Tag Archives: 東京ディズニーランド

上海ディズニーランドは盛り上がっていない??

 先週の事になってしまうが、19日の日曜昼にふらっと再び上海ディズニーランドのそばまで行ってみた。

 6月16日に開園した直後の日曜日であり、日本のメディアが来場客のマナーの悪さなどを盛んに報じていたため、いかに凄いことになっているかを、野次馬根性でちょっと見に行ったのである。

 まあチケットなどは手に入れにくいような話ではあったし、入る気も無かったのだが、それでも私同様に野次馬根性で会場近くまで行く人がいるだろうと予想しての訪問だった。

 ところがである。

 ディズニー駅(迪士尼駅)に着いては見たものの、どうも賑わいに欠けるのである。

 駅には新たにファミリーマートなどが出来ていたが、それほど混んでいるわけではなく、オフィス街の店舗の方がよほど混んでいるだろうと思われる程に、まあ特別の賑わいはなく、普通の状態だった。

上海ディズニー駅のファミリーマート

上海ディズニー駅のファミリーマート

 さらに、駅を出て上海ディズニーランドへ向かうルートを徒歩で進んでいっても、本当にオープンしているのかと疑うほどに賑わいに欠けた状態だった。

 また、歩道の飾り付けなんかも、どうもシンプルすぎるというか演出感に乏しい。

上海ディズニーランドへの歩道

上海ディズニーランドへの歩道


 
 本当に世界に名だたる上海ディズニーランドがオープンした直後なのかと思えるほどに寂しく、何というかワクワク感に欠けるのである。

 そして、実際ディズニーランドのゲート前まで行っても、日曜の昼だというのにそれほど賑わってはいなかった。

上海ディズニーランドゲート前の広場

上海ディズニーランドゲート前の広場

 閑散と言っては言いすぎかも知れないが、想像していたレベルに比べればはるかに閑散としている印象である。

 もちろん昼間の時間帯であったので入場券を持っている方は、既に内部に入っているとも言えるのだが、それにしても寂しい。

 本来はゲートの入り口付近まで来れば、入場したい誘惑に駆られたりワクワク感が盛り上がるものだと思うのだが、どうもそういった印象を受けなかったのである。

上海ディズニーランド前の広場

上海ディズニーランド前の広場

 どうしてこんなにワクワク感に欠けるのだろうかと私なりに理由を考えてみた。

 その一つとして考えられるのは、施設を外側からの視線から遮断しすぎるのでは無いかということ。

以前「地下鉄は街を発展させるとは限らない」でも書いたが、視覚的な情報を与えるということは非常に大事なことであり、見えないということは遮断を意味する。

 こういう考えに立てば、上海ディズニーランドが演出感に欠けるのは外部から視覚的に遮断されていることが盛り上がらない原因なのではないかという気がするのである。

 実はディズニー駅は地下駅であり、地下鉄11号線は到着直前に地下に潜ってしまうので、列車で来た旅客はテーマパークの施設を全く目にすることなく駅に着く

 手前の沿線風景も開発中の工業地帯といった印象で、ちょっとリゾート気分には浸れず、ワクワク感に欠けたまま唐突に駅に付くのである。

さらにテーマパーク自体も敷地がフラットなために、園に近づいてもシンデレラ城程度しか見えず、途中の歩道の装飾も寂しいため「近づいた感」が無く、なかなか気分が盛り上がらないのである。

 この点、東京ディズニーランドの場合はまず最寄りの舞浜駅に到着する京葉線は高架線を走るので駅に到着する手前から既に東京ディズニーランドの姿がチラチラと見える。

 それだけでなく京葉線は手前の葛西臨海公園の森や大観覧車、荒川や江戸川の鉄橋を渡る際に海が見えるなど、車窓からは自然豊かな風景が広がり、都会と隔絶されたリゾート気分の演出が舞浜駅に到着する前から始まっている。

 しかも舞浜駅に到着すると発車ベルがディズニー曲だったりと、列車を降りた時点からワクワク感を煽る工夫がなされている。

 さらに駅前にはディズニーゲートや装飾された歩道橋、ディズニーリゾートラインというモノレールの姿など関連施設やホテルが沢山見えるので、否が応でもディズニーランドに近づいた気分が盛り上がる状態なのである。

東京ディズニーリゾートライン

東京ディズニーリゾートライン

 これらは正確に言えば東京ディズニーランド本体ではないが、降り立った乗客は降りた時点で既にディズニーランドに着いた気分になるだろう。

 もちろん京葉線で通過するだけの乗客も、車窓から東京ディズニーリゾートがよく見える状態にあり、当日の来場客のみならず通過乗客にも強いアピールがあり、時間に余裕があれば駅で降りてみたくなる衝動に駆られる乗客もいるに違いない。

 こういった東京ディズニーランド周辺の姿を知っている自分としては、上海ディズニーランドの状況は遥かに演出不足で、駅舎こそ立派にデザインがなされているが、どうも演出に欠けて何だか心が盛り上がっていかないのである。

 どうしてこんなに演出の差が生まれるのかと突き詰めていえば、先日ブログ「上海ディズニーランドは中国人式経営?」で書いたとおり、サービス大国日本の民間企業がやることと中国の国営企業のサービス力の差という事になろうか?

 今後の先行きがちょっと不安になる上海デイズニーランドの現状である。

上海ディズニーランドはやはりトイレ不足?

 上海ディズニーランドの正式オープンが近づくにつれ、プレオープンで入場した観客のマナーの悪さに関する多くの醜聞が伝わっている。

 その中でも深刻なのがトイレに関するもの

 大人子供問わず、建物の陰でついつい用足しをしている姿が見かけられたと伝わっている。

 折角の夢の楽園も中国人のマナーの悪さにかかっては台無しということのようだが、まあこの状況について、中国人来園客ばかりを責めるのはどうも間違っている気がする。

 何故なら中国の公共施設はもともとトイレの設置数が圧倒的に不足しており、需要に見合った数が設置されていないからであり、それ故の仕方ない行動のように思えるからである。

 地下鉄の駅を例にとればわかりやすいが、乗換駅のようなトイレでも1か所しかトイレが設置されていない箇所は少なくなく、しかもそれぞれ2~3個しか用意されていないので非常に規模が小さい。

 今回の上海ディズニーランドのトイレだが、残念ながらテーマパークの内部のトイレ数については、内部のMAPを手に入れていないの正確な状況は把握できていない。
 ただ、すぐとなりの生態園といわれる公園地帯へのトイレ設置状況からおおよそのトイレに関する設置規模が推定できる。

上海ディズニーランドのMAP

上海ディズニーランドのMAP

 数えてみたところこの生態園にはトイレが5か所しか設置されていないようである。

 面積的には40~50haある公園であり、10haに一か所という割合となり、どうも少ないように感じる。
 しかもエリア的に疎になっている部分もあるので、トイレに駆け込むまで300m以上距離が有るエリアも沢山あるのである。

 300mあると大人の足で3~4分、小さな子供だと10分近くかかり、つまりこの状況だとトイレを諦めてその辺で、、、となってしまうのは仕方ないことのように思える。

 このあたり日本の公園はどうなっているのかということが知りたくなり、昔行ったことの有る埼玉県の「国営武蔵丘陵森林公園」のMAPを調べてみた。

newmap1s

国営武蔵丘陵森林公園の園内マップ

 すると、ほぼ200mおきにトイレが設置されており、つまり100m以内にトイレがある状況で、これなら大人なら1分、小さな子供が自力で歩いても2~3分でトイレにたどり着ける。

 つまりこの公園では上海の半分以下の時間でトイレに行けるわけで、この差は随分と大きいといえる。

 故に、上海の醜聞は来園客のマナーの悪さも無いとは言えないが、圧倒的に環境が整っていないことも一因といえ、間に合わないと判断した親がその辺りで用を足させるのが習慣となってしまっている可能性も高いのである。

 ちなみに東京ディズニーランドは上記の生態園とほぼ同規模の50haであるが、トイレは18個所設置されていて3倍以上であり、およそ100mも歩けばトイレを見つけられる状況のようである。

 東京ディズニーランドトイレマップ

 上海ディズニーランド内にどの程度のトイレが設置されているかは今のところ分からないが、同時開発の隣接の公園の状況から推測すれば、およそ東京ディズニーランドには及ばないトイレ状態だということは容易に想像できる。

 東京でさえ女性用トイレはいつも行列で足りないと言われており、上海ディズニーランドも恐らく現状のままでは深刻なトイレ不足となるのは間違いないと思われる。

上海ディズニーランドは中国人式経営?

 間もなく6月16日に上海ディズニーランドがオープンする。
 中国では減速気味の中国経済の起爆剤として期待されている面が強いように思われる。

 恐らく日本の東京ディズニーリゾートの成功がイメージとして強いのだと思われるが、上海にも東京と全く同じような成功がもたらされるのかと言えば、個人的には懸念の方がやや強いといった気がする。

上海ディズニーランドのMAP

上海ディズニーランドのMAP

 何故、そう感じるのかと言えば、中華圏で先行オープンした香港ディズニーランドがぱっとしない結果となっているからである。

 まあ私は香港ディズニーランドに実際に行ったわけではないので、伝聞的情報となってしまうが、香港ディズニーランドは確かにキャラクターや施設、アトラクションなどは整っているが、園内が東京ほど美しくなく来園客を惹きつけきれない状況のようである。

 東京でうまく行ったのになぜ香港ではだめなのか?

 この理由としてよく言われているのが東京と香港では経営体制が全く違う点にあるということ。

 東京ディズニーリゾートは、よく知られているようにオリエンタルランド社という日本の会社が運営しており、米ディズニーの資本は全く入っていない。
 ウィキペディアによればオリエンタルランド社の出資者は京成電鉄、三井不動産、千葉県、第一生命などとなっており、純然たる日本の会社である。
 (少数株主に外資がいるかどうかは知らないが)

 米ディズニー社とは、ライセンス契約を結んでおりロイヤリティーは払っているが運営は完全に独立しているとのこと。
 つまりそれ故に日本式のサービス精神を思う存分に発揮した経営が出来、かのように大成功に結びついたのだと言われる。

 これに対して香港ディズニーランドは、香港特別区政府と米ディズニー社の共同出資であり、米ディズニーが直接運営に乗り出しているものの、しばしば運営方針を巡って香港政府とぶつかりギクシャクした関係が報道され、黒字を出すまで7年も要している。

 まあ香港は西側とはいえ、お金にシビアな中華圏であり、日本に比べサービス精神に欠けるというか、短期的な利益にとらわれ長期的なイメージ戦略への理解が作り切れず伸び悩んだのだろうと思われ、ディズニー側となかなか噛み合わなかったのだろうと察する。

香港ディズニーランドへの案内標識

香港ディズニーランドへの案内標識

 そして上海である。

 この上海ディズニーランドはやはり上海市政府系会社と米ディズニーの共同出資であり、上海側57%、ディズニー側43%の出資比率となっている。

 つまり、上海ディズニーランドは実質上海市主導で運営されることとなり、上海式の経営が行われることを意味する。
 上海側で参加する会社は上海申迪(集団)有限公司という会社で、その資本3億元のうち錦江国際(集団)有限公司が7500万元(25%)、上海広播電影電視発展有限公司が9000万元(30%)、上海陸家嘴(集団)有限公司1.35億人民元(45%)という割合で出資している。

 それぞれ、旅行(錦江)とメディア(広播)、土地(陸家嘴)の会社であり、この3社に利益がある方向で運営されることとなるが、いずれもバリバリの上海市政府系の会社であって、とても民間と言えるような会社ではない。
(参考上海ディズニーランド,上海市57%、W.D43%出資、14/8月現在は、膨大な草ぼうぼう?

 つまりこういった政府系の会社によって運営されるのが上海ディズニーランドということになり、果たして東京のようなサービスを提供できるのか、いささか疑問である。
 この点参考になるのが、2010年に行われた上海万博や現在の上海市の行政サービス(地下鉄や博物館など)であるが、私感ではちょっと東京ディズニーリゾートに追いつくのは難しいような印象である。

 上海は、中国の他の地方に比べればはるかに高いサービス意識が浸透しているが、それでもやはり日本の水準にはまだ遠いのである。

 故に今の上海の状況で開園する上海ディズニーランドが、東京ディズニーリゾートのような質を維持し、長期的な人気を得られるのかは今の段階では確証を持って言えないということになる。

 恐らく国内からの利用客数はそれなりに数を惹きつけられるとは思うが、それは単純に人口が多いからであり、東京ディズニーリゾートのように国内のファンのリピーター客や、海外からの旅行客を惹きつけるような施設となれるとは、今のところ想像できないのが本音である。

 はてはて、10日後の開園はどうなりますことやら。 

上海ディズニーランドの入り口前噴水

どんな船出になるか?