チェリビダッケ氏の田園

 以前から書いているように、私はブルックナーの交響曲が好きで、そのきっかけとなったのが、故セルジゥ・チェリビダッケ氏率いるミュンヘンフィルの生演奏に接したことである。 (「チェリビダッケのブルックナー7番のライブ映像」) Continue Reading →

今どきは楽譜もIpad?

Ipadを楽譜に使っていた奏者

先日、バイオリンなどを含むライトな音楽の演奏会を訪れた時のことである。 開演前にに舞台上をよく見ると譜面台上に乗っていたのは楽譜ではなくIpadであった。  ああ、今やそれでも成り立つんだなと思った。  ビジネス上の書類 Continue Reading →

上海でもクラシックコンサート再開

 先々週くらいから上海でもクラッシックのコンサートが再開されている。  詳しくどのコンサートがコロナ後初なのかは調べていないが、5月末には屋外コンサートが実施されていたようだ。  ただ、それぞれのコンサートではソーシャル Continue Reading →

ボストン交響楽団の上海公演が中止

 新型コロナウィルスの影響で、2月15日と16日のボストン交響楽団の上海公演が中止になったと、チケットの販売元から連絡があった。  今回ネルソンスさんの指揮ということで、とても楽しみにしていたのだが、とても残念である。 Continue Reading →

ヴィヴァルディの四季が春から始まるのは何故か?

 日本人に大変親しまれているイタリアの作曲家ヴィヴァルディ作曲の「四季」。 合奏協奏曲ともヴァイオリン協奏曲ともいわれるが、邦題だと「和声と創意への試み」という12曲の作品群のうちの最初の「春」「夏」「秋」「冬」4曲が、 Continue Reading →