上海からスマホでファイターズ観戦

 ここの数年、身体のことを考えているのと同時に、それほど余裕がなくなっているので、外で遊ぶのを控えているというか、仕事以外の時間は家で過ごすことが多くなった。  で、最近はまっているのがスマホによる野球観戦。  以前、パ Continue Reading →

カーリングが4年に一回しか盛り上がれない理由

平昌オリンピックが終わり、日本選手団が先週帰国し、メダリストたちがマスコミにちやほやされている状況がネットを通じてこちらにも伝わっている。  特にカーリングの女子チームは「そだねー」の流行語とともに注目を浴びている印象だ Continue Reading →

カーリングに再び夢中

 特に大きな予定もないまま春節を迎えてしまったが、オリンピック中継の存在に救われている。  もちろん、昨日のフィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手の金メダルは、中国CCTVのインターネット放送ではあるが、しっかり見 Continue Reading →

カタカナ代表時代にオリンピックの国旗掲揚はもう不要

 先週からリオオリンピックが始まっているが個人的にはあまり盛り上がっていない。  まあおおまかな結果程度は、YAHOOのニュースでどんどん報じられるのでそれなりには知っているのだが、どうもそこまで熱くなってはいない。   Continue Reading →

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。  これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをも Continue Reading →