Tag Archives: 交通

中国販売シェア20%のVWと中国の大気汚染

 先月に発覚した独フォルクスワーゲン(以下VW)社の不正車両問題だが、中国でも事件について触れられているものの、ニュース上ではどちらかと言うと対岸の火事的扱いになっている。

 と言うのも、今回不正ソフト搭載が発表されたVW社の車種というのは中国全土で2000台弱しかないというのだ。

 つまり、一部の金持ちだか誰かが輸入しているだけで、中国国内の対象車種は非常に少ないので、ほとんど問題ないというスタンスらしい。

 果たして本当にそうなのだろうか?

 実は近年中国においてVW社の新車販売における市場占有率は20%前後を推移し、圧倒的な強さを誇っていて昨年2014年は年間368万台も販売しているメーカーとなっている。

 もちろんこの数字全体にはガソリン車も含まれているが、とにかく物凄い勢いでVW社の車が中国の路上に増え続けている状況となっている。

 しかも上海のタクシーはほとんどがVW社製である。

 ほかの都市の状況は知らないが、それなりに多くの都市でVW社の車両が導入されていてもおかしくないだろう。

 このようにVW社は高い市場占有率を誇り、多くの車両が日々運行される状況になっているが、そこに出てきたのが今回のVW社の排気規制逃れの不正ソフト問題である。

 規制値の40倍もの排気ガスを出す車両が見つからないように設定されたというニュースなのである。

 普通に考えてあの不正操作は現場だけで実施できるものではないことから会社ぐるみで行われていることはほぼ間違いないだろう。

 つまりそういった不正体質に染まったメーカーの車両が中国に大量に入り込んでいるこんでいることになる。
 そして規制値の最大40倍も有毒物質を出している可能性があるともなれば、近年問題になっている大気汚染の元凶としても疑いの目がかかってくる。

 さらに加えて、中国の文化土壌である。
 袖の下の加減で物事が許可になったり不許可になったりするこの国のことであるから、もしVW社の不正が意図的に見逃されていたようなことがあったとしても何ら驚かない状況がある。
 故にガソリン車とかディーゼル車の区別に関わらず、実は中国の検査基準をパスできない車が入り込んでる可能性は否定できないのである。

 もちろんこの事は中国の検査体制に問題、つまり行政体制のメンツにもかかってくるので、はっきり明るみに出ない可能性はある。

 ただ、これらの状況から察するにVW社の車両にメスを入れることによって、もしかしたら中国の大気汚染解決に近づくのではないかといいう発想が捨てきれない今回のVW社の不正問題のニュースとなっている。

春秋航空より安く日本に一時帰国した方法

最近、中国人の日本旅行ブームのおかげで中国から日本への航空便が増えていることは少し書いたが、その影響で航空運賃も高い水準で高止まりしてしまい、なかなか安いチケットが出にくくなった。

そうなると、いつも安いチケットの時期を狙って一時帰国していた私にとっては、なかなか帰るタイミングが見つけにくい状況になっていた。

そこでこの3月に何とか安い方法はないものかと探ってみたところ思いのほか安く帰れる方法があることを発見した。

上海と東京を結ぶ安いルートといえば、LCCの春秋航空が有名で茨城空港から東京駅まで500円のバスを利用すれば、成田や羽田経由よりは東京まで往復できるため、実際私の周りでも春秋航空で年中往来している人は多い。

春秋航空A320

春秋航空A320

 ただ、最近では人気が高いためか300元台などといった格安のチケットはほとんど手に入らない状態が続いていて、片道1380元などといった1000元を超えるような状態が常となっていた。

 春秋航空側では増便をしたいという意思もあるようだが、「中華系に狙われた富士山静岡空港」でも書いたように茨城空港側が自衛隊との共有空港であるがために、共産圏の航空会社の乗入れは制限があって、なかなか増便が叶わないでおり、安いチケットが出にくくなっているのである。

 で、そんな状況の中で私は3月の一時帰国の際に春秋航空より安く帰れる方法を見つけたのである。

 その方法とは経由便の利用である。

例えばCTRIPなどの旅行サイトで検索すると、右側に直行便のほかに経由便という表示が出てきて、直行便より安い値段が表示されている。
この経由便、上海―東京間だと、香港やソウル、ハノイ(ベトナム)経由などが主に利用できる。

このうち私が注目したのはキャセイパシフィック航空利用の香港経由ルートで、当時実に2000元(税込み)ほどの価格が表示されており、これはと思い航空会社の直販サイトを覗くとさらに安い1952元という非常にリーズナブルなチケットがあったのである。

キャセイパシフィック航空機

キャセイパシフィック航空機

 まあ残念ながら全ての日にこの価格のチケットが有ったわけではないが、決してオンリーワンではなく、幾つかの日で1952元のチケットは選択が可能だった。
 これに対してこのタイミングで買えた春秋航空利用の場合の運賃は確か往復で税込み2700元ほどで、つまりLCCの直行便より香港経由の方が遥かに安かったのである。

 しかも経由便利用であるからには、当然の事ながら直行便より時間がかかるのだが、実はその時間がかかることを逆手にとった利用法が香港経由便にはあったのである。

 というのはこのルートの場合は香港―成田間の利用に際して、香港を深夜に出発して成田に早朝に到着するCX524便という便が選択できた。
 この移動方法だと、上海を夕方に出て香港に夜に到着し、香港で数時間の乗り継ぎ待ち時間を食事やWIFI接続などで過ごし、未明に香港を出発して機内で仮眠をとって早朝に成田に着くことができる。
 つまり、夜間のうちに移動できてしまうので、ビジネスアワーがほとんど潰されることなく、移動前後の両日がほぼフルに使えたのである。

香港国際空港の成田行きの搭乗口

香港国際空港の成田行きの搭乗口

今回上海―香港間の移動に関して私は比較的余裕をもった便を選択したが、場合によっては上海浦東発が19時以降の便も利用できるので、ギリギリまで上海で時間を使え、次の日は朝から東京で時間が使えたのである。

これに対して春秋航空利用の場合は、上海発早朝でお昼に茨城空港に着くが、そこからバス移動すると東京駅に着くのは16時過ぎで、トータル時間こそ香港経由(最短約11時間)より短いが、ビジネスアワーはほとんど移動に消費されることになり、東京着の初日はほとんど何もできないものだった。

まあ深夜の航空機移動は確かに体には負担となるが、キャセイパシフィック航空の機内サービスは充実していて、機内食や飲み物は無料のフルサービスであり、最新の映画なども鑑賞可能(しかも日本語付画面)、USB給電器などもあっていたれりつくせりなのである。
(安いチケットでもエコノミーとしてはサービスレベルは同じ)

しかも委託荷物はエコノミーでも20キロまで可能で、やはり一般的な容量が委託できる。

これに対して、春秋航空は機内サービスが全て有料であり、手荷物と委託荷物合わせて15キロという重量制限もあってあまり多くのお土産は持ち込めない。

決して春秋航空のネガティブキャンペーンをしようということではないが、フルサービスキャリアの経由便は乗り継ぎの煩わしさ以上にLCCにはないメリットが有るということなのである。

 ただまあ、この香港ルートについても全くデメリットがないわけではなく、帰りもやはり香港経由での上海戻りが必要となり、しかも東京→香港には深夜便というものがないため、ほぼ丸1日を潰して午前東京発夕方香港着と夜香港発―深夜上海着という便を乗り継いで移動をするか、夜に香港に到着する便を選び香港で1泊して次の日の朝便で上海に移動することになる。

香港国際空港ターミナル内

香港国際空港ターミナル内

 もし香港で一泊する場合は空港内泊かホテルでの宿泊を選択することになるのだが、幸いなことに香港国際空港では委託荷物を預けっぱなしでトランジット時間を利用して香港域内に入境することが可能で、香港市内のホテルに宿泊することも出来る。

 しかし香港のホテルは非常に高いというのは有名な話であり、迂闊にホテルの宿泊料を払ったのでは格安チケットを利用したメリットが失われてしまうので、今回あくまでもコストパフォーマンス重視だったので空港内のベンチで朝まで寝ることになった。

 まあ多少の安全上の問題はあったが、警備員の目につきやすいところで寝るという方法を取って盗難を防ぐことができた。

 結局こういった学生の如き行動とはなったが、それを厭わなければ、トータル1952元という安さで春秋航空より安く上海から東京への一時帰国が可能となったのである。

 で、この搭乗体験から現在数ヶ月が過ぎているので最近の運賃動向について調べたところ、経由便はやはり概ね直行便より安く移動できるものとなっていたが、上記の深夜便CX524便は人気のようで最安値の価格では取れず、最安値はもっぱら朝上海発夕方東京着の便のみであった。

 つまり時間の面では春秋航空利用とどっこいとなってしまうか不利なのだが、運賃の面ではやはり安くサービス内容を合わせて考えれば総合的なメリットはあるようである。
 後は乗り継ぎを面倒くさいと感じるかどうかだが、そこさえ気にしなければ経由便利用でLCCの春秋航空より安く快適に一時帰国できる可能性があるのである。

上海のバス・地下鉄はオフピークも混んでいる。

 日本同様に上海の地下鉄・バスのラッシュ時の混雑は結構なものがあり、地下鉄も凄いが、バスはもっとすごい状態で人を詰め込んで走っている。
 で、この混雑は朝晩のラッシュ時だけかというと、それ以外の時間帯も結構混んでいることがあり、多少ピーク時間帯を外して乗車してもなかなか座れなかったりする。
明らかに通勤通学のラッシュ時間帯を外して乗ったはずなのに、なんでまたこんな時間にもまだ人がいっぱいいるのかと思うときがあるのである。
 何でラッシュ時以外にもこんなに混んでいるのかという点について、いろいろ理由を探ってみると、ラッシュ前後の時間帯は人の数は減っているが、実は輸送力も結構極端に減らされており、それでピーク時を過ぎても混雑が減らず、人が減っていない印象を受けるようなのである。
 あるいはバスなどは、ラッシュ直後の午前中などは、老人たちがわらわらと動き出す時間帯でもあり、通勤ラッシュとは違う人の波があったりする。
 そういった実情を知ってか知らずか紋切り型の朝晩ラッシュのみに合わせた輸送力体制がとられているのが実情のようなのである。
 東京もそうだが、大都市というのは都市部の交通状況において、確かに朝晩の郊外から都心へ向かう人の動きというものが一番大きなものを占めるが、実は日中の都市内移動というものはそれほど小さくはない。
 都市の中で生活が動いているからであり、生活に伴う人の移動が想像以上にたくさんあるのである。
 それは上海でも同じことであり、通勤通学の集約型移動以外にも結構始終人は動いているのであり、彼らはバスや地下鉄を利用して移動しているのである。
 こうやってみると、ピーク時が朝晩にだけあるような発想は捨てたほうがよく、利用者側も運営者側もオフピーク時間帯はあまり存在しないという意識で、利用・運営をやっていただきたいという気がしている。 

上海の地下鉄は暗い

 前々から気になっていたことではあるが、上海の地下鉄は駅構内、車両内ともに日本の地下鉄に比べてかなり暗い。

上海站駅の地下鉄連絡通路内

上海站駅の地下鉄連絡通路内

上海の地下鉄車内

上海の地下鉄車内

 上海の空が曇りがちな日が多いので気のせいかなとも思ったこともあったが、日本の地下鉄の写真と改めて比べると相当暗いことがわかる。

 日本の地下鉄の写真の資料が手元になかったので、下記の通り日本の方のブログを引用させていただいた。

比較すると一目瞭然であり、カメラの絞りの差を差し引いてもやはり、明確に違う。 
 日本の地下鉄は、非常に明るく地下を走っているのに昼間の如き明るさを持っているのである。

成田第2ターミナル駅は地下鉄じゃないが、地下駅でも結構明るい。

成田第2ターミナル駅は地下鉄じゃないが、地下駅でも結構明るい。

 それに比べ上海の地下鉄はやはり薄暗い印象があり、どこか洗練されない野暮ったさが残る。
 その野暮ったさの原因について、以前は中国という社会主義国の雰囲気がもたらすものとも思っていたが、どうやら輝度という物理的なはっきりした原因があったようである。

 この野暮ったさは長く上海にいると慣れてしまうので、あまり気にはならなくなってきてはいるのだが、普段から地下鉄に長い時間乗っていると、どうも心が沈みがちになることもあり、時間に余裕のあるときは地下鉄を避けてバスで移動するときもあるくらいである。

 もっとも暗いのは地下鉄に限らず、輝度が低い照明を使っている住宅なども同様で、夜に日本ほどの明るさを持つ場所は一部の高級デパートなどを除いてまだまだ数少なく、発展が進んだ上海であっても夜間に日本ほど明るいと感じる場所はそれほど多くないのである。

  ただ、一説によると世界の中でも日本の夜が明るすぎるという話もあり、日本ほど昼間同様の明るさを夜間まで照らす国はほかにないとされ、ひょっとすると上海のほうが世界標準なのかもしれない。
 そうは言うものの、地下鉄や夜の屋内も昼間同様の明るさになれてしまっている私にとっては、上海の地下鉄や屋内はやはり暗い場所ということになる。

上海の道路の中央分離柵

中央分離柵で渋滞が緩和しつつある上海

 最近、上海市内で中央分離帯や分離柵を設置している幹線道路が増えてきている。
 まあ、日本人にとってはごく当たり前の風景といえば当たり前の風景だが、ちょっと以前までは、上海でも当たり前の風景ではなかったのが、この中央の分離柵である。
  何故この分離柵が最近設置されたのかといえば、朝晩のラッシュ時にセンターラインを越えて、対向車線を走る車やバス(!)が絶えなかったからであり、非常に危ない状態だった。
 或いは対向車線をすり抜けた車両が再び交差点手前で合流するために、混雑に拍車がかかるような状況が上海市内の各地にみられたのである。
 そして恐らくその状況を改善しようと設置されたのが、この中央分離柵となっている。

上海の道路の中央分離柵

上海の道路の中央分離柵

 この中央分離柵設置後は当たり前の話だが、対向車線にはみ出す車もなくなり、車の通行が比較的安全になった。
 と同時に、流れが整流されたおかげで車の渋滞状況も幾分か緩和された印象となっている。
 具体的な計測データなどはないのだが、分離柵が設置された箇所の朝の通過時間は以前より短縮された印象で、それほどイライラすることなくスムーズに通過できるようになった。
 割り込みや無理な車線変更によるタイムロスがだいぶ減って、全体の通過台数が増えたのであろう。
 要するに、これまでの上海の混雑というのは車両の多さにも問題があったというより、運転マナーの低さに起因するものが多かったということになるのではないか?
 朝晩の通勤車両が多くなるのは仕方ないにしろ、運転マナーがよくなり流れが整えられれば渋滞も減るといういい見本のようなこの状況である。
 実は同じことは道路だけでなく、地下鉄の乗り降りや階段の上り下りにも言えるわけであり、車両には降りる人を待ってから乗るとか、ホームの階段も反対側の人の流れとぶつからないように上り下りすれば、スムーズに人が流れるのである。
 こういったことにようやく上海の行政当局や交通管理者が気付き始めたのか、少しずつ流れを整理しようとしている兆しはあちこちに見える。
 しかしながら、まだ不徹底なところもたくさんあり、人民広場駅の朝の人の流れなどはもう少し制限してもよいのではないかという気もしており、そういった変化を観察しつつ日々上海の街の中を動く毎日である。