Tag Archives: 金メダル

井村雅代コーチに金メダルを取らせてあげたい

 リオオリンピックが閉幕した。

 小池新東京都知事が赴いて引継ぎ式に参加しただの、安倍首相がマリオの姿などで登場したなど、お祭りが終わったという雰囲気になってしまっているが、まだパラリンピックがあるのに、この雰囲気はどうなのだろうかと思う。

 寧ろ、閉会式や引継ぎ式はパラリンピックが終わった時にやるべきで、このタイミングでやるのは中継ぎ式程度で良く、このままパラリンピックへ流れを繋いでいくべきだと思うのだが、違うだろうか?

 さて、そんな閉会式への不満はさておき、今回のオリンピックにおいて、シンクロナイズドスイミングの日本代表が「チーム」として銅メダルを獲得した。
 シンクロ種目ではこれで「デュエット」と併せて両方の種目で銅メダルを獲得したことになる。

 日本のシンクロ界は直近のオリンピックは低迷時代とされ、「チーム」は2大会連続でメダルを逃し、デュエットも前回はメダルを取れなかったのである。
 しかし一昨年から井村雅代さんがヘッドコーチ(HC)に復帰し、今回チーム・デュエットともに銅メダルを獲得し見事結果を出した。

シンクロ井村雅代HC

シンクロ井村雅代HC(引用元

 さすがメダル請負人の面目躍如といったところで、一時中国のコーチに就任した時は裏切り者扱いされたときもあったが、そういった汚名を払しょくする結果で、彼女によってようやく日本が世界のシンクロ上位国に復帰した感がある。

 井村さんの指導は非常に厳しいことでも知られているが、それは選手にメダルを取らせてあげたいという情熱の裏返しでもあり、愛情に満ちた指導だという気がする。
 まあ自分ならあの練習にはきっと耐えられないと思うが(例え違うスポーツであっても)、モチベーションを刺激する術は天下一品であり、別のことであれば叱咤激励を受けてみたい気がしており、一度会ってみたい存在である。

 さてそんなメダル請負人の名伯楽であるが、残念ながら金メダルには未だ手が届いていない

 シンクロ界ではロシアの壁が非常に高く、今回のリオを含めて目下5連覇中という高い壁になっているのである。
 日本のシンクロ界に長年貢献している井村コーチには是非一度は金メダルを取らせてあげたいと思うのだが、なかなかロシアの壁は高いのである。

 4年に一回しかないオリンピックであり、年齢から言っても今後何回もチャンスがあるわけでもないと考えると、是非次の東京で金メダルを取ってもらいたいという気持ちになる。

 しかしそのためにはロシアの壁を乗り越えなくてはならないのである。

 そこでお節介ながら日本とロシアの差がどこにあるのかと、過去の映像を片っ端からチェックしてみた。
 すると、やはりロシアとは大きな違いがあることに気がついたのである。

 何が違うと感じたかというと、日本とロシアでは拍子の取り方が違うのではないかということ。

 どういうことかというと、日本チームの演技は1、2、3、4とメトロノームでリズムを取るが如く、点と点で拍子を取るため、点から点への移動は非常にキレがあり、スピードもある。
 しかしその代わり、点から点への移動速度はどれも一律であるような印象で、結果として動きのリズムはシャープではあるが悪く言えば単調となり、ポーズの連続のような演技となっていたのである。

 これに対してロシアの演技はポーズからポーズへの移行が滑らかであり、スピードの変化が随所に加えられており、そこが魅せる要素となっていた。

 つまりリズムが点と点で途切れず、連続的につながった動きとなっているような印象なのである。

 例えていうならバイオリンで奏でられるワルツのようなもので、メトロノームで示されたリズムだけでは表現できないリズムの変化がそこにあるのである。

 ここが日本とロシアの差であり、これが単に技術的な差であるのかどうかは、私はシンクロの専門家ではないので分からないが、日本がロシアを上回るためにはこのリズム感の差を埋める必要があるように思えるのである。

 以前「フィギュアスケートと音楽」でも書いたが、シンクロナイズドスイミングは音楽が結果に影響する数少ない競技の一つであり、技術要素以外の音楽的な要素が結果に影響を及ぼす。

 それ故に、オリンピックで今より上を目指すには技術的な要素だけでなく、リズム感的要素を、それも音楽的な要素を身につける必要があるような気がする。
 もし音楽的な感覚を身につければ、ひょっとするとシンクロ競技の最大の目標である演技の同期性も音楽的なリズムで埋められる可能性もある。

 まあ、こんな素人の意見は釈迦に説教かもしれず、そんなこと分かっているよと怒られてしまうかもしれないが、井村HCファンとしては何としても次こそ金メダルを取っていただきたいのである。

中国人は冬季五輪に興味がないらしい

 まもなく始まるバンクーバー冬季オリンピックだが、中国人の間ではほとんど話題にも上らない。
 故に我々上海在住の日本人だって、その影響でオリンピックが始まるという雰囲気に若干欠けている。

 まあ日本のテレビやラジオをマメに見たり聴いたりしていればもうカウントダウン状態にあるのは伝わってくるのだが、こちらの新聞やテレビでほとんど取り上げないものだからイマイチ盛り上りに欠ける。

 夏と冬の違いはあれど、一応自国で行なった北京五輪の次の大会なのだからもう少し盛り上がってもよさそうなものだが、どうも関心が向かないらしい。

 これはひとえに出場選手が少ないからなのかなぁと思っていたら、そんなことはなく180人を超える大選手団を送り込むことになっている。
 それに引き換え日本選手団は団体競技の出場枠を取れなかったなどから久し振りに100人割れをしており、中国の半分となっている。

 故に、中国のほうが日本の倍くらい気合が入っても良さそうだが、どうも庶民の反応はそうでもないようだ。

 大きな理由として考えられるのは、スキーなどの競技人口がまだ少ないというのと、メダルを取れるようなスター選手があまり出ていないからということになろうか。

 フィギュアスケートなどではそこそこ上位に来る選手が毎大会いるのだが、それでも日本の浅田真央のようなスター選手的存在にはなかなかならない。

 金メダル競争に躍起になるこの国民は金メダルが取れそうにもないと関心が向かないらしい。

 サッカーのワールドカップも出場しないので、今年の中国人の興味はもっぱら万博ということか。

 まあ、実は中国人がオリンピックに興味あろうがなかろうが、個人的にはそこはどうでもいいのだが、国民の関心が向いていなければ結局は中継放送も限定的になってしまうところが問題なのである。
 BSのない私にとっては日本の放送が見られないのでCCTV頼みであり、切実な問題である。

 友人の家に行って見せてもらうということも出来るが、毎日通うわけにもいかないし、時間帯の問題(ほとんどが朝方から午前中)もあるので自宅視聴が必須なのである。

 今回春節休みに重なっているというのは一つの幸運だが、それにしてもである。
さてさてどうしたものか。。。

意気に感ず!?石原都知事の東京オリンピック招致

 2016年のオリンピック開催都市決定まであと100日を切ったそうである。

 最初に石原都知事がこのアイデアを掲げたときに、単なるパフォーマンスのアドバルーンだと皆が笑っていた。

 しかし彼は最初っから本気であったようで、国内の他の候補地との争いを勝ち抜き、更に世界の他の候補地と戦うべく着々と招致計画を進めてきた。
 最後の追い込み時期になった現在でも、石原知事は手を緩めず真っ直ぐ進んでおり、世界のオリンピック委員を説得すべく交流工作に世界中を飛び回っている。
 挙句の果てに皇太子まで担ぎ出そうという意見まで出るのだから、その本気度が伺える。

 税金の無駄遣いだの、今更意味がないだの今でも反対の声をあげる人は少なくないが、賛同する人も徐々に増えてきたように思う。

 上海の日本人の間でも、都民の会などで招致活動を盛り上げていこうという声になり、応援の声は増えてきている。

 事の是非はともかく、知事という一人の人間にこれだけ熱心な行動をされると人間はその熱意に心惹かれる部分がある。心打たれるといったら大袈裟かもしれないが、少なくとも真剣に物事に取り組む相手には真剣な姿勢で相対さねば失礼であり、その真剣さを否定するほどの理由がないならば、相手の心を認めてもいいのではないかと感ずる。

 つまり「意気ニ感ズ」という心境である。

 昨今の日本は、余りにも物事がシステマチックに完成しすぎており、お祭りなどのイベント事に対しては商業的な目的のほかは、余程の大義名分がない限り無駄遣いの声が上がりやすく、新しいことが行いにくい社会環境になっている。

 特にオリンピックのような大イベント招致に関しては、単なる商業的な目論見だけでは突破できるような状況にないのが今の日本の社会である。言い方を代えると、自分たちの力を冷静に判断しすぎて熱く可能性を追い求めることを諦めたり忘れたりして、夢を失っているのが今の日本である。

 石原都知事はそういう凝り固まった日本の社会だからこそ、オリンピックのような風を再び東京に吹き入れて、新たな活力を生み出すきっかけにしたいのではないか?
そう感じる。

 今ある反対意見というのはそういう凝り固まった社会から出る意見がほとんどのような気がするし、そういったことが分かっているから、数々の反対にもひるまずに前に進んでいるように思える。

 オリンピック招致というやり方が賢いのかはよく分からないが、反対意見がある事を分かってて、敢えて旗振り役を買って出たのは勇気ある行動だと思う。

これから人口が減少し、活力が徐々に失われていくと予測されている祖国に、オリンピックという刺激を与え、その衰退カーブを少しでも食い止めたいのが彼の気持ちであるように思う。

 また私自身も中国に来て、昨年の北京オリンピックを見て、あの活力を羨ましいと思いつつも、中国の国としての子供っぽさを馬鹿にしていた自分がいる。

 もし、日本で再びオリンピックを行なうことが叶うならば、北京のようなみっともないオリンピックではなく、それなりの活気を保ちつつ、もっと世界に対して大人の振る舞いのできるオリンピックを、日本なら開催できる、そう感じた。

 そういった成熟した大人の国のオリンピックを是非今の中国の人たちに見せてみたいし、金メダルだけがオリンピックじゃないんだとそう教えてあげたいと思って昨年の北京オリンピックを見ていた。

 石原さんの熱心な行動を見るに連れ、私のそういった想いが再び思い起こされ、彼を支持してもいいかなと、そういう気持ちに最近なった気がする。

空振りする中国

最近バスの中で放送されている宇宙遊泳の成功の放送がどうにも鼻につく。

宇宙遊泳の成功自体は否定すべきものではないのだが、どうにもその成功に素直に驚愕できない。
というか数十年前のテレビ放送のコピーを見ている気がしてならない。子供のとき見たアメリカの宇宙船の映像そのままの姿を単に中国版に置き換えただけのように思えてしまう。気のせいか映像のアングル・構成までそっくりのような気がする。

 あまりにも出来すぎの映像に、つい先日のオリンピックのCG映像問題を思い出し、今回の宇宙遊泳も良くできた特殊撮影映像なのではないのかと疑いたくなってしまう。
 まあ映像の虚偽はともかくとして今回の宇宙遊泳のみならず、聖火リレーのチョモランマ登頂やオリンピックの金メダルへの異様なまでの執着など、中国が偉業と自慢するほど、どうも世界の各国はしらけていくような気がしてならない。

 つまり、中国の国家が自慢している国家発展のテーゼというのが非常に古いのだ。
オリンピック、宇宙開発、新幹線、高速道路、航空機開発、ダム開発、etc。全て欧米諸国や日本が1960年代70年代に追いかけていたテーゼである。

 欧米諸国が持っていたこれらのかつてのテーゼは、2度のオイルショックなどの経済危機を経て、既に過去のものとなっており、今は環境や安全、はたまたガイヤ理論など、過度な発展を抑制するテーゼが支配的になっていて、現在中国が目指しているタイプの開発テーゼは、いまや欧米諸国にとっては過去の失敗として反省すべきアンチテーゼとして存在しているものである。
 にもかかわらず、今更ながら中国がこのテーゼに一生懸命になっているので世界はしらけてしまうのだ。

 確かに、中国はかつて政治的混乱やその巨大さ故に、欧米諸国の発展の潮流に乗り切れず来たので、経済発展という意味では遅れてしまったのは事実であり、世界に比肩するために、その成功をなぞらえたくなる気持ちはわからなくは無い。

 しかしコピーの成功をいくら続けたとしても、いつまでたってもコピーはコピーのままである。S級スーパーコピーのブランド品のように、その価値がオリジナル品を上回ることは永遠にありえないのである。

 早く世界のテーゼに追いつき、オリジナルの価値を生み出さなければ、この国が世界から賞賛される時代はやってこない気がする。

右手を使わない上野選手のこだわり

ラジオの記者が伝えていた話だが、豪腕で日本に金メダルをもたらしたソフトボールの上野選手は、普段の生活ではほとんどその利き手である右手を使わなかったそうだ。
聞くところによると、会社のお偉いさんから握手を求められて右手を差し出されたときに、左手で差出し返したという。握手で下手に強く握られるなどしてつまらない刺激で右手の筋肉や指先の感覚を狂わされるのを恐れていたようである。

 それほどまでにして、守らなくてはならないほど彼女にとっての右手は大事で、つまりそれは彼女のオリンピックの金メダルへのこだわりの証であった。こういった日常の生活からソフトボール最優先で生活をし続けきた結果が結実して今回の金メダルとなったようだ。

そういう面では、比較して申し訳ないが日本の野球に関して言えば、決して手を抜いているわけではないが、熱さの面でソフトボール女子や対戦相手の韓国ほど、金メダルへのこだわりが足りなかったのが今回の結果のように思う。
 皆がオリンピックの金メダルを目指す中、やはり想う心が一番強い人やチームが、頂点に立つのだと思う。

そういう意味では、政治的な要因で世界から叩かれながらも、自国開催のオリンピックに純粋に集中してきた中国選手が、金メダルの数で圧倒しているのは至極当然の結果とも言える。
 この上野選手のこだわりがもたらした結果に我々にも見習うべきところがたくさんある気がする。