Tag Archives: 不動産

JR東〇本の詐欺的行為

日本のニュースで山手線が線路切替工事に伴い、大規模に区間運休になっているということを耳にした。
件の「高輪ゲートウェイ駅」の新設に伴う工事だという。

あの駅名については、いろいろ論議を呼んでおり、長ったらしいとか、カタカナ名は古臭いなどいろいろ評価がある。

私も、あんまりいい名前ではないと感じている一人ではあるが、今回の駅名決定において一番不満を感じているのは、駅名決定のプロセスやその背景の姿勢である。
かの新駅は、駅名決定にあたりインターネット上で公募が行われ、その中から選ばれることになっていた。

一応選考要項には必ずしも最も人気のあった名前から選ばれるわけではないという断り書きがあり、過去にも東海道新幹線の列車愛称募集において、1位ではなかった「ひかり」が選ばれたこともあったため、投票1位が必須ではないことはある程度理解されていたとは思う。

 しかしである。

 実際に決まったのは「高輪ゲートウェイ」という駅名で投票数たった36名順位130位という遥かに下位の名前である。
 実はこの駅周辺で行われている再開発企画が「グローバルゲートウェイ品川」と名付けられており、JR東〇本が社運をかけたプロジェクトとして投資が行われていて、それと周辺地名の高輪を組み合わせた名前と説明されている。

この状況を見る限り、駅名公募選定は実は出来レースであったのではないかという疑惑が持ち上がってくる。

つまり公募企画で募集したようなフリをしながら、予め決まっていた自社プロジェクトの名前が入った駅名に決定したという疑惑がある。

 そもそもあんなプロジェクト名を織り込んだ駅名に決定するのであれば公募企画などせず、JR東〇本が勝手に自社権限で命名すればよかったのであるが、わざわざ大々的に公募という手法がとられたのである。

 何故にそんな遠回りをする必要があるのかを推測すれば、公募企画によって社会の耳目を集め知名度をあげるとともに、その知名度によって不動産評価額のつり上げを狙ったのではないかという疑惑が出てくる。
つまり公募に応募した一般人が価格つり上げのための注目度を上げる詐欺企画の片棒を担がされたような状況になっている。

 そう考えなければ、駅名としてセンスのないあの不合理な名前が公募結果から選ばれることは考え難く、公募企画に応募した人はみなJR東〇本に騙されたと考えるのが妥当ではないだろうか?
投票のあった36票というのは、おそらく一応応募があったという実績をつくるためにプロジェクト関係者が応募したのではないかと察する。

併せて、今回の工事による山手線の工事運休という手法にも疑念が湧く。
かなり穿った見方になるが、山手線という東京の大動脈をわざわざ大規模に止めることによって、その原因となる「高輪ゲートウェイ駅」の存在が印象づけさせられている疑いがあるのである。

つまり印象づけのために、日中の運休というわざわざ利用者に迷惑がかかる方法が選択されたのではないかという疑いである。

これまでも鉄道の線路切り替えなどの工事は度々行われてきたが、たいていは深夜の終電が終わった後の夜間に行われ、せいぜい始発電車と終電を多少調節する程度で工事が終わる。
記憶に新しいところでは、小田急線の下北沢駅付近の地下化や東横線の渋谷駅乗り入れ部分の地下化などが行われた際に、大規模にルートの切り替え工事が行われたが、日中の利用客の足にほとんど迷惑をかけることなく深夜に終わっている。
故に今回の山手線と京浜東北線においてもそこまで切り替え工事に時間がかかるのかと疑問が湧く。

しかし実際の切り替え工事は、日中に大規模な1日がかりの運行休止を伴う形で工事が行われた(ことになっている)。

そして、この工事運休についてテレビやラジオ報道で度々情報がアナウンスされ、そのたびに「高輪ゲートウェイ駅」設置が理由である旨が伝えられていた。
これにより恐らく大変な宣伝効果が得られたはずであり、これをスポットCMに換算すれば莫大な金額になるであろう。

つまり公共交通機関の運行休止という「報道」のスタイルを借りたために、ほぼすべて無料で宣伝されたことになっている。
結果として「高輪ゲートウェイ駅」の認知度もさらに上がり、恐らく「品川グローバルゲートウェイプロジェクト」の知名度も上がって販売価格や量の押し上げに一役買うことになったのだろうと察する。

 要するにJR東〇本が、こっそりやる夜間工事ではなく、日中の一般利用客にわざわざ迷惑をかけることによって新駅の存在を印象づけさせ、更にマスメディアを引っ張り出し、自社の利益のための宣伝を報道という手段を使ったという図式が浮かび上がるのである。
 先の駅名公募もやはり報道というスタイルでマスメディアの力を無料で利用し、応募を検討した人にも宣伝していたのであり図式は同じである。

これらの公共交通機関という立場を十分に利用して不動産価格上昇に結びつけようしていたと察せられる手法は、あまりにもあまりにもアコギな手法ではないのだろうか?

市民やマスコミに迷惑をかけてまでニュースを利用した情報の流布行為は詐欺的手法だと言わざるを得ないのである。
先週の山手線の運休報道を見るにつけ、JR東〇本の会社としての姿勢を疑わざるを得なかったのである。

固定資産税のない中国、持っている者勝ちだったが・・・

 だいぶ前に宝くじが当たったとしたらというシミュレーションをちょっとやってみた時(笑)に、直接の購入費以外に固定資産税を考慮に入れないと、家を維持しきれないというなということに気が付いた。

 例え1億の宝くじが当たったとしても、1億の家を買ってしまうと固定資産税が払えないのである。

 もちろん日常の収入もあるわけで、そこから負担していけば良いという考え方もあるが、さすがに1億の家ともなると固定資産税も小さくない。

1年こっきりの支払いならともかく、例えば私の場合は平均寿命まであと30年くらいは生きると考えれば、かなり重荷になるのであり、その期間の税額合計が数千万だと考えると1億当たっても、5000万程度の家に抑えないと維持できないことになる。

 故に宝くじが当たったとしても、日本の不動産購入などはその維持費を考えなくてはならない。

 ところで中国には固定資産税がないようである。

 一部に固定資産税がかかる物件があるようだが、それはごく少数でほとんどの家(部屋)に固定資産税がかかっておらず、部屋は持った者勝ちの状況となっている。
(正確に言うと、中国の土地は全て国有なので借地権の売買で固定資産ではないのだが)

 そのため、当初非常に安い価格で購入して、その後どんなに値上がりしたとしても、住んでいる限りにおいては、生活費以外に困ることはなく、大きな負担なく住み続けることが出来る。
 上海ではとても豊かな収入を得ているとは思えないような雰囲気の人たちが、上海の中心部の住宅街で生活をしているのをよく見かけるが、彼らがそこに暮らせるのはそういう理由からである。

 もちろん部屋を複数持っていれば、貸し出して賃貸料を得ることが出来るわけで持っているだけで丸儲けなのが中国の不動産事情ということになる。

 さらに維持費の心配のない不動産は売買において維持費の心配がないので、売買を繰り返して大金持ちに成りあがっていく人も少なくなく、これも固定資産税がない社会のなせる業である。
  先日から登場している私の大家も実はもともと農家らしく、土地開発事業によって農地の代わりに部屋を幾つか貰って、その賃貸収入プラスアルファの労働収入などで暮らしているようだ。

 こんな中国の不動産状況だが、実は来年2020年から日本の固定資産税にあたるような不動産税の導入が決まった?ようである。

 そもそも国有地を借りているだけなのに、固定資産税も何もないという気もするが、そこは何か徴収側に都合の良い理屈が法律に書かれるのだろうと察する。
 まあ詳しい課税の方法は見ていないが、これは不動産投機大好きで値上がりを何より楽しみにしている中国人にとっては一大事である。

 今までは資産価値が上がれば上がるほどもうかる仕組みだったのだが、資産価値が上がると税額にも影響があるために、必ずしも歓迎できない状況となるからである。

 場合によっては不動産市場が暴落する可能性もないとは言えない。

 果たして、順調にこの法律が施行されるかどうか分からないし、施行されたとしても徴収段階において一悶着も二悶着もありそうな予感がする。
 昨年来の米トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争の影響と合わせて、中国経済も激動の時代が訪れそうな状況となっている。

上海の町にシャッター街が誕生しそうな2017年?

 中国は旧正月である春節を直前に控えて、町が静かになりつつある。
 地方から出稼ぎに来ている人が帰省し、次々とこの街を去るからである。

 ところが、どうも今年は何となくいつもの年とはちょっと違う雰囲気になっているような気がする。

 というのは、この時期ローカルのお店が春節休みになって行くのは例年のことなのだが、どうも一時休業ではなく店を閉店して引き払っている姿を多く見かけるような気がするのである。

飲食店のシャッターが閉まる

飲食店のシャッターが閉まる

 店の中の主だった道具が運び出されて、新たな借り手を募集する張り紙が多くみられるのである。
 私が来たころからやっていたようなローカルの飲食店たちも次々に店を閉めていた。
 建物自体が取り壊されるのかなと思われる場所もあるが、そうでない場所でもかなりの数が閉店している。

建物が撤去されるための移転

建物が撤去されるための移転

 恐らくはン年前春節の時期に借りた店舗が更新の時期に来て、家賃の値上がりを言われたため商売の継続を諦めたようなケースが数多くあるのではないかと察する。
 まあ、ここ数年の上海の不動産価格上昇はその前にも増して激しいと言われる一方で、経済そのものは伸び悩みが言われ、不動産価格と実体経済のバランスが崩れつつあると言われる。
 飲食店経営者だって、売り上げが伸び続ければ家賃の値上げにも耐えうるだろうが、実体経済が追い付かない現在、家賃の値上げ程には売り上げが伸びないのだろう。
 故に、古くからある店舗も出ていくことになる。
 まぁ、大家とすればすぐに次の借り手が見つかれば何の問題もないのだろうが、町全体の様子をみていると、そう簡単に借り手がつくか心配になってくる。
 全ては春節明けの様子を見てみなければどうなっていくかは断定できないが、このまま借り手がつかなければひょっとすると上海全体の不動産バブルが崩壊し、上海の街のあちこちにシャッター街が誕生するかもしれない。
 そんな危惧を感じた上海の街の風景である。
 

上海の人気飲食店が突然閉店になる理由

 昨日、知り合いのとの会話で上海で人気だった飲食店がなぜ突然閉鎖になるのかという話題になった。

 実は日系飲食店や日本料理店に限らず「あの流行っていた店が何故閉店?」というケースは、上海では珍しくない。
 特に流行っている店ほど、突然閉店が起こりやすい傾向がある。

 まあ具体的な理由に関して言えば、私は当事者でも関係者でもないので、その閉店したお店に直接伺わなければ実情は分からないが、上海の商環境から感じる理由は十分推測が出来る。

am900_fo077

 その第一の理由と推測されるのは、第三者による店舗物件の乗っ取りである。

 中国人の思考は、風水文化の影響もあって商売を行う場所というもの非常に重視する。

 それ故に、非常に流行っている店を見つけると、サービスとか商品よりも場所に原因を求めてしまう傾向があって、あそこで商売すれば儲かりそうだからあの場所が欲しいということになるのである。

 すると、その場所が欲しい人間はどういう行動をとるかというと、大家なり管理会社に圧力や金銭的利益を与えて、その場所を空けてもらうように頼むことになり、頼まれた側は契約更新時に家賃の値上げなどを掲げ、商売を継続するのが難しい状態に追い込むことをする。

 家賃の値上げくらいでと思うかも知れないが、上海の場合は不動産バブルの追い風もあって、30%~40%の家賃値上げをふっかけられることも珍しくなく、とても従前の商売は継続できるような状態ではなくなるので、狙われた側は泣く泣く出ることになる。
 そこへ満を持してその場所を狙っていた第三者が入居することになるのだが、階級社会の上海とは言えひどい話ではある。
 まあこれが人気店ほど、突然閉店が起こりやすい理由だと私は察する。

 しかし、このような強引な入居は、一般的には従前の商売が何故流行っていたかを理解していないので、当然のことながら従前の店舗のような流行りを得ることも出来ず、家賃コストなども太っ腹で高めに決めてしまうので、利益を得られず短期で閉店するのがオチなのである。

 このような極端な場所信仰こそが、上海の不動産のバブルな高騰をささえていることも否めないような気がする。

 ただ、最近の第三者による飲食店乗っ取りはもう少し手が込んでいるようで、上記のような方法で従前の経営者を追い出した後、なんと居抜きでその店舗を使って元の商売とほぼ同じ内容の商売を始めることをするようである。

 もちろん店舗名ばかりは元のままという訳にはいかないようなのだが、一文字変えただけとか、良く見ないと見間違うような似た字を使って、まるで元の店が継続しているような商売をしたりする。

 つまりやはり場所とそこに合った業種が流行っていた理由であろうという推測の発想からの対応なのである。

 しかしこういった場合でもやはり商品やサービスへの配慮が欠けたりするから、結局は商売はうまくいかないようであり、他人のふんどしで相撲を取っても、駄目だということになる。

 自ら努力せず、流行っているものをお金で買って商売を始めようというまさに中国人に見られる商売の発想パターンそのものが、人気飲食店が突然閉鎖してしまう理由のように思えるのである。

マッサージ屋の値上げの理由

先日、久しぶりに馴染みのマッサージ屋に行ったら1時間80元だったものが100元に値上げになっていた。
まあ、20元ばかりのことで引き返すこともないのだが、やはり値上げは嬉しくない。

いつも指名する子にマッサージを受けながらいつから値上げしたんだと尋ねたら、5月からだという答えが返ってきた。

そうか、じゃあこちらは4月以降2ヶ月も来てなかったんだなと、改めてこの数ヶ月を振り返ってみたりする。

確かにここ数ヶ月は引越しなどが重なり来る暇も余裕もあまりなかった気がする。

自分の家賃も高くなり、世の中色んなものの値段が高くなった。

建設中の上海中心大厦

建設中の上海中心大厦

そして、上海の人件費が上がっているニュースは目にしているので、マッサージ師業界も人件費が上がって人が集まりずらくなっているのかなと想像して、その辺の事情を再度尋ねてみた。

すると、なんとマッサージ代値上げの原因は、人件費ではなく家賃の値上げだということ。
へぇ、そんなに家賃が上がっているのか?
確かに私の部屋探しの状況を考えても最近の家賃の上がり方は尋常ではない気がする。
故にマッサージの値上げの理由が家賃だと言われても納得する部分がある。

それにしてもである。

人件費の値上がりなら、マッサージ師からサービスを受ける手前、マッサージ師たちの生活が豊かになる過程としてその対価が値上がりしていくのは止むを得ないだろうという気もするが、その理由が家賃だというとどうも納得いかない面がある。

つまり値上がった差額分は誰の懐に入るのだろうということである。

マッサージをする側と受ける側の質と量は何も変わらないのに、家賃という名目で費用だけが勝手に値上がりをする。

マッサージをする側と受ける側は何も得をせず、むしろ家賃やマッサージ代の上昇によりマッサージ機会が減ったり客が減ったりして相対的に損をしていることになる。

これはどうもこれは納得できるものではない。