Tag Archives: 著作権

スマホ撮影に夢中な人たちは損をしている。

 上海に来て10年以上たつが、最近ようやく上海のコンサートに定期的に足を運ぶようになった。

 まあ、昔のような激しい頻度ではないものの、1~2か月に一回という割りと普通の人よりは多めの回数になったのでは無いかと思う。
 それというものの、演奏会によっては結構安くチケットが手に入ることがわかったからである。

上海東方芸術中心外観

 特に東方芸術中心の上海フィルハーモニーの若手の指揮者の回だと100元とか50元(=約850円)とかで売り出されている場合があり、そういうのをうまくチョイスして通うようになった。

 まあ若手の指揮者の場合、深みや味わいという点では巨匠たちに比べ劣るものの、素質は十分で優秀なためスマートな演奏という意味では十分聴き応えがあり、コストパフォーマンス的には十分すぎるくらい堪能できるのである。

 で、このように貴重な機会を得て、コンサートホールに足を運ぶ習慣が復活したのだが、やはり気になるのは観客たちのマナー水準である。
 以前は演奏中おしゃべりや雑音、座席移動、拍手などかなりひどかったが、最近ではこの点では以前よりかなり向上している。

 ただ、そういった部分のマナー向上に反比例して目立つようになったのが、スマートフォン関連のマナーの悪さである。

 一応会場では、演奏中の撮影・録音を禁止する旨のアナウンスや掲示があるのだが、中国人聴衆たちは気にせず係員の目を盗んで、写真や動画の撮影などをちょくちょくやるのである。
 先日など、演奏中にフラッシュを焚いたおばさんがいて、こちらはドン引きして振り返ったのだが、本人は意に介さないようだった。

 また演奏の動画を撮影して、その場で再生をして音を出したというとんでもないおばさんもおり、スマホの機能向上によってもたらされた酷いマナーは後を絶たない。

 この点、今の日本のコンサート会場の現状がどうなっているかわからないが、少なくとも都心の主要コンサートホールで行われるプロオーケストラの演奏会ではそんなことはないのではないかと察する、
 まあ、演奏中の写真撮影などは他人に大きな迷惑をかける行為ではないものの、肖像権の問題もあるし、背後の聴衆にとっては暗闇の中で光る液晶画面が気になり、集中力がそがれるのである。

 
 しかし個人的にはそういう迷惑の有無や著作権の問題を抜きにしても、聴衆は演奏中の録音や撮影はやめたほうがいいと強く思っている。

 まず第一に、演奏中に録音や撮影に気を取られることによって生演奏の空間を体験するという貴重な時間が失われるからである。

 自宅でCDなどもメディア再生による音楽を聴くのと違い、瞬間瞬間の命を持った音楽を会場空間の響きとともに味わえる時間というのは、人生や生活の中で貴重な体験であるはずで、その時間を撮影や録音作業に気を取られることによって失うというのは非常に勿体ないのである。

 CDの音楽のように何度も聴ける響きならば、気の済むまでやり直しが利くが、生の音楽はその一瞬だけなのである。

 そしてその空間にお金を出してわざわざ足を運んで訪れたのに、演奏中に録音や撮影に気をそらすとは私にとっては何とも勿体ない行為に映り、彼らはとても損をしているように映るのである。

 さらに第二の理由としてどんなに高性能のスマホのカメラや録音機能であっても、そこで撮影・録音されたものは、ほとんどゴミのような写真・音にしかならず、プロが撮るような綺麗な状態にならないからである。

 マイクを立ててバランスよく録音できるわけでもなく、きちんと露光を測った撮影が出来ない状態では、ロクな録音や写真が期待できるわけがなく、そういったものは結局ゴミデータにしかならず、見返したり聞き直したりすることはほとんどないのである。

 故に、どうしてもコンサート会場に来た記念が欲しければ、演奏会の前に自撮り写真などを1~2枚残せば、おおよそ事足りる。

 もちろん演奏会終了後でもいいが、演奏会後は音楽の余韻を味わう時間であり、私はその余韻を抱いたまま自宅に帰り寝たいので、写真云々に気を使いたくなく写真を撮ることはほとんどない。

 そのため、記念撮影的な写真は演奏前に済ませておくのである。
 
 現在は録音媒体技術が発達し、自宅や地下鉄などの移動中にも気軽に音楽を聴ける環境があるので、我々はついそれをコンサート会場に持ち込んで、演奏者を前にしても気軽な態度で演奏を聴いてしまいがちになり、ついついスマホに手が伸び撮影などを行う人もいる。

 しかし、それはライブ会場での体験の貴重さを考えると非常に勿体ない行為であり、お金を出して会場に足を運んだのに損をしていることに気付いてほしいのである。

樹木希林さんのCM

 中国にいると日本の過去の映像ストックが百度で簡単に検索できる。

 もちろん基本的には違法コピーだと思われるが、そうとは分かりつつもついつい色んなあれこれを探して見てしまう。

 そんな中で最近ハマったのは女優の樹木希林さんの登場するCM映像。
主に富士フィルムとNICOSのCMなのだが、この15秒か30秒の作品が非常に面白く次から次へと見てしまった。

 お正月関係とかほとんどが7~8年前の映像なのだが、樹木希林さんが毎回いい味を出しており、時にはクスッと、時にはホロッと、そして大笑いさせてくれる。

 CMとはいえ非常に味わいがある。

 もちろんCM作家の能力によるところも大きいと思うが、やはり樹木希林さんあってのこれらのCMである。
 日本に女優多しといえどもこんな味わいを出せるのは彼女だけだろう。
 見終わって笑ってすっきりさせてもらった。

 疲れた心に樹木希林さんのCM、これはおすすめである。

一番のお気に入り↓
田村正和さんと共演したNICOSカードさんのCM(中国土豆網サイト)

虹橋ターミナルのBGMに「北の国から」のテーマ曲が流れていた

 今日、というかもう昨日になってしまったが、ちょいとした野暮用で上海の虹橋空港に接続する地下鉄2号線の第2ターミナル駅に行く用があった。

 そして地下鉄を降りてエスカレータを上がってコンコースに出たところ耳慣れたメロディのBGMがかかっていることに気が付いた。

 「あれここにBGMなんて流れていたっけ?」

 この場所に何度も来ているが、今まで音楽流れていたという記憶が無く、恐らく最近流れ始めたものだという気がする。

 シンセサイザーかエレクトーンのような高い音で優しく響いている音楽だった。

 それにしても非常に耳慣れたようなメロディだ。

「この曲なんだっけ?」

 うーん、クラッシックだっけ?民謡だっけ?映画音楽かなぁ?頭の中で一生懸命に曲名を探す。
 まあ比較的静かな空間ではあっても公共の空間であり、それなりの人の雑踏の音もあり、音楽の聞こえ方も途切れ途切れだったため、なかなかメロディラインが綺麗に聞き取れず、メロディと曲名を結びつけるに至らなかった。

 そして結局メロディを捉えきれず、曲名探しを諦めようと思った瞬間に、

「あ、これ『北の国から』だ、、、」と、思い出した。

 なんと、この中国・上海の地の空港と地下鉄駅を結ぶコンコースでかかっていた曲は日本のあの名作ドラマ『北の国から』のテーマ曲であった。
 そう、“さだまさし”さん作曲の「あーあー・・・」というハミングで有名なあの曲である。

 この取り合わせには流石の私もびっくりした。

 確かに『北の国から』は北海道の地を舞台にしたドラマであるだけに、旅情を掻き立てるという意味で空港に繋がるターミナルコンコースのBGMとしては“ハマリ”なのかも知れないが、それにしても中国の空港でこの曲がかかるとは思わなかったというのが正直な感想である。

虹橋ターミナルコンコース

虹橋ターミナルコンコース

 うーん、それにしても虹橋空港で『北の国から』なのだろう?

 もしや、BGM用CDの一部でたまたまかかったのかなと思い、しばらく留まって聞いていたが、結局は『北の国から』の繰り返しであった。

 今回この場所にそんなに長い時間居たわけではなかったが、少なくともここにいた30分程度の時間はずっと『北の国から』のメロディが流れていたのである。

 果たしてこれはいつも毎日の事なのか、たまたまこの日とかこの時間のことだけだったのかわからないが、少なくとも私がいたしばらくの間BGMはずっと『北の国から』だったのである。

 うーん、何故にここで『北の国から』か?どう考えても謎である。

 はてさて、この件についてまずは、いつも恒常的に流れているのかどうかを確かめるべく、近いうちにもう一度確かめに行こうと考えている。

 それにしてもこのBGM利用は、許可とか著作権使用料とかは大丈夫なのだろうか?
ここは中国だけにそこがちょっと気になるところではある。
 

何故、急に知的財産権保護か

 万博PRソングのパクリ疑惑の際、万博事務局は「中国政府は万博の知的所有権の保護を非常に重視している」との姿勢であることを宣言し、岡本真夜さんに曲の使用許可を申請したことはニュース等で周知のことであると思うが、このニュースで少々疑問に感じた部分があった。

 それは、何故急に今になって著作権保護を強く言い始めたのだろうということである。

 もちろん好意的に見れば、「万博を行なうような国になったので、今後の中国の発展のために、国内ルールを世界標準に近づける必要がある」という政府側の成長戦略の一環の意図があると受け取れる。
きちんと道義的な義務をようやく果たす気になったのかという受け止め方である

 しかしである。
 
 そんなに素直に受け取って良いのであろうかとすこし懐疑的になった。
 この国の人がお金にならないことにそんなに急に一生懸命になるのかという疑問である。
やはりそこには中国人を動かす動機、つまりお金が絡んでいるのではないかという疑問が沸いて来る。

どういうことかといえば、知的財産権保護を強化することによって、中国のどこかに大きな利益がもたらされるだろうという目論見があっての今回の方針強化が謳われたのではないかという見方である。
 現に、今回の万博会場内では、会場内で使用される音楽に対して会場の面積に応じて著作権料が徴収されることになっている。こんなこと今までの中国のイベントごとでは聞いたことがないし、少なくともニュースにはなっていなかったように思われる。

 このように徴収された使用料がそれなりに巨大な金額となることは明らかであり、大きなお金が動くところは必ず利権の温床となり、表立った不正はないとしても利権によって潤う人は必ず出てくるはずである。
 万博に限らず、コピーDVDや偽ブランド品など知的財産権保護によって利益を生みそうな社会状況はそこここに転がっている。
 そういう目論見のもと、知的財産権保護に動き出したのではないかと推測されるのである。

 ただ今までコピー商品に悩まされ続けてきた外国企業にとって見れば、知的財産保護の強化は非常に嬉しいことのように見える。

 しかし、必ずしもそうとは言えないのがこの中国。

 つまり政府納入商品の企業コードを開示するように求めたり、他国の技術を使って作った新幹線を自国産だと言い張る国であるから、知的財産権の保護が外国企業に理不尽な返す刀となってこないとも限らないのである。
 
 さて話を岡本さんの話に戻すが、今回の彼女の曲が開幕式で使われなかったことに対して、被疑者がまだ正当世を主張しており問題がまだ燻っているので敢えて使わなかったという見方が世間ではほとんどのようであるが、私の見方は違う。

 あの曲を使えば、また使用料が余分に発生してしまいお金を岡本さん側に払わなければなくなるから使わなかった、こういう見方である。
 つまりケチ臭い了見である。

 音楽使用料を徴収する以上、それぞれ作曲者側にもお金を払わなければならないが、岡本さんの曲を使えば彼女への使用料が発生する。世界へ報道されたりするイベント規模を考えればその使用料は馬鹿にならない。著作権徴収のルールをきちんと定め、徴収する側を強化する以上、著作所有者側へ払う方も世間が注目しており、ないがしろに出来ないのでここをケチったというわけだ。

 これが谷村新司さんのように本人が出演すれば本人のギャラだけで済んだはずだ。あるいは友情出演ということで渡航費負担だけで出演してもらったのかもしれない。飛行機代とホテル代などスポンサーを絡ませればどうにでもなるであろう。

 こうやってお金を判断基準にすると、中国の知的所有権保護がいかに中国側の利益動機によって決まっていこうとしているのかがよく分かるような気がする。

 ところで、開幕式で使われていたオルフ作曲のカルミナブラーナは、効果的な曲であるが故にどんなイベントでも使いたがるのだが管理が厳しく許可が出にくいので有名な曲である。

 それが今回は使われていたので万博の大義を掲げて利用許諾をとったものだと思うが、まあこの曲を使っているというステイタだけでも国家の威厳を主張している感がある。まあそれにしては安っぽい使われ方だったが、、、。

あの日本人タウンと同じ名前のショッピングモール?

街でタクシーで通り過ぎるときに偶然見つけてしまったのだが、延安西路の虹橋開発区の反対側に「Garden Plaza」なる大きなマークを見つけた。

13440

どうやら新しいショッピングモールらしいのだが「ガーデンプラザ」といえば、上海の日本人の間では有名な日本人ビレッジも同じ名前である。
 ここがそのままの名前で誕生することになると、英語表記上とはいえ、同じ読み方の大きなランドマークが近所に二つ存在することになる。
 中国語表記の場合、住宅側は「花園広場」で、今度の新しいほうがどのように表記されるか分からないが、ともかく英語表記や日本語読みでは全く同じになってしまう。本来ならば古いほうに優先権があると思われるが、中国では外国語表記は基本的に愛称であって正式表記でないため公式な登録とはならず、従って争う根拠がないような気がする。
 ここの名称がどうなるか、私は当事者で無いので状況を静観するしかないのだが、上海に生きる日本人としては、同じ名前のスポットが二つ存在することは混乱を招くし、長年使い古した住宅のほうの「ガーデンプラザ」さんが是非その名前を使い続けられることを希望したい。