Tag Archives: サッカー

甲子園はおまけみたいなもの

 数か月前に見始めたアニメ「タッチのネット配信だが、結局なんだかんだで最終話(の1話前)まで見続けてしまった。
 大まかなストーリーは昔見たのでもちろん知っていたが、ここの詳細まで全部覚えていたわけではないので、結構楽しめた。

 で、そのクライマックスのシーンの直後に対戦チームの監督が言ったセリフが「甲子園はおまけみたいなもの」というセリフ。

 多少ネタバレになるが、これは誰しもが敬遠を考えるだろうシーンで敢えて勝負にいった経過に対して言ったセリフである。
 勝負を避けて、モヤモヤとしたものを抱えて勝ち上がるより、真っ向勝負でぶつかったことに対する清々しさの感動というか称賛の気持ちがそこにはあった。

 そこはマンガだからという人もいるかもしれないが、実は同様のシーンは実際のスポーツの真剣勝負の場でも存在している。

画像はイメージ

 4年前のラグビーのW杯日本代表対南アフリカ代表との闘いである。
 あの試合の最後のシーンで2点ビハインドだった日本代表は、残り5分でキックで同点を狙うことも出来たが、失敗のリスクを恐れずに逆転のトライを狙う選択に出た。 
 そしてその勝負への気迫で相手を圧倒し見事逆転勝利を挙げるのだが、あの勝負に対する姿勢は現地でも称賛され、4年たった今でも日本のラグビー界で語り草になっている。

 明後日に日本で始まるW杯への期待も4年前のあのシーンの感動に対する余韻が今でも残っている面が大きいという気がする。

 逆にモヤモヤ感を残してしまったのが昨年のサッカーのW杯のポーランド戦の最後の15分間の戦いである。
 勝ち上がることを優先して、目の前の真剣勝負を捨ててしまったシーンであった。
 結局、あの後のトーナメントの一回戦のベルギー戦で、逆転負けを喫したらしいのだが、私は既に観戦するモチベーションを失って観戦することを放棄したので見なかった。
 見る価値を感じなかったからである。
 むしろ後から逆転負けの敗戦のニュース聞いてどちらかというとざまーみろの気分であり、あれ以降サッカーの日本代表の試合は見なくなったし、報道で伝わる動向記事もほとんど読まないし気にしなくなった。
 真剣勝負の行われないスポーツなど見る価値がないからである。
 
 こういった流れの中で、今年になって岩手・大船渡高校の佐々木投手が、決勝戦を投げずにチームが敗れたということの是非が、ネット上でも結構話題になっていた。
  まあ細かくはチェックしてはいないが、将来のためとか大人の知恵で登板を回避させたらしいが、本人の本当の気持ちはどうだったのだろうかと心配になる。

 投げることに違和感があるような状態であったならば、もちろん無理をさせてはいけないが、もし投げることに支障がない状態であったなら、真剣勝負を避けるような大人の知恵は、高校生には邪魔だったような気もする。

 まああの時、投げたとて甲子園に行けたかどうかは分からないが、真剣勝負でぶつかった結果であれば誰もがモヤモヤ感を残さずに済んだし。「甲子園はおまけだった」ことに気づいたのではないだろうか。
 今の世の中、大人の知恵で勝ち上がることや将来への道を残すことを優先してしまう傾向にあるが、それを優先しすぎてしまうと実は勝ち上がること自体の価値を失わせ、真剣勝負で得られる価値を失わせてしまうことになるのではないかと危惧するのである。

新国立競技場案アンケートに見る現在の日本人の意識

 引き続き、新国立競技場に関する話となってしまうが、どちらの案が選ばれるかは別として、先日示されたA・B両案への日本国内での反応に現在の日本人の意識指向を見ることが出来る気がする。

新国立競技場案 左がA案 右がB案

 まあこの2案のデザインを大雑把に相対評価してしまえば、A案は環境調和を重視し、B案は先進性を重視したデザインと言ってしまうことができる。
これについて例えばYAHOOサイトの行ったアンケートでは約5割近くがA案を選択し、B案の4割弱を大きく上回っている。 

 

ヤフーのアンケート

ヤフーのアンケート

つまり、デザインの先進性より環境や調和を優先する意見が強いのが今の日本国民の意識ということになる。

 これが、例えば30年くらい前だったらどうであろうか?

 30年前、つまり1985年であれば恐らくA・B両案からの選択なら間違いなく、B案を望む声が多かったのではないかと想像する。
 或いは今回のような計画の見直しなどは発生せず、当時もザハ案があればそのままの計画で建設が進んでいたように思えるのである。
 1985年と言えば、つくば科学万博の開かれた年であり、近未来を意識した先進型デザインのパビリオンが沢山並び、さらにこの年から経済バブルに向かって急激に成長する先進思考がまさにピークの時期であった。
 街を見ればスポーツカーやカラフルなマイカーが沢山走っていたのを思い出すわけで、そんな時代にザハ案はぴったりだっただろう。

 あれから30年(きみまろの漫談じゃない)、街はシルバー塗装の軽乗用車だらけになり、大型車やスポーツカーは一部のちょいワル親父が乗りまわすだけになった。
 少子高齢化により、街から子供が消え、介護サービスが社会の課題となっている。

 こんな時代に選考されかかったザハ案は、先進的なデザインは一旦称讃されかかったものの結局コスト高を言われ否定されるという結果になっている。

 さらに再提出されたA・B案の相対比較についても、やはりより調和を重視したA案が好まれている結果となっており、ザハ案よりは比較的「和」の要素が入っていると思われるB案でさえ、更に和が見えるA案には人気の面で及ばない状況となっている。

 これが例えば今の上海であれば、ザハ案・A案・B案を並べればザハ案を選ぶのは間違いなさそうだし、恐らくA案を選ぶことは絶対にないと思われる。

 まあ私自身も最近の中国の先進デザイン嗜好への反発もあって、今回のA案の自然調和のスタイルは結構気に入っており、コンペの有利不利は別にしても、現代社会であのデザインを日本が国立施設として採用できたなら世界に誇れる素晴らしい選択だと感じている。

 A案は今回懸念された空調をつけないという条件も逆に日本の伝統の知恵を生かす結果となっており、スタジアムを囲む緑の存在や木の構造物が建物の熱の上昇を抑え、季節風を取り入れる形で内部の暑さを和らげるという工夫がなされるなど、随所に自然を生かす智慧が発揮されている。
 数年前にサッカーのW杯招致でカタールが用意するという全空調スタジアムが話題になったが、この新国立競技場案は空調を捨て自然を生かす意味でカタールの施設の真逆の発想なのである。

 一部で指摘される植生部分の維持費の懸念についても、確かにスタジアム単体で考えれば割高に見えるのだが、周辺の神宮の森の緑地整備費・維持費と一体として考えれば、スタジアムに直接付属しているかどうかだけの差である。

 寧ろ空調費を抑えたためのコストダウンの結果のコストなのではないかと考えられ、つまりその意味で言えば植生の部分におけるコスト差はA・B案ともほとんどないのである。

 まあ最先端の電気を駆使したハイテク技術というのも、もちろん日本の誇れる技術の一部だとは思うが、日本には古くから生きる庶民の生活の知恵というものも存在する。

 日本人が震災後の節電時期を経る中で、改めて思い出した伝統的な避暑対策の知恵が実はA案には見て取れるのであり、デザインとしても調和を望む成熟した国民意識が多くA案を選んでいる結果となっているのではないかという気がする。

 こう考えると震災前と後では新国立競技場に対する要求理念が全く違っていた可能性があり、もしアンケートの結果の通りにA案が選ばれるなら、震災後だからこそ選択された結果だったのかも知れないのである。
 今回最終的にどちらの案が選ばれるかは分からないが、Aのようなものを望んでいる人が多いというのが今の震災を経た日本人の意識なのではないだろうか。

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。
 これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをもった言葉として我々の生活の中でも日常よく使われる言葉として残っている。

 その代表的なものとして四面楚歌呉越同舟、或いは臥薪嘗胆などの言葉が挙げられるのではないかと思われ、これらは今でも使われているのは周知のとおりだろう。

 ところが、こういった中国生まれの故事成語に混じって、日本生まれの故事成語が中国に逆輸入されているケースがあることをつい先ほど知った。

 その逆輸入された言葉とは実は「天王山の戦い」という言葉である。

 まあこの言葉は日本人なら誰でも知っているように、戦いの上で勝敗の分かれ目となるポイントを指す言葉であり、戦国時代の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀が争った際に、京都府と大阪府の境目にある山崎の天王山を先に取った秀吉が勝ったことに由来する日本発の故事成語である。

 この日本人なら誰でも知っている故事成語であるが、実は中国でも日常的に使われる言葉となっていたようなのである。

 それを見つけたのが、実は先ほどまで見ていたサッカーのドイツブンデスリーガのネット放送であり、バイエルン対ドルトムントの試合のサブタイトルに、「天王山の戦い」と記されていたのである。

1299318508

 へぇー、これって日本の故事成語じゃんと思いつつも、ひょっとして中国にも同じような名前の場所で同じような戦いがあったのではないかと思い、百度(バイドゥ)で調べてみた。
 しかし、出ていたのはやはり日本の故事を基にした言葉だという説明で中国に類似した言葉があったわけではないようだった。

 1446073689

 これは非常に驚くべきことである。

 まず、日本で生まれた故事成語が中国で使われていることが一つの驚きであり、さらにこういった「天王山の戦い」的な同様の意味を持つ言葉が中国の故事成語の中に無かった(残らなかった)ということがとっても驚きなのである。

 言っては悪いが、中国の4000年の歴史なんてほとんどが戦乱の歴史であるからして「天王山」的な存在は過去にもありそうに思える。

 しかし、日本発の故事成語、しかも16世紀末という遥かに遅い時代の言葉が輸入されてまで今まで残っているということは、中国の古代史には天王山に類するものがなかったということになるのではないだろうか?

 懸命に探せば中国の故事に似たような言葉があるかもしれないが、この「天王山の戦い」という言葉が、しっかり中国に逆輸入され中国人が普通に使う言葉になってしまっているということは確かのようである。

 今回日本人の私としては非常に驚く状況を発見してしてしまったようである。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

中国人はラグビーにあまり興味がないらしい

 つい先程、ラグビーのW杯の日本対サモア戦が終わり、日本代表が26対5と圧勝し、ついに日本のW杯史上歴史に残る2勝目を上げた。

 ラグビーのW杯で日本は過去24年の歴史では1勝しか上げておらず、長らく全敗で敗退していた時代が続いていたため、初戦の南アフリカ戦に続く勝利で歴史的な結果となったことになる。

 昔から大学ラグビーをテレビで見るのは好きだったが、世界で全く勝てない状況が続いていたので、先日の奇跡の勝利と言われた第一戦も、実は事前には全然チェックしていなかった。

 それ故に先日の南アフリカに対する大金星の試合も全く見ておらず、先日になってようやくYOUTUBEで試合の最後のシーンを見るに至って、遅ればせながら歴史的瞬間を見届け胸を熱くしたような状況だった。
 最後の15分間の攻防の、何度も攻めて防がれても、それでも前に進む姿は多くの方と同様にやはり胸を熱くさせられた。

 ところで、私がかのシーンを最近まで見損ねていたのにはもう一つ理由があった。

 実は中国ではラグビーのW杯の中継がほとんど行われていないのである。

 欧州サッカーの中継は熱心に放送する中国のテレビ局だが、ラグビーはほとんど人気がないためかネット上のサブチャンネル的な枠で何試合かの中継があるだけで、今回の日本対サモア戦のような試合は見つけられ無かったのである。

 寧ろ武漢で行われているテニスの試合のほうが比重が高いくらいで、ラグビーの認知度はかなり低い状態である。

 気になって中国の大手検索エンジンの百度で調べてみると、英語の「RUGBY」で検索すると「RUGBYって何?」って検索結果がずらっと並んだ。(苦笑)

 うーんそれだけ中国人にとってはRUGBYへの馴染みが低いようである。

 さらにラグビーの中国訳である英式橄欖球で調べると、確かにラグビーを説明した内容のページもヒットするが、同時にアメリカンフットボールを示す美式橄欖球も結構出てきてしまい、ラグビーの情報が中国語圏のサイトでは非常に情報が薄い状況であることがわかった。

 また音での当て字で拉格比足球という表記もあるが、これとて調べてみても知識として解説が記してあるだけで、とても中国でラグビーが認知されているような状況は見られないのである。

 慌てて中国代表の世界ランキングを調べてみると、67位と遥かに低い状態で、バミューダとかケイマン諸島とか、位置がどこにあるか分からないような小国より下なのである。(日本は13位)

 まあランキングに掲載されているので競技人口が一応いるということではあろうが、旧イギリスの租借地だった24位の香港よりもはるかに低く、その影響を受けた人がちょっといるだけと言ったレベルなのではないだろうか?

 ことほど、中国でラグビーはマイナースポーツなのである。

 さてそんなに中国という国はラグビーに向かないのだろうか? 

 一見すると中国は人口が多いし、体格も大きなラグビー向きな人も多いような印象も受けるが、「一人はみんなのために、みんなは一人のため」の言葉に代表されるようにサッカー以上に連携が求められるラグビーはやはり中国人たちに向かないのかもしれない。
 確かにチームワークや自己犠牲を伴う行動と言うのは中国人にとって一番苦手な分野であり、ラグビーが人気スポーツとならない理由なのかもしれないというのはこちらに長く住むとよく分かる。

 故に、上海に居続ける私は今回のサモア戦は仕方なくW杯の公式サイトのラジオ中継(英語)のようなものを聴き、映像無しで応援していたのである。
 中国にラグビーが流行る時代は来るのだろうか? 

ハリルホジッチさんと準メルクルさん。

 サッカーの日本代表の監督の後任人事が決まりそうな報道になってきた。
 ハリルホジッチさんというユーゴスラビア出身の方で、前回のW杯ブラジル大会で前評判の低かったアルジェリア代表をベスト16に導き、優勝したドイツを苦しめたチームの監督だった方である。
 正直言って私はそんなに詳しい経歴までは存じ上げなかったが、W杯の戦いは良い印象で、資料を見る限り次期監督としても遜色ないようである。
 そして、何よりも元日本代表監督のオシム監督と同郷で深い交友がある方らしく、それ故に日本とも全く無縁というわけではなく、就任に期待が持てる感じとなっている。
 そのオシムさんと言えば、私は非常に洞察が鋭く思慮深い方だという印象で、私の中では、亡くなった指揮者のチェリビダッケ氏とも共通するものを持っている存在となっている。
 何が共通する方と言えば、どちらも哲学的とも言える方で、発する言葉一つ一つに含蓄があり引き込まれる印象なのである。
 そしてそのチェリビダッケ氏に師事したのが現在日本のN響などで活躍する準メルクルさんという指揮者であり、私は生での演奏は数えるほどしか接した記憶が無いが、師匠のチェリビダッケ氏同様に中身の詰まった演奏ながらクレバーにクリアに音楽を聴かせてくれるので、現代の非常にお気にいりの指揮者の1人となっている。
 この準メルクル氏は日本とドイツのハーフで、師匠のチェリビダッケ氏はどっぷりとした体格であるが彼はやせ形の指揮者であり、実はその対比関係が、私の中で今回のオシム氏とやせ形のハリルホジッチ氏との関係にも投影される印象となっている。

 まあ正確に言えばハリルホジッチ氏はオシム氏の弟子ではないのかも知れないが、哲学的な思慮深い先輩を持った後輩世代として、準メルクル氏同様に日本に長く活躍の場が生まれることを深く期待したいという気がするのである。