Tag Archives: ロシア

井村雅代コーチに金メダルを取らせてあげたい

 リオオリンピックが閉幕した。

 小池新東京都知事が赴いて引継ぎ式に参加しただの、安倍首相がマリオの姿などで登場したなど、お祭りが終わったという雰囲気になってしまっているが、まだパラリンピックがあるのに、この雰囲気はどうなのだろうかと思う。

 寧ろ、閉会式や引継ぎ式はパラリンピックが終わった時にやるべきで、このタイミングでやるのは中継ぎ式程度で良く、このままパラリンピックへ流れを繋いでいくべきだと思うのだが、違うだろうか?

 さて、そんな閉会式への不満はさておき、今回のオリンピックにおいて、シンクロナイズドスイミングの日本代表が「チーム」として銅メダルを獲得した。
 シンクロ種目ではこれで「デュエット」と併せて両方の種目で銅メダルを獲得したことになる。

 日本のシンクロ界は直近のオリンピックは低迷時代とされ、「チーム」は2大会連続でメダルを逃し、デュエットも前回はメダルを取れなかったのである。
 しかし一昨年から井村雅代さんがヘッドコーチ(HC)に復帰し、今回チーム・デュエットともに銅メダルを獲得し見事結果を出した。

シンクロ井村雅代HC

シンクロ井村雅代HC(引用元

 さすがメダル請負人の面目躍如といったところで、一時中国のコーチに就任した時は裏切り者扱いされたときもあったが、そういった汚名を払しょくする結果で、彼女によってようやく日本が世界のシンクロ上位国に復帰した感がある。

 井村さんの指導は非常に厳しいことでも知られているが、それは選手にメダルを取らせてあげたいという情熱の裏返しでもあり、愛情に満ちた指導だという気がする。
 まあ自分ならあの練習にはきっと耐えられないと思うが(例え違うスポーツであっても)、モチベーションを刺激する術は天下一品であり、別のことであれば叱咤激励を受けてみたい気がしており、一度会ってみたい存在である。

 さてそんなメダル請負人の名伯楽であるが、残念ながら金メダルには未だ手が届いていない

 シンクロ界ではロシアの壁が非常に高く、今回のリオを含めて目下5連覇中という高い壁になっているのである。
 日本のシンクロ界に長年貢献している井村コーチには是非一度は金メダルを取らせてあげたいと思うのだが、なかなかロシアの壁は高いのである。

 4年に一回しかないオリンピックであり、年齢から言っても今後何回もチャンスがあるわけでもないと考えると、是非次の東京で金メダルを取ってもらいたいという気持ちになる。

 しかしそのためにはロシアの壁を乗り越えなくてはならないのである。

 そこでお節介ながら日本とロシアの差がどこにあるのかと、過去の映像を片っ端からチェックしてみた。
 すると、やはりロシアとは大きな違いがあることに気がついたのである。

 何が違うと感じたかというと、日本とロシアでは拍子の取り方が違うのではないかということ。

 どういうことかというと、日本チームの演技は1、2、3、4とメトロノームでリズムを取るが如く、点と点で拍子を取るため、点から点への移動は非常にキレがあり、スピードもある。
 しかしその代わり、点から点への移動速度はどれも一律であるような印象で、結果として動きのリズムはシャープではあるが悪く言えば単調となり、ポーズの連続のような演技となっていたのである。

 これに対してロシアの演技はポーズからポーズへの移行が滑らかであり、スピードの変化が随所に加えられており、そこが魅せる要素となっていた。

 つまりリズムが点と点で途切れず、連続的につながった動きとなっているような印象なのである。

 例えていうならバイオリンで奏でられるワルツのようなもので、メトロノームで示されたリズムだけでは表現できないリズムの変化がそこにあるのである。

 ここが日本とロシアの差であり、これが単に技術的な差であるのかどうかは、私はシンクロの専門家ではないので分からないが、日本がロシアを上回るためにはこのリズム感の差を埋める必要があるように思えるのである。

 以前「フィギュアスケートと音楽」でも書いたが、シンクロナイズドスイミングは音楽が結果に影響する数少ない競技の一つであり、技術要素以外の音楽的な要素が結果に影響を及ぼす。

 それ故に、オリンピックで今より上を目指すには技術的な要素だけでなく、リズム感的要素を、それも音楽的な要素を身につける必要があるような気がする。
 もし音楽的な感覚を身につければ、ひょっとするとシンクロ競技の最大の目標である演技の同期性も音楽的なリズムで埋められる可能性もある。

 まあ、こんな素人の意見は釈迦に説教かもしれず、そんなこと分かっているよと怒られてしまうかもしれないが、井村HCファンとしては何としても次こそ金メダルを取っていただきたいのである。

2020東京オリンピックまであと4年、次の都知事選も4年後

 2020年の東京オリンピックは7月24日の夜8時に開会式が行われるとのことで、昨日であと4年となったということになる。
 しかし、ネットの情報を見る限り4年後に迫ったという話題では盛り上がっていないという気がする。

写真はイメージ

写真はイメージ

 チェックしてないので詳しくは分からないがテレビの番組などで多少は取り上げられているだろうが、世間の話題の中心ではない印象なのである。

 その代わりオリンピック周辺の話題としてロシアのドーピング問題と、東京都知事選挙が盛り上がっている。
 このうち、ドーピング問題は何だかIOCによる灰色決着で、ロシア国外で検査を受けることでOKとなったようだが、国家間の政治的駆け引きと絡んで、これからもくすぶりそうで、次の東京大会への課題を残した印象となった。

 そして、都知事選であるが、あまりにも3候補に偏った報道ばかりで呆れている。

 確かに3候補以外は、下馬評的に当選の望みが薄いとは言え、蔑ろにされ過ぎるである。
 もしかすると、その候補の中に優れた人材や、或いは政策単位で優れたものを持っている方もいるやも知れず、そういった民主主義の芽を潰しているのが日本のマスコミだということが、今回の都知事選挙ではっきりした気がする。

 つい最近まで与党が報道各社に対して、偏向報道の批判を浴びせていて実際に降板してしまったキャスターもいるが、あれらの報道より今回の選挙報道のほうがよほど偏向だという気がする。

 まあただ旧態依然とした選挙活動方法にもやはり問題があるような印象で、街頭演説のような一方的な発信ばかりの選挙活動はあまり意味がないという気がする。
 演説で自分に都合の良い言葉だけを並べられても、それが本質的に実際の政治や行政に結びついているか分からないからである。

 そんな選挙演説より、私は候補者全員を集めた討論会を提案したい。

 討論会の司会は、候補者の中から抽選で数人を抽出し、1時間ごとの持ち回りで担当し、議題は司会者が決める。

 このような形で議論することによって、各候補者の認識をうかがい知ることが可能になり、勉強不足や思慮が浅い方、或いは他社とのコミュニケーション不足の方が浮き彫りになり、誰が都知事として相応しい見識と調整力を持っているのか分かるだろう。
 もちろん、参加に応じなくてもいいが、そういった候補者は必然的に有権者の評価が決まる。

 本来はそうやって、有権者が候補者を見極めていれば、舛添さんだってあの程度問題では揺るがなかったかもしれないのだが、知名度と組織力で選ぶような選挙がまかり通っているから、選ぶ時も選ばれた後も扱いが軽くなるのである。

上野の西郷さん像

上野の西郷さん像

 さて、今回の選挙だが、やはり旧態依然のままの選挙活動が行われ、しかもメディアの3者偏向報道により当選する確率があるのはその3者に絞られるが、事前調査から見ても恐らく小池百合子氏が次の都知事となるのはほぼ確定だろうと思われる。

 個人的にも他の二氏より、いい意味で政治家に必要な図太さを持ち合わせている印象なので、都知事としてそれなりの風格を感じる。

 さらに自民党という与党議員でありながら、中央の主流派と反目して距離を置く立ち位置も、下手な野党候補より面白い存在に映るのであり、人気を集めるという気がする。
 まあ、実際の選挙結果はどうなるか分からないが、とにかく今週の日曜日に新たな都知事が選ばれることになる。
 
 で、最初の話に戻るが今週末に都知事が選ばれるということは、実は4年後のオリンピックの開会式が行われている真っ最中あるいは直前に再び都知事選挙が行われることを意味する。

 オリンピック準備の緊張感の中でまた選挙となるわけであり、とんでもない混乱が予想される。

 本来舛添さんの辞任が秋になっていれば起きなかった問題であるが、冷静さを欠く今の都民の風潮によってそれが許されなくなり、50憶もの再選挙費用とオリンピック直前選挙が選択されたのである。

 もっとも、今の都民の風潮から言えば次の都知事も4年の任期が勤め上げられるか分からないのであり、何らかのきっかけによる炎上により新都知事が途中でまた辞任し、選挙が再び行われる可能性も多いに有り得るとも言える。

 オリンピックのことだけを考えれば、次の都知事の途中辞任は好都合とも言えるのだが、選挙費用や行政の安定性、首長の在り方、さらにはオリンピック準備を考える上では決してプラスとも言えまい。
 馬鹿な選挙を繰り返さないためにも、4年後までになんとか選挙活動とメディア報道がもう一歩成熟することを祈りたいものである。 

オバマ大統領の凄いテクニック

 報道から数日が過ぎ旬が過ぎてしまった話題となったが、シリアの化学兵器廃棄に関して米露で合意が行われたというニュースを聞いて、ほっとしている。

 場合によっては第三次世界大戦に発展しかねない可能性もあっただけに、軍事攻撃を行なわずとも事態を収拾できたことが素晴らしいという気がする。

 これはロシアの外交努力が有ったとも言われるが、各種の情報や状況から判断するとアメリカのオバマ大統領の外交駆け引きが功を奏したと言う気がしている。

 まあ、似たような事を昨日日本の識者の方がラジオで言っていたが、決してその識者の受け売りではなく、オバマ大統領が議会に軍事攻撃の合意を取ろうとした時点からその駆け引き手腕は凄いなと思っていたのである。

 まあ今回の流れをおさらいすると、シリアの政府勢力が化学兵器を使って反政府軍を虐殺したとされる時点から、アメリカは常々化学兵器の使用を許さない立場から拳を振り上げざるを得なくなったが、本音としてはシリアの裏にはロシアや中国が繋がっているとされることから、パンドラの箱を開けるようなもので、軍事介入そのものをやりたくなかった。

 しかし、今後の対アラブ対イランを考えた場合に化学兵器の使用を容認する立場は取れず、拳を振り上げる姿勢を取らざるを得なかった立場であったのである。

 しかもイギリスが議会の承認を得られず降りてしまったので、最悪の場合はアメリカが単独で軍事介入しなければならいという立場になってしまい、いよいよ苦しい立場に追い込まれた。

 そこでオバマ大統領はシリアやアラブになめられない面子を保ちながら、事態を打開する方法を考えたのだと思われる。

 そこで取った方策が、なんと自国の議会に承認を求めるという手法である。

 もちろん軍事攻撃についてせめて国内だけでも承認をもらって行動を正当化する狙いを有っただろうが、この判断の一番の目的は時間稼ぎだったような気がする。

 あの時点の軍事介入反対の声が強い世論の中で、国内の議会判断がもたつくことは容易に予想された訳で、軍事介入の成果だけを求めるならさっさと大統領権限で軍事介入を指示することはできたはずなのである。

 つまり本来は、議会の事前承認など必要なかったはずなのに、行動の正当化を理由に敢えてもたつく議会の承認をとろうとしたのである。

 もちろん、これは最終的に軍事行動に踏み切らざるを得ない事態になった時のエクスキューズの準備でもあり単なる茶番であったわけでもない。

 案の定、上院の了承は得たものの下院はもたついて承認を得るには時間がかかることになった。
 
 しかしこのもたつきはオバマ大統領にとっては好都合だったように思える。

 つまりこのもたついた間を利用して、この期間中にあったG20の合間を縫って行われた米露首脳会談などを経て、ロシアに何らかのシグナルが送られ、ロシアによる調停提案の動きとなったという気がするのである。

 もちろん他の関係国にも働きかけを行なっていたかもしれないが、シリアにとって一番そっぽをむかれたくないのがロシアであって、ロシアに調整役を引き受けさせるのが一番好都合であり、結果としてそういう流れとなったのである。

 これによりシリアに調停案への合意を得たため、シリア国内での内戦停止はまだ難しいものの、アメリカの軍事介入を発端として世界が混乱に巻き込まれる可能性は遠のいたことになる。

 ここに面子を保ちながら時間稼ぎをして軍事介入を可能な限り避けようとしたオバマ大統領の凄い政治手腕テクニックを見た気がする。

 これが、某前大統領であったらこんなまどろっこしいことをせず、即軍事介入になっていたかもしれないことを考えると、本当にすごいことである。

 要求を主張して突っぱねることだけが交渉ごとじゃないと、東アジアの国に是非学んでほしいオバマ大統領の今回の立ち回りだったという気がする。

 化学兵器や内戦で命を落としている人のことを思うと胸が痛むが、少しでも無駄な争いを避けるための努力をするのが本当の政治努力だという気がする。

ゴールまで放映しないマラソン中継

 もう日付が変わってしまったので昨日になってしまったが、昨日の夜はモスクワで行われている世界陸上の女子マラソンの中継放送を見ていた。

 中国だとCCTVと上海のスポーツチャンネルで世界陸上の放映をところどころ抜粋で中継をやっていた。

 で、私はこの中国の放送とネットを通じた日本の放送の双方を並べて見ていたのである。

 まあネットを通して見る日本の放送の方が解説も実況も日本語であるのでわかりやすく、更に日本向けに独自の映像ディレクトがされており、観戦するにはこれだけで十分なはずなのだが、いかんせんネットであるが故にやや画面がフリーズしやすい。

 それに対して、中国のテレビ放送はテレビで見るので画面も大きく美しいし、当然のことながらフリーズもなく見易かったので並べて両方見ていたのである。

 そして驚くことに同じライブ放送にもかかわらず、中国の放送の方が2分ほど早く進んでいた。

 つまり日本のネットを通じての視聴は日本国内の地デジの問題とそれをネットで再配信処理したりする処理速度の問題などで、2分と言う遅延が起きていたのかもしれないと推測できるのである。

 よって中国の放送の方が、わずか2分だがよりリアルタイムの中継であるということもあって、中国の放送の方も見ていたのである。

 また実際の映像についても、中国の放送は中国人選手が出場していたこともあって、日本の中継にはない中国人選手を追いかけた国内向けの独自の映像もあり、その違いも楽しむことができたのである。
 
 ところがである。

 中国側の放送を見ていたところ、上位を走っていた中国人ランナーの1人が、急遽体調不良か何かのトラブルで30キロ地点前後で棄権をする状況が発生してしまった。

 中国の選手は全部で5選手が参加していた様だが、この棄権した選手以外はかなり後位だったようで、この選手の棄権ごは他の選手は中継カメラには写されず、中国側としては期待の目玉の選手がいなくなたような状態になってしまったのである。

 で、それが原因かどうかは分からないが、なんとテレビ中継が20時ころからバドミントンの世界選手権に切り替わってしまい、女子マラソンの中継は最後まで放映されずに打ち切られてしまったのである。

 これを見て私は何という放送をする放送局なのだろうと呆れてしまった。

 しかも、切り替えられた後のバドミントンの中継が中国人の選手の出る試合だったら理解するのだが、映された試合はデンマークと韓国のペアの対戦だったのである。

 こうなると私にはもう理解不能である。

 あらかじめ決まっていた放送枠であるなら、マラソンを最後まで中継できる枠を取っていなかったことになる。

 過去の例を見れば女子マラソンの優勝タイムは2時間20分から30分くらいなので、全部を放送するつもりがあれば、せめて2時間半くらいの放送枠は準備するのが普通だが、切り替えられた時間を見る限り放送枠が最初から足りなかったのではないかという気がする。

 或いは自国の選手が上位に食い込まなかったので、諦めて放送を切り替えたことも考えられるが、中国メディアのニュースによれば19位、28位、34位に中国人の選手は走っており、彼女らを完全に無視するのはいささか気の毒な気がする。

 そして何より国際大会のスポーツ中継をやっているのだから、例え自国の選手が奮わなかったとしてもせめて優勝者がゴールするまでちゃんと放送するのが筋じゃないかと思うのだが、結局今回はゴールシーンまで放映されず途中で打ち切られてしまったのである。

 個人的には中継自体は日本側のネットを通じて最後まで見届けたので、不足ではなかったものの、中国のこういったスポーツ放送の姿勢にはやはり首をかしげたくなるものがある。

 まあ、こういった放送というのは実は放送局側の問題ではなく、国民の観戦態度の問題でもあるのだが、そういった国際意識を育てるのもスポーツ中継を行なう放送局側の責任であるような気がしており、今回のマラソン中継打ち切りは何とも後味の悪いものになってしまった。
 
 実際今回優勝したケニアのキプラガト選手のゴールでの笑顔は清々しく、さらに3位に入った日本の福士加代子選手の笑顔も日本代表選手である贔屓を割り引いてもとても素敵だったので、中国の人にも是非見て欲しかったという気がする。

 スポーツは本来相手へのリスペクトが必要であり、特にマラソンという競技は100mの短距離走などと違って参加をして最後まで走り抜けることだけでも偉大であり、自国の選手を贔屓するのは仕方ないにしろ、その完走者には国境の枠を超えて讃えてあげるべきだという気がするのである。

日本人が教わらない朝鮮戦争

 今回の朝鮮半島情勢を受けて、どうしてこの二つの政府はかつて分裂したのか、気になったのでウィキペディアの朝鮮戦争の項目を読んでみた。
 すると、読んでいて気持ち悪くなるくらい虐殺と殺戮が繰り返された戦争だということがわかった。

画像はイメージ

画像はイメージ

 恥ずかしながら私はこの年になるまで朝鮮戦争がどれだけ激しいものであったかを知らずに生きてきた。

 日本の教育の中で学んだ朝鮮戦争というのは、第二次世界大戦の日本の敗戦によって統治下から解き放たれた朝鮮半島が政情が安定せず戦争が起きたということだけであった。

 しかもその戦争の特需が日本の戦後復興の下支えになったという、経済面での認識のほうが強かった。

 つまり日本の教育の中ではその程度しか教わってこなかった。

 日本の歴史の中では、太平洋戦争の終戦によってその後は現在まで平和が続いていたという色付けをされているが、海峡一つ隔てた海の向こうでは実は太平洋戦争に匹敵するほどの犠牲者を生んだ戦争が起きており、しかもその犠牲者の大部分が軍人ではなく民間人であったとされいかに残忍な戦争であったかが分かる。

 あの決して広くない半島の中で150万~300万とも言われる人が戦争の中で殺されたとされる。

 あまり良い比較ではないが、韓国が日本に併合された時代に抗日運動で犠牲になった人も数万人いるとされるが、朝鮮戦争の犠牲者は明らかにその比ではない。

 どうも国対国の戦争より、方向性を失った国家内の動乱のほうが被害が大きいようだ。

 根拠がないので詳しくは書かないが、某国も外敵と戦争してた時代より、国内内戦等々で犠牲になった人数の方が多いらしいといった資料を時々目にする。

 そう考えていくと、国内の不安定を招くくらいなら、外敵を作り国内をまとめたほうが犠牲者は少ないということになる。

 まあ某国の国内教育にはいろいろ批判が多いが、変に国内分裂され混乱が起きるより、敢えて自ら憎まれ役を担い続けたほうが実はお互いの国の平和にとって最良の方法なのではないか、そんなことも感じたりする。

 話がそれたが、朝鮮戦争というのは、実は戦争末期のあのタイミングで原子爆弾が日本に落とされていなければ、日本が朝鮮半島のように内戦がおきていたかも知れないとは良く言われることである。
 あの原子爆弾の影響で、ロシアの南進が日本本土に及ぶことを防げたというのである。もちろん原子爆弾の投下を是とするものではないが、一歩間違えば日本も辿るかもしれなかった歴史が結果的に隣国で起きてしまっていたことは確かである。

 そう思うと、朝鮮戦争を教科書通りに隣国の出来事とか朝鮮特需などという言葉で片付けず、自らの身にも起きるかもしれなかった人間の歴史の流れの一つの部分として、日本人はこの出来事をもう少し知っておくべきだと感じる。