Tag Archives: アンチテーゼ

笑点の新メンバーに三平さんが選ばれた理由

先週の日曜日になってしまうが、日本テレビの番組「笑点」の大喜利コーナーの新メンバーに林家三平さんが選ばれた事に、ネット上では色んな反応が出ている。

またその前の週では、桂歌丸さん降板後の新司会者は誰になるのかというのも、話題になっており、内部昇格案や外部招聘など色んな人の名前が取り沙汰されていたが、結局は内部昇格で春風亭昇太さんが選ばれる結果となった。

この新司会者と新メンバーの人選について、巷からは色んな意見があると思うが、現笑点メンバーの構成を考えると、必然に近い人選であったことがわかる。

実は、現在の笑点メンバーの経歴を過去にたどっていくと、全てのメンバーがある一人の噺家に深いゆかりを持つことがわかる。

その噺家とは先代の林家正蔵(八代目)、つまり林家彦六師匠(1895年5月16日 – 1982年1月29日 本名は岡本 義)である。
(以後、本人の各時代の名跡に依らず彦六で統一)

林家彦六

林家彦六 
引用元

ウイキペディアの情報をもとに、笑点メンバーがどのように彦六師匠とゆかりがあるかを一人一人示すと次の通りとなる 。
(敬称略)

林家木久扇
彦六師匠の直弟子。入門時は三代目桂三木助門下だが死後に彦六門下へ。
三遊亭好楽
彦六師匠の直弟子。彦六師匠の死後、圓楽一門に移籍した。
三遊亭小遊三
表面上の繋がりはないが、前座時代に三遊亭好楽の自宅に居候しており、その師匠である彦六ともゆかりがあると推測される。
六代目三遊亭圓楽
圓楽の名は、実は彦六師匠が真打ち昇格時につけていた名跡で、五代目を経て現六代目として受け継いでおり、名跡の直系としての関係。彦六は三代目の圓楽。
春風亭昇太
入門と同時期に彦六師匠は亡くなったが昇太の師匠の春風亭柳昇と彦六師匠は仲が良かった
落語協会分裂騒動で、三遊亭圓生から破門された三遊亭好生を彦六が客分格弟子とした後に柳昇から春風亭の亭号が許可された経緯があり、彦六師匠からすると恩がある関係の弟子ということになる。
林家たい平
初代林家三平の孫弟子であり(師匠は林家こん平)初代三平の父は七代目林家正蔵。彦六師匠は正蔵の名跡を八代目として借り受けた関係で、初代三平一門(師匠こん平含む)とも親交深い関係で、たい平自身も七代目正蔵の直系の弟子という位置づけとなる。
二代目林家三平
初代林家三平の息子であり(師匠は林家こん平)、七代目林家正蔵の孫。彦六に正蔵の名跡を八代目として貸していた海老名家の家系で初代三平と彦六師匠の関係から子供時代に親交。

(リタイヤメンバー)
桂歌丸
歌丸の師匠の古今亭今輔が彦六師匠と非常に仲が良かった。
林家こん平
初代林家三平の直弟子であり初代三平の父は七代目林家正蔵。初代亡きあとは一門を預かっており、現九代目正蔵の兄弟子、二代目三平の師匠でもある。こん平自身が落語協会分裂騒動のきっかけとなった面があり、圓生に反目する彦六側の存在だった。
五代目三遊亭圓楽(故人)
圓楽の名は、実は彦六師匠が二つ目から真打ちに昇格する時代につけた名跡で、彦六が可愛がっていた五代目(当時は全生)にせがまれて名前を譲った関係。彦六は三代目の圓楽。

このように、笑点の現メンバーは、故林家彦六師匠(林家正蔵)に非常に縁深い系譜の中にいるメンバーであり、同族メンバーに近いような非常に狭い人間関係で運営されていることが分かる。
或いはここに隠されているアンチテーゼとして、圓楽の師匠、三遊亭圓生の芸への厳しい考え方への反発があったメンバーの系譜だとも言え、その象徴として圓生と犬猿の仲だった彦六師匠という存在が浮かびあがっているとも言える。

いずれにしてもこのような状況から言えば、巷で言われていた大喜利司会へのタモリさんや上方からの招聘抜擢などは考えられず、さらに言えば五代目の柳家小さん門下系統の落語家も、落語協会分裂騒動以後は縁が遠く考えにくい状況だったのである。

こういった笑点の置かれている状況の中、七代目正蔵の直系親族であり、元メンバー林家こん平の直弟子でもある二代目林家三平さんがチョイスされるのは必然だったと言える。

そして今後、笑点メンバーの高齢化に伴う交代があったとしても、この枠を大きく崩すとは考えられず、彦六師匠の系譜の範囲で次の人選も行われる可能性が高く、そこを見渡せばおよそ候補の見通しが立つのだと私は感じている。

50年もの放送を続け、世間の人気番組となった笑点であるが、メンバーについては番組の人気ほどには公共性はないのである。

ということで長々とした説明で「どうもすみません」。

空振りする中国

最近バスの中で放送されている宇宙遊泳の成功の放送がどうにも鼻につく。

宇宙遊泳の成功自体は否定すべきものではないのだが、どうにもその成功に素直に驚愕できない。
というか数十年前のテレビ放送のコピーを見ている気がしてならない。子供のとき見たアメリカの宇宙船の映像そのままの姿を単に中国版に置き換えただけのように思えてしまう。気のせいか映像のアングル・構成までそっくりのような気がする。

 あまりにも出来すぎの映像に、つい先日のオリンピックのCG映像問題を思い出し、今回の宇宙遊泳も良くできた特殊撮影映像なのではないのかと疑いたくなってしまう。
 まあ映像の虚偽はともかくとして今回の宇宙遊泳のみならず、聖火リレーのチョモランマ登頂やオリンピックの金メダルへの異様なまでの執着など、中国が偉業と自慢するほど、どうも世界の各国はしらけていくような気がしてならない。

 つまり、中国の国家が自慢している国家発展のテーゼというのが非常に古いのだ。
オリンピック、宇宙開発、新幹線、高速道路、航空機開発、ダム開発、etc。全て欧米諸国や日本が1960年代70年代に追いかけていたテーゼである。

 欧米諸国が持っていたこれらのかつてのテーゼは、2度のオイルショックなどの経済危機を経て、既に過去のものとなっており、今は環境や安全、はたまたガイヤ理論など、過度な発展を抑制するテーゼが支配的になっていて、現在中国が目指しているタイプの開発テーゼは、いまや欧米諸国にとっては過去の失敗として反省すべきアンチテーゼとして存在しているものである。
 にもかかわらず、今更ながら中国がこのテーゼに一生懸命になっているので世界はしらけてしまうのだ。

 確かに、中国はかつて政治的混乱やその巨大さ故に、欧米諸国の発展の潮流に乗り切れず来たので、経済発展という意味では遅れてしまったのは事実であり、世界に比肩するために、その成功をなぞらえたくなる気持ちはわからなくは無い。

 しかしコピーの成功をいくら続けたとしても、いつまでたってもコピーはコピーのままである。S級スーパーコピーのブランド品のように、その価値がオリジナル品を上回ることは永遠にありえないのである。

 早く世界のテーゼに追いつき、オリジナルの価値を生み出さなければ、この国が世界から賞賛される時代はやってこない気がする。