Tag Archives: 子供

端午節句「青空で泳ぐ鯉のぼり」の図は間違い

 5月5日は日本では子供の日端午の節句となっているが、この端午の節句の風習もやはり日本では改暦によって本来の意味を失ってしまった伝統行事の一つである。

 本来、端午節というのは「旧暦の5月5日」に定められていたもので、今年2019年でいえば、6月7日が端午節となる。
 このように6月に食い込んだ端午節は、概ね梅雨の時期に差し掛かることになり、雨天であることが多くなる。

 ちなみに日本でよく使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉も本来はゴールデンウィーク周辺の晴天日を指すのではなく、旧暦の五月の梅雨の合間の晴れ間を指す言葉であり、旧暦では5月は雨の月なのである。(6月が水無月と呼ばれるのも改暦前の名残)

 その雨の多い5月に、カビなどに負けぬように、解毒作用があり剣の形に似た菖蒲湯で邪気を払い子供の健康を祈る行事として発展してきたのが、端午の節句ということになる。
 その菖蒲が花を咲かすのも、湿地が水嵩を増す新暦の6月ころであり旧暦5月なのである。

 また親が立身出世を祈り、雨の水の中を川上へ向かって泳いで遡上する鯉や上から降り注ぐ雨を滝に見立てて、鯉の滝登りの図を表したのが「鯉のぼり」つまり本来の「鯉登」ということになる。
 そういった意味では、現代の鯉のぼりのように晴天の青空の中で泳がせるのは本来の意味の絵にはならず、単なる「鯉幟(コイのノボリ)」となってしまうことになる。

 ましてや親子鯉というのは、親まで自ら出世を祈ることになり、決してマイナスの意味にはならないものの、本来の趣旨からは外れてしまう飾りであり、鯉のぼりは子供の数だけで十分であるのである。

 しかし、明治改暦以後に生まれた童謡「こいのぼり」によって、「おおきなまごいはおとうさん」と歌詞に歌われてしまったことにより、「鯉登」の意味からますます遠ざかったイメージが社会に浸透してしまっている。

 近代では新暦の5月5日が「こどもの日」とされゴールデンウィークの中に組み込まれてしまったため、端午節もその季節の情景が晴天となってしまっているが、そもそもは端午節は雨の中の行事なのである。

 何度もこのブログで書いているが、明治5年から6年への改暦によって旧暦を残さず、新暦に上においてしまたため、本来の体をなさなくなった伝統行事が日本にはたくさんある。

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

上海で昼間に2件の通り魔発生事件で子供が犠牲に

 日本では新幹線での殺人事件や富山での拳銃強奪事件が起きて、社会に衝撃を与えているが、今日上海でも今日通り魔事件が起きたようである。

 現場は上海南駅の北側にあたる地区で小学生の子供3名と保護者の女性1人が小学校の校門前で、29歳の男に野菜包丁で切り付けられたようで、2人の子供が病院に運ばれたが亡くなったとのこと。

 実際現場で犯人が取り押さえられている状況や、切られた子供が血を流して倒れている生々しい映像が出回っており、騒々しい状況だったことが分かる。

 犯人はすぐに警察官に取り押さえられ、足で頭を踏みつけられるような状態で手足を後ろ手に縛られ、吊るされるように連行される姿の映像もあった。

 警察発表によると、社会への報復を念頭に凶行に及んだとのこと。

 そして、立て続けに人民広場近くの寧海路でもやはり通り魔があったとの情報が流れてきた。
 こちらは、正確な現場の情報とかが今の時点でメディアには流れていないようなので、フェイクである可能性も現時点では否定できないが、一応動画では被害者と思しき人物が布にくるまれ、運び出される様子が写っていることから、事実なら亡くなった方がいたということなのだろう。

  ちなみに一件目の事件は広く流布されているため実際にあった事件であることは間違いないようである。

 一見平和に見える上海でも、日本同様に危険が転がっていることを知らせるこの事件であり、日本だからとか中国だからとか区別なく日常から警戒を要するこの状況である。
 特に今日は満月であるらしく、事故などが起きやすい日とも言われていることから外出する際は日中問わず気を付けたい。

外務省発行の海外安全マニュアル