Tag Archives: パンダ

茨城の客寄せパンダのアドバルーン

 先月、茨城県の大井川知事が日立市の神峰動物園にパンダを誘致する構想を発表したことがニュースになっていた。

 就任以来ほとんどニュースにならない大井川知事から出た、突然の政策発表のニュースのため、どうも突拍子もない印象だった。

 「客寄せパンダ・・・」という言葉が真っ先に頭に浮かんだ

 魅力度ランキング連続全国最下位の茨城県ではあるが、パンダを飼育しただけで何か改善が期待できるのだろうか?
 そもそもその手段として、パンダの誘致というのは安易すぎるのではないだろうか?
 
 確かにパンダを呼べれば、それなりの集客は期待できるだろうが、それは単なるパンダ人気であって、茨城の魅力とは何の関係もない。
 それでも経済効果を狙って誘致するという判断もなくはないだろう。

 果たして実際どのくらいの本気度で、実現性というか交渉はどの程度進んでいるのか?
 その辺の状況について先日ちょっと機会があったので。茨城県の人に聞いてみた。

 するとどうやら、まだほとんど知事の頭の中の構想の域を出ておらず、先日の発表についても、の関係機関などに真意の説明を始めたような段階であり、全く根回しなどがされていないような状況らしい。
 県の予算も、本当の初歩の初歩レベルらしく交渉すら出来るかどうか怪しいレベルのようだ。

 肝心の知事自身も就任後に一度も中国を訪れたことが無いらしく、当然まともなパイプすらなさそうである。

 本気でパンダ誘致を目指したいなら、まず知事自身が、視察名目でもなんでも良いので四川の飼育センターなどを訪れるべきであっただろう。

 そして現地の政治的有力者などを表敬訪問するなどして、雑談の中で「当県にもパンダを貸していいただくことは出来ませんか」などと話してみれば、先方も無下には出来ず、とりあえず現地の状況くらいは知ることが出来、話の端緒くらいには付くことが出来るだろう。

 まあ運が良くてもなかなかとんとん拍子で話が進む可能性は低いだろうが、実現への道筋くらいは見えてくるかもしれないのである。

 もちろん、そこでは国家間の交渉を必ず通さなければならないが、希望する主体者がまず足を運ぶというのは、熱意を伝える一番の武器であり、交渉成功の近道なのである。
 それなのに、茨城から動かず部下などに交渉をやらせようというようなやり方では、中国相手に本気度が伝わるとはとても思えない。

 こうやって考えると、今回のパンダ誘致構想というのは実は知事自身のアドバルーンなのではないかと思えてくる。

 つまり自分自身に注目を集めるための客寄せパンダ的なアドバルーンである。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ

 聞くところによると、大井川知事は地元のメディアとの関係性が良くなく、知事の発言や行動があまり記事に取り上げられない状態とのこと。
 ならば東京のメディアでもとりあえず飛びついてくれるだろう話題としてパンダ誘致構想を掲げたのではないか?そんな視点も出てくる。
 
 いずれにしても、今回のパンダ誘致構想は実現までは遥かに遠そうで、とても現知事の現在の任期中には実現しなそうなレベルの話のようである。

まさに客寄せパンダ!上野に復活

上野動物園にパンダが戻ってくる!
こんなニュースを目にした。
2008年にリンリンが亡くなって以来、パンダ不在であった上野動物園に2011年パンダが戻ってくることになったらしい。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ

私の小さい頃からの印象としては、やはり上野動物園といえばパンダで、パンダといえば上野だった。
猿山の猿のボス争いがどんなに過激化しようとも(笑)日本人にとってのパンダの地位は不動であった。
そしてまさに客寄せパンダの名前そのままに、動物園に客を呼んでいた。
 実際2008年にリンリンが死んでから客足が落ち、年間入場者数が60万人も減ったらしい。

まあそれに危機感を募らせた東京都が再びパンダ招致に本気になったということでもないらしいが、まさに救世主となるパンダの再登場である。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ

自分のことを考えても、パンダがいなければ動物園にはなかなか足が向かないし、パンダがいると思えば、暇つぶしに行ってみようという気になる。
 私でさえそのくらいパンダの存在の有無に差を感じるので子供達にとってはなおさらだろう。

 石原知事の言うとおり、上野にパンダが復活し、希少動物の価値を通して地球環境を守る大切さが、子供達ならず大人にも伝わっていくことを是非願いたい。

 原文

ネットの情報の半分はパンダ

いろいろ紆余曲折した会社の移転問題だが、実は先週末にほぼ決定した。
移転時期に関してはまだ流動的だが5月中の移転完了を目指すとの事。
これを受けて、先週の自分の部屋探しを始めようとまずネットで市場調査を始めた。
中国には上海だけでもかなりの数の部屋探しサイトがあり、かなりの件数の物件が掲載されている。
使いやすいサイト、使いにくいサイトいろいろあるがそのサイトの構造に限らず、掲載されている情報の半分は客寄せパンダ的なダミーの物件情報であるという。

 従って、条件の良い物件を見つけて連絡をとってみるとその物件はもう成約したと言われ、別の物件を探して紹介するがどうかと必ず言われる。

 確かに上海の空室市場は流れが速く、条件の良い物件はすぐに埋まってしまうので、本当に不動産会社の言うとおり成約済みの可能性もあるが、やはりどうにも疑わしい。

 果たして、本当にその物件があったのかどうかもこちらには知るすべがないので確かめようがない。どうにも顧客集めの客寄せパンダのにおいがする。

 実は先週末これと同様のことがあり、見事引っかかってしまった。
私自身が部屋探しのためにネット上で情報を探し、良さげな物件があったのでそこに電話をかけたのだが、相手からその物件はもうないといわれたのである。

 しかしながらその物件情報の登録日時は前日の夜の7時であり、私がその情報を見つけたのは夜中の1時頃、そして電話をかけたのが朝の9時である。真夜中に契約が成約したとしか考えられない状況である。もちろん上海とてそんな真夜中に部屋を見て契約するようなことは常識的に有り得ない。

 結局は元からそんな好条件の物件など存在しなかったのである。

  そして、次の瞬間から不動産屋からの紹介攻撃が始まる。まあこちらとしてはこの「客寄せパンダ物件」と同等の物件が用意されるならば言うことないのだが、そんなやり方をする不動産屋に限って、ロクな情報を持っていない。しかも話が通じない。言葉が通じないのではなく話が通じないのである。

その不動産屋から数件の物件を紹介され、部屋を見て回ったのだがどうにもこちらの要求がまったく通じていないような条件の部屋を紹介された。

説明しても、どうも部屋と相場のバランスがあっていない気がする。日本人だからなめられている部分もあるかもしれない。

 こんな不動産屋に付き合っていると3日たっても見つけられそうにない気がしたので、そうそうに離れた。
次の日に電話が掛かってきた時には「もう決まった」と嘘をいえばそれで終わりである。パンダのお返しなので罪悪感もなく言える。
 不動産選びというのは実は不動産屋選びがまず重要なことだと教えられた。ネットには着ぐるみを来たパンダがたくさんいる。
 今回の教訓は「パンダに気をつけろ!」である。

am100_an001

動物の地震察知能力はもっと研究する価値あり

今回の大地震でパンダは全部無事だったという。これは人間の手で保護したのではなく、パンダ自身が事前に危険を察知して安全なところへ逃げていたという話である。話の出所がはっきりしせず、噂の域を出ないので話の真偽は不明だが、パンダが無事であったというのはNEWSにあるように本当の話のようである。

 また今回の地震で直前に蛙が大量に避難していたという話も聞く。

 そういえばスマトラ島沖地震のときも象は事前に逃げていたので1頭も犠牲にならなかったらしい。昔から沈む船からはネズミがいなくなるという話はよく聞く。
どの話もどこまで本当かどうかは分からないが、少なくとも人間以外の動物には人間がなくしてしまった危険察知能力が存在しているらしい。

 地震研究先進国を自負する日本でさえ、なかなか地震を予知することの研究は進んでいない。生物観察による地震予知研究はあまり科学的な目で見られていない印象があるが、地震予知研究が進んでいない現在、こちらももっと掘り下げてみる価値はあるような気がする。
 

 動物たちの危険予知能力を解明し、人間社会へ応用できれば、パンダや象が逃げることができたように犠牲を減らすことが出来るかもしれない。
世の中の生物学者さん、地震学者さんに是非お願いしたいテーマである。

義援金の意味を込めてパンダをしばらく借り受ける案

 先日胡錦濤主席の来日でパンダの貸与が決まったばかりのこの時期に四川で大地震が起き、成都ほか周辺地域で大きな被害が出ている。四川といえばやはりパンダの生息地というイメージがあり、日本に送られる予定のパンダもこの四川の動物園から送られる予定だっただろうに思う。しかし今回のこの地震を受けてこの話はどうなってしまうのだろうか?今回は被害の範囲が大きすぎて動物園など個別の情報はまだ入ってきてないが、それなりに甚大な被害が発生していることが予想され、パンダにも被害が出ている状況は想像に難くない。この状況を受けてパンダの貸与話はどうなるのだろうか?もし、今回の地震で多数のパンダが死んでいるような状況が発生していれば貸与話にストップがかかることは予想できる。まあそうなったら残念だが借りる立場としては諦めるしかない。

 しかし、全く逆のことも想定できる。パンダは死ななかったが動物園が被害を受けて、経済的や設備的な理由から当面の間、中国の動物園側がパンダ飼育機能が不足してしまうことが考えられる。そうなると日本としては逆に日本としては義援金の意味も込めて、年間1億円とも言われるレンタル料を払ってパンダを積極的に借り受けることが日本が出来る貢献の一つということもいえる。場合によっては2頭と言わず、4頭、6頭とキャパと予算が許す限り受け入れるというのもありかもしれない。

 まだ昨日の今日で、先方の被害状況もはっきりしない中ではあるが、災害とは言え人間の都合でパンダが犠牲になるような状況はできれば発生しないことを祈りたく、日本が救いの手を延べられる立場にあるなら積極的に動いていただきたい。

原文