Tag Archives: 南京西路駅

四川生まれの日本育ち?上海で探す担担麺(タンタン麺)

 日本で担担麺(担々麺・タンタン麺)というと、中華料理の一つの代表格と捉える人が多いが、実はその認識は半分正しく、半分間違っている。
 確かに担担麺の故郷は中国四川省であり中国発祥の料理である。

ところがである。

 実は本場四川では担担麺はあまり知られていない料理であり、担担麺がメニューに載っている店は数えるほどしかないようで、日本でイメージするほどポピュラーな麺ではない状況となっている。

 しかも現地の食堂で出される担担麺は小ぶりのどんぶりに、コシのないうどんのような太麺が盛られ、ラー油、炙りゴマ、炒め挽肉など合わせてあるだけもので、いわば日本のぶっかけうどんような状態で提供されており、日本のような辛いスープに浸された熱々の麺とは似ても似つかないもののようなのである

 このように現地の担担麺はかなり素っ気ない食事であり、日本で言うところの立ち食いのざるそばレベルでしかなく、味わいを楽しむの食事ではないものとなっている。

 元々の担担麺の名前の由来も、1841年ごろ四川省自貢市の麺の売り子が日本の夜鳴きそばのように天秤を担いで売り歩いたことから名付けられ、つまり簡易な麺食が元祖だったことがわかる。
 当時スープを多量に持ち歩くのは難しいことから、「スープ無し」のスタイルとなりこれが現地の担担麺の原型となっている。

 では今日本で認識されているスープ入りの担担麺とは何者か?

 実はこのスープ有りの担担麺の由来には二説ある。

 一つは香港を経て日本で生まれたという説で、もう一つは日本で直接生まれたというもの。

 いずれの説でも現在の日本の「スープあり担担麺」の発案したのは、日本に四川料理を伝承した第一人者、陳建民氏ということになっている。

 陳氏は当初は日本でも本場の四川式「スープなし担担麺」を作っていたようだが、当時の日本人にとっては本場のラー油の辛さは強烈過ぎたようで、受けが悪かった。
 そこで陳氏はラーメン風にスープ麺として担担麺を改良し売り出すことにしたのだが、これが現在の日本式担担麺の元祖となったとのこと。

 このスープ担担麺は瞬く間に人気となって広がり、日本で担担麺と言えばスープ有り麺を指すイメージが定着し、日本における中華四川料理の代表格的存在に扱われるまでになったのである。

 これがスープ担担麺の日本発祥説とされているものである。

 ところが、世界の料理事情をよくよく調べてみると担担麺の名店と言われているお店が実は香港にもあり、これがやはりスープ有りの担担麺を提供している。

 詠藜園という四川料理お店がそれで、日本のガイドブックにも載っている有名なお店でもあり、私もかつて一度食べに行ったが、非常に辛い味の中に見つけた深い旨みに感動した記憶が残っている。

香港詠藜園の担担麺

香港詠藜園の担担麺
引用元

 このお店が開店したのが1940年代とされているのだが、実は陳建民氏が日本にお店を開いたのが1950年代であり、詳細は把握できなかったが陳氏は日本に来る前に香港のレストランで修行をしたことがあるようで、ここから陳氏が日本式担担麺を後に生み出すに当たり、この香港の詠藜園の担担麺を参考にした可能性は捨てきれない状況となっているのである。

 但し、香港の担担麺は花生醤というピーナツ調味料をふんだんに使用した味わいに対し、日本の担担麺は芝麻醤というゴマを使った調味料を入れた担担麺が主流なので、風味がかなり異なる。

 また香港の詠藜園がいつからスープ担担麺を提供したのかという正確な記録も無く、陳氏が香港にいた頃に現在の香港担担麺はまだ生まれていなかった可能性もある。
 そうなるとやはり陳氏の担担麺がスープ担担麺のオリジナルであるということになり、ひょっとするとそれが逆に香港へ持ち込まれ、香港担担麺を生んだ可能性もある。

 或いはスープ担担麺は四川を遠く離れた日本と香港でそれぞれ別に生まれて発展してきたということなのかもしれない。

 いずれにしても、本場ではほとんど見られない形態のスープ担担麺が各地で担担麺として食べられていることになり、それを中華料理「担担麺」だと思い込み我々は食べていることになるようである。

 さて、さてそんな担担麺の歴史を知った上で、上海で担担麺と呼ばれる料理がどのように提供されているのかを調べてみた。
 まず、向かったのか四川料理の「蜀巷」というお店。
 (店名は三国志の魏呉蜀の蜀の街角という意味になろうか)

 チェーン店らしく、市内にいくつか店舗があるようだが比較的リーズナブルかつ本格的な四川料理のお店で、今回は地下鉄2・12・13号線南京西路駅近くの818広場というビルの支店で挑戦し、出てきたのが写真の担担麺である。(大椀18元)

蜀巷の担担麺

蜀巷の担担麺

 この担担麺さすが本格四川料理らしく、現地スタイル通りスープがないが、その代わり花生が山盛りに乗せられ、豊かな香りを放っている。

 で、早速食べ始めた。

 見た目上でスープはないがお椀の底にタレが沈んでいるはずだから良くかき混ぜて食べるのが正しい食べ方である。

 で、食べ始めの頃はタレが麺にあまり絡んでいないのですいすい食べられたのだが、次第にタレの味が濃くなり、辛みはそれほどでもないが、麻痺の麻の要素が強く、山椒が効いて口の中が痺れてくる

 味としてうまいと言えばそれなりにうまいと言えなくはないが、この痺れ具合は日本人にはちょっと厳しいレベルである。
 私もどんどん食べ進むうちにかなりつらい状態まで痺れるほどになった。

 なんとか完食はしたが、残念ながら暫くは挑戦を止めておこうと思うほど辛い挑戦となってしまったこの本格担担麺である。

 そして懲りずに次の日に挑戦したのが、香港系の担担麺

 こちらもやはり南京西路の、今度は伊勢丹の地下のフードコートの一角にあるお店で、翡翠拉麺小龍包と名がついているお店である。

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

 ネットの情報によると、この翡翠拉麺小龍包の経営は一部フランス系の資本が入っている広東料理系のレストラン経営の会社で、広東省周辺では大きなレストランも経営しており日本にも投資しているようだが、ここではフードコートの一角の店舗である。

 注文したのは担担湯拉麺というメニュー名で、28元だった。

香港系の担担湯拉麺

香港系の担担湯拉麺

 ここの担担麺は花生醤(ピーナッツ味噌)のスープであり、実にまろやかな風味である。
 辛味と酸味がほどよく絡み、そこへ花生醤が入り込んで香港系の味ではあるが実に日本人好みといえる。

 正直言って、上海で食べた麺類の中でもっとおしいしかった部類に入り、嬉しさのあまりスープを飲み干しての完食となった。

 ただまあ所詮フードコートで食べる環境なので周囲は落ち着きがなく、誰かを誘ってゆったり食事という雰囲気ではないが、この麵は味はピカイチであり、是非お勧めしたい一食である。

 そして次は日本系の担担麺を、、、
 と考えているのだが、残念ながら今のところ上海では見つけられておらず、見つけ次第報告したいと考えている。

呉江路のトンカツのとん太郎

知り合いが関わっているお店が呉江路に出来たと聞いたので伺ってきた。

場所は地下鉄2号線の南京西路駅4番出口を出たそばの、呉江路と茂名路の角にある飲食店が沢山入っているビルの1階である。

とん太郎の入り口

とん太郎の入り口

やや端っこなので見つけづらいかも知れないが、シンボルの豚の絵が目立つので見逃すことはないかなという印象である。

で、店内に入ってみるとトンカツ店の言葉のイメージにそぐわないかと思える程の、清潔で明るい空間になっており、絵や写真が飾られて女性が入りやすい雰囲気になっている。

とん太郎の店内

とん太郎の店内

実際、私が店内に入った時は女性ばかりのグループが沢山いて、女性たちを惹きつけていたようである。
さらにカウンターもあって1人で来てもいづらくなることもない。

とん太郎のカウンター

とん太郎のカウンター

また、食べ終わった女性客たちは恐らく日系企業かどこかに務める中国人のOLらしく、帰り際に「美味しかった」と口々に日本語で店員に声をかけて帰って行ったのであり、女性の口に合う味だったようだ。

もちろん、これはやらせなどではなく、その場で聞いていた当の私の知り合いはとても喜んでいた。

さて、私も早速頼んでみることにする。

私の頼んだのは特選ロースかつ定食で、通常68元だが当面はオープン特価ということで20%オフで提供するのだと言っていた。

「特選」でなければもう少し安いが、特選の肉厚に惹かれ特選を注文したのである。

で出てきたのが写真の定食である。

特選ロースかつ定食

特選ロースかつ定食

ご飯とみそ汁とキャベツ山盛りのロースカツの皿と、小さな冷奴、漬物二品、それとソースが二種類出てきた。

ソースは通常のソースと辛みがあるソースと言っていたが、辛みの有るという方もそれほど辛くなく、どちらかというと酸味が利いてスパイシーなソースとなっている。

また普通のソースも、反ジェル状のドロドロしたタイプではなく液状のさっぱりした印象のソースとなっていて、一般のソースに比べやや薄目の印象があるが、肉の本当の旨味を消さずに食べるにはこのくらいがちょうど良いのかも知れない。

そして肝心の肉だが、巷で見かけるペラペラのカツとは違い、非常に贅沢に分厚く切られており、これぞイメージ通りの本物のトンカツと言った感じである。

分厚いロースカツ

分厚いロースカツ

実際ソースをつけて口に入れた時のボリューム感にはとても満足いくものがあった。

味噌汁もしっかりした味で、夏場に食材管理の問題でインスタント味噌汁を多用して過ごしてきた私にとってはとてもおいしく感じられた。

まあ通常価格の68元ではランチとしてはやや高いと印象もあるが、市内にある別のトンカツ専門店では確か70元以下では食べられなかった記憶なので、品質の差がどの程度あるかはよくわからないが、コストパフォーマンスとしては非常に悪くないという気がする。

もちろん、ご飯、味噌汁、キャベツはおかわり自由になっており、少なくとも日本人が不満を持つような内容にはなっていないと思う。

ロースカツの断面

ロースカツの断面

また中国人たちにも評判は悪くないようで、開店5日目に関わらず既に中国版の食べログのような「大衆点評」にも「豚太郎」の名で店が掲載されていて、高評価を受けていた。

もちろんヤラセでは無いようで掲載されていた店の関係者の方が発見して驚いているような状態だったのであり、私の知り合いはそういった小賢しいことが逆に嫌いな人なので、ネットの評価は純粋な評価として受け取っていいように感じる。

是非今後もお店に頑張って欲しいし、他の人にも食べに行ってもらいたくこのように宣伝させていただく。

【お店データ】
店名:とん太郎
場所:茂名北路328号湟普匯1楼(呉江路そば)
電話:021-6191-4321
食べたメニュー
特選ロースかつ定食68元が20%オフで54元だった。
開店時間 11時半から21時(20時ラストオーダー)

上海で北京ジャージャン麺を探す

先日、テレビドラマを見ていた時に北京ジャージャン麺(炸醬麺)を食べるシーンを見て、その時からどうしても老北京炸醬麺が食べたくなっていた。

 流石に老北京炸醬麺だけを食べに北京に行くわけにもいかないから、上海でどうにかあれを食べられない物かと幾つか情報を検索し調べてみたところ、それらしきものを食べられる店の情報を幾つか見つけたので、今日はまずその第一弾として時間を調整して食べに行ってきた。

 今回訪れたのは「鍋品面吧」という中国各地の麺料理を主にしたチェーン店であった。

 まあ北京料理の専門店ではないのだが、とりあえずこのお店が駅から近そうで、炎天下の中で店を探し回る必要が無さそうであったのでこのお店をチョイスしてみたのである。(笑)

鍋品面吧

鍋品面吧

 場所は地下鉄2号線の南京西路駅上の呉江路の路上の一角にあり、座席数が30席前後の割りとこじんまりとしたお店である。

 さて、カウンターで注文する形式を取っているこのお店だが、この店で目的のメニュー名を見ると「老北京肉醬麺」となっており、「炸」の文字が無いことから恐らく油で炒めていない餡を使用しているということのようだった。

 まあ腹を空かせてやってきたので「炸」が良いかどうかは食べてから判断するが、値段は18元と非常にお手頃なのが有り難かった。

 で、待つこと数分で運ばれてきたのが写真の料理である。

炸醬麺

 胡瓜とニンジンで彩られた見た目は上品で、まずは合格という感じである。

 さてさて早速食べてみると、油を使っていない分だけ非常にさっぱりしており、麺もまあまいける美味しさのような気がした。

 胡瓜の千切りの食感もよく、とてもヘルシーな印象である。

 餡に関しては最初はやや薄味のような印象で物足りなかったのだが、添え付けの酸豆角(インゲンの塩漬け)を載せて食べると、結構ほど良い味わいになった。

 ボリュームとしてはやや少なめで、女性はこれでいいが男性には物足りない量かもしれないがスープをきちんと頂けば、不足と言うこともない気がする。

 で、食べ終わったあとの感想はと言えば、まあこれはこれで無難でアリと言う気はするものの、ドラマで見た庶民的な雰囲気の北京炸醬麺に比べると少々上品過ぎる印象は否めない。

 今後もこの店に来て食べることはあるかも知れないが、北京炸醬麺を目指すという事であれば、もっと本格的なお店を捜してみたいというのが正直なところで、上海でもっと本格的な「老北京炸醬麺」を探す旅はまだまだ続きそうである。

【お店データ】

鍋品面吧 呉江路店
呉江路22号
021-62179825
注文した料理 老北京肉醬麺 18元

今日のランチ「ぱりぱり餃子定食」 まこと屋さん

久しぶりに南京西路付近での昼食となったので、先日知り合いに聞いた日本ラーメン屋に行くことにした。
お店の名前は「まこと屋」さん。南京西路駅の4番出口の上にあるビルの2階にある。
 ビルのフロアの片隅にあるが、大きな提灯が目立っており見逃すことはなさそうだ。

まこと屋さんの壁

まこと屋さんの壁

店内の服務員を見ていると、ここが日系のラーメン屋であることがよくわかる。誠実誠意の文字が書かれた制服を着ているだけではなく、
注文をとる姿勢が、日本の居酒屋のように腰を落としてかがんだ位置からお客さんと相対し、お客さんを見下ろさない姿勢をとっている。
 このことが良いかどうかの議論はあるが、中国人式サービスの店では絶対ありえないことなので、このお店が日本式サービスを徹底したお店であることがよく分かる。
壁にもラーメンに対するこだわりが書き込まれており、お店のパンフレットにもそのとおり「日本そのままのラーメン」ということが謳われている。

 さて肝心の食事であるが、ラーメンと餃子のついている「ぱりぱり餃子定食」 を注文した。通常は36元だが、曜日代わりで安くなるらしくこの日は32元であった。

ぱりぱり餃子定食

ぱりぱり餃子定食

 このお店のラーメンは牛骨白湯スープが特徴で、非常にあっさりしている。

ただしっかりした味は出ているが、普段から濃厚スープ好きの私としては、少々この軽さが物足りなく感じる。スープに重さもなく濁りも少ない。じゃあ深みがあるかといえばそれほどでもないような気がする。

 もうこれは完全に好みの世界であるかと思うが、私の印象では淡白すぎるのかなという感じだ。まあ美味しいかどうかと聞かれれば美味しいと答えるかもしれないが、やはり惹きつける魅力というものに少々かける。

 人を惹きつける魅了というのは人間も同じだが、どこかクセのような引っ掛かりが必要なのだ。その点、この店のスープは印象に残らない普通の美しい女性といった感じで、なんか気になるといった特徴に欠けている。それ故にラーメン好きの日本人はやはり私と同じような印象を持ってしまうのではないかと危惧する味だ。

まこと屋さんの壁

まこと屋さんの壁

ただ、この味は実は味千ラーメンのそれに似ている。

 ご存知の通り、味千ラーメンは日本人からあまり評価されないにも関らずあのように大ヒットしており、中国人の中には広く受け入れられている、それを考えるとこのお店の味も、「日本そのまま」といいながら日本人より中国人の方にフィットしてしまう可能性は大いにある。
 なお餃子は、パリパリの名前にはちょっと疑問がある普通の焼き餃子が出てきたが、小粒でそれなり美味しい餃子であった。まあこれも味的には十分合格点ではあるが特徴不足といえば特徴不足でラーメンのパンチ不足を補えるほどのものではない。
 現在、立地のよさもあり、それなりのお客さんは入っているようだが、今後「第二の味千ラーメン」になれるかどうかは推移を見守りたいところである。

呉江路にも再開発の波が来てしまった。

呉江路といえば地下鉄2号線の南京西路駅そばの石門一路から青海路付近までの狭い路地空間で、小吃の屋台などが並ぶ有名な小吃街であったが、このかなり中国的とでもいうべき特徴的な空間にもとうとう再開発の波が押し寄せてきてしまった。
昨日私が訪れたときには既に、通りの両側のお店のうち、半分くらいは閉鎖されていて、既に窓やドアがコンクリートで塗り固められており封鎖された状態だった。
 

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店したお店

呉江路の閉店した香港料理の店

呉江路の閉店した香港料理の店

残っている店は元気に営業を続けているようだったが、これらの店もいずれ近いうちに閉鎖されてしまうのは誰の目にも明らかだった。そういう状況を知って名残惜しいのか、もともとなのかわからないが、煎餃のお店には今日も行列ができていた。

人もまばらな呉江路

人もまばらな呉江路

まだ行列がある呉江路の店

まだ行列がある呉江路の店

 あるお店には写真のように張り紙がしてあった。

呉江路の店の張り紙

呉江路の店の張り紙

 まあ経済論理から言えば、これだけの都心の一等地を古い町並みのまま残しておくのは難しいのかもしれないが、こんな貴重な空間をつぶした後にできる空間が、どれだけ魅力的なものになれるのだろうかを考えると、非常に想像が難しい。

窓が封鎖された南京西路側の店

窓が封鎖された南京西路側の店

 南京西路側に回ってみると、こちらも窓が封鎖された店が何店舗もあって、この区画ごと手を入れられるということが分かる。
もう走り出してしまった再開発計画は止めることができないが、せめて再構築される街が昔の人にも愛されるような中国的な空間であることを祈りたい。

賑やかだった頃の呉江路

賑やかだった頃の呉江路

※上の写真は昨年の8月25日に撮影したもの