Tag Archives: 子供

端午節句「青空で泳ぐ鯉のぼり」の図は間違い

 5月5日は日本では子供の日端午の節句となっているが、この端午の節句の風習もやはり日本では改暦によって本来の意味を失ってしまった伝統行事の一つである。

 本来、端午節というのは「旧暦の5月5日」に定められていたもので、今年2019年でいえば、6月7日が端午節となる。
 このように6月に食い込んだ端午節は、概ね梅雨の時期に差し掛かることになり、雨天であることが多くなる。

 ちなみに日本でよく使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉も本来はゴールデンウィーク周辺の晴天日を指すのではなく、旧暦の五月の梅雨の合間の晴れ間を指す言葉であり、旧暦では5月は雨の月なのである。(6月が水無月と呼ばれるのも改暦前の名残)

 その雨の多い5月に、カビなどに負けぬように、解毒作用があり剣の形に似た菖蒲湯で邪気を払い子供の健康を祈る行事として発展してきたのが、端午の節句ということになる。
 その菖蒲が花を咲かすのも、湿地が水嵩を増す新暦の6月ころであり旧暦5月なのである。

 また親が立身出世を祈り、雨の水の中を川上へ向かって泳いで遡上する鯉や上から降り注ぐ雨を滝に見立てて、鯉の滝登りの図を表したのが「鯉のぼり」つまり本来の「鯉登」ということになる。
 そういった意味では、現代の鯉のぼりのように晴天の青空の中で泳がせるのは本来の意味の絵にはならず、単なる「鯉幟(コイのノボリ)」となってしまうことになる。

 ましてや親子鯉というのは、親まで自ら出世を祈ることになり、決してマイナスの意味にはならないものの、本来の趣旨からは外れてしまう飾りであり、鯉のぼりは子供の数だけで十分であるのである。

 しかし、明治改暦以後に生まれた童謡「こいのぼり」によって、「おおきなまごいはおとうさん」と歌詞に歌われてしまったことにより、「鯉登」の意味からますます遠ざかったイメージが社会に浸透してしまっている。

 近代では新暦の5月5日が「こどもの日」とされゴールデンウィークの中に組み込まれてしまったため、端午節もその季節の情景が晴天となってしまっているが、そもそもは端午節は雨の中の行事なのである。

 何度もこのブログで書いているが、明治5年から6年への改暦によって旧暦を残さず、新暦に上においてしまたため、本来の体をなさなくなった伝統行事が日本にはたくさんある。

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

上海で昼間に2件の通り魔発生事件で子供が犠牲に

 日本では新幹線での殺人事件や富山での拳銃強奪事件が起きて、社会に衝撃を与えているが、今日上海でも今日通り魔事件が起きたようである。

 現場は上海南駅の北側にあたる地区で小学生の子供3名と保護者の女性1人が小学校の校門前で、29歳の男に野菜包丁で切り付けられたようで、2人の子供が病院に運ばれたが亡くなったとのこと。

 実際現場で犯人が取り押さえられている状況や、切られた子供が血を流して倒れている生々しい映像が出回っており、騒々しい状況だったことが分かる。

 犯人はすぐに警察官に取り押さえられ、足で頭を踏みつけられるような状態で手足を後ろ手に縛られ、吊るされるように連行される姿の映像もあった。

 警察発表によると、社会への報復を念頭に凶行に及んだとのこと。

 そして、立て続けに人民広場近くの寧海路でもやはり通り魔があったとの情報が流れてきた。
 こちらは、正確な現場の情報とかが今の時点でメディアには流れていないようなので、フェイクである可能性も現時点では否定できないが、一応動画では被害者と思しき人物が布にくるまれ、運び出される様子が写っていることから、事実なら亡くなった方がいたということなのだろう。

  ちなみに一件目の事件は広く流布されているため実際にあった事件であることは間違いないようである。

 一見平和に見える上海でも、日本同様に危険が転がっていることを知らせるこの事件であり、日本だからとか中国だからとか区別なく日常から警戒を要するこの状況である。
 特に今日は満月であるらしく、事故などが起きやすい日とも言われていることから外出する際は日中問わず気を付けたい。

外務省発行の海外安全マニュアル

海外生活者にとって二重国籍問題は他人事ではない

数年前から騒がれていた蓮舫氏の二重国籍問題だが、実際海外の最前線にいる身としては政治的影響云々以前に、かなり身近な問題であり他人事ではない。

 私自身は未婚であるため現時点では子供の国籍で悩むということに直面してはいないが、外国に住む身としては、将来国際結婚をする確率は日本国内にいるときより遙かに高く、子供が出来ればやはりその問題に直面するのである。
 
しかも上海など中華圏にいる限りにおいては、蓮舫氏の両親と同じように台湾人や中国人などが配偶者となる可能性は非常に高く、やはり日本と中国・台湾間の国籍関連の法律手続きは気になるところである。
実際、私の周囲には日本人夫婦として中国に来た場合を除き、独身状態で来た場合は国際結婚に至っている場合が非常に多く、当然の如くその子供について皆さん国籍の選択や手続きについて悩んでいる。

写真はイメージ

まあ国籍選択そのものについては正式な統計を見たわけじゃないが、伝わっている話を総合すると大半は早期に日本国籍を選択している。

これは日本の国籍を選択した方が、国際的に入国できる国が多いのと、日本人学校の入学条件として。日本国籍かつ親が労働ビザを持っていてその家族の資格であることが条件になっていることが影響していると推測する。

いずれにしても手続きが煩雑であり、皆さんいろいろ苦労されている。

それでも生まれた場所が日本国内であれば日本国籍を選択することに関しては、手続きは比較的簡便だと聞く。

ただ問題なのは中国で生まれてしまった場合である。

中国では二重国籍を認めていなので、外国人同士の夫婦間で生まれた場合を除いて、取り敢えず中国に出生届を出さなくてはならず、自動的に中国の国籍を持つ子として登録されてしまう。

そして合わせて日本の大使館・領事館に出生届を出せば、両方に国籍がある状態が成立してしまうのである。

この二重国籍状態は二十二歳になるまで許されており、二十二歳になるまで国籍選択届を出すとされている。
で、これが蓮舫氏に実際発生した状況とも共通するのだが、日本で日本国籍選択届を出したとしても、自動的にもう一方の国の国籍離脱とはならないのである。

つまりもう一方の中国や台湾の国籍の離脱手続きをしなければ、その国においては籍が残ってしまうことになる。
ただ、そのような籍が残っている状態でも、日本国籍を選択したならば日本国内で生活を続ける限りにおいては基本的には何ら支障がない。
 蓮舫氏の例にみられるように、選挙に立候補して公職に就くことも出来る。

 問題があるとすれば、籍を取り消していないもう一方の国へ入国するための居留ビザなどを取る場合である。
 この件、台湾の状況は詳しくないが、中国の場合は、日本人学校への入学などの目的で外国人として居留証を取ろうとすると、中国籍の離脱を求められてしまうのである。

 ただこういったビザを必要としなければ、両方の国のパスポートを持ち続ける場合もあるようである。
つまり、それぞれの国へ戻る時にそれぞれの国のパスポートを使って入国するようなケースであり、その便利さ故に意図的に国籍を離脱しないという人もいないとは言えないようである。

しかしながら大抵の場合は、国籍国へ生活の拠点を固定するので、取り消さなければならならない国家に戻って鉄続きをすることは非常に面倒ということもあって、怠る場合が多いと推測される。

 今回の蓮舫氏の件においても、この取消手続きが終わっていると本人は思い込んでいたが、結局は手続きが行われていなかったところに問題があったとされる。
まぁ彼女は国会議員や野党党首という目立つ立場に立ったため、より強く批判にさらされるわけになったのだが、実際の法手続きの現状や面倒臭さを考えると彼女の手続きミスを責めるのは少々気の毒に思える。

ところで、この件に関して、蓮舫氏はスパイだのなんだのと必要以上に酷い言われようをしている。

個人的に蓮舫氏を政治的な意味で肩を持つということではないが、スパイ呼ばわりまでされている状態は、国際結婚夫婦やその子供に対する酷い偏見と差別に他ならない気がする。

もちろん、実際に彼女が他国のスパイでないという証明は非常に難しいことではあるが、本物のスパイなら、一般的に考えて二重国籍(相手国の国籍取消忘れ)など分かり易いミスを残さないであろうに思う。

 もし他国がスパイとして送り込むなら、彼女のように手続きに問題が残る人物より、完全に帰化した人物や二重国籍を解消したよう人物の方が疑われる点が少なく使いやすいように思うのである。

更に言えば最初から日本国籍である人物を利用した方が遙かに怪しまれにくく、恐らくそういう人物を利用するのであり、手続き漏れをしているような人物はスパイとしては使えないだろうに思う。

いずれにしてもあのような彼女への差別的な言葉は、海外で暮らしたり国際結婚をした者にとっては他人事では無いのであり、我々の帰国後や自分が国際結婚をした際の子供が日本社会でどう扱われるかの切実な問題なのである。

統計によれば日本人と外国人との国際結婚は、現在は以前より減ったもののここ20年を均せば3~6%程度が国際結婚であった。
つまりその夫婦が日本人夫婦と同じだけ子供を生んだと仮定すると、学校のクラスに必ず1人や2人がハーフの子がいる状態が日本の現状であり、レアケースでは無くなってきているのである。

しかしながら国家間の関係の問題もあって、手続き上の煩雑さは相変わらずであり、社会の理解も一向に進まないどころか、蓮舫氏への批判に見られるようにその存在への反発の方が強くなっている印象さえあるのである。

 こういった現状や、手続き上の複雑さ、さらには差別的な言葉を見るにつけ、本来は一人の人間として何の価値も変わらないはずなのに、何故に後からつけられた国籍などという記号に悩まされなければならないのか、非常に疑問を感じるのである。
 

ウルトラマンから児童合唱が消えた理由

 アニメの主題歌などがアニソンと呼ばれるようになって久しいが、最近のアニソンと私が子供の頃に聴いていた音楽とは圧倒的な雰囲気の違いがあることに以前から疑問を持っていた。

 曲調とか歌詞に違いがあるのは確かなのだが、それを差し引いても決定的な違いがあるような気がしていたのだが、その違いがなかなか見つけられずにいたのである。
 そんな時、アニメではないが特撮のウルトラマンにおいて、決定的な変化のポイントと思われる部分を見つけた。

 それは、児童合唱の有無である。
 
 ウルトラマンシリーズの主題曲をチェックしていくと、初代、セブン、帰ってきた、エース、タロウ、レオ、そしてアニメのザ・ウルトラマンまで主題曲には必ず児童合唱が使われていた。

 それが80年のウルトラマン80(エイティ)になるとTALIZMANという新進気鋭のバンドの曲が使われ、突如として児童合唱の曲が使われなくなる

 まあこの「80」は番組制作内部のごたごたがあったようで、その約1年後には同じアーティストの曲で差し替えが行われていて児童合唱もサビだけ復活する。
 しかしこれ以後ウルトラマンシリーズでは、放映そのものがしばらく途絶えたこともあって、児童合唱付きの主題歌は使用されなくなるのである。

 実はこの傾向はウルトラマンシリーズに限らず、他のアニメ主題歌などでも同様の傾向が見られ、子供向けアニメで当たり前だった主題歌への児童合唱の使用は80年以降激減する。
 月光仮面、鉄腕アトム、バビル二世、タイムボカンシリーズなど、戦後の子ども向け番組で主題歌に使われていた児童合唱が全く登場しなくなるのである。

 そしてその後のアニメの主題歌では(私が見ていないだけかもしれないが)、大人のバックコーラス付きの歌や女性デュオの歌はあっても、児童合唱はほぼ皆無であった。

 今回YOUTUBEなどで調べた中では、80年代以降に児童合唱が使われているのは宮崎駿のとなりのトトロの「さんぽ」ウルトラマンメビウスのサビのバックコーラスの一部に児童の声と思われる声が含まれていたが、後はほとんど見つからなかった。

ウルトラマンメビウスの公式壁紙

ウルトラマンメビウスの公式壁紙(引用元

 こういった児童合唱の常連だった東京の杉並児童合唱団音羽ゆりかご会(コロムビアゆりかご会などの名でも活動)のウィキペディアの説明を見ても、80年代以降はアニメソングなど子供向け番組の主題歌への出演は皆無に近い状態で、アニソンにおける児童合唱は途絶えていると言っていい状況となっている。

 何故こういった急激な変化が起きてしまったのだろうか?

 この「何故」の命題を解明するのはなかなか容易ではないのだが、一つ考えられるのが第二次ベビーブーム世代の成長によるボリュームゾーンの移行とその下の子供世代の減少によるターゲットマーケットの変化である。

 また、これに伴う世間の子供っぽいものからの離脱志向、或いは子供番組の二世代ターゲット戦略の始まりであるとも考えられる。

 ウルトラマンシリーズのドラマの作り方を見ているとその差が顕著なのだが、児童合唱がついてた頃のウルトラマンのドラマは、子供の世界での出来事を発端にドラマが構成され、そこへ大人やウルトラマンが加わって、ピンチを救うといった形を取っていた。

 ところが16年の沈黙を破って再開されたウルトラマンティガ以降は、ウルトラマン役の人物を中心とした大人の青春劇になり、どうも子供の等身大の役者が活躍するドラマではなくなっているのである。

 さらに主人公(ウルトラマン)にはイケメン俳優が次々と起用され、子供たちのヒーローでありながら、母親たちのアイドルも兼ねるような構成で二世代をターゲットとする番組となっていて、子供の願いを叶えるヒーロー一色ではなくなってしまっているのである。
 (チラ見だけで全編は見てないのでファンからの印象は違うかもしれないが) 

 この二世代ターゲット化が行われた理由として、少子化による児童マーケット縮小と、戦闘シーンが暴力的だという指摘が「80」放映の頃に保護者層からあった反省から、保護者層の離反を防ぎ親公認の下でマーケットを確保したい狙いがあったと思われるのである。

 このような背景から、ハイティーンや大人世代をも一緒にターゲットとして巻き込むには、主題歌に児童合唱が入っていてはいかにも子供っぽく聴こえるという判断で避けられたというのは十分考えられるのである。

 この結果、子供向け番組と言いながら、主題歌には児童合唱ではなく大人のバンドの曲が使われ、歌詞も「君を守る」とか「勇気」とか、子供でも大人でもどちらでも通用するような内容になっている。

 ウルトラマン以外のアニメ主題歌もほぼ同様の傾向であり、アニメが子供だけではなく大人も見るものになった結果が、80年代以降の児童合唱の排除であるような気がする。

 ただ、ここ数日これらの膨大なアニメの主題歌をチェックしてみて(曲を聴きすぎてアニソンオタクになった気分であるが)感じたのは、児童合唱がつけられたアニソンというのは、童心をくすぐられるし、非常に歌いやすいものであるということ。
(子供が歌えるように作られているので当たり前と言えば当たり前だが)

 また歌える曲である故なのか、かなり印象に残る歌に仕上がっており、ヒーローに対して観客側の一体感が得られる音楽になっているという印象なのである。

 児童合唱でなくてもバックコーラスや合唱が入っている曲はやはり共感を得やすい効果を持っているようで、ウルトラマンメビウスの曲がバックコーラスのお蔭で感じよく仕上がっており、合唱を取り入れる効果は小さくないという気がするのである。

 先日触れた宇宙戦艦ヤマトの主題曲も合唱が含まれ息長く歌われる例に漏れない曲であり、やはり単独ボーカルより合唱のほうが聴衆を魅了しやすい要素があるように思える。

 今後のアニソンがどんな変化をしていくかは私には分からないが、幅広いファン層に受け入れられる音楽として残したいなら、単独ボーカルの曲ではなく合唱やバックコーラスの採用、願わくば児童合唱の採用というのは実はキーポイントなのではないか、そんなことを感じた今回のプチ調査である。