があるのは確かだが、ただ何もワードプレスそのものに魔法のような機能があるからSEOに強いわけではない。

 じゃあ何故ワードプレスはSEOに強いと言われるのかと言えば、ワードプレスでは一般的GoogleのSEO対策に必要とされる基本要件を、コンパクトに概ね漏れなく施してシステムを構築してあるからSEOに強くなるだけであり、ゼロからサイトを構築する際には見逃しがちなこれらのSEO強化要件が最初からカバーしてあるだけなのである。

 それ故に、実はワードプレスを使わなくても、きちんとSEOに必要に要件を分かっている人ならば、PHP言語でSEO対策を施したサイトは十分構築できるし、ワードプレスとほぼ同等あるいはそれ以上のコンテンツ機能・SEO能力を持ったサイトは十分構築可能なのである。
 逆に結局ワードプレスを使ったシステムではシステム規制要件が足かせになり、思うように拡張できなかったり、個別構築するより手間がかかってしまう場合も出てくる訳で、ワードプレスを使っていること自体に不便さを感じる場合も出てくる。
 
 とはいえ、個人のブログを構築する程度であれば、予め多くも仕組みが用意されているワードプレスは非常に楽であり、それほど神経質なSEOなども必要なければ十分すぎるくらいの機能であり、それ故に私もこのように利用させていただいている。

 しかし、やはりある一定程度以上のSEOを必要とするポータルサイトなどでは、ワードプレスの導入が必ずしも絶対的力を発揮するとは限らない。
 つまり規模の大きなサイトを構築する際にはサイト体系をよく勘案したうえで、ワードプレスを導入するのか、そうでない物を使うのかをよく考えないと、ワードプレス信仰心に流されたばっかりに、パッとしない仕上がりになってしまう場合もありえるのである。

 さらに言えば、ワードプレスであろうと他の自己構築サイトであろうと、WEBサイトは構築しただけで、何か素晴らしい力を生むものではないのであって、WEBサイトを通じて情報ややりとりされる中身に本当の価値があるのであり、そこを忘れてワードプレスを導入しただけで何かが変わるなどと思うのはやはり愚の骨頂だという気がする。

 こういったシステムの問題は、外国語学習などと同じような面があり「どうやって伝えるか」は二次的な問題であり、第一次的に必要なのは「何を伝えるか」だという事であり、そこを忘れて英語信仰・ワードプレス信仰に走るのはやはり誤ったツール信仰にほかならないという気がするのである。