Tag Archives: 消費税

消費税を15~20%にして、所得税を廃止したらどうだろうか?

 ここしばらく舛添騒動があったので、随分昔のような記憶になってしまったが先日、安倍首相がサミットにかこつけて、消費税率の引き上げ延期を表明した。
 まあ、表面的な理由はリーマンショック級の危機が迫っているので見送ったほうが良いという判断になったとのこと。
 この発言にG7参加各国首脳は大変驚いていたようだが、税率引き上げ延期自体は、目先の経済への影響を考えると賢明な判断かも知れない。
 
 ただし、これにより社会保障への財源がまたまた不足し、年金支給開始年齢が70歳になるかもしれないという噂も、週刊誌レベルで言われるようになってきた。
 故に目先の経済への影響がなかったと喜んでばかりもいられなくなった。

 今後日本社会で高齢者比率がどんどん高まる中で、福祉予算の増加は膨らむ一方なので、税収増加も避けられないのは確かなのである。
 そこで私が考える対策は、以前にも同様のことを「租税回避を消費税で回避」書いたが消費税を15~20%程度に引き上げるのと同時に、一定年収以下の人或いは全員の所得税を廃止してしまう方法である。

 前回消費税率が5%から8%に引き上げられた際に、消費の低迷を招いてしまったのは、給与所得も上がらない中での引上げだったため、税率引き上げげ幅がそのまま物価変動となり、結果消費がマイナスということになってしまった。

 そこで、消費への影響を抑えるために所得税をゼロにし可処分所得を増やし、消費者心理を刺激する。
 また年金の支給額も10%程度増額し、受給者の不安を和らげる。

 その代わりに消費税は15~20%程度まで行きあげる。

 これにより、物価も上がるが消費は維持され活性化するのではないかという発想である。

 具体的な税率の数字バランスは、税収と消費動向をよく見極めながらやらなくてはいけないが、少なくとも単純に税率を引き上げるよりは消費者マインドに与える影響はかなり違うものになるだろう。

am500_fa038

 そして所得税を止めて消費税に切り替えるメリットは、税の公平性や所得の公平性が高まるのではないかということ。

 まず第一に、例えば日本国内に本社がなくタックスヘーブン地域に本社があって、法人税や所得税を徴収できなかった法人や個人からも、日本国内での経済活動からは等しく税徴収が可能だということ。
 つまり、今まで法人税では徴収できていないアマゾンやグーグルなど、巨大企業の経済活動からも徴収が増やせることになる。

 また、在日特権などと言われた不明朗な扶養家族の問題なども、所得税そのものがなくなることになり不公正感がなくなり、そういった方は国内でお金をつかった分だけ税が徴収されることになる。
(送金されるお金の扱いの問題はあるが)

 さらに配偶者控除の存在により労働調整を行なっていた方についても、所得調整などの必要が無くなるのでフルタイム、フル賃金で働くことに敷居がなくなり、不平等賃金などのガラス天井を意識する必要もなくなるである。

 そして所得税の特別徴収など事務手続きが簡略化されるので、徴税コストも軽減できることが予想される。

 まあ具体的に消費税率を何%に設定するかが最大のポイントになるが、所得税廃止とセットでの消費税引き上げというは是非検討していただきたい施策だという気がする。 

茨城空港に春秋航空日本が消費税免税店を作ったらしい

 先日、春秋航空の親会社の春秋旅行が日本のホテル業に進出することはブログに書いたが、今度は免税店を作ったというニュースを目にした。

 ニュースによると春秋航空が2010年に作った日本の子会社の春秋航空日本が、茨城空港内に「Spring shop」という免税店を開業させたとのこと。
 日本の家電量販店で有名なビッグカメラと共同で設置し、茨城空港の利用客に向けて免税品販売を行うということらしい。

 ただちょっと気をつけなければいけないのは、このSpring shopは免税店と呼ばれてはいるが、免除されるのは消費税だけということのようだ。
 つまり消費税以外の税金は免除にならず、例えばたばこ税や酒税といった税金は免除にならないので、いわゆる出国審査後に免税で買い物をするお店とはちょっとばかり種を異にする。

 もちろん、海外旅行客や日本人の長期海外滞在者が対象者であることには変わりなく、消費税分だけ国内の市価よりは安くなる。
 酒や煙草については国際線の出国審査後の待合室に永山という小さな免税店が2010年から設置されており、こちらを利用すると酒税・たばこ税も免税されるので圧倒的に安くなるが、それ以外の品物は原則同じ価格となる。(価格競争は別として)

 で、出国後の免税店ではなく出国直前の消費税免税店で品物を買える店があると何が便利かというと、機内に持ち込まず委託荷物に含めることが出来るという点になろうか?

 また空港外での買い物した場合に比べ空港まで運ばなければならないという労力がなくなる点もメリットである。

 ただまあこれは利用者側から見た空港の免税店のメリットであり、言ってしまえばどこの空港でも同じことではある。

 しかし、今回春秋航空日本がこの茨城空港に免税店を作ったのはもう少し別の狙いがあるような気がする。
 まず茨城空港の国際線は中国線しかないので、マーケットはほぼ中国人客オンリーとなるため、品揃えに無駄がなく売れるものだけを置ける効率の良い場所ということになる。

 そして、ここからは実際搭乗していないので想像でしかないが、春秋航空側が機内でカタログを配布し予約できる体制となっているのではないかと想像する。
 こうすれば、帰国時までに空港へ品物を配送しておけば良く、お店で余分な在庫を抱えるためのスペースは不要になる。

 さらに、Spring shopでの販売時に春秋航空利用者なら荷物の追加委託料金の目安を示してやったり、委託料金の割引のタイアップを行えば商売としては完璧だろう。
 つまり物品販売だけでなく、委託荷物の追加徴収でも儲けると言う意味で、二重の意味で儲ける戦略としてこの免税店を設置したような気がするのである。

 現在、茨城空港には上海から春秋航空が週8便、深圳から南方航空が週2便(土日)、そして今月1月末から杭州から中国国際航空が週2便(土日)を運航することになっており、ますます中国人客が増える茨城空港となっている。

 まあ自衛隊の関係で、これ以上は中国の航空会社の便を増やすには限度があるようだが、春秋航空では「春秋航空日本」という建前上日本資本の会社となっている航空会社もあり、今後はこの会社を使って、茨城空港から中国への国際線を増やす可能性もあるかもしれない。

 つまり今回はそういうことを睨んでの免税店開店だという気がしないでもない。

 この免税店には日本のビッグカメラが参加しているとは言え、日本への爆買いツアーまでも中国側で利益をさらおうとするこの中国企業の商魂は実に恐れ入る。

消費税が本当に景気低迷の原因なのだろうか?

 日本のGDPの第二四半期の速報値が、マイナス成長と発表されて日本の経済界が混乱していると報道されている。
 今年4月の消費税値上げが景気の足を引っ張ったとされているが本当にそうなのだろうか?

am900_bi019

 言っては悪いが消費税の税率が上がった幅はたった3%である。

 現在の税率が8%となったから、まるで8%物価が上がったのかのように騒がれているが、5%の時点を基準にすると実際の物価上昇は2.85%に留まっているのである。
 つまり1万円で285円だから上がったと言えば上がっているが、騒ぐほどインパクトの大きい数字かといえばちょっと首をかしげてしまう面がある。

 それより寧ろ現在の景気に悪影響を与えているのは為替であるという気がしている。

 ドル円レートを見れば、昨年この時期に1ドル98円程度だったのが、現在は115円にまで円が安くなり、実に17円も円が下がっている。
 17円の円安という事はざっくりそのまま17%ほどドルが高くなっていることを意味し、つまり17%も輸入品価格に影響が出ているということが言え、その影響で実際に国内の物価がどんどん上がっている状況となっている。

 まあこれが消費税の税率引き上げのタイミングと重なったものだから、消費税が消費の足を引っ張っているように映ってしまっているが、17%と2.85%ではどう考えても円安による物価高の影響の方がはるかに大きく、消費の足を引っ張っている気がするのである。

 つまり消費税引き上げによる景気への影響はかなり限定的だったという気がする。

 かつて日本が加工貿易産業で伸びていた時代は円安はプラスになったかもしれないが、そういった産業は大方中国など海外にシフトしており、日本が円安になって好転するような要素はもうほとんど残っていないので、円安になってしまえば、物価高だけしか影響がなくなってしまうという気がする。

 今回消費税引き上げばかりが景気の影響要素として騒がれているが、日本の産業構造が今どういう立ち位置にあり、何が景気を左右する要素なのかを見極める力を、政治家達にはもう一度きちんと学んでほしいという気がするのである。