Tag Archives: 偽物

坂本龍馬という担ぎ上げられた英雄像

 以前から世間で人気がありながら、個人的にその評価がずっと腑に落ちないでいる歴史上の人物に坂本龍馬がいる。

 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」も人気であったようだが、元々大河ドラマの様なドラマ仕立てに描かれる歴史の人物像はどうもあまり見る気になれず、中国に既に来ていたこともあって関心すら持たなかった。
 彼にはよく「幕末の英雄」などと人物紹介に枕詞がつくが、どうも持ち上げられ方に合点がいかないのである。

 明治維新に貢献した人などとも言われるが、私に言わせればまずその明治維新が薩長による軍事クーデターであり、実質の統治権を持っていた幕府を江戸城から追い出して「勝てば官軍」的に、国政再編を目的に統治者にのし上がったのに過ぎないのであると思っている。
 また東日本に生まれた私にとっては西日本から東へやってきた薩長軍というのはヨソモノの敵性存在とも言え、単なる西から権力闘争で攻め込んできた者としか映らず、会津藩士の末路などを聞けば決して新政府軍が「正義」などを持っていなかったという認識でいる。

 「明治維新」と言う言葉でさえ、彼らが自らの行動を自己正当化する為の自画自賛の言葉であることは、ほぼ疑いがない。

 新政府側は明治維新の正当性を担保するために天皇を担ぎ上げ汚名を逃れただけであり、明治政府は決して市民革命的に樹立した訳ではなく、まずそこから明治維新で活躍したとされる坂本龍馬を英雄視することに疑問符がついている。

 もちろん私は戦後の現代に生まれ、普通選挙の行なわれる戦後の日本と言う枠組みの中で育ったので、今更明治の頃のことを恨みに思うようなことは全くないが、少なくとも明治政府が樹立された明治維新を「正義が勝った」というようなプラスの意味だけで捉えている訳ではない。

 しかも明治政府成立以後、西欧列強に対抗するために明治政府が現在のものに近い「日本」という枠組みの確立に必死になっていた影響で、廃藩置県によって地方からは自治が奪われ、彼らの元へ権力が集まり中央集権体制的に国が再編されてしまうことになる。
 まさに「富国強兵」のために「日本」という大国家への枠組み再編を思想を含めてひたすら邁進させたのであって、今でいう「日本の右翼的な思想」はこの頃に醸成されたものと思われる。

 実はそんな明治政府にとって、明治の日本を日本としてまとめ上げるに必要な人物として、担ぎ上げられた一人が「坂本龍馬」という英雄像の存在だったという気がするのである。

 坂本龍馬に関する諸所の文書を見ると、彼は幕末に様々な動きを見せていたとされるが、存命当時は現代のドラマなどで描かれるほど名前が知れ渡っている人物ではなく、寧ろ1867年に近江屋で殺害されてからは暫く忘れ去られていたようである。

 その後1883年に「汗血千里駒」という坂本龍馬を主人公にした小説が高知の土陽新聞に掲載されたことからその名が世に出たとされるが、実はこの土陽新聞というのはかの板垣退助氏が創立した「立志社」という政治結社の機関誌であり、自由民権運動家であった板垣退助が自分の政治目的のために「坂本龍馬」という存在を小説を使って英雄として担ぎあげさせたと考えられ、坂本龍馬と言う人物を取り上げたくて小説が書かれたのではないように推測される。
 実際、その小説の内容は土佐藩の下級武士である郷士と上士の対立構造を軸に書かれていると言われており、権利が認められない郷士が権力と戦う様は、まさに板垣氏の行なっていた自由民権運動に沿う内容だったのである。
 そういった意味で、坂本龍馬は死んでから16年も経ったこの時点で政治的利用により庶民のヒーローと言う立場に持ち上げられることになり、世の中の英雄となる第一歩を踏み出したことになる。

 そして1891年に突然明治天皇から正四位を与えられる。
 授与の理由は正確には不明だが、前年に第一回帝国議会選挙が行われたことから、小説への登場を含めて、その功績に対して板垣氏などから推薦があったのではないかと推測される。
 また1891年には「君が代」が初めて東京音楽学校(現在の東京芸大)の卒業式で歌われるなど、教育面などで日本が国家の骨格を固め求心力やナショナリズムを高めようとしていた時期でもあり、そこへ幕末志士を勲位で評価することによって、明治政府の正当性を更に固める狙いがあったのではないかと察せられ、ここで初めて明治政府が坂本龍馬の存在を政治利用し始めたと見ることができるのである。

 そして極めつけは、日露戦争開戦直前の1901年には当時の皇后美子の夢枕に坂本龍馬が立ち「海軍を守護します」と語ったとされる話である。
 この話、全国紙の新聞に載ると国内に一気にその名が知れ渡ることになったとされ、実際、その後のロシアとの日本海海戦に大勝したことから、これを機に坂本龍馬と言う存在の国家の英雄としての存在が確定し全国的に人気を博すことになるのである。
 しかしながら、この話はどう考えても出来過ぎており、現在冷静に分析すれば明治政府が国威掲揚のための坂本龍馬という英雄像・守護神像を作り出して担ぎ上げたに過ぎず、存命中の本人のにはなかった評価を国家のためにどんどん勝手に作り出してしまったと言っても過言ではない気がするのである。
 つまり「英雄 坂本龍馬」は実は明治政府が作り出した虚構の英雄像にほかならないということになる。

 しかもこういった坂本龍馬の英雄像は日本が終戦を迎え、帝国主義の時代が終わっても消えることはなく、その後に小説家の司馬遼太郎氏の書かれた小説「竜馬がゆく」で加速されることになる。
 戦前と戦中、戦後の全てを体験している司馬氏にとって、日本と言う像をどう捉えるか悩んでいたとされる時期でもあり、そこへ坂本龍馬を主人公の執筆依頼が来て興味が湧いて執筆したと伝わっている。
 ただこの「竜馬がゆく」については、諸所の評価を見るとかなり細かく史実を調べて描いてはいるが、全てが事実ではなく一部創作も含まれていることから「小説」の域を逃れられず、描かれる人物像イメージも、英雄的な主人公にするために肉付けられていると評価されているようだ。
 しかしながら、この小説は現代の日本人における「坂本龍馬像」を決定づけるものと言われており、英雄像としての位置を確立してしまっている。
 
 まあ小説の中で描かれる主人公「英雄 坂本竜馬」を悪く言うつもりもないし、その存在に魅かれることは個人の自由ではあろう。

 しかし、英雄であるとされる彼のイメージは、歴史の中で明治政府がプロパガンダのために作り出した虚構であり、その後小説家によって肉付けされた主人公的イメージの面が多少なりともあって、幕末に実在した本物の「坂本龍馬」とはちょっと違う可能性があることを頭の片隅にはおいて彼の存在を見るべきなのではないかと思うのである。

職業プライドの薄い中国人

 中国人達と仕事について話していると、各自が今やっている職業に対して彼ら達自身はそれ程執着心がないのが分かる。

 つまり「この仕事で儲ける」ではなく、「この仕事なら儲かる」という利益基準で仕事に取り組んでいて、もっと儲かりそうな仕事が他に転がっているなら、そちらへすぐにでも替わるスタンスなのだ。

 故に、今の仕事を極めたり練り上げたりして、収入を増やそうというスタンスで仕事に取り組んでいる人をあまり見たことが無く、上手くいかなかったら修正するではなく、取り替えるという発想で仕事をしている。

 まあ一平社員ならそういう状況も理解できなくはなく、日本人にもそういう意識の人は多いかもしれないが、中国人の場合は経営者もそういうスタンスで仕事に取り組んでいる人が多いようなのである。

 つまり「この仕事を軸にして発展させる」ではなく、もっと儲かりそうな仕事があれば「すぐに乗り換える」という業務スタンスになっている。

 それ故に例えばブランド物のコピー商品売買など、違法性のあるものでも抵抗なく隙間を狙って商売している人が多いという気がするのである。

 また新規の研究開発などはとても煩わしく面倒くさいと感じているらしく、どこかで上手くいっている事例にそのまま乗れば良いという認識でいる。

 極端な話、例えばサービス業の新しいビジネススタイルの開拓は日本や欧米に任せ、自分たちはそれを真似て中国国内に持って来れば良いと言った他人任せ主義にも感じられる面があり、自分たちでサービススタイルを開発しようという職業プライドに基づく姿勢を感じる人は余り見かけない。

 そういう人たちのビジネスは、結局まんまスタイルでやるから、オリジナリティがなく、たいていは大きな成功が無いのである。

 もちろんそうでない中国人だって探せばいるとは思うが、今のところそれを感じられる中国人には会っていないという気がする。

 まあこういったプライドの薄いスタンスがいいかどうかは物の考え方なので、良いとか悪いとかは言えないのだが、私から見るともう少し仕事にプライドを持ってほしいと思う面を少なからず感じる時が時々あるのである。


ニセ医師検索システム

 先日、日本で厚生労働省がニセ医師検索システムを新たに強化するというニュースを目にした。

 なりすまし医師による事件が多発しているためとのことで、ニセ医師発見に力を注ぎたいとの意向のようだ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 さて、この点について中国はどうなんだろうか?

 まあ日本でさえこうなのだから、この中国で全くいないなんてことは考えられず、ニセ医師がどのくらいいるかは全く見当もつかないが、1%なのか10%なのかはともかく、ゼロではないだろう。

 また医師と名乗らないまでも、本当は医師以外には禁止されている医療行為を無許可で行なっているような人間まで含むとそれなりの人数がいそうな匂いはする。

 そしてさらに困った存在が、きっと沢山いそうな裏口医師の問題である。

 これは日本でも同様かと思うが、医大の入試或いは医師免許試験の時に下駄をはかせてもらえるように袖の下やコネを使って医師免許を取得したようなケースである。

 これらの裏口医師の困ったところは表向きは正式な医師であり、上述のようなニセ医師検索システムを使ったところで、あぶり出せないところにある。

 日本では以前はよく聞いたが、最近では聞かなくなっており、チェックが厳しくなって減ったか地下に潜ったかのいずれかだろう。

 中国では具体的には報道でそんなことが事件になっていないものの、社会風土から言って裏口医師がいないということは有り得ないのではないかと推測する。

 お互い分かっていても同じ穴のムジナということで、よっぽどのことが無い限り内々で処理され表に出て来ないのかもしれず、結局のことろ実体は分からない。

 まあ命にかかわる分野だけに、ニセでも裏でもいいが、とりあえず金儲けのために人の身体を傷つけることだけはやめてもらいたいと願うばかりである。

ネットの情報の半分はパンダ

いろいろ紆余曲折した会社の移転問題だが、実は先週末にほぼ決定した。
移転時期に関してはまだ流動的だが5月中の移転完了を目指すとの事。
これを受けて、先週の自分の部屋探しを始めようとまずネットで市場調査を始めた。
中国には上海だけでもかなりの数の部屋探しサイトがあり、かなりの件数の物件が掲載されている。
使いやすいサイト、使いにくいサイトいろいろあるがそのサイトの構造に限らず、掲載されている情報の半分は客寄せパンダ的なダミーの物件情報であるという。

 従って、条件の良い物件を見つけて連絡をとってみるとその物件はもう成約したと言われ、別の物件を探して紹介するがどうかと必ず言われる。

 確かに上海の空室市場は流れが速く、条件の良い物件はすぐに埋まってしまうので、本当に不動産会社の言うとおり成約済みの可能性もあるが、やはりどうにも疑わしい。

 果たして、本当にその物件があったのかどうかもこちらには知るすべがないので確かめようがない。どうにも顧客集めの客寄せパンダのにおいがする。

 実は先週末これと同様のことがあり、見事引っかかってしまった。
私自身が部屋探しのためにネット上で情報を探し、良さげな物件があったのでそこに電話をかけたのだが、相手からその物件はもうないといわれたのである。

 しかしながらその物件情報の登録日時は前日の夜の7時であり、私がその情報を見つけたのは夜中の1時頃、そして電話をかけたのが朝の9時である。真夜中に契約が成約したとしか考えられない状況である。もちろん上海とてそんな真夜中に部屋を見て契約するようなことは常識的に有り得ない。

 結局は元からそんな好条件の物件など存在しなかったのである。

  そして、次の瞬間から不動産屋からの紹介攻撃が始まる。まあこちらとしてはこの「客寄せパンダ物件」と同等の物件が用意されるならば言うことないのだが、そんなやり方をする不動産屋に限って、ロクな情報を持っていない。しかも話が通じない。言葉が通じないのではなく話が通じないのである。

その不動産屋から数件の物件を紹介され、部屋を見て回ったのだがどうにもこちらの要求がまったく通じていないような条件の部屋を紹介された。

説明しても、どうも部屋と相場のバランスがあっていない気がする。日本人だからなめられている部分もあるかもしれない。

 こんな不動産屋に付き合っていると3日たっても見つけられそうにない気がしたので、そうそうに離れた。
次の日に電話が掛かってきた時には「もう決まった」と嘘をいえばそれで終わりである。パンダのお返しなので罪悪感もなく言える。
 不動産選びというのは実は不動産屋選びがまず重要なことだと教えられた。ネットには着ぐるみを来たパンダがたくさんいる。
 今回の教訓は「パンダに気をつけろ!」である。

am100_an001

空振りする中国

最近バスの中で放送されている宇宙遊泳の成功の放送がどうにも鼻につく。

宇宙遊泳の成功自体は否定すべきものではないのだが、どうにもその成功に素直に驚愕できない。
というか数十年前のテレビ放送のコピーを見ている気がしてならない。子供のとき見たアメリカの宇宙船の映像そのままの姿を単に中国版に置き換えただけのように思えてしまう。気のせいか映像のアングル・構成までそっくりのような気がする。

 あまりにも出来すぎの映像に、つい先日のオリンピックのCG映像問題を思い出し、今回の宇宙遊泳も良くできた特殊撮影映像なのではないのかと疑いたくなってしまう。
 まあ映像の虚偽はともかくとして今回の宇宙遊泳のみならず、聖火リレーのチョモランマ登頂やオリンピックの金メダルへの異様なまでの執着など、中国が偉業と自慢するほど、どうも世界の各国はしらけていくような気がしてならない。

 つまり、中国の国家が自慢している国家発展のテーゼというのが非常に古いのだ。
オリンピック、宇宙開発、新幹線、高速道路、航空機開発、ダム開発、etc。全て欧米諸国や日本が1960年代70年代に追いかけていたテーゼである。

 欧米諸国が持っていたこれらのかつてのテーゼは、2度のオイルショックなどの経済危機を経て、既に過去のものとなっており、今は環境や安全、はたまたガイヤ理論など、過度な発展を抑制するテーゼが支配的になっていて、現在中国が目指しているタイプの開発テーゼは、いまや欧米諸国にとっては過去の失敗として反省すべきアンチテーゼとして存在しているものである。
 にもかかわらず、今更ながら中国がこのテーゼに一生懸命になっているので世界はしらけてしまうのだ。

 確かに、中国はかつて政治的混乱やその巨大さ故に、欧米諸国の発展の潮流に乗り切れず来たので、経済発展という意味では遅れてしまったのは事実であり、世界に比肩するために、その成功をなぞらえたくなる気持ちはわからなくは無い。

 しかしコピーの成功をいくら続けたとしても、いつまでたってもコピーはコピーのままである。S級スーパーコピーのブランド品のように、その価値がオリジナル品を上回ることは永遠にありえないのである。

 早く世界のテーゼに追いつき、オリジナルの価値を生み出さなければ、この国が世界から賞賛される時代はやってこない気がする。