Tag Archives: キャラクター

あの元大臣は私の地元選挙区選出

先日辞任されたあの某大臣は実は私の地元選挙区選出である。
選挙区どころか、実はもう少し縁があるのだが、私自身の出自に繋がるのでこの話は控えさせていただく。(苦笑)

さて、かの元大臣は色んな失言など、マイナス面で知名度が全国区(世界規模?)となってしまい、選出選挙区の有権者としては、日本全国に対しては面目ない思いでいっぱいではある。

柏そごう

ただ私自身の名誉のために言えば、あの議員に票を投じたことは一度もなく、彼を国会に送り込む手助けはしたことはないのである。
とは言え、彼のあの人となりを知って、票を投じなかったということでもない。
(もちろん、知っていれば当然投じなかったと思うが)

かつてその対抗馬だった方に、多少の縁があってそちらを応援していたので、私は彼に票を投じなかったのである。

しかしながら正直に言えば、その応援していた方もやはり人となりをそれほど知って応援していたわけでもなく、言うなれば双方とも人となりをほとんど知らない2人の中から選んで投票をしていたのが現実であった。

政見放送くらいは見た気がするが、路上の選挙演説でさえ両方とも一度も出くわしたことがない気がする。
そんな実態で、選挙で票を投じていたのである。

 ただこれは私だけのことではなく、元大臣の彼は大臣に任命されるまでに毎度の選挙で何回も当選を繰り返し、毎回何万票も票を投じられてきたはずだが、果たして彼に投じた人の何割が彼の人となりを知って彼に票を投じたのであろうかという疑問が湧く。

 おそらく大半の方が彼の個人キャラクターなど殆ど知らない状態で、党首の政策に賛成か反対で投票行動を決めてきたような気がする。
 もし現実に彼の人となりを知っていたら投じない人も増えただろうし、逆に人当たりは良い人だというから、知っていたら投じた人も増えていたかも知れない。
しかし、いずれにしても本人の人となりを知らないで票を投じた有権者が大半だったという気がする。

これがもっと地方に行けば、その代議士と地元の関係性はより濃くなるので、国会議員がどういうキャラクターなのかということは語らずとも知れ渡っている可能性はあり、それによって投票行動を決める可能性は十二分にある。

しかし彼のような東京郊外のベッドタウンエリアの選挙区では地元の横の繋がり自体が希薄で、代議士のキャラクターが伝わってくるような機会は非常に少ないのが現実であり、人となりを知って投票行動をするのはとても難しい。

まあ建前の理想を言えば、提出されたマニュフェストの政策・主張を基準として投票行動を決定するべきなのだが、いずれの党・候補者とも玉虫色の理想を語るので、投票行動を決めるほど決定打にならず、結局投票行動の基準は所属政党の色となる。

今後、彼が次の選挙で当選するのかどうか(立候補するのかどうか?)はわからないが、彼を選出してきた選挙区の責任として、有権者として候補者との距離感を含め、見極め方をもう少し工夫して考えていくべきだなと思った先日の彼の大臣辞任の一件である。

今時のアニメキャラ

 YOUTUBEというものが世の中に出来て、子供の頃の古いアニメを見る機会も時々あるのだが、それらを見ると子供の時の思い出と言うこともあって、今見てもそこそこ楽しく見ることが出来る。

 しかし、そういった昔の作品を探している途中で見つけるのが、それらの作品をリバイバル製作された最近(主に2000年以降)のアニメ類である。
 あのころのアニメがどんな風にリニューアルされているのか、ちょっとばかり興味を持ってみようとするのだが、見始めるとあっという間に興味を持てなくなり、酷い場合には生理的に受け付けなくなってしまう。
 30分とか最後までずっと見続ける気にならないのである。

 はて、この違いはなんであろうかと思う。

 確かに世代差による感覚の違いは大いにあろうかと思うが、昔とはアニメの本質が大いに違ってしまった感も否めない気がする。

 まず第一にアニメのキャラの体格の描かれ方で、昔は8頭身のスマートキャラなどほとんどいなかった気がするが、今のアニメには8頭身のスマートな主人公が沢山登場する。
 現代の中高生の実際の体格を投射したものかもしれないが、以前はドラえもんの2頭身に始まり、のび太は3頭身に近く、アラレちゃんは2.5頭身で、着ぐるみにしても違和感がないキャラばかりで、かっこいいキャラでもせいぜい6頭身止まりだった。

 それが現代ではのび太でさえ4頭身以上に描かれ、ヒーロー級のキャラは7頭身8頭身が当たり前になった。
 人の姿を現実の世界に近づけたのかもしれないが、それがアニメの世界が中途半端にリアルにする結果になり、寧ろ親しみが持てなくなった感がある。

 また台詞についても、昔は独特の個性的な声をもったキャラクターが活躍していたが、最近は最初からアニメの声優を目指して訓練してきて入ってきたような画一的な声質の持ち主ばかりで、どうも耳になじまない。
 台詞廻しまで、型にはまったような教科書的読み方をする声優ばかりで、やはり親しみにかける。

 背景の描かれ方も同様で、最近のアニメではビルや商店などリアルさを追求した綺麗な街並みが描かれているが、それが却ってアニメ自体を現実に近づけてしまい、つまらなくしている気がする。
 背景などは昔のサザエさんやバカボン、あるいはクレヨンしんちゃんの街並みのように、あまりリアルに描かれないようなある意味いい加減な絵の方が観ている側からすると入りやすい気がする。
 リアル過ぎると、どうもアニメの世界から現実に引き戻されてしまうのである。

 そういった点では最近までヒットを続けていた一連の宮崎アニメなどは例外で、8頭身キャラはほとんど出てこないし、背景も柔らかくリアル過ぎないし、画一的な台詞しか言えないアニメ専門声優は極力排して、リアルな舞台で活躍する俳優や個性的な声の持ち主を採用しているため、映画にメリハリがあって、別の意味でのリアリティが存在する気がする。

 まあ、こういったアニメの姿が変遷している背景には、子供向けで作ることが前提だった昔から実写映画同様に大人が観客の対象となり、大人たちの世界もやはりアニメで描かれるようになり、性愛的なものも含めてリアルな人間関係が包含されるようになったという事情があるのかもしれない。
 またパイオニアたちが手さぐりで作品を作っていた時代と違い、クリエイター達がアカデミックな教育を受けたがゆえに、リアルに近づけるためのテクニックを持つがゆえにどうしても駆使したいという事情があるのかもしれない。

 まあ時代とともに社会におけるアニメの位置づけも変わって来ているので、固定観念として昔の方が良かったとは必ずしも言えないが、2頭身キャラのクレヨンしんちゃん以降、親しまれるアニメキャラが生まれず「ゆるキャラブーム」に時代のキャラクターの主役を持って行かれているような状況を考えると、現代のクリエイター達はキャクラクターづくりにもう一工夫する必要があるのではと考えてしまう。

 アニメは独特の世界があればよく、リアルである必要はないという気がするのである。

上海ディズニーランドの噂 実現の壁は世界一の戦い

 以前から噂の絶えない上海のディズニーランドだが、これは単なる噂ではなく現実的な構想としての交渉は進んでいるらしい。

 ただし、まだまだ合意に至っておらず、その実現性はまだまだ不透明といわれている。既に浦東空港の近くに土地は用意されていると言われ、地下鉄など交通機関の青写真もあるらしいが、現実的にはまだまだ壁が高いようだ。

 その理由の一つに、香港ディズニーランドの状況が影響しているようである。私は行ったことはないが、従業員、観客ともにディズニー本社の要求するマナーのレベルに達していなく、園内にゴミが散らかり、行列の割り込みや従業員による客の贔屓、接客態度など、夢の楽園の品位が保てず、単なる普通の遊園地に陥ってしまっているような状況がある。

 また知り合いの東京ディズニーリゾートの関係者に聞いた話によると、やはり中国本土から来た観客はやはり評判が悪く、トイレで水を流さない、洋式便座に靴で上がる、使ったトイレットペーパーを便座の周りに捨てる、レストランでテーブルの上にゴミを散らかす、路上でつばを吐く、喫煙するなどといったマナーや文化の違いに起因する苦情が多くあるという。

 大陸に比べ比較的マナーの良い香港や、東京に来る富裕層でさえこの状況なのだから、上海でディズニーランドを開園すれば、どんな状況になるのかは想像に難くない。

東京ディズニーランドの連絡バス

東京ディズニーランドの連絡バス

 さらに上海でディズニーランドを開園するにあたっては、キャラクター商品の著作権管理も非常に大きな問題らしい。

 ご存知のように中国はコピー商品天国で、時計、鞄などブランド品からDVD、果ては遊園地そのものにいたるまで商標登録を持たない贋物が大量に横行し、その市場は本物の市場をはるかに凌ぐといわれ、こんなところに上海ディズニーランドを開園したらどんな状況になるかは火をみるより明らかなのである。

 ディズニーは世界でも稀なほどキャラクターの肖像権管理にうるさい会社である。

 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランド社でさえ、ミッキーなどのキャラクター使用に際しては米ディズニー本社の許可を取る必要があり、簡単にアトラクションやグッズを販売できないのである。
 そのコントロール範囲は雑誌の表紙や旅行社のパンフレットの記述までに及ぶ

 以前JALが東京ディズニーリゾートのオフィシャルエアラインになった際、デイズニーキャラクターを描いた機体が登場したが、「ディズニー」の名前は米側の許可が取れず結局「ドリームエクスプレス」の呼称になってしまったのは有名な話だ。

東京ディズニーリゾートライン

東京ディズニーリゾートライン

 その世界一キャラクター管理の厳しい会社と、世界一のコピー大国が交渉しているのだから、この構図は非常に面白い。

 恐らくディズニーは、その市場性を値踏みしている段階にある。
 コピー商品をいかに防いでディズニーの利益を損なわず開園するか?

 夢の楽園とは言えども、結局はビジネスであるから、潜在的な市場の大きさはあるもののまだまだ国が成熟していないため、私の予想ではリスクの高い現段階では投資をしないと思われる。

 また中国側の事情としても、上海万博以降の経済的な刺激剤として、ディズニーという切り札は取って置きたいという思惑があるように思う。

 従って上海の地にデイズニーの名が登場するのは早くても2015年くらいになるのではと私は予想している。

 上海の2015年といえば、ベビーブームといわれる今年生まれた子供たちがちょうど小学生になる頃であり、デズニーの狙うマーケットとしては格好の状況で狙い時である。

 この予想があたるかどうか分からないがその頃までには市民マナーも今よりは成長しているはずで、綺麗な上海ディズニーランドもなんとか実現できるのではないかと私は期待している。

(写真は両方とも東京ディズニーリゾート付近で撮影)