Tag Archives: 医師・医者

上海のローカル歯科で親知らずを抜く その1

昨年の秋くらいだったろうか、奥歯や顔のあちこちに痛みが走るようになっていて、仕事上の思考能力に影響を与えるようになっていた。
歯の付け根などに痛みがあったので、歯槽膿漏や歯肉炎の類なのはわかったので、薬と薬用歯磨きなどで何とかごまかしごまかし凌いでいた。

薬用歯磨き粉 システマ

当初は夜も眠れないほどの痛みが走ることもあり、痛みのひどいときは件のロキソニンで痛みを抑え乗り切っていた。

なるべく医者にはかかりたくない一心で、薬を根気よく飲み続けた結果、年明けには痛みはだいぶ和らぎかなり改善する状況になってきてはいた。
いつも薬を買いに行く薬局にも、「なかなか治らないねー」、と言われつつも改善はしてるからと言って薬を買い続けていた。

ところがである。

前回、副鼻腔炎の件でも書いたが、今月4月2日の寒い日での服装の失敗で体調を崩してしまったのである。

その結果、抵抗力が落ち、頭痛や副鼻腔炎とともに歯の周りの炎症も再発し、つらい痛みに襲われた。
その結構な痛みにとうとうギブアップし、歯は根治させなければ行けないと思い、親知らずの治療に関するネット情報などを調べ始めた。

それらの情報を総合すると、恐らく自分の「親知らず」は横倒しになっている状態と見られ、周りの歯に悪影響を与えている状態なので、抜いてしまうのがベストだという判断になった。
歯を抜くのを決めた配位が、その時点で一時帰国が決まっていたので帰国時に日本抜いてしまうことも考えたが、術後の抜糸までの期間に足りないことから、上海市内での抜歯を模索することにした。

SNS上で上海の歯科の情報を募ったところ、日系病院や上海の病院が集まり、第9病院が良いだの推薦があった。

ただ、これらは実際に利用したという話があまりなく、結局はある友人が利用したことのあるというローカルの私設歯科医院に行くことにした。
その友人情報によると、日本語が通じて、優しい先生とのこと。

調べてみると、一応ホームページが見つかり、予約機能もあるのだが、機能しているのかはちょっと怪しかった。

まあダメ元で、ネット上から予約を入れつつ帰国直前の日に医院に行ってみた。

地図と住所を頼りに行ってみると、幹線道路沿いの商業棟ビルの端から2階に上がるような立地条件の病院で、入り口の階段口にコピー業者が業務をやっているようなどローカルな環境だった。

ここに本当に歯医者があるのかと若干不安を感じながら、階段があがるとちゃんと受付があった。

ロビーに入った瞬間には受付には誰もいなかったが、慌てて看護婦さんが戻ってきて対応してくれた。
結局、案の定ネットからの予約は成立しておらず、その日は予約でいっぱいということで、改めて予約をとって訪れることになった。

そして一時帰国から戻ったあとに、改めて診察を受けに伺った。
診てくれたのはベテランの中国人女性の歯医者さんだったが、日本語が流暢で物腰の柔らかい方だった。

事前に親知らずの件は伝えてあったので、先生はちょっと口の中を確認すると、すぐにレントゲン撮影を指示された。

すぐに私は看護婦さんに連れられて3階のレントゲン室に連れて行かれ撮影した。
歯専用のレントゲン設備らしく、視力検査のような台に顎を乗せて、歯の写真を撮られたのである。

で改めて2階の診察室に戻り、撮ったばかりの写真を確認すると、レントゲン写真に写っていた私の親知らずは見事に横倒しになっていた。
そればかりか隣の歯(7番)にも寄りかかっていて、接触部が虫歯のような状態になっているとのこと。

結局やはり抜歯しましょうとなった。

その日のうちに抜歯という話もあったが、抜歯には力が必要なので、男性の専門医を呼ぶということになり、その場で電話をしたが繋がらなかったので改めてということになった。

結局その日の診察はそれで終わりで、翌週の午後を予約し、帰り際に抜歯の前日から飲んでほしいという抗生物質と痛み止めをもらい精算した。
 130元の費用だった。

ちなみに抜歯の日は大体いくら掛かるのかをその場で尋ねたところ、7番の歯のこともあり本来1500元くらいかかるが、安くしておくので麻酔代50元と合わせて1050元くらいとのこと。

歯医者で値段交渉や値引きが可能のような口ぶりにちょと驚いたが、まあそれが実際安いのか高いのかわからなかったが、事前リサーチからすると金額は想定内であり費用目安が分かったことに安心した。

さあいよいよ翌週は抜歯である。(つづく)

あの医学博士野口英世の凄い実態

 子供の時にはよく読書で数々の偉人伝だの伝記などを読み、先人たちの偉業などを学んできたが、それらは子供向けの本であったこともありその人物の良いところばかりが書かれた本を読んでいたような気がする。

 しかしながら大人になって、それらの人に関する大人向けの資料を改めて読み返し、それらの人物の知らなかった一面を知らされると、かの人物が偉人伝に含まれていたことにいささか違和感を感じる時がある。

 その一人がかの医学博士野口英世氏である。

 まあ子供の時に読んだ一般的な伝記の中身としては、福島の会津の貧乏な農家の息子が、1歳の時に火傷でくっついた指を15歳の時に医師に手術してもらって治ったことに感激して医師を目指すことになり、その後上京し勉学に励んだ結果見事に医師となり、やがてアメリカに留学し黄熱病などの研究に功績を残したというのが概ね共通する内容であろうか?

 まあ、この辺りの書かれている内容はウィキペディアなどを見る限りにおいては、事実は事実として概ね間違っていないようであるが、問題は子供向けの伝記には書けないような事実がかなり抜け落ちており、人物評価がかなり修正されたイメージになっているということである。

 例えば、野口氏はかなりの浪費家で、田舎で40円もの大金を借りて上京したが、わずか2か月の放蕩で使い果たし、下宿を追い出されたようである。

 この時代、野口英世が世話になり後に重要な援助者となる血脇守之助の、当時の講師としての月給が4円であったことから、いかに野口氏が凄い浪費ぶりであったかが伺える。

 しかしこのピンチに野口英世氏は今度はもう一つの能力を発揮し、世渡り上手というか饒舌家ぶりを見せ、血脇氏をうまくそそのかして彼の給料を上げさせ、自分の学費などを捻出することに成功したとのこと。

 さらにこの野口英世という名前も、元は野口清作という名前であったが、当時人気の小説に本人に似た名前の主人公が登場していて、本人同様の自堕落な生活を送っていることが描かれていたため、これを嫌って名前を変えることにしたようである。
 しかもそのため田舎にいた別の清作という名前の人に無理やり別の野口家に入るよう頼み込んで、強引に同じ名前が同じ村にいるのは紛らわしいという理由を作り出し役場に改名を認めさせたというから、どうもやることが凄い。

 そのほか婚約者の持参金を使って留学し相手から婚約破棄させるように仕向けるとか、大学に通ってないのに履歴書に3年学んだと記載して米国で学歴詐称を通すとか、清国への国際防疫班の支度金96円を放蕩で使い果たすとか、偉人伝に描かれる姿とはまるっきりイメージの違う姿がそこにあるようである。

 ただ、こういった胡散臭い人間振りを発揮していた一方で、伝記に描かれるような研究熱心さと優秀さについては間違いがなく、実は子供向けの伝記にはあまり描かれないが、梅毒関連の研究が非常に評価され研究者として高名となったようである。

 まあどんなに立派に聞こえる人間でも、社会的に評価される部分とだらしない部分を持ち合わせているのが普通だと考えれば、野口英世氏もその例に漏れていなかっただけとも言えるが、偉人伝とはあまりにもかけ離れた驚きの実際の人物像である。

 今の世の中にも学歴詐称や都合の悪い経歴を消したりする人は大勢いるわけで、そうやって都合よく創り上げられた「立派な像」に誤魔化されないように気をつけたいものである。

環境がビジネスになる可笑しさ

 最近よく環境ビジネスなどという言葉を耳にするようになったが、良く考えてみればこれは非常におかしな言葉である。

 何故なら、元々環境を破壊するようなことをしなければ、環境を保つためのビジネスなど発生しようがないからである。

 それをビジネスで利益を追求するあまり環境を破壊してきた後始末を、今度はその環境を保つために「環境ビジネス」としてビジネスを成立させてしまうことに、おかしさがある。

 昔聞いたある話で、失業者が3%いる国で失業者を失くすために、1.5%の人にハエを育てさせ、残りの1.5%の人にハエ退治の仕事をさせ失業者を失くしたという話を聞いたことがあるが、現在の環境ビジネスの話はどうもそれに似ている。
 
最近のインフルエンザの脅威や大気汚染をブログなどでやたら煽って儲ける医者や製薬会社もなんか似ているような気がする。

 どうも最近は「環境ビジネス」という言葉は、本来の環境破壊の所業を覆い隠して綺麗ごとにしてしまうための呪文のように聞こえてしまう。

原文


ニセ医師検索システム

 先日、日本で厚生労働省がニセ医師検索システムを新たに強化するというニュースを目にした。

 なりすまし医師による事件が多発しているためとのことで、ニセ医師発見に力を注ぎたいとの意向のようだ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 さて、この点について中国はどうなんだろうか?

 まあ日本でさえこうなのだから、この中国で全くいないなんてことは考えられず、ニセ医師がどのくらいいるかは全く見当もつかないが、1%なのか10%なのかはともかく、ゼロではないだろう。

 また医師と名乗らないまでも、本当は医師以外には禁止されている医療行為を無許可で行なっているような人間まで含むとそれなりの人数がいそうな匂いはする。

 そしてさらに困った存在が、きっと沢山いそうな裏口医師の問題である。

 これは日本でも同様かと思うが、医大の入試或いは医師免許試験の時に下駄をはかせてもらえるように袖の下やコネを使って医師免許を取得したようなケースである。

 これらの裏口医師の困ったところは表向きは正式な医師であり、上述のようなニセ医師検索システムを使ったところで、あぶり出せないところにある。

 日本では以前はよく聞いたが、最近では聞かなくなっており、チェックが厳しくなって減ったか地下に潜ったかのいずれかだろう。

 中国では具体的には報道でそんなことが事件になっていないものの、社会風土から言って裏口医師がいないということは有り得ないのではないかと推測する。

 お互い分かっていても同じ穴のムジナということで、よっぽどのことが無い限り内々で処理され表に出て来ないのかもしれず、結局のことろ実体は分からない。

 まあ命にかかわる分野だけに、ニセでも裏でもいいが、とりあえず金儲けのために人の身体を傷つけることだけはやめてもらいたいと願うばかりである。

ウィルス性胃腸炎

 先日の24時間絶食の後、少しずつ食事を開始したがやはりお腹の急降下は止まらない。
 月曜日に出勤はしたものの、脱水症状状態で非常に体がだるく思考が働かない状態となった。

 まあ何とか日々の最低限の日課だけはこなしたが、余分な作業に取り組むほどの余裕がなく起きているのさえ辛い状態だった。
 病院に電話して相談したところ、もう一度来てくださいと言う事だった。

 そして再び病院へ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今度は血液検査などを経て、炎症などの反応がなかったため、細菌性ではなくウィルス性の腹痛と診断された。

 ネットでウィルス性胃腸炎を調べてみると確かに症状と一致し、通常1~2日で治るようだ。

 医師によれば抵抗力がおちてウィルスが入ると、体の中で悪さをするらしい。

 そういえばここしばらくの病気は全て抵抗力の低下から来ているもののような気がする。
 歳を取ってきたということだろうか?

 とにかく、再び点滴を受けた。

 そして、5日目の今日、徐々に症状は回復しているような気がするが、まだお腹は止まりきってはいない。

 まあ過去のひどい腹下しも3日が平均だったから、慣れたくはないがもう慣れてしまった。

 まあお蔭様で体重がかなり減ったが、そろそろどうにかしたい。
原文