Tag Archives: 愛国心

大砲が鳴り響く曲 「序曲1812年」

 この春節の中国の爆竹や花火を聞いていて思い出したのがこの曲、チャイコフスキー作曲の「序曲1812年」である。

 この曲、オペラなどの序曲とは違い、音楽会用序曲として単独作曲された曲である。
 何故この曲を思い出したかというと、この曲は楽譜上に大砲「canon]という指定があり、五発の大砲を撃つように指定されて、演奏中に大音量とともに打ち放されるのである。

 もちろん、いつも大砲を用意できるわけではないので、コンサートでは大太鼓で代用する場合が多いのだが実際に大砲を用意して演奏される場合もある。(もちろん空砲であるが)

 代用の大太鼓にしろ、とにかく「大砲」ということで演奏するのだからとにかく音量がでかい。コンサートホールで大太鼓が代用されるのは道具の問題ではなく音量の問題とさえ思われるくらい大音量で演奏され、耳が壊れるくらいなので、この中国の春節の花火の状況とほぼ一致するのでこの曲を思い出してしまった。

 生で聴くのでさえ苦労するのだから、この曲のレコーディングも結構苦労するらしい。オーケストラは室内で演奏しても大砲は屋外というのが通例のようだ。

 また聴く側もデジタルの時代になり音が鮮明に録音できるようになったのはいいのだが、再生時は音量を大きくしすぎてスピーカーや耳を壊さないように注意して下さいと注意書きが書かれるほどやはりこの曲の大砲の音量の大きさは飛びぬけているらしい

ちなみに1812年というのはナポレオン率いるフランス軍がロシアに侵攻したいわゆる「モスクワ遠征」の年であり、ロシア軍が力を合わせて勝利したというロシアにとっては愛国主義の象徴的な年である。

 その意味をこめてこの表題がつけられたというが、作曲したチャイコフスキーは国家から愛国を強要されたことが面白くなかったのか、この曲そのものはあまり気に入っていないらしいということが伝わっている。

 それにしてもロシアにしろ、中国にしろ何故社会主義の国の人はこんな大音量が好きなのだろうか?不思議な共通点である。

空振りする中国

最近バスの中で放送されている宇宙遊泳の成功の放送がどうにも鼻につく。

宇宙遊泳の成功自体は否定すべきものではないのだが、どうにもその成功に素直に驚愕できない。
というか数十年前のテレビ放送のコピーを見ている気がしてならない。子供のとき見たアメリカの宇宙船の映像そのままの姿を単に中国版に置き換えただけのように思えてしまう。気のせいか映像のアングル・構成までそっくりのような気がする。

 あまりにも出来すぎの映像に、つい先日のオリンピックのCG映像問題を思い出し、今回の宇宙遊泳も良くできた特殊撮影映像なのではないのかと疑いたくなってしまう。
 まあ映像の虚偽はともかくとして今回の宇宙遊泳のみならず、聖火リレーのチョモランマ登頂やオリンピックの金メダルへの異様なまでの執着など、中国が偉業と自慢するほど、どうも世界の各国はしらけていくような気がしてならない。

 つまり、中国の国家が自慢している国家発展のテーゼというのが非常に古いのだ。
オリンピック、宇宙開発、新幹線、高速道路、航空機開発、ダム開発、etc。全て欧米諸国や日本が1960年代70年代に追いかけていたテーゼである。

 欧米諸国が持っていたこれらのかつてのテーゼは、2度のオイルショックなどの経済危機を経て、既に過去のものとなっており、今は環境や安全、はたまたガイヤ理論など、過度な発展を抑制するテーゼが支配的になっていて、現在中国が目指しているタイプの開発テーゼは、いまや欧米諸国にとっては過去の失敗として反省すべきアンチテーゼとして存在しているものである。
 にもかかわらず、今更ながら中国がこのテーゼに一生懸命になっているので世界はしらけてしまうのだ。

 確かに、中国はかつて政治的混乱やその巨大さ故に、欧米諸国の発展の潮流に乗り切れず来たので、経済発展という意味では遅れてしまったのは事実であり、世界に比肩するために、その成功をなぞらえたくなる気持ちはわからなくは無い。

 しかしコピーの成功をいくら続けたとしても、いつまでたってもコピーはコピーのままである。S級スーパーコピーのブランド品のように、その価値がオリジナル品を上回ることは永遠にありえないのである。

 早く世界のテーゼに追いつき、オリジナルの価値を生み出さなければ、この国が世界から賞賛される時代はやってこない気がする。

かわいそうなマラソンランナー

今先程、男子マラソンを見終えた。優勝したのはケニアのワンジル選手。この酷暑の北京の中、フラットなコースが幸いしてかオリンピックレコードでの優勝である。
日本勢は残念ながら前半で大きく出遅れてしまい。メダルはおろか入賞県内にさえなかなか食い込むとは出来なかった。 かつてマラソン王国だった日本は一昔前の話になってしまった。まあ一人ひとりの選手は手を抜いているわけではないからそのことは責めるべくもない。
 今回マラソンの映像を見ていて非常に悲しくと思ったことがある。それは観客の声援がほとんど聞こえないことである、沿道にはそれなりに人数が出向いていたように思うが、声援としてはかなり寂しい。しかもゴールの鳥の巣の競技場に入ってきた優勝選手や後続の選手達に対する声援も驚くほど少なかった。
 確かに中国人選手は活躍してないし、TOPを走っているのは全く馴染みのないアフリカの黒人選手かもしれない。
 しかし、早朝とはいえ暑い北京の市内をフルマラソンを走るということは、そういう国籍云々を超えた人間として凄いことであり、観客からそういう偉業を成し遂げた選手への賛美の歓声がほとんど聞こえなかったのはとても信じられない。

 かつてマラソンの優勝者というのはオリンピックの一番の花形で、42.195kmを真っ先に駆け抜けてきた英雄であった。ゴールの瞬間は国籍を問わず暖かく競技場で迎えられたものであった。それが今回この有り様である。
 自国の聖火ランナーや自国選手の試合であれだけうるさいほど聞こえた「加油!」コールはどこに行ってしまったのであろうか?名も知らない英雄にも「加油!」コールをかけてもいいのではないか?
 競技場に集まった観客は閉会式の演出が目当てなのかも知れないが、それは本末転倒である。オリンピックでは競技者が賛美されるべきであり、開閉会式の演出などとというものはオリンピック全体から見ればほんのおまけでしかない。それを競技者への賛美を忘れてイベントに夢中になってしまうなんて集まった観客がいかにオリンピックに対して間違った理解をしているかがよくわかる。
 

 またマラソンのゴール後に競技場に、今大会のテーマ曲として使用されている『我和ニイ(you and me)』という曲が流れていた。
 私は今回の中国を取り巻く世界的環境を考えれば、この曲はあまりにも上っ面すぎる内容で、とても好きになれないというか、曲調も白々しすぎて非常に気持ち悪いのだが、もしこの曲のメッセージが本当に理解されるのであれば、マラソンの英雄に対して賛美の声援があるべきである。しかし実際のこの声援が少ない状況を見れば、いかに上っ面の精神であったかがわかる。

 オリンピックは開催国のためにあるわけではなく、競技者のために行なうものである。競技者を讃えるというオリンピック精神があったからこそ、この北京オリンピックは開催が守られたのであって、その精神がなかったら、もしかしてこのオリンピックはボイコットその他の状況で開催が潰れていたかもしれない状況を中国は忘れるべきではないと思う。

原文

オリンピックは金メダル取り合戦?

 オリンピックが開幕してから一週間が経った。
 戦前から予想通り、地元中国の勢いは凄まじく金メダル獲得枚数でも現在は独走状態だ。

 毎日のように金メダルを獲得した選手を絶賛した報道と、第何号はだれだれ選手、また国別メダル取得表を出して中国の獲得枚数をことさら強調したような中国という国の勢い優先した報道が続く。

 さらに明日は金メダルが何枚発生し、そのうち中国は何枚獲得できるかみたいな報道のしかたをする。まるでオリンピックが国対抗の金メダル取り合戦のような雰囲気で報道している。

 私はこの中国の報道姿勢には少々疑問を感じる。金メダルの価値は確かに素晴らしいが、オリンピックは国同士の金メダル取り合戦ではない。
 それぞれの競技でそれぞれの参加選手が頂点を目指すのであって、開催国の国の代表として恥じない姿勢で臨まなければならないとしても、最終的に彼らは競技者本能で戦っているのであって国のために選手は戦っているのではないと思う。

 だから例え金メダルが取れないにしても、代表として選ばれて、参加して競技を行なった中身にはそれなりの価値があるはずで、他人から批判される類のものではないはずだ。

 しかし中国では金メダルを逃した選手に対してネット上などでバッシングが起きているような状況が発生している。金メダルを取れなかった選手は国に恥をかかせた罪とでもいうべきなのか、軍法裁判的なノリで叩かれてしまっているらしい。

これは傍から見ていると気の毒な状況である。競技中継のあり方も含めて金メダル絶対主義というのはどうも受け入れがたい。これは弱小国のひがみなのだろうか?
 いや、アメリカの放送局とかのサイトを覗いてみたが、ここまで驚異的に自国選手をで埋め尽くすような演出は無かったようだ。報道の面でもまだまだ成長が足りない中国である。

原文

柔道で中国人相手のアウェイはつらい

ラジオから仕入れたネタで恐縮だが、昨日の女子の柔道で、どうやら日本人にとってアウエイの辛さを感じる判定があったらしい。
昨日の柔道女子57kg級の試合、準々決勝で日本代表の佐藤愛子選手は、中国の許岩選手と対戦した。
会場には「加油!加油!」の声が響き、日本の応援団も大勢いたというがサッカーで言うところの完全にアウェイ状態であったという。
佐藤選手は積極的に攻めていたにも関わらず、両者に指導が与えられた。さらに佐藤選手が大内刈りで効果のポイントをとったにも関わらず、電光掲示板の表示のポイントは中国選手についてしまい、日本側が指摘するまでそのままだったという。結局何故かポイントで追いつかれ、後半4分に積極的に攻めていた佐藤選手が背負いをかけたときに、吊り手が外れてを倒れて、かけ逃げという消極的な姿勢の反則で、注意を取られて結局負けてしまった。
佐藤選手にとっては反則を取られるのは酷な判定で、日本側の柔道関係者は判定がおかしいじゃないかという声が上がっていたという。

試合が終わった後、観客からは大ブーイングがおき、その判定が観客の目から見てあまり公平ではなく中国側に明らかに有利な判定であったと映っていたようだ。

柔道の場合、なるべく公平な判断をしていくようなシステムが出来上がってはいるが、最終的には審判の人間的判断に委ねるほか無い種目である。時間で測るような種目と違って、審判の眼力一つで試合の流れが変わってしまう。その影響度はサッカーのレフリーより大きい。
どんな種目でも、本来ならば地元のチームが絡む試合の審判はどちらかといえば、地元により辛くするのが理想的だ。だが現実にはそんなことはあり得ず、一般的に地元びいきである。ましてや審判の影響が大きく、かつ微妙な判定が多い柔道で地元びいきは尚更禁物なのに、今回そう思えてしまうような試合が起きてしまった。 文句を言っても始まらないが、アウエーで柔道の試合をするときは、微妙な判定を招かないくらい、圧倒的な差をつけないと、やはり地元の選手には叶わない。