Tag Archives: 台湾人

海外生活者にとって二重国籍問題は他人事ではない

数年前から騒がれていた蓮舫氏の二重国籍問題だが、実際海外の最前線にいる身としては政治的影響云々以前に、かなり身近な問題であり他人事ではない。

 私自身は未婚であるため現時点では子供の国籍で悩むということに直面してはいないが、外国に住む身としては、将来国際結婚をする確率は日本国内にいるときより遙かに高く、子供が出来ればやはりその問題に直面するのである。
 
しかも上海など中華圏にいる限りにおいては、蓮舫氏の両親と同じように台湾人や中国人などが配偶者となる可能性は非常に高く、やはり日本と中国・台湾間の国籍関連の法律手続きは気になるところである。
実際、私の周囲には日本人夫婦として中国に来た場合を除き、独身状態で来た場合は国際結婚に至っている場合が非常に多く、当然の如くその子供について皆さん国籍の選択や手続きについて悩んでいる。

写真はイメージ

まあ国籍選択そのものについては正式な統計を見たわけじゃないが、伝わっている話を総合すると大半は早期に日本国籍を選択している。

これは日本の国籍を選択した方が、国際的に入国できる国が多いのと、日本人学校の入学条件として。日本国籍かつ親が労働ビザを持っていてその家族の資格であることが条件になっていることが影響していると推測する。

いずれにしても手続きが煩雑であり、皆さんいろいろ苦労されている。

それでも生まれた場所が日本国内であれば日本国籍を選択することに関しては、手続きは比較的簡便だと聞く。

ただ問題なのは中国で生まれてしまった場合である。

中国では二重国籍を認めていなので、外国人同士の夫婦間で生まれた場合を除いて、取り敢えず中国に出生届を出さなくてはならず、自動的に中国の国籍を持つ子として登録されてしまう。

そして合わせて日本の大使館・領事館に出生届を出せば、両方に国籍がある状態が成立してしまうのである。

この二重国籍状態は二十二歳になるまで許されており、二十二歳になるまで国籍選択届を出すとされている。
で、これが蓮舫氏に実際発生した状況とも共通するのだが、日本で日本国籍選択届を出したとしても、自動的にもう一方の国の国籍離脱とはならないのである。

つまりもう一方の中国や台湾の国籍の離脱手続きをしなければ、その国においては籍が残ってしまうことになる。
ただ、そのような籍が残っている状態でも、日本国籍を選択したならば日本国内で生活を続ける限りにおいては基本的には何ら支障がない。
 蓮舫氏の例にみられるように、選挙に立候補して公職に就くことも出来る。

 問題があるとすれば、籍を取り消していないもう一方の国へ入国するための居留ビザなどを取る場合である。
 この件、台湾の状況は詳しくないが、中国の場合は、日本人学校への入学などの目的で外国人として居留証を取ろうとすると、中国籍の離脱を求められてしまうのである。

 ただこういったビザを必要としなければ、両方の国のパスポートを持ち続ける場合もあるようである。
つまり、それぞれの国へ戻る時にそれぞれの国のパスポートを使って入国するようなケースであり、その便利さ故に意図的に国籍を離脱しないという人もいないとは言えないようである。

しかしながら大抵の場合は、国籍国へ生活の拠点を固定するので、取り消さなければならならない国家に戻って鉄続きをすることは非常に面倒ということもあって、怠る場合が多いと推測される。

 今回の蓮舫氏の件においても、この取消手続きが終わっていると本人は思い込んでいたが、結局は手続きが行われていなかったところに問題があったとされる。
まぁ彼女は国会議員や野党党首という目立つ立場に立ったため、より強く批判にさらされるわけになったのだが、実際の法手続きの現状や面倒臭さを考えると彼女の手続きミスを責めるのは少々気の毒に思える。

ところで、この件に関して、蓮舫氏はスパイだのなんだのと必要以上に酷い言われようをしている。

個人的に蓮舫氏を政治的な意味で肩を持つということではないが、スパイ呼ばわりまでされている状態は、国際結婚夫婦やその子供に対する酷い偏見と差別に他ならない気がする。

もちろん、実際に彼女が他国のスパイでないという証明は非常に難しいことではあるが、本物のスパイなら、一般的に考えて二重国籍(相手国の国籍取消忘れ)など分かり易いミスを残さないであろうに思う。

 もし他国がスパイとして送り込むなら、彼女のように手続きに問題が残る人物より、完全に帰化した人物や二重国籍を解消したよう人物の方が疑われる点が少なく使いやすいように思うのである。

更に言えば最初から日本国籍である人物を利用した方が遙かに怪しまれにくく、恐らくそういう人物を利用するのであり、手続き漏れをしているような人物はスパイとしては使えないだろうに思う。

いずれにしてもあのような彼女への差別的な言葉は、海外で暮らしたり国際結婚をした者にとっては他人事では無いのであり、我々の帰国後や自分が国際結婚をした際の子供が日本社会でどう扱われるかの切実な問題なのである。

統計によれば日本人と外国人との国際結婚は、現在は以前より減ったもののここ20年を均せば3~6%程度が国際結婚であった。
つまりその夫婦が日本人夫婦と同じだけ子供を生んだと仮定すると、学校のクラスに必ず1人や2人がハーフの子がいる状態が日本の現状であり、レアケースでは無くなってきているのである。

しかしながら国家間の関係の問題もあって、手続き上の煩雑さは相変わらずであり、社会の理解も一向に進まないどころか、蓮舫氏への批判に見られるようにその存在への反発の方が強くなっている印象さえあるのである。

 こういった現状や、手続き上の複雑さ、さらには差別的な言葉を見るにつけ、本来は一人の人間として何の価値も変わらないはずなのに、何故に後からつけられた国籍などという記号に悩まされなければならないのか、非常に疑問を感じるのである。
 

木嶋真優with上海交響楽団inSSOコンサートホール

従来から切望していた上海交響楽団ホールでのコンサート鑑賞を先日ようやく体験することが出来た。
上海に10年以上滞在しながら恥ずかしながら上海交響楽団のコンサートは初めてである。

まあ、これまでも興味がなかったわけじゃないが、上海でチケットを予約して買うという行為自体がちょっと面倒くさいのと、上海に来てからお金や時間の使い方が全く変わってしまい、人付き合い等に消費されるので、こういった趣味にお金や時間を注ぐ余裕が少なくなってしまったというのがあった。

さらに中国の鑑賞環境は決して良いものではなく、高いお金を出しても環境にがっかりする比率が高く、なかなか足が向かなかったというのも理由としてあった。

ただそういった中で、ここ数年上海に質の高いコンサートホールや劇場が増えてきたこともあり、最近コンサートホール巡り的な興味が復活し、特に上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)は音響環境をぜひ体験したくてチャンスをうかがっていたのである。

実は上海交響楽団は意外と人気が高いようで公演直前だと安いチケットは入手しずらく、今回は昨年上海で行われたアイザックスターンコンクールの優勝者と一昨年のデンマークの指揮者コンクールの優勝者という若手の組み合わせなので知名度が低いためか人気薄で、楽々と安いチケットが手に入ったのである。

で、そんな意識のため、チケットを手に入れてから後から出演者を見たのだが、木嶋真優さんという日本人ヴァイオリニストがソリストとして名を連ねていたのを発見した。

恥ずかしながら日本の音楽界の動向をこの10年ほとんどチェックしていなかったので、彼女がどんな演奏家なのかはよく知らなかった。
で、ネットで調べてみるとアイドル演奏家のような笑顔が素敵な写真が沢山出て来たため、そういうタイプの演奏者なのかなぁと思ってがっかりしかけたところ、YOUTUBEで出ていたコンクールのファイナルの演奏を聴いて非常にびっくりした。
なんて凄い演奏をするのだろうと。

正直な話、こんなに魅了されたヴァイオリニストはおよそ初めてだった気がするくらい衝撃的だった。
その後、ネット情報でいろいろ調べていくと、結構日本では著名なヴァイオリニストであることがわかり、その知名度の高さに改めて納得したのである。

そんな映像を見てしまったため、コンサートへの期待はますます高まった。

さて、当日は20時開始というちょっと遅めの演奏会であったが、ギリギリの到着となった。

初めて踏み入れるコンサートホールのホワイエはまあまあ品良くは作られていたが、日本の公共ホールのようなシンプルさ優先のデザインで、豪華な雰囲気というものはそれほどない印象だった。

上海交響楽団ホールホワイエ

上海交響楽団ホールホワイエ

コンサートホールに入ってもそれは同様で、椅子や床、壁などの素材は合板の化粧板が使われ、サントリーホールなどに比べるとやや高級感に欠け重みのない素材の造りだったのである。

上海交響楽団ホールの座席

上海交響楽団ホールの座席

ホール全体は、一応ワインヤード形式的に段々畑のような客席ではあるが、正面側の奥行きが浅く傾斜も比較的急なため、ワインヤードというより円形ステージというか、コロシアム的なステージの取り囲み方ですり鉢に近い空間という印象だった。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

で、早速演奏会が始まり響き方に注意して鑑賞していたところ、音が空間を回るような印象で、サントリーホールのような厚みと奥行きを持った響きとはちょっと違うタイプの空間であると感じた。
恐らく、天井やステージ裏の網込みのような部分が適度に音を吸収し、過剰な響きを空間に残さない工夫がされているのであり、客席裏の通路も扉無しで抜けた状態で、音を籠らせない工夫になっていた。

 結果として音が溶け合うわけでもなく薄味に仕上がっており、雑味がなく比較的素直な音響空間になっていると言ってしまえばそれまでだが、音が濃厚に響く空間を期待した私にとってはちょっと肩透かしを食らった印象であった。

上海交響楽団ホール

上海交響楽団ホール

 そんな空間の中、1曲目のリムスキーコルサコフの「皇帝の花嫁」序曲がさらっと演奏された後、いよいよ期待の木嶋真優さんの登場である。

 今回プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番という比較的珍しいプログラムで、私も1番は確かどこかで聴いたが2番は初めてという気がする。

ただこの曲はソリストの、魅力が最大限に引き出される曲であり、協奏曲と言いながらヴァイオリンの独壇場のような曲である。

しかも、今回の指揮者である台湾人の庄東杰さんは、コンクール優勝歴があるとはいえ協奏曲の経験が浅いのか意図的なスタンスなのか分らないが、オケ側がソリストに対して引き気味な演奏となってしまったため、ますますソリストが目立つ演奏となった。

 結局、リズムさえあまり噛み合わなかったような印象であり、情熱的に激しい演奏をする木嶋さんと、それに合わせず淡々と弾くオケ側の落差が印象的だった。
それを象徴したのが、本番中には珍しく楽章間で木嶋さんが指揮者に一言二言話しかける場面があり、恐らく演奏に関して何らかの要求があったのだと思われる。
 彼女には恐らくオケ側に対するイライラもあったのだと察せられたし、聴衆の私でさえ上海交響楽団という楽団の姿勢や力量に疑問を感じるほどおかしかったのである。

 まあそんなこともあっても木嶋さんの奏でる音は素晴らしく、私自身は彼女の演奏だけでも十分魅了された。
 音色が深い上に力強く存在感もあり、今後も彼女の音楽を聴いていたい、そう思わせるほど印象的な演奏だったのである。

 そして、そんな状態の協奏曲の後、休憩を挟んでラフマニノフの交響曲第2番がメインプログラムであったが、これはまぁまぁ普通の演奏が行われ、オケも良く鳴っていてあのコンチェルトの演奏はなんだったろうと思うくらいオケの演奏の質が違った。

 練習量の差なのかソリストとの相性の差なのか分らないが、同じ日の同じオケの演奏とは思えないくらい差があったのである。
 ただ、まあ個人的な理想を言えばラフマニノフならやはりもっと分厚いうねりが欲しく、やはり表現という意味では物足りないかなという演奏であった。
 上海交響楽団は上海という大都市のオケであり、そこそこ伝統もあるから恐らく演奏者の技術力は低くないはずだから、あとはシェフの味付けが必要なだけであろうに思う。
恐らくこのオケには情熱的な表現ができる、広上さんとか佐渡さんタイプの指揮者が必要かなという気がした。

まぁ、そんなことをうだうだ感じた初めての上海交響楽団の演奏会鑑賞だった。

春節の円高進行は爆買いが原因?

 あまり根拠のない推測であるが、2月の頭から中国の春節期間中に進んだ円高進行を見ていてそんな印象を持った。

 今回の春節期間の訪日客がどれだけいたのかなどの詳細データはまだ発表されてないが、JNTOのデータでは1月単月で185万人の訪日観光客があり、前年比約50%増(63万人)となっているとのこと。
 この内訳は韓国人51.5万人、中国人47.5万人、台湾人32.1万人でいずれも去年の1.5倍になっているとのことで、先月の春節時期がこれを下回ることはないだろうに思われる。

 で、訪日外国人が日本で消費する金額が一人当たり14万円とのことであるから、2600億円ほどのお金が日本に落ちたという計算になる。
 当然のことながら、これらのお金は訪日客の母国通貨では決済できないので、日本円を購入して日本円で購入しての買い物となる。

 例えば買い物に使用した手段が中国の銀聯カードであっても、日本で買い物をすれば銀聯の会社が中国の個人の口座から引き落とした人民元で日本円を購入し、その日本円で日本側の加盟店へ代金支払いを行うという流れとなる。

 故に、その決済代金の取引上で日本円を物を買う人が増えれば当然円が値上がり円高方向に行くことになる。

 これに対してJETROさんの貿易統計を見ると、昨年の日中間の貿易額は輸出入合計で年間15兆円ほど、月に均せば1兆3千億円程度となる。

 この数字と上記の訪日外国人の月間消費額2600億円(推測)のうちの中国人の人数比で計算した金額670億円を比較すると、実に貿易額の5%に匹敵する金額を爆買いで消費していることになり、決して小さくない金額の円買いが行われていると言える。

 しかも、工業貿易などは春節休業の影響で2月に取引高が減少する可能性が高く、余計に観光客の買い物決済が目立つ時期でもあるのである。

 もちろん、同時期に逆方向の訪中日本人などもいるし、実際の通貨取引はそんなに単純ではないため、ここで計算した数字が全てとはならないが、大雑把な計算で見ても、爆買いが通貨取引に影響を与えそうなほど大きな取引額となっているは間違いないという気がする。

 そして、この爆買い影響説を裏づけるかのうように、春節の終了とともに円高進行が一段落しており、若干の円安へ戻して、今日あたりだと1ドル=114円前後で推移している。
最新の人民元レートはコチラ

 つまり現在は爆買い決済が一段落したようにも見え、まあ推論の是非はともかくタイミングは見事に一致しているのである。

2011年4月上野公園(花見)

2011年4月上野公園(花見)

 で、今後の予測であるが、3月末から4月までの花見のシーズン、5月初めの労働節(日本のゴールデンウィーク)に、再び日本の観光シーズン、つまり爆買いシーズンが訪れることからひょっとすると、またそのタイミングで円高が進むのではないかという気がする。

 今後も中国人の爆買いが続く限り円高が続く可能性があり、日本の物価が割高に感じられところに行くまで、レート変遷と今の爆買いは続くのではないかという気がする。

ブランドを買う側の意識

 日本のニュースによると家電大手のSHARPがほぼほぼ台湾の鴻海に買収されることになったようである。
 まあ技術の海外流出など懸念されることは沢山あるが、まずはそこにいる従業員の未来が当面担保された訳で、そのことについてはプラスに捉えている。

 ところで、台湾の鴻海にとってこの買収の一番の理由は「SHARP」というブランド名を欲しかったからだと言われる。

 今までは大手メーカーのOEMとしては影で支える存在で表には出てこなかった鴻海にとって、世界に名前が浸透しているSHARPというブランドを是非手に入れたかったのだという。

上海の電器店のSHARPコーナー

上海の電器店のSHARPコーナー

 確かに、知名度の高いブランド名は、そのブランド名をつけて物を売れば、何も説明しなくても物が売れるようなイメージがあり、宣伝費に換算すれば今回出資した金額も割が合うと考えたのだろう。
 もちろんブランドにはそういった効果があり、ブランドを得ることによって物が売りやすくなるのは確かで、それを求める気持ちは理解できる。

 しかし、それはあくまでもブランドを売り買いする場面でだけ見た価値であり、ブランドの一面的な見方に過ぎないものであって、実は「作り手にとってのブランド」という側面が抜けている。

 実はブランドというのは、それを売る側にとっては広告宣伝ツールの一つであるとともに、作り手にとっては消費者に対して守るべき品質の約束だったりメーカーのプライドの象徴という側面も存在する。
 もののつくり手はブランドの名を汚さぬよう、品質や信用を守り築き上げるという努力を行う訳で、そこで働く個々の社員もそのブランドの名にかけて商品開発したり、高い品質を維持しようと切磋琢磨しブランドの名を守るのである。

 時には損をしてまでブランドを守ることがあり、例えば不良品が出回った時のリコール対応などもそれにあたる。
 全ての製品に不具合が出ていなくても、一部の商品に不具合があれば信用にかかわるので回収して、新品との交換などを行うのである。

 恐らくSHARPの社員たちもこれまでSHARPブランドの名に懸けて、品質の悪い商品は市場に一個たりとも出せないという覚悟で頑張ってきたはずである。
 つまりブランドは、単なる売買の知名度だけでなく、品質の向上や維持、さらには企業としての団結力にも繋がってきたわけで、それが作り手にとってのブランドであったはずなのである。
 この点を考えると今回鴻海側がこのSHARPというブランドを買うに当たって、ブランドの意味をどう捉えて手に入れようと考えたのかが非常に気になるところである。

 売る側は、そういった作り手にとってのブランドの誇りを捨てたくないからこそ、海外資本であってもSHARPを売り渡すのであり、作り手のプライドの存続を望んでいるはずであるが、鴻海側がそれを理解しているのかは分からないのである。
 これまでブランドを持たずに他人の看板の商品を作り続けてきた企業が、知名度としてのブランドだけでなく、品質や信頼のためにブランドを守るというプライドを持てるかどうかは、ちょっと心配な点なのである。

シャープが直面する台湾企業の気質

 ここ数日シャープ(SHARP)が台湾企業の鴻海グループの傘下に入るかどうかについて、ニュースを騒がしている。

 シャープは言うまでもなく、日本を代表する家電メーカーの一つであり、鴻海グループは傘下の富士康(フォックスコン)などで、アップル社のアイフォンなどの製造を下請けするメーカーとして知られている。

 これまで日本企業にとっては日産のように欧米系の企業の傘下に入ることはあっても、アジアの会社の傘下に入ることはあまりなく、少なくともシャープのような有名企業がアジア系の会社に買収されたケースはないのではないかと思う。

 まあ、日本市場が縮小する経済状況の流れの中で、今回のような話が持ち上がるのは不思議ではないのだが、ただ今回は相手が台湾企業ということで中華圏の企業気質・経営者気質を知る身としては一抹の不安を覚える話となっている。

台北101タワー

台北101タワー

 どこが不安かというと、日本企業と台湾企業では従業員に対する考え方がまるで違うように思えるからである。

 台湾の友人の話によると、台湾の企業は総じて福利厚生に乏しく、従業員をあまり大事にしない傾向があるという。
 分かりやす言えば、上海など大陸の経営者気質と大差なく、従業員の生活を守るために経営者が振る舞うというより独善的に自分の経営の駒として従業員を扱い、コストパフォーマンスが悪ければすぐに切ってしまうのが中華圏の経営者の典型的なイメージである。

 また長期的な態度や視野や欠けるというか、即断即決の行動をしなければ気が済まないというのも中華圏の経営者気質の印象であり、気が変わるのも物凄く早い。
 もちろんその即断性が功を奏することもあるが、それは経営判断という経営者にとってのメリットであり、周囲の人間にとっては振り回される性質の気質である。

 私がかつて知り合った某台湾系ホテルの日系人支配人も、それまでなかなか開業にこぎつけられなかったホテルを彼の手腕で開業させたのだが、開業した途端に解雇されてしまったことがあった。

 そういう状況を目の当たりにしてきた私にとっては台湾企業とは被雇用者にとってはかなりドライな体質との認識である、
 このように台湾は経済圏としては日本と同じ西側に属していても、企業風土の傾向としては中華圏と同様であって、家名を守ることに必死になる日本企業のお家気質とはかなり異なるのである。
 
 で、昨日鴻海グループの郭台銘会長の行動を見る限りにおいては、この会長は完全に中華圏の経営気質だと理解することが出来る。
 即ちゆったりした商談日程ではなく、急遽日本に飛んでシャープ側と交渉を持つ行動や、会議の後に勝手に「概ねハードルは乗り越えた」と発表してしまう状況を見る限り、日本企業の持つ慎重な態度とは明らかに違う中華圏気質の経営者であるのことが分かる。

 また、彼の口から漏れた「太陽光事業以外はリストラはしない」「40歳以下は守る」という言葉も、逆に言えば「太陽光事業は切り捨て」「40歳以上は切る」と公言しているようなものであり、従業員に対する配慮に欠ける言葉で、日本企業の経営者なら同じ目論見があっても決して口にしない言葉だろう。

 そうでなくても傘下のフォックスコンでは、かつて労働者の自殺が相次ぐなど従業員の扱いに疑問を感じる企業体質である。
 フォックスコンの件は現在では概ね改善し法律は守っているのかもしれないが、そうやってかの会社は大きくなったのであり、従業員軽視傾向は残っていると警戒すべきなのである。

 左様に台湾企業というのは中華圏的な気質であり、むしろ大陸企業では自殺者が話題にならないことを考えると、大陸企業以上に従業員に対してドライな気質といえるのかもしれない。

 で、話をシャープの買収問題に戻すが、このように企業体質の違う台湾の企業が日本の企業を買収したとしても、鴻海グループ側がよほど理解を示さなければなかなか経営者の思うような結果を得られないのではないかという気がする。

 すなわち台湾的人事管理がシャープ側に入ってきた場合、本当に大事な技術と経験を持つ40代以上の技術者がリストラされたり、管理方法に嫌気を感じて逃げ出したりする可能性があるわけで、シャープブランドという箱は買ったが、肝心な中身の社員が逃げ出して以前のように会社が機能しないということは十分考えられるのである。

 そうなると、会社が価値を失って不良債権化する可能性があり、不良債権化してしまえば、経営者には「ブランドを守ろう」という意識など無しに、損切りのために解体しようとするのが最終的な判断になると予想する。

 もちろん、収益が上がらない企業はやがて解体されていくのは資本主義の宿命でもあり、単に感情論だけでどうのこうのを言うことは出来ないが、今回買収元が台湾企業であったがために、企業寿命が更に縮まってしまうことも有り得るのである。

 今後シャープが直面するかもしれない台湾企業気質、果たしてシャープという会社が受け止めきれるであろうか非常に心配である。