Tag Archives: 不動産屋

中国の物流業は不動産業

 昨日某勉強会のセミナーに参加してきた。

 まあそのセミナー自体は非公開でも何でもないのだが、これから書くことは講演者がパワーポイントにして資料にするとあまりよろしくないという中で話された範囲なので、名前等々は全て伏せて書くことにする。

 昨日のセミナーの中で、その講演者が話していたのは中国の物流業は不動産業だということ。

上海市内のショッピングセンター

上海市内のショッピングセンター

 中国の物流業の何が不動産業かというと、本来流通業の有るべき姿と言うのは、仕入れ値と売値の差、つまり売買差益で利益を出すのが基本の形なのだが、中国の物流業はそうではなく売り場を作るだけで損をしない仕組みが出来上がっているということだった。

 つまりどういう事かと言うと、ある商品をあるスーパーに納入すると、1アイテムにつき幾らと言う形で、納入料を取られるというのだ。

 例えば上海の様な大都市だと1アイテムあたり2000元などの費用となり、地方へ行けばもう少し安いが、それでも500元1000元と言う費用が発生する。

 故に全国2000店舗で、ある新商品を一斉販売しようとするだけで、1アイテムにつき100万元、10アイテムなら1000万元、つまり今のレートで言うと1.6億円かかるとのこと。

 さらにスーパー内の特設コーナーを借りるには3ケ月で幾ら等々、その都度別の費用が発生し、とにかくスーパー側は「場所貸し」、つまり不動産業だけで費用を回収するので、販売そのものに力をそれほど入れないで済むというのが中国の流通業界の実態らしい。

 しかも、困るのが末端店舗への浸透力で、例えば某大手チェーンスーパーで一括契約をしたとしても、末端の店舗で商品が必ず陳列されているとは限らないとのこと。

 つまり商品は届いても倉庫で眠っている場合があるという。
 それゆえに、納入業者はその陳列チェックまでを自分のところでやる必要があるのだという。

 故に中国のスーパーなどの商品の陳列棚や販売コーナーは、売れている商品ではなく、お金をたくさん出した業者の商品が並ぶわけで、商品の品質や人気に関係なく業者がお金を出したかどうかでその配列が決まっており、中国の資本主義の主役は消費者ではなく、売り手の論理で売り場が決まっているようだ。

 まあ納入料云々に関しては、日本でも似たようなことがないわけじゃないと聞くが、中国のそれはあまりにもあからさまで、日本のメーカー参入の障壁となっているのが実態とのこと。

 つまり例えば今後国家レベルで「貿易を自由にしましょう」などと取り決めたところで、中国の流通業のこういった商習慣が外国からの参入を阻んでいる面があり、中国への日本企業の進出はなかなか容易ならないとのことだった。

 つい先日、日本もTPPの会合への初参加を行なったが、こういった中国の商習慣を見る限りにおいては、関税だけがなくなったところで外国での商売がうまくいくものではないということを関係者は肝に銘じるべきかもしれないという気がしている。

部屋だけ見て決めろという不動産屋

 中国のローカルの不動産屋は少々乱暴だ。
まあ中国の住宅事情がそうさせている面もあるが、立地云々は関係なくまず部屋そのものの状況だけで契約の決断を迫ってくる。

 どの住宅エリアの何階で、部屋の数は幾つで家賃は幾らか、そして内装は綺麗かどうか?、、、基本的にはこれだけで部屋を見に行き、着いて部屋を見たらその場で借りるかどうかの決断を迫ってくる。

 本来はそこで生活するかどうかをこちらは選択するわけだから、部屋だけの条件が良くても、周辺の環境が生活に便利かどうかも含めて総合的に判断しなければならない。

 故に、交通の便はどうか、買い物は便利か、銀行は近いか、病院は近いか、或いは近所の雰囲気はどうか?など周囲を観察してそこへ住むことに馴染めるかどうかが重要なポイントになる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 こちらはこういった色んなことを総合的に勘案して最終的に住むところを決めたいのに、ローカルの不動産屋はそういった判断をする時間を与えてくれようとしないのである。

 こちらがまあまあいい部屋だなと感じても、慎重にその場での判断を避けようとすると、

 「こんないい部屋は他にない、明日にはもう他の人が借りる」
などと、脅迫的に決断を迫ってくる。

 確かに中国の部屋の場合は、客が部屋を見て気に入ればその場で決めてしまうケースがほとんどのような気がする。

 しかも、限られた予算の中で動くとこちらにとって理想的な条件の部屋が2~3戸あるような事はまずなく、色んな妥協と試行錯誤で納得できる部屋は1つあればいい方なので、部屋の状況がよければその場で決めてしまわないと魚を逃す可能性があるのは事実なのである。

 逆に2~3の部屋を見て部屋が気に入らなければ、不動産屋を変えるのが普通なので、なかなかOKが出ないと不動産屋も焦って必死になり、客に逃げられたくないという意識からムキになる先方の事情も理解できなくはない。

 されどやはり、客としては少なくとも1年はそこに住んで生活することを覚悟するからには、それなりに納得してから決めたいのがこちら側の希望である。

 今回、幸いにも不動産の移動が少ない時期を選んで行動しているお蔭で、一度保留しても他の客に取られるリスクが少ないため、そういった不動産屋の脅し?にも屈することなく部屋探しが進められている。

 不動産屋の方もこの暇な時期の貴重な見込み客だと思っているらしく、幾つもの物件を見ても全て保留するこちらに対して、ぶつぶつとかなり辛辣な文句を言いながらも根気よく付き合ってくれている。

 まあ日本的な客商売の物差しで見ればこの不動産屋はダメダメだが、無理な条件を言っているのはこちらも同じなので今回はヨシとしている。


引っ越しの段取り

 今月中に引っ越しをすることに決めた!

とは言っても引っ越し先などまだ何も決めていない。

 今決まっているのは今の部屋の期限が20日だという事だけである。

 故に部屋探しをしなければならないのだが、諸般の事情によりまだ行動できないでいる。

 まあ中国の部屋探しは一週間もあれば十分なので、そのあたりは全く焦ってはいないのだが、引っ越しの荷物の取りまとめの方が気にかかっている。

 中国に来て6年もたつとかなり荷物が増えているため運ぶ量が多くなっており気が重い。
人から預かっている荷物などもあったりして、それも運ばなければならない。

 一応段取り日程を作って、毎日それに従って部屋ごとに整理に取り掛かっているが、引っ越し先が決まっていなければ日付も決まっていないので、やはりどうも取り組み方が中途半端になってしまう。

 当然のことながら日常の生活は日々続いており、それに必要なものはまだ荷造りすることは出来ないので、後回しになる。

 これらの取りまとめは引っ越し先が決まらないと決めきれない気がしている。
 引っ越しの段取りとはかくも面倒くさい。

 とはいえ、中国に引っ越してきて3回目の引っ越しとなるとだいぶ慣れてきた感もあって、あれとあれをああすれば何とかなるかなとい目算は出来ている。

 ということで早く引っ越し先を決めたいのだが、なかなか機が熟さず困っている今日現在である。

まやかしの地下鉄開通情報

 中国のニュースをチェックしていると、「○年○月に地下鉄○号線開通が有望!」などという記事をよく目にする。

 それを見て、ああようやくあそこも鉄道が開通することになったのだなと、楽しみにしてその情報を心に留め置くのだが、肝心な“その時期”になっても一向に開通ニュースが伝わってこないということがままある。

 あれ、ニュース見逃したかな?と思って検索してみるがやはり見つからない。
 どうやら事前報道から後に変更があったようで、まだ開通していないのが事実であることが分かる。

 うーん、どうしたんだろう?
 と思っていると、その路線に関してまたまた「○年○月に開通か?」のような記事が登場する。

 詳しく読むとトンネルが貫通したとか車両契約が締結されたとか、今頃そんなこと言っているのか?という事実が根拠になって記事が書かれている。

 つまり前回の開通報道時にはまだ開通できない状態だったことが分かる。

 何故こういう風になるのだろう?

 気になって過去のニュースを再度探して見ると、実はこういう地下鉄開通ニュースを出しているサイトは不動産関係のサイトであったことに気が付く。

 ははーん、そういうことか。

 つまり不動産関係のサイトが不動産売買の活性化を促すために、かなり適当なソースを基にニュースの捏造に近いことをやっているという憶測が成り立つのだ。

 あるいは地下鉄関係者やもっと上部を巻き込んで、開通する見込みが立たないのに差しさわりの無い範囲でわざと適当な開通時期や進捗状況を語らせ、それをニュースにして新線開通情報を流して投機熱を煽り、不動産価格のつり上げや販売促進を狙っているのではないか?

 どうもそういう勘繰りが出てくる。

 日本だと組織ぐるみなどということは少なそうだが、中国だと有り得そうな話である。

 実はこういった思わせぶり報道は天津の地下鉄に顕著に出てきている。

 9号線とか2号線は去年の夏に「秋には開通か?」などと期待を持たせるニュースが出ていたにも関わらず、半年以上経った今でも開通の気配が見えず、新たな開通情報ばかりが独り歩きしている。

 果たしていつになったら開通するのか?

 まやかし情報に振り回される「やるやる詐欺」はもう沢山である。

上海での給水器と水の購入

新しい部屋に引っ越してきて、この部屋には給水器がないことに気がついた。
日本では蛇口をひねれば水が出てくるので水の購入など考えられなかったが、特に水の質の悪い上海では飲料水の購入が必須である。

 過去に住んだ2軒の家では設置はあったものの、ほとんど利用せずペットボトルなどの購入で済ましていたので給水器は放置していたのだが、新居になったため自炊を増やそうと考えたとたん給水器がないことがわかった。

 上海での貸し家ではたいてい設置があるものとばかり思っていたので契約時に全く気にしていなかったのだが、実は無かったのである。

 部屋の契約前であればこの程度の要求は通った気がするが契約後の今となっては後の祭りで、結局仕方なく、まあ今後の節約のための投資ということで自分で購入することにした。

 カルフールに行くとテーブル置きのタイプが100元弱、スタンド式のものが200元弱。
 いずれも加熱機能付でお湯も出るタイプだ。

 さらに冷却機能付きなら350元前後となるが、冷蔵庫があるなら冷却機能は家庭では必要ないと店員に言われ、少し迷った末に冷却機能のないスタンド式のものを買った。

 高さが1m弱にかなり大型に見えるが自重6kg程とそれほど重くない。
 自宅へ持ち帰り早速設置した。設置も何のことは無く箱から出して置くだけである。後は電源を差し込むだけといたって簡単だ。
これで給水器の設置は完了。

写真はイメージ

写真はイメージ

 そして上海5年目にして水の注文にも初めて挑戦する。
今まで注文したこともなかったので、友人にやり方を聞き電話番号も教えてもらった。

 中国人にとっては何のことの無いこの作業だが、何事も初めては緊張するもので言葉が通じるかどうかも含めて緊張しながら恐る恐るかけてみた。
 初めての注文だと告げると、保証金として容器代50元預かるがいいかと聞かれ、OKだと答えるとさらにどの水を注文するかと再度聞かれた。

 どの水も1タンクあたり18.5リットル入りで、12元、16元、28元、、、とさらに高い水もあるようだが、もとより節約が目的のためそんな高い水は必要なく16元のものを注文した。

 午前に頼まないとその日に来ないようなので、この日も午前11時頃に注文したら、午後1時半頃早速持ってきた。

 そして保証金と水の代金66元を配達のお兄さんに渡す。
代わりに注文した水と保証金の50元の預り証が渡された。これを失くすと恐らく保証金の50元が返ってこなくなるので大事に保管したほうがいい。

 これで水の注文は無事終了。

 水のタンクのセロファンをはがし給水器に差し込む。水がどくどくと給水器に注入されていく。

 これで晴れて給水器生活の開始である。

 まあ買いたての給水器なので埃っぽいかもしれず、最初の段階ではしばらく通水して埃を流すようにしてその水は飲まないようにしたほうがいい。
 今まで4リットルで6元程度の水を購入していたので、1タンクあたりだと10元程度の節約になる。お金の面は幾らでもないが、今後はお店へわざわざ水を買いに行かなくて良くなったことが時間の面でも非常に嬉しい。

 着実に根を下ろし始めた気がする私の上海生活である。