Tag Archives: 香港

上海ディズニーランドは中国人式経営?

 間もなく6月16日に上海ディズニーランドがオープンする。
 中国では減速気味の中国経済の起爆剤として期待されている面が強いように思われる。

 恐らく日本の東京ディズニーリゾートの成功がイメージとして強いのだと思われるが、上海にも東京と全く同じような成功がもたらされるのかと言えば、個人的には懸念の方がやや強いといった気がする。

上海ディズニーランドのMAP

上海ディズニーランドのMAP

 何故、そう感じるのかと言えば、中華圏で先行オープンした香港ディズニーランドがぱっとしない結果となっているからである。

 まあ私は香港ディズニーランドに実際に行ったわけではないので、伝聞的情報となってしまうが、香港ディズニーランドは確かにキャラクターや施設、アトラクションなどは整っているが、園内が東京ほど美しくなく来園客を惹きつけきれない状況のようである。

 東京でうまく行ったのになぜ香港ではだめなのか?

 この理由としてよく言われているのが東京と香港では経営体制が全く違う点にあるということ。

 東京ディズニーリゾートは、よく知られているようにオリエンタルランド社という日本の会社が運営しており、米ディズニーの資本は全く入っていない。
 ウィキペディアによればオリエンタルランド社の出資者は京成電鉄、三井不動産、千葉県、第一生命などとなっており、純然たる日本の会社である。
 (少数株主に外資がいるかどうかは知らないが)

 米ディズニー社とは、ライセンス契約を結んでおりロイヤリティーは払っているが運営は完全に独立しているとのこと。
 つまりそれ故に日本式のサービス精神を思う存分に発揮した経営が出来、かのように大成功に結びついたのだと言われる。

 これに対して香港ディズニーランドは、香港特別区政府と米ディズニー社の共同出資であり、米ディズニーが直接運営に乗り出しているものの、しばしば運営方針を巡って香港政府とぶつかりギクシャクした関係が報道され、黒字を出すまで7年も要している。

 まあ香港は西側とはいえ、お金にシビアな中華圏であり、日本に比べサービス精神に欠けるというか、短期的な利益にとらわれ長期的なイメージ戦略への理解が作り切れず伸び悩んだのだろうと思われ、ディズニー側となかなか噛み合わなかったのだろうと察する。

香港ディズニーランドへの案内標識

香港ディズニーランドへの案内標識

 そして上海である。

 この上海ディズニーランドはやはり上海市政府系会社と米ディズニーの共同出資であり、上海側57%、ディズニー側43%の出資比率となっている。

 つまり、上海ディズニーランドは実質上海市主導で運営されることとなり、上海式の経営が行われることを意味する。
 上海側で参加する会社は上海申迪(集団)有限公司という会社で、その資本3億元のうち錦江国際(集団)有限公司が7500万元(25%)、上海広播電影電視発展有限公司が9000万元(30%)、上海陸家嘴(集団)有限公司1.35億人民元(45%)という割合で出資している。

 それぞれ、旅行(錦江)とメディア(広播)、土地(陸家嘴)の会社であり、この3社に利益がある方向で運営されることとなるが、いずれもバリバリの上海市政府系の会社であって、とても民間と言えるような会社ではない。
(参考上海ディズニーランド,上海市57%、W.D43%出資、14/8月現在は、膨大な草ぼうぼう?

 つまりこういった政府系の会社によって運営されるのが上海ディズニーランドということになり、果たして東京のようなサービスを提供できるのか、いささか疑問である。
 この点参考になるのが、2010年に行われた上海万博や現在の上海市の行政サービス(地下鉄や博物館など)であるが、私感ではちょっと東京ディズニーリゾートに追いつくのは難しいような印象である。

 上海は、中国の他の地方に比べればはるかに高いサービス意識が浸透しているが、それでもやはり日本の水準にはまだ遠いのである。

 故に今の上海の状況で開園する上海ディズニーランドが、東京ディズニーリゾートのような質を維持し、長期的な人気を得られるのかは今の段階では確証を持って言えないということになる。

 恐らく国内からの利用客数はそれなりに数を惹きつけられるとは思うが、それは単純に人口が多いからであり、東京ディズニーリゾートのように国内のファンのリピーター客や、海外からの旅行客を惹きつけるような施設となれるとは、今のところ想像できないのが本音である。

 はてはて、10日後の開園はどうなりますことやら。 

上海ディズニーランドの入り口前噴水

どんな船出になるか?


四川生まれの日本育ち?上海で探す担担麺(タンタン麺)

 日本で担担麺(担々麺・タンタン麺)というと、中華料理の一つの代表格と捉える人が多いが、実はその認識は半分正しく、半分間違っている。
 確かに担担麺の故郷は中国四川省であり中国発祥の料理である。

ところがである。

 実は本場四川では担担麺はあまり知られていない料理であり、担担麺がメニューに載っている店は数えるほどしかないようで、日本でイメージするほどポピュラーな麺ではない状況となっている。

 しかも現地の食堂で出される担担麺は小ぶりのどんぶりに、コシのないうどんのような太麺が盛られ、ラー油、炙りゴマ、炒め挽肉など合わせてあるだけもので、いわば日本のぶっかけうどんような状態で提供されており、日本のような辛いスープに浸された熱々の麺とは似ても似つかないもののようなのである

 このように現地の担担麺はかなり素っ気ない食事であり、日本で言うところの立ち食いのざるそばレベルでしかなく、味わいを楽しむの食事ではないものとなっている。

 元々の担担麺の名前の由来も、1841年ごろ四川省自貢市の麺の売り子が日本の夜鳴きそばのように天秤を担いで売り歩いたことから名付けられ、つまり簡易な麺食が元祖だったことがわかる。
 当時スープを多量に持ち歩くのは難しいことから、「スープ無し」のスタイルとなりこれが現地の担担麺の原型となっている。

 では今日本で認識されているスープ入りの担担麺とは何者か?

 実はこのスープ有りの担担麺の由来には二説ある。

 一つは香港を経て日本で生まれたという説で、もう一つは日本で直接生まれたというもの。

 いずれの説でも現在の日本の「スープあり担担麺」の発案したのは、日本に四川料理を伝承した第一人者、陳建民氏ということになっている。

 陳氏は当初は日本でも本場の四川式「スープなし担担麺」を作っていたようだが、当時の日本人にとっては本場のラー油の辛さは強烈過ぎたようで、受けが悪かった。
 そこで陳氏はラーメン風にスープ麺として担担麺を改良し売り出すことにしたのだが、これが現在の日本式担担麺の元祖となったとのこと。

 このスープ担担麺は瞬く間に人気となって広がり、日本で担担麺と言えばスープ有り麺を指すイメージが定着し、日本における中華四川料理の代表格的存在に扱われるまでになったのである。

 これがスープ担担麺の日本発祥説とされているものである。

 ところが、世界の料理事情をよくよく調べてみると担担麺の名店と言われているお店が実は香港にもあり、これがやはりスープ有りの担担麺を提供している。

 詠藜園という四川料理お店がそれで、日本のガイドブックにも載っている有名なお店でもあり、私もかつて一度食べに行ったが、非常に辛い味の中に見つけた深い旨みに感動した記憶が残っている。

香港詠藜園の担担麺

香港詠藜園の担担麺
引用元

 このお店が開店したのが1940年代とされているのだが、実は陳建民氏が日本にお店を開いたのが1950年代であり、詳細は把握できなかったが陳氏は日本に来る前に香港のレストランで修行をしたことがあるようで、ここから陳氏が日本式担担麺を後に生み出すに当たり、この香港の詠藜園の担担麺を参考にした可能性は捨てきれない状況となっているのである。

 但し、香港の担担麺は花生醤というピーナツ調味料をふんだんに使用した味わいに対し、日本の担担麺は芝麻醤というゴマを使った調味料を入れた担担麺が主流なので、風味がかなり異なる。

 また香港の詠藜園がいつからスープ担担麺を提供したのかという正確な記録も無く、陳氏が香港にいた頃に現在の香港担担麺はまだ生まれていなかった可能性もある。
 そうなるとやはり陳氏の担担麺がスープ担担麺のオリジナルであるということになり、ひょっとするとそれが逆に香港へ持ち込まれ、香港担担麺を生んだ可能性もある。

 或いはスープ担担麺は四川を遠く離れた日本と香港でそれぞれ別に生まれて発展してきたということなのかもしれない。

 いずれにしても、本場ではほとんど見られない形態のスープ担担麺が各地で担担麺として食べられていることになり、それを中華料理「担担麺」だと思い込み我々は食べていることになるようである。

 さて、さてそんな担担麺の歴史を知った上で、上海で担担麺と呼ばれる料理がどのように提供されているのかを調べてみた。
 まず、向かったのか四川料理の「蜀巷」というお店。
 (店名は三国志の魏呉蜀の蜀の街角という意味になろうか)

 チェーン店らしく、市内にいくつか店舗があるようだが比較的リーズナブルかつ本格的な四川料理のお店で、今回は地下鉄2・12・13号線南京西路駅近くの818広場というビルの支店で挑戦し、出てきたのが写真の担担麺である。(大椀18元)

蜀巷の担担麺

蜀巷の担担麺

 この担担麺さすが本格四川料理らしく、現地スタイル通りスープがないが、その代わり花生が山盛りに乗せられ、豊かな香りを放っている。

 で、早速食べ始めた。

 見た目上でスープはないがお椀の底にタレが沈んでいるはずだから良くかき混ぜて食べるのが正しい食べ方である。

 で、食べ始めの頃はタレが麺にあまり絡んでいないのですいすい食べられたのだが、次第にタレの味が濃くなり、辛みはそれほどでもないが、麻痺の麻の要素が強く、山椒が効いて口の中が痺れてくる

 味としてうまいと言えばそれなりにうまいと言えなくはないが、この痺れ具合は日本人にはちょっと厳しいレベルである。
 私もどんどん食べ進むうちにかなりつらい状態まで痺れるほどになった。

 なんとか完食はしたが、残念ながら暫くは挑戦を止めておこうと思うほど辛い挑戦となってしまったこの本格担担麺である。

 そして懲りずに次の日に挑戦したのが、香港系の担担麺

 こちらもやはり南京西路の、今度は伊勢丹の地下のフードコートの一角にあるお店で、翡翠拉麺小龍包と名がついているお店である。

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

 ネットの情報によると、この翡翠拉麺小龍包の経営は一部フランス系の資本が入っている広東料理系のレストラン経営の会社で、広東省周辺では大きなレストランも経営しており日本にも投資しているようだが、ここではフードコートの一角の店舗である。

 注文したのは担担湯拉麺というメニュー名で、28元だった。

香港系の担担湯拉麺

香港系の担担湯拉麺

 ここの担担麺は花生醤(ピーナッツ味噌)のスープであり、実にまろやかな風味である。
 辛味と酸味がほどよく絡み、そこへ花生醤が入り込んで香港系の味ではあるが実に日本人好みといえる。

 正直言って、上海で食べた麺類の中でもっとおしいしかった部類に入り、嬉しさのあまりスープを飲み干しての完食となった。

 ただまあ所詮フードコートで食べる環境なので周囲は落ち着きがなく、誰かを誘ってゆったり食事という雰囲気ではないが、この麵は味はピカイチであり、是非お勧めしたい一食である。

 そして次は日本系の担担麺を、、、
 と考えているのだが、残念ながら今のところ上海では見つけられておらず、見つけ次第報告したいと考えている。

中国人はラグビーにあまり興味がないらしい

 つい先程、ラグビーのW杯の日本対サモア戦が終わり、日本代表が26対5と圧勝し、ついに日本のW杯史上歴史に残る2勝目を上げた。

 ラグビーのW杯で日本は過去24年の歴史では1勝しか上げておらず、長らく全敗で敗退していた時代が続いていたため、初戦の南アフリカ戦に続く勝利で歴史的な結果となったことになる。

 昔から大学ラグビーをテレビで見るのは好きだったが、世界で全く勝てない状況が続いていたので、先日の奇跡の勝利と言われた第一戦も、実は事前には全然チェックしていなかった。

 それ故に先日の南アフリカに対する大金星の試合も全く見ておらず、先日になってようやくYOUTUBEで試合の最後のシーンを見るに至って、遅ればせながら歴史的瞬間を見届け胸を熱くしたような状況だった。
 最後の15分間の攻防の、何度も攻めて防がれても、それでも前に進む姿は多くの方と同様にやはり胸を熱くさせられた。

 ところで、私がかのシーンを最近まで見損ねていたのにはもう一つ理由があった。

 実は中国ではラグビーのW杯の中継がほとんど行われていないのである。

 欧州サッカーの中継は熱心に放送する中国のテレビ局だが、ラグビーはほとんど人気がないためかネット上のサブチャンネル的な枠で何試合かの中継があるだけで、今回の日本対サモア戦のような試合は見つけられ無かったのである。

 寧ろ武漢で行われているテニスの試合のほうが比重が高いくらいで、ラグビーの認知度はかなり低い状態である。

 気になって中国の大手検索エンジンの百度で調べてみると、英語の「RUGBY」で検索すると「RUGBYって何?」って検索結果がずらっと並んだ。(苦笑)

 うーんそれだけ中国人にとってはRUGBYへの馴染みが低いようである。

 さらにラグビーの中国訳である英式橄欖球で調べると、確かにラグビーを説明した内容のページもヒットするが、同時にアメリカンフットボールを示す美式橄欖球も結構出てきてしまい、ラグビーの情報が中国語圏のサイトでは非常に情報が薄い状況であることがわかった。

 また音での当て字で拉格比足球という表記もあるが、これとて調べてみても知識として解説が記してあるだけで、とても中国でラグビーが認知されているような状況は見られないのである。

 慌てて中国代表の世界ランキングを調べてみると、67位と遥かに低い状態で、バミューダとかケイマン諸島とか、位置がどこにあるか分からないような小国より下なのである。(日本は13位)

 まあランキングに掲載されているので競技人口が一応いるということではあろうが、旧イギリスの租借地だった24位の香港よりもはるかに低く、その影響を受けた人がちょっといるだけと言ったレベルなのではないだろうか?

 ことほど、中国でラグビーはマイナースポーツなのである。

 さてそんなに中国という国はラグビーに向かないのだろうか? 

 一見すると中国は人口が多いし、体格も大きなラグビー向きな人も多いような印象も受けるが、「一人はみんなのために、みんなは一人のため」の言葉に代表されるようにサッカー以上に連携が求められるラグビーはやはり中国人たちに向かないのかもしれない。
 確かにチームワークや自己犠牲を伴う行動と言うのは中国人にとって一番苦手な分野であり、ラグビーが人気スポーツとならない理由なのかもしれないというのはこちらに長く住むとよく分かる。

 故に、上海に居続ける私は今回のサモア戦は仕方なくW杯の公式サイトのラジオ中継(英語)のようなものを聴き、映像無しで応援していたのである。
 中国にラグビーが流行る時代は来るのだろうか?