Category Archives: スポーツ中継

カーリングに再び夢中

 特に大きな予定もないまま春節を迎えてしまったが、オリンピック中継の存在に救われている。
 もちろん、昨日のフィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手の金メダルは、中国CCTVのインターネット放送ではあるが、しっかり見届け、感激を覚えた。
 余韻としては今現在も残っており、VPNを繋げば、gorin.jpで競技の様子もフルバージョンで見ることも出来、実際に何度も見た。
 ただ、競技としては一種目であり、長い春節休みをカバーするには短すぎる。

CCTVでの羽生選手の表彰式

 そこで、この休み期間中の私のテンションを保たせてくれているのがカーリングであり、特に女子チームの試合はかなり見ている。
 日本チームも当然見ているが、中国、イギリスのチームは前回や前々回のメンバーがのこっているし、韓国チームも地元ということで注目していたので、試合を見るようになりすっかりメンバーも覚えた。
 もちろん、各チーム美人選手が多いというのもその理由にある。(笑)

イギリスチームのスキップ ミューアヘッド選手

 カーリングの何が面白いかというと、月並みな表現だが一投ごとに局面の変わる戦況と、駆け引きや心理戦が非常に面白い。
 氷上のチェスト評されるほど、スポーツでありながら半分は頭脳戦なのである。

 もちろん、時間制限もあるので将棋のような長考はないが、ポイントとなる場面ではチームメンバーが集まって、色々な可能性について意見を出し合い作戦を決めていく。

 オリンピック代表選手なので、基本的にはみな精度の高いショットを出すが、コート表面の氷の状況など、狂いが生じる可能性がある。
そういったリスクをどこまで織り込んで、次のターゲットを決めていく。

こういった勝負を全10エンド制で行い、攻守を交代しながら点数を取り合ってこなしていく。

ただ、以前「1点をとってはいけないカーリング」で書いた通り、そのエンドで1点をとることが必ずしもプラスにならないため、それを考慮して目の前にある点を取るべきかなどの作戦を立てていくという難しい要素もある。

これが、この競技奥深さであり、面白さとなっている。

 従って、例えばスピードスケートや、スキーの滑降などのように、せいぜい数分で結果の出てしまう競技とは一線を画し、一試合2時間以上かかる場合もざらである。

観る側もじっくりと腰を落ち着けてみる必要があって、それを楽しんでいる。
 ただ、こうやって競技特性を考えてみると、以前のブログでは
カーリングは中国人にも人気が出そうな気がする。

というような記事も書いてしまったが、じっくり考えることのあまり得意ではない中国人たちにはあまり馴染まないような気がしてきた。
 やはり次回の北京五輪が少し心配である。


カタカナ代表時代にオリンピックの国旗掲揚はもう不要

 先週からリオオリンピックが始まっているが個人的にはあまり盛り上がっていない。

 まあおおまかな結果程度は、YAHOOのニュースでどんどん報じられるのでそれなりには知っているのだが、どうもそこまで熱くなってはいない。

 寧ろ日本のプロ野球のファイターズの勝敗の方に一喜一憂しているような状態で、オリンピックにはあまり熱くなっていないのだ。

 その一番大きな理由として、テレビ放送を見ていないことが大きい。
 元より日本のテレビを見られるような契約をしていないのだが、中国の放送すら見ていないのである。
 それ故に開会式の中継や映像も全く見てないし、その後の競技もほとんど見てない。

 またブラジルとの時差が(中国と)11時間もあるのも大きい。
 殆どの競技は深夜から朝方にかけて行われるので、とても起きていられないのである。
 それ故に朝起きて、ネットで結果だけをざっと確認するだけのオリンピック観戦となってしまっている。
 
 さて、そんな中で今回のオリンピックでは、日本代表とされる選手たちの質が過去に比べかなり変化していることに気がつく。
 それは何かといえば、選手のボーダレス化である。

 今回の代表選手でやたらカタカナの名前のついた選手、つまり外国人とのハーフ外国人アスリートの活躍が目立つのである。

 昨年のラグビーのワールドカップの時にも既にその兆候は現れており、日本代表と言いながら、リーチマイケル選手とかヘスケス選手とか外国出身の選手やハーフの選手で溢れていたが、今回のオリンピックではさらにその状況が深くなった感がある。

 まずはつい先日柔道90キロ級で金メダルを取ったベイカー茉秋選手で彼はアメリカ人とのハーフである。
 そしてテニスのダニエル太郎選手で彼も国籍は日本だがやはりアメリカ人とのハーフである。

ダニエル太郎選手

ダニエル太郎選手

 さらに現時点で快進撃となっている7人制男子ラグビーもフィジー人2人ニュージーランド人1人が参加している。
 また陸上男子100mのケンブリッジ飛鳥選手と400mのウォルシュジュリアン選手はやはりジャマイカとのハーフであるが日本国籍の日本代表選手である。
 いずれも、日本の学校への留学や両親の血筋の関係で日本代表になったわけであるが、まぁ保守的な古い意識で見てしまえば彼らを日本代表としてしまうことには少々違和感があるだろう。

 しかし、世の中のグローバル化が進むに従って、徐々にかのように人種のボーダレス化が進んでいるのが現実である。

 オリンピック以外でもプロ野球のダルビッシュ有投手のようなハーフアスリートの台頭や、ローラベッキーといった芸能界のハーフタレント活躍がかなり目立って増えてきている。

 こういった時代になってくると、恐らく「オリンピック日本代表」というのは、徐々に日本国籍を有する人の代表ということでしか意味を持たなくなってくることになり、個人の国家への帰属意識とは必ずしも一致しなくなる。

 つまりスポーツ界における国家の存在の有形無実化である。

 先日、今回のオリンピック開催前の日本代表壮行会において、東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長が「君が代歌えない選手は日本代表ではない」といった趣旨の発言をしたことが論議を呼んでいたが、こういった代表選手のボーダレス化を見る限りにおいては、どうも時代錯誤ナンセンスな発言のように映った。

 そもそもオリンピックの代表選手に国家の名誉を負わせられるほど、国家は選手を育てているのかという疑問が湧く。

 オリンピックに参加する選手の殆どは、個人でスポンサーを得たり、企業が育てたりしているわけで、国家が費用を出してアスリートを養成しているわけじゃない。
 しかも最終的にオリンピックへ派遣する段階でもその多くはIOCを通じてスポンサーが費用を出しており、国は僅かばかりの補助金を出しているに過ぎない。
 にも関わらず、オリンピック代表選手に日本国家代表の命を追わせるのは少々虫がよすぎると思うのである。

 そして、選手の質と育成状況がこういった時代になってくると、表彰式での国旗掲揚や国歌の演奏も少々白々しい印象にも映ってくる。

 選手がこのようにボーダレス化をし、選手育成が国家の命題ではなくなっているこの時代に、オリンピックにおいて表彰式で国旗と国歌というのはどうも陳腐な印象なのである。

 本来オリンピックとは「個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない。」とオリンピック憲章に定められている。
 つまり国家は選手取りまとめの役割を担っているに過ぎず、この意味から言えばオリンピック本大会で国旗や国歌を表に出して表彰することが果たして適切なのかという疑問が湧くのである。

 日本のアスリートのボーダレス化やロシアの国家ぐるみドーピング疑惑を受け、そろそろオリンピックの表彰式での国旗の掲揚や国歌の演奏を止めてもいいのではないか、そんな感想を持つようになった今回のリオデジャネイロオリンピックである。

 

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。
 これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをもった言葉として我々の生活の中でも日常よく使われる言葉として残っている。

 その代表的なものとして四面楚歌呉越同舟、或いは臥薪嘗胆などの言葉が挙げられるのではないかと思われ、これらは今でも使われているのは周知のとおりだろう。

 ところが、こういった中国生まれの故事成語に混じって、日本生まれの故事成語が中国に逆輸入されているケースがあることをつい先ほど知った。

 その逆輸入された言葉とは実は「天王山の戦い」という言葉である。

 まあこの言葉は日本人なら誰でも知っているように、戦いの上で勝敗の分かれ目となるポイントを指す言葉であり、戦国時代の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀が争った際に、京都府と大阪府の境目にある山崎の天王山を先に取った秀吉が勝ったことに由来する日本発の故事成語である。

 この日本人なら誰でも知っている故事成語であるが、実は中国でも日常的に使われる言葉となっていたようなのである。

 それを見つけたのが、実は先ほどまで見ていたサッカーのドイツブンデスリーガのネット放送であり、バイエルン対ドルトムントの試合のサブタイトルに、「天王山の戦い」と記されていたのである。

1299318508

 へぇー、これって日本の故事成語じゃんと思いつつも、ひょっとして中国にも同じような名前の場所で同じような戦いがあったのではないかと思い、百度(バイドゥ)で調べてみた。
 しかし、出ていたのはやはり日本の故事を基にした言葉だという説明で中国に類似した言葉があったわけではないようだった。

 1446073689

 これは非常に驚くべきことである。

 まず、日本で生まれた故事成語が中国で使われていることが一つの驚きであり、さらにこういった「天王山の戦い」的な同様の意味を持つ言葉が中国の故事成語の中に無かった(残らなかった)ということがとっても驚きなのである。

 言っては悪いが、中国の4000年の歴史なんてほとんどが戦乱の歴史であるからして「天王山」的な存在は過去にもありそうに思える。

 しかし、日本発の故事成語、しかも16世紀末という遥かに遅い時代の言葉が輸入されてまで今まで残っているということは、中国の古代史には天王山に類するものがなかったということになるのではないだろうか?

 懸命に探せば中国の故事に似たような言葉があるかもしれないが、この「天王山の戦い」という言葉が、しっかり中国に逆輸入され中国人が普通に使う言葉になってしまっているということは確かのようである。

 今回日本人の私としては非常に驚く状況を発見してしてしまったようである。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。