Tag Archives: 上海地下鉄12号線

上海地下鉄の1日券・3日券は意外とお得

上海で仕事をしていると1日のうちに3か所も4か所も回らなければならない日も出てくる。
もちろん、ハイヤーやタクシーを乗り回せる贅沢な身分であれば、それに乗って回ればいいのだが、残念ながらそんな贅沢な身分ではない場合は、公共交通を利用することになる。

その代表格が地下鉄とバスで、このうち地下鉄はネットワークが充実しつつあることにより、場合によってはタクシーなどより時間に正確かつ確実に目的地にたどり着ける。

そんな地下鉄ヘビーユーザーにお得なのが上海地下鉄1日券と3日券(中国語表示では一日票と三日票)で、上海で広く利用されている公共交通カードよりお得になるケースが多いのである。

上海地下鉄1日券(一日票)

デザインはいろいろある。

上海公共交通カードは、チャージ式のICカードで地下鉄・バス・タクシー・フェリー・駐車場など幅広く使えるが、割引率という点ではやや弱く、バスと地下鉄の乗継や、バス同士の乗り継ぎで1元割引されたり、地下鉄の利用が1か月70元を超えると、10%割引きとなったりするが、割引としてはその程度である。

ところが1日券は24時間乗り放題で18元、3日券なら72時間乗り放題で45元定額制になり、利用頻度によってはかなりお得となる。

18元という価格が、例えばどの程度で元が取れるかというと、初乗りの3元区間の3回の往復利用で18元、恐らく地下鉄の平均利用料金は4~5元であろうから、5元区間なら2回の往復で元が取れる計算となるのである。

つまり例えば朝通勤する時点で、午前と午後に外出のアポが入っていることが分かっているような場合は当日1日券を買って乗車すればその日の交通費の節約できることになる。

或いは1日券の24時間カウントは最初の改札入場時から起算されるという仕組みを利用して、予め数枚のストックを購入しておき、地下鉄利用が多いと予想される日はそっちを使うようにしてもよい。

ただまあ、この1日券の欠点というか、使いにくいところの一つとして、使い始めの時間がカードの表面上に記録されないため、何時から起算され、何時まで利用できるかは自分で把握しなければならないという点にある。

恐らく窓口に出せば教えてくれると思うが、やや格好悪い。

さらに同様にカードが使用済みかどうかもわからないため、使用済みのカードで入場しようとして拒否されるようなこともあり得てしまう。

またバスは利用できないため、当然バスとの乗継割引も無く、移動にバスが含まれる方はそこは注意したほうがいい。

こういった意味で、まだ完成度が高いとは言えない1日券・3日券だが、うまく使いこなせば大変お得になるとも言えるので、是非ご活用いただきたい。

(参考:上海ガイドブック手帳:上海地下鉄の一日票・三日票(1日券・3日券)上海公共交通カード

四川生まれの日本育ち?上海で探す担担麺(タンタン麺)

 日本で担担麺(担々麺・タンタン麺)というと、中華料理の一つの代表格と捉える人が多いが、実はその認識は半分正しく、半分間違っている。
 確かに担担麺の故郷は中国四川省であり中国発祥の料理である。

ところがである。

 実は本場四川では担担麺はあまり知られていない料理であり、担担麺がメニューに載っている店は数えるほどしかないようで、日本でイメージするほどポピュラーな麺ではない状況となっている。

 しかも現地の食堂で出される担担麺は小ぶりのどんぶりに、コシのないうどんのような太麺が盛られ、ラー油、炙りゴマ、炒め挽肉など合わせてあるだけもので、いわば日本のぶっかけうどんような状態で提供されており、日本のような辛いスープに浸された熱々の麺とは似ても似つかないもののようなのである

 このように現地の担担麺はかなり素っ気ない食事であり、日本で言うところの立ち食いのざるそばレベルでしかなく、味わいを楽しむの食事ではないものとなっている。

 元々の担担麺の名前の由来も、1841年ごろ四川省自貢市の麺の売り子が日本の夜鳴きそばのように天秤を担いで売り歩いたことから名付けられ、つまり簡易な麺食が元祖だったことがわかる。
 当時スープを多量に持ち歩くのは難しいことから、「スープ無し」のスタイルとなりこれが現地の担担麺の原型となっている。

 では今日本で認識されているスープ入りの担担麺とは何者か?

 実はこのスープ有りの担担麺の由来には二説ある。

 一つは香港を経て日本で生まれたという説で、もう一つは日本で直接生まれたというもの。

 いずれの説でも現在の日本の「スープあり担担麺」の発案したのは、日本に四川料理を伝承した第一人者、陳建民氏ということになっている。

 陳氏は当初は日本でも本場の四川式「スープなし担担麺」を作っていたようだが、当時の日本人にとっては本場のラー油の辛さは強烈過ぎたようで、受けが悪かった。
 そこで陳氏はラーメン風にスープ麺として担担麺を改良し売り出すことにしたのだが、これが現在の日本式担担麺の元祖となったとのこと。

 このスープ担担麺は瞬く間に人気となって広がり、日本で担担麺と言えばスープ有り麺を指すイメージが定着し、日本における中華四川料理の代表格的存在に扱われるまでになったのである。

 これがスープ担担麺の日本発祥説とされているものである。

 ところが、世界の料理事情をよくよく調べてみると担担麺の名店と言われているお店が実は香港にもあり、これがやはりスープ有りの担担麺を提供している。

 詠藜園という四川料理お店がそれで、日本のガイドブックにも載っている有名なお店でもあり、私もかつて一度食べに行ったが、非常に辛い味の中に見つけた深い旨みに感動した記憶が残っている。

香港詠藜園の担担麺

香港詠藜園の担担麺
引用元

 このお店が開店したのが1940年代とされているのだが、実は陳建民氏が日本にお店を開いたのが1950年代であり、詳細は把握できなかったが陳氏は日本に来る前に香港のレストランで修行をしたことがあるようで、ここから陳氏が日本式担担麺を後に生み出すに当たり、この香港の詠藜園の担担麺を参考にした可能性は捨てきれない状況となっているのである。

 但し、香港の担担麺は花生醤というピーナツ調味料をふんだんに使用した味わいに対し、日本の担担麺は芝麻醤というゴマを使った調味料を入れた担担麺が主流なので、風味がかなり異なる。

 また香港の詠藜園がいつからスープ担担麺を提供したのかという正確な記録も無く、陳氏が香港にいた頃に現在の香港担担麺はまだ生まれていなかった可能性もある。
 そうなるとやはり陳氏の担担麺がスープ担担麺のオリジナルであるということになり、ひょっとするとそれが逆に香港へ持ち込まれ、香港担担麺を生んだ可能性もある。

 或いはスープ担担麺は四川を遠く離れた日本と香港でそれぞれ別に生まれて発展してきたということなのかもしれない。

 いずれにしても、本場ではほとんど見られない形態のスープ担担麺が各地で担担麺として食べられていることになり、それを中華料理「担担麺」だと思い込み我々は食べていることになるようである。

 さて、さてそんな担担麺の歴史を知った上で、上海で担担麺と呼ばれる料理がどのように提供されているのかを調べてみた。
 まず、向かったのか四川料理の「蜀巷」というお店。
 (店名は三国志の魏呉蜀の蜀の街角という意味になろうか)

 チェーン店らしく、市内にいくつか店舗があるようだが比較的リーズナブルかつ本格的な四川料理のお店で、今回は地下鉄2・12・13号線南京西路駅近くの818広場というビルの支店で挑戦し、出てきたのが写真の担担麺である。(大椀18元)

蜀巷の担担麺

蜀巷の担担麺

 この担担麺さすが本格四川料理らしく、現地スタイル通りスープがないが、その代わり花生が山盛りに乗せられ、豊かな香りを放っている。

 で、早速食べ始めた。

 見た目上でスープはないがお椀の底にタレが沈んでいるはずだから良くかき混ぜて食べるのが正しい食べ方である。

 で、食べ始めの頃はタレが麺にあまり絡んでいないのですいすい食べられたのだが、次第にタレの味が濃くなり、辛みはそれほどでもないが、麻痺の麻の要素が強く、山椒が効いて口の中が痺れてくる

 味としてうまいと言えばそれなりにうまいと言えなくはないが、この痺れ具合は日本人にはちょっと厳しいレベルである。
 私もどんどん食べ進むうちにかなりつらい状態まで痺れるほどになった。

 なんとか完食はしたが、残念ながら暫くは挑戦を止めておこうと思うほど辛い挑戦となってしまったこの本格担担麺である。

 そして懲りずに次の日に挑戦したのが、香港系の担担麺

 こちらもやはり南京西路の、今度は伊勢丹の地下のフードコートの一角にあるお店で、翡翠拉麺小龍包と名がついているお店である。

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

伊勢丹地下の翡翠拉麺小龍包

 ネットの情報によると、この翡翠拉麺小龍包の経営は一部フランス系の資本が入っている広東料理系のレストラン経営の会社で、広東省周辺では大きなレストランも経営しており日本にも投資しているようだが、ここではフードコートの一角の店舗である。

 注文したのは担担湯拉麺というメニュー名で、28元だった。

香港系の担担湯拉麺

香港系の担担湯拉麺

 ここの担担麺は花生醤(ピーナッツ味噌)のスープであり、実にまろやかな風味である。
 辛味と酸味がほどよく絡み、そこへ花生醤が入り込んで香港系の味ではあるが実に日本人好みといえる。

 正直言って、上海で食べた麺類の中でもっとおしいしかった部類に入り、嬉しさのあまりスープを飲み干しての完食となった。

 ただまあ所詮フードコートで食べる環境なので周囲は落ち着きがなく、誰かを誘ってゆったり食事という雰囲気ではないが、この麵は味はピカイチであり、是非お勧めしたい一食である。

 そして次は日本系の担担麺を、、、
 と考えているのだが、残念ながら今のところ上海では見つけられておらず、見つけ次第報告したいと考えている。

新しい12号線は便利だが南京西路駅は未完成

 先々週の金曜の12月19日に上海の地下鉄の11・12・13号線がそれぞれ延長開業し、上海の地下鉄ラインナップに新たに加わった。

上海地下鉄路線図2015末版

上海地下鉄路線図2015末版

 このうち11号線は上海ディズニーランドへの延長区間でわずか数区間が延びただけなので、上海ディズニーランドが開園するまではほとんど地元の人間が利用するに過ぎない路線で、今のところ交通網の大勢には影響がない。
 これに対して、12号線と13号線は上海市内の旧市街を縦に貫く路線のため、この2路線の延長開通によって、既存路線間との連絡が便利になった。

 例えば、陝西南路駅で12号線と10号線が接続するため、日本人の多い古北地区から10号線を経由しての各地域への利便性が増しており、北側の南京西路や漢中路、南側の嘉善路駅など地図上で言えば東西の横の路線に対して接続する。
 接続具合も良く、古い駅に多く見られる同じ駅なのに長い通路を歩かされるような事もない。

陝西南路駅構内図

陝西南路駅で1・12・10号線が直結

 また13号線へも新天地駅で10号線に繋がり、やはり北側は南京西路や漢中路、淮海中路、南は世博大道など旧万博跡地へ行ける。

 いずれも、旧市街地を縦に貫くものであり、これまで7・8・11号線も縦のラインではあったがそれぞれ乗り換え駅での歩行移動距離が長く、接続している割には結構不便であったがこの12・13号線の接続駅はその不便さを解消してくれる構造となっている。
 まあ惜しむらくは、南京西路駅での2号線との接続がいずれも未完成で、改札を出なければ乗り換えられない状態が残ってしまったということであろうか?

南京西路駅周辺図

南京西路駅では2・12・13号線の駅がバラバラ

 とはいえ漢中路駅で1・12・13号線が接続するため、2号線の輸送量をバイパスさせることができ、2号線の負担軽減となったのではないだろうか?
 つまり2号線を使わなくても東西移動できるパターンが増えたのである。

私個人としては人民広場の1・2号線乗り換えを避けても行動が出来るようになったのが非常にありがたく、今後は10号線と12号線を基軸に行動することが増えるのではないかと予測している。

南京西路駅での乗換は改札を出て地上に出る必要がある。

南京西路駅での乗換は改札を出て地上に出る必要がある。

上海地下鉄11号線は31日に開通するようだ

昨日、偶然に地下鉄駅の掲示板で11号線の延長開業のニュースの掲示を見つけた。

11号線の延長開業のニュースの掲示

11号線の延長開業のニュースの掲示

どうやら明日31日に開業するらしい。

いつものことながらニュースにもなっていない段階の直前の突然の通知で驚く。

江蘇路から徐家匯を通って浦東側に抜ける路線になっている。

そういえば、そばにあった路線図も既に新しいものに書き換えられており、11号線の今回開通する区間はおろか、12号線や江蘇省昆山の花橋に向かう部分や16号線まで記載されている。

11号線の延長開業のニュースの掲示

11号線の延長開業のニュースの掲示

新線開通の度に路線図を張り替える費用の節約のようで、これらの未開業の区間の部分にはその旨を記したシールが貼ってあった。

どうしてもっと早く開業日を決定できないのか、いつもながらとても疑問に感じるこの突然の開業である。