Tag Archives: 中国南方航空

続、北京大興国際空港の開港直後の運航状況

 前回、先月9月25日に開港した北京大興国際空港の運行状況がわからないようなことを書いたが、その後さらに調べて見たところ、具体的な状況の情報が見つかった。
 
 まず9月25日に記念便的な航空便が9便ほど運行されていたようだ。

 具体的には中国南方航空(CZ)、中国東方航空(MU)、中国国際航空(CA)、中国聯合航空(NK)、北京首都航空(JD)、河北航空(NS)、厦門航空(MF)の7社が約1便ずつ運航。

また翌26日からは、前日の9月25日を以て近隣の北京南苑空港が運用停止となったため、そこを拠点としていた中国聯合航空の航空便1日80便ほどが全て移管してきたようだ。

中国聯合航空機

中国聯合航空機

 中国南苑空港は中国初の空港で、北京のみならず中国の航空史を担ってきたような存在だったが、手狭である上に滑走路も短く大型機の発着も出来なかったことから、新たに北京大興国際空港を建設するという選択をしたようだ。

 今後、北京南苑空港がどうなるかは不明だが、そもそも軍民共用空港だったことから軍用専門空港になることも予想されるが、軍事的なことは機密事項なので、今後は情報としてはほとんど出てこないと思われる。
 ちなみに、本来は北京南苑空港の休止というか北京大興国際空港の開港は9月30日とアナウンスされてきたことから、間違えて北京南苑空港を訪れてしまった人のために、北京大興国際空港までのバス便が10月1日まで運行されていたようだ。

 で、話を北京大興国際空港に戻すが、メディア情報によると10月2日から10月9日までは連休中で客数が減少することもあり1日90便程度、その後10月10日から冬ダイヤ切り替え前日の26日までが1日134便と伝えられている。

 このうち国際線として日本の福岡国際空港富士山静岡空港にも定期便が開設されているようだ。
 そして10月27日以降は国内外70都市に131便が運航されるとなっている。

 ただ中国聯合航空以外の航空会社は、やはり10月27日の冬春ダイヤ開始まで待たなくてはならないようだ。

 一応発表されている資料によれば、
中国南方航空(CZ)が発着合わせて28便で全て国内便(香港便を含む)。
中国東方航空(MU)が発着合わせ24便でうち1往復が青島経由で日本の福岡行き1往復、ハノイ行き1往復。
中国国際航空(CA)が発着合わせて18便で全て国内便。
北京首都航空(JD)が発着合わせて36便で国際線2往復を含む。
河北航空(NS)が発着合わせて32便で全て国内線。
 となっている。

 このほか外国系の航空会社ではロイヤルブルネイ航空(BI)が週4往復、英国航空(BA)が毎日1往復、ポーランド航空(LO)が週2往復、フィンランド航空(AY)が週3往復の就航が発表されている。
 つまり、27日以降は中国聯合航空130便と中国系毎日約130便(一部毎日運航ではないため)、外国系週32便(1日当たり約4.5便)を合わせ、1日約265便の就航が決定している。
 このほか吉祥航空も具体的には発表されていないが、最低でも20便程度の乗り入れが予想されることから、1日290便程度の離発着となるであろう。

 ところで日本人が気になるJAL(日本航空)ANA(全日空)の乗り入れの有無だが、恐らく両社とも乗り入れ希望は出しているかとは思われるが具体的な乗り入れ計画の発表は今のところは無いようである。

 まあ新しい空港を体験してみたい気持ちはあるだろうが、北京市内からの距離が50キロ以上と遠く(既設の北京首都国際空港は25キロ程度)、乗り継ぎ利用でなければ決して便利とは言い切れない北京大興国際空港なので日本からの直行便就航は当面はあまり増えないと見込まれる。

 今のところ見つけられた日本便は、上記の中国聯合航空と静岡便と福岡便、MUの福岡便だけである。

 まあ北京大興国際空港は開港したばかりなので、徐々に便数や利用客が増えることによって運用上の問題点が新たに見つかることは十分に予想され、それらの問題点がある程度改善されてから日系など外国系の航空会社の受け入れを開始するのではないか、そんな気がする。

新しい北京大興国際空港の実運用は10月27日から?

先月の9月25日に開港したと日本のニュースにも流れた北京の新空港「北京大興国際空港」だが、ネットで運行状況などを調べてみると、開港したというニュースは沢山出てくるのだが、それ以上の情報が全く出てこない。

北京大興国際空港

北京大興国際空港
引用元

「おや?」と思い、CTRIPなどの旅行会社の予約サイトや航空会社の予約情報をあれこれいじってみたが結果は同じだった。

何より、空港の公式サイトがまだ開設されていないようなのである。

「中国らしいドタバタだなあ」とも思ったが、従来の玄関窓口で、航空便の一部が移ったはずの北京首都国際空港のサイトすら満足に繋がらない。

さらに、乗り入れているはずの北京市軌道交通(地下鉄)の公式サイトに至っては、改造中の表示が出てしまい繋がらなかった。

北京地下鉄公式WEBサイトの表示

北京地下鉄公式WEBサイトの表示

いくら国慶節の連休であろうが、連休中の地下鉄利用者だっているだろうに、ちょっと驚きの状況であり、日本では考えらえない対応となっていた。

はてはて、どうしてこんなに情報が無いのだろうと、再び北京大興国際空港に乗り入れ予定となった航空会社の情報を探してみた。

すると、ある結論を得ることが出来た。

今回新しい北京大興国際空港には従来の北京首都国際空港から12の航空会社が引越しすることが決まっているようなのだが、そのほとんどが冬春ダイヤへの切り替え時期である10月27日からの運航開始となっているようなのだ。

具体的に細かく書くと、南方航空(CZ)は冬ダイヤから、東方航空(MU)、中国国際航空(CA)、中国聯合航空(NK)、北京首都航空(JD)、河北航空(NS)、吉祥航空(HO)、ロイヤルブルネイ航空(BI)、英国航空(BA)は10月27日から、ポーランド航空(LO)は10月28日、フィンランド航空(AY)は11月3日から、厦門航空(MF)は2020年の3月からとなっている。

つまり逆に言うと、少なくともこの冬春ダイヤへの切替時期までは北京大興国際空港は恐らく利用されないということの様なのである。

まあ上記のように、北京大興国際空港に関する情報がほとんどない状態であり、また現地に実際赴いて確認したわけではないので、10月26日までは飛行機の離発着が実際にないのかどうかは確認することが出来ない。

しかし、情報を見る限りは特別機程度の離発着はあるにせよ、やはり実稼働は10月27日からであろうというのが私の推測である。

このあたり中国の建国記念日である国慶節の10月1日に開港を間に合わせたかった国家側の事情と、ダイヤ切り替え時期が10月末に迫っている中途半端な時期に大規模な航空ダイヤの改編を行いたくなかった民間航空会社のそれぞれの事情が噛み合わなかった故の開港日と実稼働開始日のずれという気がする。
(航空ダイヤ切替は国際線もあるから中国の都合だけでは動かせない)

この空白というか、タイムラグ事情について説明している中国のニュースは見つけられなかったが、まあこの国の国民にとっては言わずもがなの状況ということなのかもしれない。

世界に向けて新しい巨大空港の開港は大々的にアピールはされはしたが、一般利用者が実際にその巨大空港を体験できるのはもう少し先だということの様である。

茨城空港から深圳便(南方航空)と台北便(Vエア)も撤退するようだ。

 日本のニュースで爆買いブームが沈静化し、円高などの影響もあって外国人旅行客の勢いが止まっているようなことが報道されているが、そういった影響なのか茨城空港においても就航済みの路線の減便のニュースが相次いでいる。

 今年6月のブログで中国国際航空(CA)が茨城空港から撤退するニュースを書いたばかりだが、今度は広東省深圳からの南方航空(CZ)も運休となるニュースが発表されていた。

 運休日は8月27日となっているが、最終運航日が8月21日となっていることから今日現在もうすでに運行を休止してしまっている状態になっている。

茨城―深圳便休止の通知

茨城―深圳便休止の通知(茨城空港サイトより

 そして台北からのVエア(ZT)も9月18日をもって休止となることが発表されている。
 もっともこのVエアのは路線の単独休止ということではなく、会社自体が整理の対象となっており、親会社のトランスアジア航空に吸収されるとのことで、いずれにしても業績が思わしくなかったということらしい。

茨城―台北便休止の通知

茨城―台北便休止の通知(茨城空港サイトより

 つまり、この半年余り中華系の航空会社で賑わった茨城空港だが、あっという間に3社3路線が撤退し、残るは春秋航空(9C)の上海線のみとなった。

 まあこの春秋航空線に関しては日本人の利用も非常に多いので当面は安泰のような気がするが、中国人の訪日観光の波が退けば、減便くらいのことは有り得るかも知れない。

 秋に韓国へのチャーター便の計画はあるようだが、新規の定期便のニュースは特になく、当面はやや静かな状況に戻りそうである。

 国内便で唯一就航しているスカイマークもご存知の通り再生計画の中で運行してる途中であり、この夏は業績が良かったようなことが報道されているが、先行きが明るく見通せている状態ではないだろう。

 故に中国からの観光客に活路を見出したと思われた茨城空港の未来もちょっと未来が見通せなくなっており、次なる一手が必要な時期となっているようである。

北九州行きの南方航空が今月末まで運休

日本に帰る計画の中で、いろいろ調べていたら東京まで格安で行けるルートの一つである、北九州経由のQuickライナーが今月一杯、使えないことが分かった。
理由は上海-北九州間の南方航空が機材のやりくりの関係で使えないということらしい。
たまにしか帰国しない私であるが、このタイミングでこの貴重な格安ルートを奪われた影響は小さくない。ここを使えば繁栄期を除いて2200元の運賃で羽田までたどり着ける。(諸税サーチャージは除く)

 そういえば、日本でスカイマーク社が、パイロットが二人退職したお陰で月間168便もの運休をしなくてはならないという記事がニュースになっていた。
 飛ばせない事情は分からなくないが、航空路線は代替の利きにくい交通手段であるにも関わらず、航空会社の都合で結構気軽に飛んだり飛ばなかったりする。飛ばないときでも航空料金が返ってくるのが精一杯なのだが、予定をしていた旅程に与える影響は多大なものがある。
 天候上の問題など安全に関わる理由で飛ばないのは仕方ないにしろ、航空会社の管理の問題で飛行機が飛ばない状態は避けていただくよう努力してもらいたいものだ。

A380ようやくSQ社に初号機引渡し、ブームは来るか?

延びに延びになっていたエアバス社の一号機がようやくシンガポール航空に引渡しされることになった。ヨーロッパの雄エアバス社が社運をかけたA380がようやく日の目を見ることになり、その実力が世界にさらされる日がやってきた。航空機ファンにとっても待望の機体である。
A380は、F・B・Eの3クラス制の仕様ならば、555人の収容能力を持つ超大型旅客機であり、そのメインデッキの床面積はジャンボ機と呼ばれるボーイング社の747-400の約1.5倍もあり、座席数も35%多くなっている。さらにこのメインデッキのほかに複数通路座席の客室が総二階建となっており、これまでの旅客機の常識を打ち破るような巨大さだ。また床下フロアには休憩所、ビジネス・センター、バーなどをはじめ乗客が楽しめるスペースをオプションとして確保することもでき、さながら空の豪華客船の様相を呈しており、より快適でより魅力的な空の旅を期待できる機体となっている。

 この1号機は今月28日からシンガポール-シドニー線で営業を開始する予定で、その実力が果たして看板通りに機能するか、その活躍を見守りたいところではある。こちら中国では中国南方航空が5機を発注しており広州-上海や広州―北京など多客が期待される路線に導入が期待され、中国に住む我々の方が日本より一足先にこの巨大機体を体験できるかもしれない。中国の経済発展においては13億の人口と広大な国土を網羅するには航空ネットワークの不可欠であるのだが、現在の中国の航空業界は過密な航空ダイヤに悩まされているといわれ、こういった大容量の航空機の登場は中国の航空業界にとっても朗報ではないかと思われる。南方航空や導入航空会社での評価が上がってくれば、中国での導入が増える可能性は大いにある。
 なお、残念ながら小型分散化を図る日本の航空業界での導入計画は発表されていないが、
A380には日本の最先端技術が多数導入されており、A380の成功は日本のハイテク業界にも間接的に成功を与える存在であるため、ジャンボ機登場のときのようなブームの到来を是非願いたい。