Tag Archives: パクリ

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

ポケモンGOに見る世界同時流行現象の理由

 日本で先週末からポケモンGOの配信が始まったと話題になっており、日本だけでなく世界を席巻しているとのニュースになっている。

 残念ながら私のスマートフォンはポケモンGOには対応していないようで、インストールできなかったのだが、機会があればちょっとは触れてみたいという気にはなっている。

 ただ、ベースとなっているシステムがGoogleということもあって、中国国内では当面サービスは提供されないかもしれない。

 その代わり似たような紛い物が出回っているとの噂を耳にしたが、まあどんなウィルスが入っているかも分からないので、とりあえずそっちは手を出さないで置こうと思っている。

 ところで、改めて気づいたのだが、ここ数年こういった世界同時多発の流行のような事象が増え始めているという気がする。

 こういった世界中で同じものが同時に流行すると言ったことは、少なくとも私が若いころにはなく、かつては流行の発生が始まった場所からタイムラグがあって世界に広がっていったような状況だった思う。

 FACEBOOKやLINE、ツィッターなどSNS関連も今現在は世界中で使われているが、一挙に爆発的に会員数・利用者数が増えたというよりも口コミでじわじわ増えたという印象が強い。
 ところが最近は世界同時に流行するものが出てきており、自撮り棒ポケモンGOがその代表例である。

 これら二つは国籍や世代などに全く関係なく世界中の人が使っている。

 こういうニュースを聞きつけると、地球上の世界各国というのは実は一つに繋がっているのだなと実感できるし、逆に世界の狭さも感じさせる面もある。

写真はイメージ

写真はイメージ

 とにかく、世界中の人々が同時に一つのことに夢中になる大流行というのはインターネットの無い時代から生きてきた私にとってはとても奇異な風景なのだ。

 しかし、それが現実に起きている

 どうしてこういった世界同時流行が生まれるようになったかを考えると、やはりスマートフォンという共通プラットフォームが世界に行きわたったことが大きいのだと言える。

 当然スマートフォンの代名詞となっているiPhoneの登場が非常に大きく影響しており、iPhoneが切り拓いたスマートフォン市場そのものが、同時に世界共通のヴァーチャル市場のプラットフォームの構築に役立っているのである。

 そういう環境の中、満を持してというか、GoogeleMapのグローバルな世界とリアルな世界を結びつけてエンターティメントしてしまったのが、ポケモンGOという存在だということになる。

 これまでは国家や言語圏などのエリア単位で行われていたマーケット開拓が、スマートフォンというグローバルプラットフォームが準備されていることにより、一挙に世界市場戦略を進めることが可能になったのである。

 もっとも今回のポケモンGOの場合、GoogeleMapという広大なインフラがあっての流行爆発とも言えるので、一般企業のマーケット戦略にはそれほど参考にならないかもしれない。
 しかし、これからの時代の市場戦略は、iPhoneなどのスマートフォンを通じて世界同時進行の戦略プランが可能になったということを示してくれたのが、今回のポケモンGOの流行といえるのである。

間違いだらけの中国人のSEO

 笑ってはいけないのだが、これはもしかしてSEO対策のつもりなのかなと思える中国人のサイトを見つけると思わず笑ってしまうことがある。

 もちろん中国にはしっかりとしたWEBサイトだって山のようにあるのだが、それと同じくらい笑ってしまうような素人サイトも沢山存在する。

 別にデザインが下手とか、中身が薄いとかそういう部分は相対的なものなので馬鹿にする気はないのだが、俄かのテクニックを駆使した結果、実は失敗しているような作りのサイトがいくつもある。

 特にSEO対策のつもりで、Googleなどがこうやってはいけませんよと例を挙げている悪い典型の対策をそのままやっているようなサイトがあるのを見つけると非常におかしさを覚える。

 例えば、リンクだけを目的とした意味の無いページを作ってはいけないとか、機械的に大量に作られたページはいけないとか、或いは文章中にリンクを隠す目的で文字の色を変えて目立たなくすることはいけないとか、そういうことがツラツラとGoogleのウェブマスターツールというページのガイドラインに書かれているのだが、その悪い典型をそのままやっているのが彼ら中国人のページ構造だったりするのである。

 まあ中国人達がそういう発想することも理解できないわけではなく、現在Googleによって禁止されているそれらの手法というのは、かつての世界の先人達が今の中国人同様に頭をひねってあの手この手でSEO対策を行なってきた足跡でもあり、中国人達も同じ発想しているだけなのであって、彼らだけが特に変な発想というわけではない。

 つまり遅れて始めた彼らは、既にその手法が禁止され対策が施されたことを知らないので、同じ轍を進もうとしているだけなのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ただ、既にそれらが禁止されている現在においてはそれらの「やってはいけませんよ」的な手法を使うと、Googleからは評価されないどころか、マイナスのペナルティを受ける結果になり、残念ながら彼らは不幸にもそれを知らないでそのまま禁止手段をやっていることになる。

 つまり、SEO対策のつもりがどんどんサイト評価を下げる結果をもたらしているのであり、それに気が付かずこれでもかと押し込むことが実は墓穴をどんどん深くして行っていることに彼らは気が付かないのである。
 
 まあもっとも、こういった初歩の禁止手法でSEOを行なおうとしているサイトは、扱っている商品自体もコピーブランド品など違法物だったりするので、SEO対策のいかんにかかわらず、Googleの検索結果にインデックスされる可能性は非常に低いだろうと思われる。

 それにしても中国人達のやるコピー商品にカンニング、パクリに違法SEO対策など、そこにつぎ込んでいるパワーをまっとうな方向に注げば、もっと凄い結果が得られるのではといつも思ってしまうのである。

まるまる翻訳なレポート

 最近、中国の百度のサイトで、ある情報を調べていたらどこかで見たような情報にぶつかった。

 あれ、この情報どこかで見たことあるなぁ。

 思い出したのはある日本語情報の文章だった。

 気になってその日本語の情報を探して見て確認したら、やはり私が見つけた中国語の情報そっくりだったのである。
 もちろんネイティブな日本語なりに翻訳はしてあるが、文章構成や内容は機械で翻訳したかのごとく丸々翻訳してあり、そっくりだった。

 なんだ、これが情報ソースか、、、

 よくよく調べてみるとその日本語文書の筆者が書いた別の文章なども、中国語丸々翻訳の文章が多いということに気が付く。
 それらの文章は構成などが原文そっくりでほとんど構成に工夫がなく内容の裏付けを行なった雰囲気もないのだ。

 しかも中国語の原文で明らかにおかしいなと思われる表現もそのまま翻訳してある状態となっている。

 逆に明らかに本人のオリジナルだと思われる文章は文章構成の面でどうにも稚拙な文章になっていて同じ人間が書いたものとは思えない程、文章構成力に差がみられる。

 しかもボキャブラリーにもやや乏しく、言葉のチョイスが微妙に世間ズレしている印象も受け、それが文章アクセントとしてプラスに働く面もあるのかなと思いつつも、やはり日本の文化の中にいた時間が短かく本当の言葉のニュアンスが実は分かっていないんじゃないのかなという印象に映る。

写真はイメージ

写真はイメージ

 また、この人は翻訳による文章作成は得意だが自身では文章を組み立てられないような印象を受け、故に情報に変更があっても修正したり更新したりする能力に乏しいようである。

 つまり翻訳的変換はできても内容を把握する能力がないから修正の方法がわからないようである。

 故にその人が行う情報の改訂は文章の引用付加の形が多く、ほとんど本文修正には手をつけられない。

 結果古い情報が変更されずそのまま残り、全体として全くへんてこりんな矛盾したいびつな文章が出来上がる。

 文章の内容を把握できる能力があれば、普通はこうはならないだろうと思うほどにひどいし、文章を読み返して全体の流れを再確認している様子も見えない。

 よって一度作った文章は情報変更があったとしても修正せず、修正する場合は新たなひな型を探して作り直しをするのがこの人の常の作業となっているようだ。

 もちろん翻訳には母国語能力の高さが必要とされるが、ネイティブな文章を書けるようなのにこうまで翻訳専門な人も珍しい。

 そういえばこの筆者が書くブログには本人の専門分野とあまり関係ないような突飛な社会問題があちこちの話題から取り上げられるが、こんな文章傾向を見るとあれにもオリジナルの中国語記事などがあって単に翻訳しただけなのではないかと勘繰りたくなってしまう。

 引用を明らかにした上での文章ならば、ギリギリセーフなのかも知れないが、オリジナルの存在を伏せたまま翻訳文を自分の意見の如く書いているのだとしたら明らかにアウトであろう。

原文

午後の豆乳??

今朝、コンビニで朝食を買ったらこんなものを見つけた。

午後の豆乳

午後の豆乳

午後の豆乳」とある。

 どうやら紅茶入りの豆乳という触れ込みらしく、興味本位で買って(3元)飲んでみたが味はなかなか悪くない。

 
 むしろ結構うまいかもしれない。

しかしである。

これは明らかにキリンの「午後の紅茶」のパクリである。

 旭洋さんはもともと日本企業も資本参加している豆乳メーカーだが、さすがにはこれはマズイだろうと思う。

 少なくともパッケージにはキリンの協力を得たなどという文言はどこにもない。

もし許可を取っていなかったら訴訟になること必至だ。

 まあ味は悪くないので、この商品はアリだと思うが、ひょっとするとこの商品名での購入は最初で最後になる?かもしれない。

さすが中国、いまさらながら何でもアリには驚く。