Tag Archives: サービス

茨城空港へ向かう2日目の春秋航空のサービス

前回
2日目の臨時便は目的地の台風の影響が去るであろう11時出発に設定されていた。

前日同様にチェックインカウンターでチェックインすると、前日と同じ席が割り振られていた。
どうやら前日のデータがそのまま移築されて使われているようである。

そして再び、イミグレを通って中国を出国した。

この時点でまだ昨日来のお腹の調子は回復していなかったので、薬を買うことにした。

前日の出発時には薬局を見つけられなかったのだが、今回は事前調査をしたので存在を確認済みである。
この免税エリアの薬局は、セキュリティチェックを出た正面の裏側にあり、前日ももっとよく探せばすぐそばにあったのだが、体力的に余裕が無さ過ぎたので探し切れなかった。

そしてようやくこの日にそのお腹の薬を買い求めたところ、なんと日本の正露丸を勧められた。

正露丸は、まあ色々言われてはいるがいまだ健在の薬であり、中国でも食あたりの薬として重宝されているようである。

今回の搭乗口は前日同様にD229ゲートで沖合駐機場からの出発だったので、上記の薬局のそばからエスカレータを一階まで下りた。

出発時間まですることもないというか、今更買い物の予定もなかったので早めについて出発時間をロビーのベンチで待っていた。
すると、春秋航空のスタッフが搭乗者向けに中国製のカップラーメンと飲料水を配り始めた。
どうやら今回の飛び直しのお詫びとして朝食だか昼食だかの代わりという意味らしい。

私自身は中国メーカーのカップ麺はあまりおいしくないのを知っていたので、取り立てて欲しいという欲求は湧かなかったが、貰えるものは貰っておこうということで私も受け取った。

カップ麺が食事代わりというのは対応として決して満足ではないのだが、春秋航空がLCCであることを考えると、質はともかく誠意はそれなりに感じる。

さて搭乗時間が来て、空港の端の端までバスで運ばれ、再び航空機に乗り込んでみると、どうやら必ずしも全員が前日の席に座っているわけではないようであった。

顔を覚えた日本人は大体前日と同じ席に座っていたが、中国人客はかなり入れ替わっていた。

この辺りは、何とも統一性のない中国的サービスである

機体は滑走路の北の端にある駐機場から、滑走路の南端までダラダラと移動した後、ようやく飛び立った。
この日の上海の空もまずまずで、今度こそ無事に到着できそうである。

ところで、この日は朝食をホテルで食べたが、昼食は特に何も準備していなかった。
もちろん事前注文もしていなかったし、もらったカップ麺は機内で食べるのは難しそうであったので、昼食についてはどうするか考えあぐねていた。
まあ機内販売で済ますしかないかなと考え、一応現金を準備していたところ、CAの方が来て「注文はジャージャー麺でしたが、売り切れているのでご飯もので良いですか?」とたずねて来た。

「まじか?ラッキー!」

どうやら、昼食の注文まで前日のデータがスライド移行され、食事も含めて予約されているようだ。

もちろん、追加料金はなく、これで払おうと思っていた40元が浮いた。

ただ、その日は麺が品切れということなので、代わりにカレー牛肉飯を頼んだ。
前日便で香しいカレーの香りが漂っていたので気になっていたのである。

で、期待を持って食べてみたこのカレーだったが、カレーはまぁまぁなのだが、正直ライスの期待はずれ感が半端なかった。

非常に水っぽくてうまくないのである。

それでも残すのが嫌なのと、所詮無料でもらったものだからと諦め、一応は完食したが、今後自ら頼むことはまずないというレベルであった。

次回以降春秋航空に搭乗する際は、食事は一つのネックになったという印象であり、お金を出せばよくなるような状況では無さそうだ。

まぁなんというか、LCCだからなのか、中国の航空会社だからなのか全体的にクォリティは高くないのがこの春秋航空のサービス内容なのである。

ただ、春秋航空の名誉のために言っておくと、前年にピーチ航空で同様に欠航になった際は、ホテル、食事、臨時便といった対応は一切なく、払い戻しを受けただけだったので、今回無いよりマシという意味での比較をすれば、遙かに春秋航空の方が誠意を見せて対応してくれている面はある。

ドライに割り切るか、質は低くても最低限の対応があった方が良いか、どちらが好みかは人によって意見の分かれるところだが、LCCの割りには顧客対応意識があるのは春秋航空だという気がした。

そんなことを感じながら無事、飛行機は茨城空港に到着した。
現地は恐らく台風一過の状態であったはずなのだが、そんなことを微塵も感じさせない綺麗な青空が広がっていた。

台風の影響で春秋航空は上海に戻され、翌日再び出発へ

前回

札幌を飛び立った後は、元々の体調不良もあってぐったり眠っていた。

札幌出発前の機内の様子

結局札幌(新千歳空港)では、外の空気さえ吸わせてもらえなかったこともあり、どんよりとした空気が流れていた。
時々目を覚まして外の景色を眺めても、既に日が暮れていて暗い空であり、爽やかな窓の景色ではなかった。

そう、もう夕方なのである。

周りでは、夕飯として食事を注文する人がたくさんいた。

春秋航空ではLCCであるため、機内食は自分で購入する形式になっている。

私も上海から飛び立った際には、事前予約でジャージャー麺を注文して食べたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったのと、お腹の回復具合に自信がなく、トイレを控えるためにこの時間は上海の空港に着くまで我慢することにした。

また春秋航空では、飛行中は携帯電話を「機内モード」にしても使用が許されないため、音楽も聴けず退屈な時間を過ごすしかなく、寝るほかなかった。

さて中国時間の19時過ぎになってようやく機体は上海に戻った。

朝10時前に機体に乗ってから9時間以上も飛行機に乗りっぱなしにも関わらず、どこへも行けていないのである。
仕事も出来ず、娯楽もなく寝るだけで、ただただ時間だけを無駄に消費した印象である。

それ故に機体を下りようやく地上に足を下した時は格別の解放感があった。
しかし、この後どう動けばいいのか、それを考えると憂鬱な到着でもあった。

この時点でいくつかの選択肢を考えており、翌日の便を探してみるか、数日先か一か月ほどの日程に全体の旅程事スライドさせてしまうなどの案を考えていた。
 ただ、一か月後にしてしまうと当初の帰国目的の免許の更新手続きが複雑化してしまう面もあり、悩ましいところがあった

 いずれにしても春秋航空側の案内を待つほかなかった。

上海浦東国際空港の駐機場行き待合室に戻される。

駐機場からのバスが旅客ターミナルに着くと、通常の到着手続きの経路ではなく、いわゆる出発時の順序の逆ルートで戻されてゆき、イミグレでも前回同様に出国スタンプの上に取消印が押される処理となった。

 このようにして、チェックインカウンターの前までに戻された時点で、係員から今回の件の処理に関する説明があった。

それによると、翌日午前11時に再び茨城空港に向けて臨時便を飛行させるとのこと。
また乗客は荷物を持って航空会社の用意するホテルに宿泊してくださいとのことだった。

「おおー、ラッキー。」

LCCではなかなかあり得ない厚遇な待遇にちょっと喜んだ。

翌日出発なら日本の滞在日程が短くなっても、免許更新の目的は果たせそうである。
個人的には空港から自宅まで帰れなくもなかったが、往復で最低2時間かかることを考えると、体力的にありがたい航空会社のフォローである。

 ただLCCの用意するホテルなので、どんな安ホテルを用意されるかなど些かの不安はあった。
 が、こちらとしては横になって寝られれば、どこでも良いという気分になっており、急いで送迎のバスに乗り込んだ。

着いたホテルは上海航空の経営する4つ星クラスのホテルであり、これにはけっこう驚いた。
きっと航空会社が、同様のトラブルのために用意しているホテルで割安で用意できるのだろう。

ただし、部屋の扱いは一人一部屋にしてもらえず、私も日本人の乗客との相部屋となった。

上海航空大酒店の部屋

上海航空大酒店の部屋

機内の座席ですぐそばの席にいた方で、会話した印象は普通の方であったので安心は出来たが、やはり赤の他人とのいきなりの相部屋は抵抗感がないわけではない。
しかしそんな抵抗感はあってもが、眠りたいという欲求の方が勝っており、メニューのほとんど残っていないレストランでパスタだけを腹に入れて、すぐに眠りについた。

翌朝は、7時頃目が覚め、朝食を摂りにまた同じレストランに行ったが、38元とやはり有料であった。

今回の場合は無料で泊まれただけ良しとするしかないのだろうが、食に関しては選択肢がなくやや不自由な印象だった。

さて事前の集合時間の告知もなく、突然部屋にかかってきた「下りてこい」の電話で部屋を出てチェックアウトし、ホテルを出発した。
つづく

日本へ一時帰国に便利なWIFIルーターの格安レンタル

私のように中国に住みついていると日本に一時帰国する際の、ネット環境確保についてはいつも頭を悩ませていたが、近年の訪日外国人観光客の増加がその悩みを解消してくれている。

現在中国から世界中へ観光客が飛び出していく状況を受けて、旅行先現地で日常通りにスマホなどを使いたい人向けにWIFIルーターのレンタルサービスが充実してきているのである。

特に日本向けは利用客も多いことから価格競争が激しく値段がどんどん下がっており、業者によっては1日あたり5元(≒85円)なんて業者も出てきている。

下記は、中国のネット旅行サイトの大手のCTRIPであるが、このサイトでは各空港ごとに日本向けやその他の国向けのWIFIルーターのレンタルを行っている。

レンタルWIFIルーターの画面

CTRIPのサイト

申し込みも非常に簡単で、中国の携帯電話(スマートフォン)などから、電話番号などを登録し申し込み、WeChatなどから利用料金を払うと申し込みがあっという間に完了する。
あとは日本へ向かう飛行機に乗る前に空港で借り出し手続きをすれば、日本に到着した途端にWIFIルーター、つまりインターネットが使える。

日本の空港についてからの貸し出しも受け付けているようだが、飛行機を降りたらすぐにでもネットを使いたい方はやはり中国側で予め借りていった方が便利だろう。

なおこのレンタルの際には紛失などに備えて500元の保証金を取られるが、これは端末機器を返却すれば戻ってくるお金である。

で、ちょっと注意しなければならないのは、この保証金は現金では受け付けてもらえず、中国の銀行のキャッシュカード(銀聯マーク)かWECHAT口座などでしか払えないようである。

このあたりは業者によって対応がそれぞれ異なるので、申し込む際によく注意事項を読んでから申し込んでいただきたい。

さらに業者によって対応空港や窓口が設置されているターミナルに違いがあるので注意が必要である。

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

例えば上海浦東国際空港なら、第1ターミナルから出発する飛行機に搭乗するのに第2ターミナルにしか貸し出し窓口がなかったなどということもあり、出発前にバタバタとターミナル間を駆けずり回るなどということになってしまう。

こういった不安を解消するために、早めに申し込めば上海市内への配達なども対応している業者もあるようである。

で、肝心の現地での実際の使い勝手だが、日本国内で昨年11月に使った際は回線速度も速く、すこぶる快調だった。

写真はイメージ

もちろん中国で借りてきたかからと言っても中国国内のようなインターネット閲覧制限などあるはずもなく、YOUTUBEやFACEBOOKも普通に繋がる。

試しに速度計測したところ10Mbpsくらい出たときもあり、使用には全くストレスがなかった。

ただ、聞くところよると、業者によっては1日の転送情報量に制限をかけているSIMもあるようで、ある一定量を使用すると、回線速度が急に落ちるパターンもあるようだ。

この辺りは、業者ごとの利用者レビューを確認すれば様子が分かるので、価格の安さだけに惑わされないようにしたい。

また、WIFIルーターの電池容量にも注意する必要があり、日中の観光程度では切れることはないが、通信しっぱなしだと1日はもたないようなので、充電できる場所を見つけたら小まめに充電しておくに越したことは無い。

そして、このWIFIルーターレンタルサービスでさすがだなと感心したのは、旅行日程などが変更になってもネット上で急遽の延長申請も可能だったということ。

全ての業者で同じ対応が可能かどうかは確認していないが、私が借りた環球曼遊という業者では、Wechat上のアカウントから延長手続きが行えた。

当然、延長分の費用を払う必要があるが、これもWeChatから支払うので非常に簡単であり、上海に戻ってから遅れた言い訳とか延滞の手続きに悩まされることもないのである。

前回こうやって日本に11月に帰国した際に計7日間利用したが、合計56元(≒900円)の出費で滞在中のネット環境を賄えたのである。

その11月の帰国の際は以前書いたように飛行機の欠航などのトラブルがあり、空港で結構バタバタの対応を迫られたが、このレンタルWIFIルーターのおかげでネット接続で困ることなく迅速な対応が取れ、かなり救われた結果となった。

故に最近では中国を出国するたびに利用させてもらっており、先日も台湾を訪れたが、その際にもやはりレンタルWIFIルーターを利用し、非常に便利だったのである。

日本から海外へ旅行する際のレンタルWIFIルーターは結構高い価格のイメージがあるが、中国発の場合はこのように訪日中国人たちのおかげで、かなり割安となっており、中国在住の日本人の皆様にもぜひ覚えておいていただきたいサービスの現状なのである。

浅草の浅草寺

浅草の浅草寺

ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その3(後処理編)

上海に行く予定の飛行機が意図ぜず戻ってきた羽田空港周辺は、皮肉にも天気が非常に良かった。

快晴の羽田空港

以前も、国内線では欠航の憂き目にあったことは何度もあったのだが、国際線は初めてでしかも搭乗後の欠航となると全く経験がなく、今後どう処理すべきかわからぬまま空港に着いた。

羽田に到着した直後、地上から乗り込んできたと思われる職員から早速案内があり、欠航に対するお詫びの言葉とその後の処理に関する説明があった。
その説明によると
1、航空チケットに関しては、払い戻しもしくは別日便に振替の対応となるとのこと。
2、出発前に空港で買った免税品に関しては日本国内への持ち込みが出来ないので、ピーチ航空が責任をもって買い取るとのこと。
3、イミグレに関しては再入国ではなく出国取消の扱いとなり専用通路を通るということ
4 詳しくは紙を配るのでそれを参照してください
というものだった。

1に関しては、当然のことと思うものの、果たして振替便に空きがあるか不安だった。
2の免税品に関しては知り合いに頼まれたタバコがあり、2カートンだけだったが指示に従えば買い取って貰う必要があった。
3の出国取消については、私は日本国籍なので何の問題もないが、中国人など一次ビザなどで入国していた場合は、欠航によって再入国できなくなってしまう恐れがあるので、「再入国」でなく欠航による「出国取消」なのであろうに推測された。

A4の説明書にも、おおよそ上記のことが同様に書かれており、特に振替もしくは払い戻しに関しては、カスタマーセンター或いはWEB上から手続きを行ってくださいとある。

その指示に従って、まずイミグレで出国取り消しの手続きをしてもらう。

そしてターンテーブルで預けたスーツケースをピックアップした後、その脇に設けられたピーチ航空搭乗者専用の対応のテーブルに、免税品を払い戻す人たちの長い列が出来ており、私も当然免税品の払い戻しが必要だと思いその列にまず並んだ。
しかし先頭部の人がコミュニケーションなどでトラブっているのか列が一向に進まない。

免税品払い戻し待ちの行列

すると、関係者らしき人が話しかけてきて、どんな免税品ですかと聞かれたので、「タバコ2カートンだけなんですが・・」と答えたところ、ああそのくらいなら大丈夫だから、そのまま出てもいいですよ。」と言われた。

何が具体的に大丈夫かわからかなったが、荷物に入れてしまえば問題なく、いずれ出国時に持ち出すものなのだから問題ないというような意味らしい。
ただ、こちらとしては免税品の扱いの他に、チケット処理の問題があるので、出来れば直接担当者と交渉して次の行動を決めたかったのだが、それも全部WEBサイトで出来ますよと言われたので、それを信じることにした。

まあ列の長さから考えて、どのみち順番を待っていては翌日便(当日夜)の空席があったとしても埋まってしまうだろうから、早めに行動した方がいいと腹を決めて列から離脱した。

さて税関を抜け、ロビーに出て早速上海へ再出発するための情報収集にあたった。

まず紙に書いてあったカスタマーセンターに電話をしてみる。
すると、営業時間外という自動応答が流れた。
「時間外?航空会社なのに朝8時に電話応対もないとはどういうことだろう?」

ふともらった紙を見直すと、「カスタマーセンターの営業時間は平日の9時から18時」までという文言が目に入った。

「平日?9時~18時?」

非常に嫌な予感がした。

その日は日曜日だったのである。
とりあえずその時点で9時まであと30分程度だったので、9時を待って再度電話をすることにした。
その間にパソコンを広げてインターネットに繋ぎ、ピーチ航空のサイトで未来の空き状況を調べたところ、なんと一週間先まで全て満席であった。
その時点で、ピーチ航空で上海に戻るのは無理と判断した。

もちろん、キャンセルせず振替えたほうが費用的には余分な出費がなく、実家に戻って待機する限りコスト的には安く済むのだが、当たり前だが今の仕事先は上海であり、1週間も余分に休んでいられる余裕はなかったのである。

仕方なくネット上でそのほかの手段を探していくと2日後の茨城空港発の春秋航空がかなり安く確保出来ることが判明し、ピーチ航空との差額もそれほど大きく無い様だった。

それ以外の羽田や成田から上海へ向かう便にもそれなりに空席は有ったが、直近ということで運賃がやや高めであり、就航記念の格安チケットとの差額を考えると、かなり無駄な出費という意識が働き、結局上記の春秋航空のチョイスとなり日本滞在の2日間延長が決定した。(前述の上海人母娘は当日の夜便で帰ることにしたらしい)

さて、上海へ戻るのにピーチ航空を利用しないことを決定したのは良いのだが、ピーチ航空側のキャンセル作業にとても難儀した。
まず、紙に書かれている通りURLにアクセスし、払い戻し手続き画面を開けようとしたが、その画面にたどり着けないのである。

中国語の簡体字画面で予約したので、簡体字ホームページから追っていっても繁体字(台湾用)画面が出てきてしまい、しかもキャンセル手続き画面が現れないのである。

ならばということで、今度は日本語ページから払い戻し画面を開き、予約番号を入れてみたが、データが確認出来ませんと表示されてしまう。

恐らく中国本土線は就航したばかりでこんなに早くキャンセル画面が必要な場面が訪れるとも思わず、システムがチェックされていなかったのであろう。
或いは本社機能が平日しか稼働していないため、欠航データがまだシステムに反映されないのかもしれない。

何れにしてもWEB上では全く処理できず、もう拉致があかないので9時を過ぎたところで再び先程のカスタマーセンターに電話を掛けてみるが、やはり繋がらなかった。

さすがLCCというか何というか、「週末に電話が繋がらない」「WEB上での手続きシステムに不備」のこのサービス体制には、ちょっとこちらもキレてしまった

上海からの便で好印象を受けていた自分の中でのピーチ航空に対する評価はこの時点でガタ落ちである。

いくらコスト削減だからといって、土日に航空便が飛んでいないのならともかく、土日も航空便は運航しているのだがら最低限の電話応対くらいすべきだろうに思うのである。

結局このキャンセルの件は、翌日の平日の時間帯に電話する他には手段が無くなった。

そしてその日は実家に戻って宿泊し、翌日の営業時間内に電話をすると、ようやくオペレーターが出た。
予約番号を伝えてキャンセル手続きは問題なく進んだが、運賃の払い戻しは購入時に支払ったカード会社を通じて行うので、一ヶ月ほどかかりますとの回答。

こちらは「そうですか」と答えるしか無かったが、払い戻し金を別途購入する春秋航空の運賃費用に充てるつもりだったのだがあてが外れた。

まぁ今回は大した立替え金額ではなかったのだが、学生時代の貧乏旅行の時だったら、このような対応を受けたら非常に困っただろうに思う。

かの時代はギリギリで旅行していたため、突然の欠航ですぐにお金が返ってこない上に宿泊費だの新たな航空チケット代だの突然の出費は非常にキツイのである。
こういう体験をしてみて、どうもLCCは本当の貧乏人には危険な乗り物だという気がした。
何故なら今回のように欠航などが発生した場合、カバーできる保険が無いため、旅先で立ち往生する危険があるからであり、LCC利用は諸刃の刃だなということを感じるのである

このように、LCCのメリットとデメリットを短期間にいっぺんに体験し、LCCとはなんたるかを身をもって知った今回のピーチ航空初搭乗であった。
(次は茨城空港&春秋航空初体験の話)

パスポートに押された出国中止のスタンプ

格安航空券はファースト・ビジネスクラスの恩恵?

 最近自治体の首長がファーストクラスに乗るべきか否かという話題が出ていたが、これに関連して、色んな航空会社の運賃を見ていたところ、ファーストクラス(F)やビジネスクラス(C)とエコノミーの運賃格差が思いのほか大きいことに気がついた。

 例えば東京-ロンドン間をJALのサイトで8月21日発25日戻りの条件で検索すると、

・Yエコノミー 229,500円、147席=33,736,500円(33.87%)
・プレミアムエコノミー 312,000円 40席=12,480,000円(12.53%)
・Cクラス 680,000円 49席=33,320,000円(33.45%)
・Fクラスで2,508,000円  8席=20,064,000円(20.15%)
という結果が出た。
(料金はいずれもその時のクラスの最安値)

 上記の数字の右側は、クラスごとの席数と満席となった場合の収益、その割合を出したものである。

 これによると満席(244席)の場合の収入総合計は99,600,500円となるが、そのうち実に50%以上が、座席数の23%しかないCとFで占めている。

 さらにプレミアエコノミーを加えると、39%(97席)の座席で66.13%の収益となる。

JALの機体

JALの機体

 一般的に航空便は搭乗率60~70%で採算ラインと言われるが、収益の面から言えば、例えばエコノミークラスがガラガラでも、プレミアエコノミーやCクラス以上が埋まっていれば採算が取れてしまうことになってしまうものと推測される。

 つまり、極端な話を言えばエコノミークラスのお客がいなくてもアッパークラスさえ埋まれば航空会社として採算上は問題ない状況だといえるのである。

 もちろん、エコノミー席は人を乗せれば乗せるほど利益が増えるので、空っぽで良いということにはならないのだろうが、エコノミーに力を入れるよりアッパークラスへの集客に力を入れることが航空会社にとって遥かに大事ということになる。

 もし航空会社がこういった格差運賃を止めて全員均等運賃にしたすると、上記の数字を例にとると、単純な頭割りでは一人の往復運賃は408,000円となりエコノミーの2倍にもなってしまう。

 このように高価な座席になってしまうと恐らく座席は7割も埋まらず、航空会社は利益を上げることが出来なくなるだろうと推測され、この路線の運航は出来なくなるだろうと予想される。

 それ故に、各航空会社では座席の快適性を含めたサービス内容で格差を設け、敢えて運賃に格差を発生させ、採算はアッパークラス、利益はロークラス(エコノミー)というお客の区分を行っているのだろうと推測される。

 このようなことからエコノミー席にはシェア争いのために席埋めだけを主眼にしたような極端な格安航空券も出まわることになるわけで、私のような格安エコノミー専門の人間は、実はこういったFクラスやCクラス利用者が採算を保持させてくれている方のお蔭で、格安で飛行機に乗れているとも言えるのである。

 しかもこうやって裾野を広げることによって、その航空会社の宣伝にも繋がっているということも出来る。

浦東空港の日本航空機

浦東空港の日本航空機

 ではロンドンのような遠距離ではなく、上海のような近距離ではどうだろうか?

 同じくJALで東京(成田)―上海浦東の近距離運賃を調べたところ
・Yエコノミーで29000円、207席 6,003,000円
・Cクラス95000円 30席  2,850,000円
で、総計237席、満席の場合の運賃合計8,853,000円という数字が出た。

 この場合アッパークラスのCクラスだけでは収入は全体の32.19%にしか過ぎない。
 ただ、ネット上で見つけた下記サイトによれば東京―福岡の運航コストが114万円と推測されていることから導き出せば、東京―上海間の運航コストも恐らく片道130~140万円となるのでは推測される。

<参考:飛行機の運航コスト>(外部サイト)

 まあ機材も距離も会社も運営形態も違うので140万という数字がどのくらい正しいかはわからないが、仮にこの数字を基準にして上記の上海便のコストを見ると、往復280万程なのでやはりCクラスが全部埋まれば辛うじて採算は取れる値になると見込まれる。

 もちろん、エコノミー席がどんどん埋まれば利益になり、上記の比率だと彼にCクラスが空でもエコノミーが50%埋まれば採算が取れるような数字バランスのようである。
 このように短距離の場合はエコノミーの比率が高いながらも、やはりアッパークラスで採算を見ているようである。

 ところで、各航空会社ではマイレージの上級会員に対してアップグレードサービスを行っているのを見かけるが、あれはどういう意図なのだろうかと考えてみた

 私の勝手な推測だが、恐らく会員に対してアッパークラスを体験してもらい、次回以降の利用に繋げたり、心地よさを口コミで伝えてもらう広告役のような狙いがあるのだと思われる。
 さらに利用者が満足している表情を、通路を通る他のエコノミー客に見てもらい、ステイタスへの憧れを持ってもらうという狙いもあるかもしれない。

 そして何よりも、1人がアップグレードで移動することにより、その分だけエコノミー席が空き、直前搭乗の新しい旅客を載せることが出来て、収入を上乗せすることができるというメリットもある。

 いずれにしても、航空会社というのは、乗客のステイタスや虚栄心をうまくくすぐりながら営業しているビジネスモデルといえる。

 ただ、あまり格差を煽りすぎると逆効果で、機内のトラブルになる原因となると先日のネット記事で報道されていた。

機内で暴れる乗客、ファーストクラスの存在が原因?

 どうも人間というのは、自分が得られない豪華さを享受している人の姿を見ると、自分が払っている航空運賃の安さの仕組みを知らずに、不平等だと腹を立てるようである。
 もし産経新聞が、今回の舛添騒動の冒頭に知事のファーストクラス利用の記事を意図的に持ってきたとするならば、僻みやすい都民や日本国民を焚き付けるのに最も効果的なネタだったということになるが、果たして真相はいかに?。