Tag Archives: 国家

カタカナ代表時代にオリンピックの国旗掲揚はもう不要

 先週からリオオリンピックが始まっているが個人的にはあまり盛り上がっていない。

 まあおおまかな結果程度は、YAHOOのニュースでどんどん報じられるのでそれなりには知っているのだが、どうもそこまで熱くなってはいない。

 寧ろ日本のプロ野球のファイターズの勝敗の方に一喜一憂しているような状態で、オリンピックにはあまり熱くなっていないのだ。

 その一番大きな理由として、テレビ放送を見ていないことが大きい。
 元より日本のテレビを見られるような契約をしていないのだが、中国の放送すら見ていないのである。
 それ故に開会式の中継や映像も全く見てないし、その後の競技もほとんど見てない。

 またブラジルとの時差が(中国と)11時間もあるのも大きい。
 殆どの競技は深夜から朝方にかけて行われるので、とても起きていられないのである。
 それ故に朝起きて、ネットで結果だけをざっと確認するだけのオリンピック観戦となってしまっている。
 
 さて、そんな中で今回のオリンピックでは、日本代表とされる選手たちの質が過去に比べかなり変化していることに気がつく。
 それは何かといえば、選手のボーダレス化である。

 今回の代表選手でやたらカタカナの名前のついた選手、つまり外国人とのハーフ外国人アスリートの活躍が目立つのである。

 昨年のラグビーのワールドカップの時にも既にその兆候は現れており、日本代表と言いながら、リーチマイケル選手とかヘスケス選手とか外国出身の選手やハーフの選手で溢れていたが、今回のオリンピックではさらにその状況が深くなった感がある。

 まずはつい先日柔道90キロ級で金メダルを取ったベイカー茉秋選手で彼はアメリカ人とのハーフである。
 そしてテニスのダニエル太郎選手で彼も国籍は日本だがやはりアメリカ人とのハーフである。

ダニエル太郎選手

ダニエル太郎選手

 さらに現時点で快進撃となっている7人制男子ラグビーもフィジー人2人ニュージーランド人1人が参加している。
 また陸上男子100mのケンブリッジ飛鳥選手と400mのウォルシュジュリアン選手はやはりジャマイカとのハーフであるが日本国籍の日本代表選手である。
 いずれも、日本の学校への留学や両親の血筋の関係で日本代表になったわけであるが、まぁ保守的な古い意識で見てしまえば彼らを日本代表としてしまうことには少々違和感があるだろう。

 しかし、世の中のグローバル化が進むに従って、徐々にかのように人種のボーダレス化が進んでいるのが現実である。

 オリンピック以外でもプロ野球のダルビッシュ有投手のようなハーフアスリートの台頭や、ローラベッキーといった芸能界のハーフタレント活躍がかなり目立って増えてきている。

 こういった時代になってくると、恐らく「オリンピック日本代表」というのは、徐々に日本国籍を有する人の代表ということでしか意味を持たなくなってくることになり、個人の国家への帰属意識とは必ずしも一致しなくなる。

 つまりスポーツ界における国家の存在の有形無実化である。

 先日、今回のオリンピック開催前の日本代表壮行会において、東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長が「君が代歌えない選手は日本代表ではない」といった趣旨の発言をしたことが論議を呼んでいたが、こういった代表選手のボーダレス化を見る限りにおいては、どうも時代錯誤ナンセンスな発言のように映った。

 そもそもオリンピックの代表選手に国家の名誉を負わせられるほど、国家は選手を育てているのかという疑問が湧く。

 オリンピックに参加する選手の殆どは、個人でスポンサーを得たり、企業が育てたりしているわけで、国家が費用を出してアスリートを養成しているわけじゃない。
 しかも最終的にオリンピックへ派遣する段階でもその多くはIOCを通じてスポンサーが費用を出しており、国は僅かばかりの補助金を出しているに過ぎない。
 にも関わらず、オリンピック代表選手に日本国家代表の命を追わせるのは少々虫がよすぎると思うのである。

 そして、選手の質と育成状況がこういった時代になってくると、表彰式での国旗掲揚や国歌の演奏も少々白々しい印象にも映ってくる。

 選手がこのようにボーダレス化をし、選手育成が国家の命題ではなくなっているこの時代に、オリンピックにおいて表彰式で国旗と国歌というのはどうも陳腐な印象なのである。

 本来オリンピックとは「個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない。」とオリンピック憲章に定められている。
 つまり国家は選手取りまとめの役割を担っているに過ぎず、この意味から言えばオリンピック本大会で国旗や国歌を表に出して表彰することが果たして適切なのかという疑問が湧くのである。

 日本のアスリートのボーダレス化やロシアの国家ぐるみドーピング疑惑を受け、そろそろオリンピックの表彰式での国旗の掲揚や国歌の演奏を止めてもいいのではないか、そんな感想を持つようになった今回のリオデジャネイロオリンピックである。

 

終戦記念日と言う言葉への批判

 今年2015年は終戦70周年という事で、日本にとっても近隣諸国にとっても一つの節目の年となっている。
 もちろん、私は戦後生まれなので70年と言う時を自ら実感することもないのだが、世界の歴史を見回した時にこの70年間日本に戦争が無かったというのは、実は奇跡的に凄い事でもあり、そんな時代を当たり前に生きられることに嬉しさを感じないわけでもない。

 ところで日本にとって戦争が終わった毎年8月15日を「終戦記念日」と呼ぶことに異を唱える人も時々いる。

 あれは「終戦」ではなく「敗戦」であり、敗戦という言葉から受ける心の傷から逃げるために「終戦」と言う言葉を用いており、現実から目を背けるために「終戦」と言う言葉を使ってごまかしていると指摘するのである。
 まあ確かにかの戦争の結果は敗戦であり、その戦争に「敗けた」という現実を直視して8月15日を「敗戦記念日」とせよと言う意見も一理あるかなという気もする。

 ただ、私個人としてはやはり「終戦記念日」を「敗戦記念日」と読み替えることには感心できないのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 どうも「敗戦」という言葉には敗けた事実そのものだけではなく、「敗けた悔しさ」が含まれるような気がし、それを記念日とすることは悔しさをバネに勝利を再び目指せという意味が含まれてしまう印象なのである。

 つまり中国の故事の臥薪嘗胆の如く、復讐のために耐え忍ぶべきだと言う意味合いが含まれてしまうような気がするのである。

 あの戦争は確かにアメリカや中国、南方戦線で欧州諸国相手の戦いに敗け、最終的に国としてポツダム宣言で無条件降伏を受け入れ「敗戦」となった。
 しかし、戦後の世の中で改めて考え直せば、敗けた相手は実は「相手国」などではなく、戦争という手段で解決しようとしてしまった自国の中に戦争の悲劇の種があったのかなという気がする。

 確かにあの戦争は既得権益を固持しようとする連合国と権益争いがあり、日本などの枢軸国側だけに非があったとも言えないのだが、結局は日本国内の強硬派の台頭で戦争と言う手段で問題を解決しようとした結果、泥沼に入り込み大勢の犠牲者を生んでしまったものだと私は理解している。

 そんな図式の戦争に対して、8月15日を「敗戦記念日」としてしまえば、それこそ戦前の過ちを直視せず戦争の結果でのみ事実を判断する形になり、戦争の過ちを再び繰り返してしまうような気がする。

 故に8月15日を戦争の勝ち負けの記念日ではなく、戦争という轍を二度と踏まないという決意の日として「終戦記念日」と呼ぶことは意味があるのだという気がする。

 この点、戦争を引きずらず未来への平和の礎としている点で、単なる自国の独立を意味する韓国の「光復節」(8月15日)や中国の「抗日戦争勝利記念日」(9月3日)などとは一線を画している印象があり、非常に崇高な理念を感じ誇りに思うのである。

 近年日本では憲法改正論議や集団的自衛権問題が噴き出しているが、この70年の平和の有り難さをというのをもう一度見つめ直し、8月15日が「終戦」と呼ばれる意味をもっと考えて欲しいという気がするのである。

坂本龍馬という担ぎ上げられた英雄像

 以前から世間で人気がありながら、個人的にその評価がずっと腑に落ちないでいる歴史上の人物に坂本龍馬がいる。

 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」も人気であったようだが、元々大河ドラマの様なドラマ仕立てに描かれる歴史の人物像はどうもあまり見る気になれず、中国に既に来ていたこともあって関心すら持たなかった。
 彼にはよく「幕末の英雄」などと人物紹介に枕詞がつくが、どうも持ち上げられ方に合点がいかないのである。

 明治維新に貢献した人などとも言われるが、私に言わせればまずその明治維新が薩長による軍事クーデターであり、実質の統治権を持っていた幕府を江戸城から追い出して「勝てば官軍」的に、国政再編を目的に統治者にのし上がったのに過ぎないのであると思っている。
 また東日本に生まれた私にとっては西日本から東へやってきた薩長軍というのはヨソモノの敵性存在とも言え、単なる西から権力闘争で攻め込んできた者としか映らず、会津藩士の末路などを聞けば決して新政府軍が「正義」などを持っていなかったという認識でいる。

 「明治維新」と言う言葉でさえ、彼らが自らの行動を自己正当化する為の自画自賛の言葉であることは、ほぼ疑いがない。

 新政府側は明治維新の正当性を担保するために天皇を担ぎ上げ汚名を逃れただけであり、明治政府は決して市民革命的に樹立した訳ではなく、まずそこから明治維新で活躍したとされる坂本龍馬を英雄視することに疑問符がついている。

 もちろん私は戦後の現代に生まれ、普通選挙の行なわれる戦後の日本と言う枠組みの中で育ったので、今更明治の頃のことを恨みに思うようなことは全くないが、少なくとも明治政府が樹立された明治維新を「正義が勝った」というようなプラスの意味だけで捉えている訳ではない。

 しかも明治政府成立以後、西欧列強に対抗するために明治政府が現在のものに近い「日本」という枠組みの確立に必死になっていた影響で、廃藩置県によって地方からは自治が奪われ、彼らの元へ権力が集まり中央集権体制的に国が再編されてしまうことになる。
 まさに「富国強兵」のために「日本」という大国家への枠組み再編を思想を含めてひたすら邁進させたのであって、今でいう「日本の右翼的な思想」はこの頃に醸成されたものと思われる。

 実はそんな明治政府にとって、明治の日本を日本としてまとめ上げるに必要な人物として、担ぎ上げられた一人が「坂本龍馬」という英雄像の存在だったという気がするのである。

 坂本龍馬に関する諸所の文書を見ると、彼は幕末に様々な動きを見せていたとされるが、存命当時は現代のドラマなどで描かれるほど名前が知れ渡っている人物ではなく、寧ろ1867年に近江屋で殺害されてからは暫く忘れ去られていたようである。

 その後1883年に「汗血千里駒」という坂本龍馬を主人公にした小説が高知の土陽新聞に掲載されたことからその名が世に出たとされるが、実はこの土陽新聞というのはかの板垣退助氏が創立した「立志社」という政治結社の機関誌であり、自由民権運動家であった板垣退助が自分の政治目的のために「坂本龍馬」という存在を小説を使って英雄として担ぎあげさせたと考えられ、坂本龍馬と言う人物を取り上げたくて小説が書かれたのではないように推測される。
 実際、その小説の内容は土佐藩の下級武士である郷士と上士の対立構造を軸に書かれていると言われており、権利が認められない郷士が権力と戦う様は、まさに板垣氏の行なっていた自由民権運動に沿う内容だったのである。
 そういった意味で、坂本龍馬は死んでから16年も経ったこの時点で政治的利用により庶民のヒーローと言う立場に持ち上げられることになり、世の中の英雄となる第一歩を踏み出したことになる。

 そして1891年に突然明治天皇から正四位を与えられる。
 授与の理由は正確には不明だが、前年に第一回帝国議会選挙が行われたことから、小説への登場を含めて、その功績に対して板垣氏などから推薦があったのではないかと推測される。
 また1891年には「君が代」が初めて東京音楽学校(現在の東京芸大)の卒業式で歌われるなど、教育面などで日本が国家の骨格を固め求心力やナショナリズムを高めようとしていた時期でもあり、そこへ幕末志士を勲位で評価することによって、明治政府の正当性を更に固める狙いがあったのではないかと察せられ、ここで初めて明治政府が坂本龍馬の存在を政治利用し始めたと見ることができるのである。

 そして極めつけは、日露戦争開戦直前の1901年には当時の皇后美子の夢枕に坂本龍馬が立ち「海軍を守護します」と語ったとされる話である。
 この話、全国紙の新聞に載ると国内に一気にその名が知れ渡ることになったとされ、実際、その後のロシアとの日本海海戦に大勝したことから、これを機に坂本龍馬と言う存在の国家の英雄としての存在が確定し全国的に人気を博すことになるのである。
 しかしながら、この話はどう考えても出来過ぎており、現在冷静に分析すれば明治政府が国威掲揚のための坂本龍馬という英雄像・守護神像を作り出して担ぎ上げたに過ぎず、存命中の本人のにはなかった評価を国家のためにどんどん勝手に作り出してしまったと言っても過言ではない気がするのである。
 つまり「英雄 坂本龍馬」は実は明治政府が作り出した虚構の英雄像にほかならないということになる。

 しかもこういった坂本龍馬の英雄像は日本が終戦を迎え、帝国主義の時代が終わっても消えることはなく、その後に小説家の司馬遼太郎氏の書かれた小説「竜馬がゆく」で加速されることになる。
 戦前と戦中、戦後の全てを体験している司馬氏にとって、日本と言う像をどう捉えるか悩んでいたとされる時期でもあり、そこへ坂本龍馬を主人公の執筆依頼が来て興味が湧いて執筆したと伝わっている。
 ただこの「竜馬がゆく」については、諸所の評価を見るとかなり細かく史実を調べて描いてはいるが、全てが事実ではなく一部創作も含まれていることから「小説」の域を逃れられず、描かれる人物像イメージも、英雄的な主人公にするために肉付けられていると評価されているようだ。
 しかしながら、この小説は現代の日本人における「坂本龍馬像」を決定づけるものと言われており、英雄像としての位置を確立してしまっている。
 
 まあ小説の中で描かれる主人公「英雄 坂本竜馬」を悪く言うつもりもないし、その存在に魅かれることは個人の自由ではあろう。

 しかし、英雄であるとされる彼のイメージは、歴史の中で明治政府がプロパガンダのために作り出した虚構であり、その後小説家によって肉付けされた主人公的イメージの面が多少なりともあって、幕末に実在した本物の「坂本龍馬」とはちょっと違う可能性があることを頭の片隅にはおいて彼の存在を見るべきなのではないかと思うのである。