Tag Archives: コーヒー

中国のカロリー表示は把握しにくく電卓が欠かせない

引き続きコンビニの話で恐縮だが、長年住んでいても中国の弁当のカロリー表示は非常にわかりずらい。
その第一の要因が、表示単位が日本のようにキロカロリー(kcal)ではなく、キロジュール(kj)(中国語でジュールは「焦」でkjは「千焦」)という単位を使用している点にある。

この二つの単位は互換性があり、

1Kcal=4.184kj

となるので、弁当などのカロリー表示を日本人が理解するためには表示の数字を4.184で割る必要がある。
逆に言うと、通常は日本人の感覚の4.184倍の数字で表示されているわけであり、見た瞬間はとても高カロリーな食品に見えてしまうのである。

さらに、このカロリー表示が感覚的に把握し難くなっているもう一つ要因として、総カロリー表示ではなく、単位あたりのカロリー表示となっていることが挙げられる。

どういうことかと言えば、弁当なら弁当1個分の総カロリーではなく、100gあたりXカロリー(Kj)などというように、単位当たりの表示となっており、総カロリーを知りたかったら表示されているカロリー表示に総重量をかける必要がある。
これが飲料の場合は100mlあたり何kjなどと表示されている。

この点、日本のお弁当などは一食あたりのカロリー、つまりその弁当を食べ切った場合どの程度のカロリーを摂取することになるかで表示されている。
つまりどちらかというと食べる側の立場に立って、ダイエットなど健康管理に役立つ情報として表示されているのである。

それに対して、中国側の表示はどちらかというと、その食品や飲料の質がどうであるかと言った安全情報の一部として表示されているような印象である。
これは法律規定なのか分らないが、中国特有的な表示方法という気がしており、その製品の質を同じモノサシで平等に比べるという精神が働いている。

以前も「日本人的安心感と中国人的誠意感」というタイトルで書いたが、日本はトータルでどのくらいの量や金額かという総量を重要視しているが、中国人はその質がどうかということに重点を置いているようであり、食べる側がカロリーを気にするなら自分で計算しろということのようである、

ちなみに下記の写真はコンビニで買ったサンドウィッチの製品表示であるが熱量は、1011kj、質量が115gのため、キロカロリーに直すと277Kcalという結果となる。

1011kj÷4.184×115÷100≒277.9kal

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

同様に下記は日系のキリンのファイアーというミルクコーヒーの表示だが、これをやはり日本風に総量計算すると187kj、440mlなので
187kj÷4.184×440÷100≒196.6kal
となる。

上海キリン・ファイヤーの成分表示

上海キリン・ファイヤーの成分表示

さらに下記はおにぎりだが、鶏肉の大型おにぎりで、同様に総量計算すると917kj、185gなので、
917kj÷4.184×185÷100≒405.5kal
となる。

上海コンビニのおにぎりの成分表示

上海コンビニのおにぎりの成分表示

このように日本的な総カロリーを知りたかったら、電卓を用意してせっせと計算しないといけないわけで、中国でダイエットをしようとする日本人には結構面倒くさい環境となっている。

こうやって考えると中国人たちはまだ割とダイエットに対する要求がそれほど高くないということもでき、それ故に総量表示の要求が高くないのかもしれない。

売り場が分かりにくいカルフール

昨日、古北のカルフールに久々に行って買い物をしたのだが、何やら売り場を整理している最中らしく、少々雑然としていた。

 その中でも困ったのが、何がどこに売っているのかさっぱり分からないということであった。

 今回買おうとした物の一つにインスタントコーヒーがあったのだが、売り場が分からずウロウロしてしまったのである。

 日本のスーパーであれば、この棚の通路にはインスタント食品がありますよとか、丁寧に列ごとに標示がしてあるはずなのだが、今回行ったときにはそれが無かったのである。

カルフール店内

カルフール店内

 目立つのは特価品の値段を示す数字の表示ばかりで、その値段表示でさえ何の特価価格なのかは近寄ってみないと分からない有様だった。

 結局10数本ある棚の通路のほとんどを回ってようやく目的のインスタントコーヒー売り場を見つけた。

 まあいずれ売り場の整理が完了すればもっと分かりやすい表示になるのかも知れないが、これでは商品売り場に辿り着く前に疲れてしまう。

 改装後はもちろんのこと、改装中もこういった売り場表示は手を抜いて欲しくないという気がしている。

 以前から繰り返し書いていることだが、どうも中国の物流業というのは、売り手側の意思表示ばかり強くて、買い手側からの視点で見るという作業を忘れてしまっているように感じる。

原文

飲んだらコーヒーを飲む

 昨夜、久しぶりに日本人同士の会合に出席した。

 宴席は嫌いではなく、いろいろ話題が盛り上がったこともあり、ビールをジョッキで2杯飲んだ後、ハイボールを3杯くらい飲んだのは記憶している。

 まあその程度では泥酔するほどにはならず、ほろ酔いで自宅へ帰ったのだが、冷たい飲み物はパンチが後から利いてきて異常に眠くなった。

 ここ数日は睡眠時間が短かったため身体にストレスがかかっていたのかもしれない。

 パソコンに僅かに向かってSKYPEで知り合いに話しかけるも、すぐに反応が無かったので横になったらそのまま寝てしまったようだ。

 そして目が覚めたのは午前3時頃、冷房がかかりっぱなしで寒さで目が覚めた。
 それ故、頭が痛いし吐き気と言うほどではないが気分も悪い。

 完全な二日酔い状態である。
 
 この状態から早く脱出せねばと思い、水を飲む。
 血中のアルコール濃度を下げるためだが、これだけだとアルコール自体が減らないので、アルコールの分解にかかる時間はあまり変わらないというのが私の考え方である。

 そこでブラックコーヒーを淹れて飲む。(インスタントだが)

pic_f086

 コーヒーは利尿作用があるのでアルコールを早く分解して早く体外に出してくれるので、私は酒をお飲んだ後は必ず飲むようにしているのだが、昨夜はそれをするより先に寝込んでしまったので飲み忘れてしまった。
 それ故のこの身体の辛さであり、酒の後にコーヒーを淹れて飲んで寝るかどうかで、起きた後の辛さが数倍違うのである。

 そしてまた仕方なく寝る。

 結局お昼近くまで寝てしまったが、アルコールは分解されて大量の尿になって排出されたようで、気持ち悪さはなくなって目覚めはすっきりしている。

 飲んだらコーヒーを飲む、これは私にとって大事な鉄則である。

朝から北の国から

 今朝はまた上海に雪が降った。

しんしんと降る雪が窓の外に見える。

窓の下の車の屋根と常緑樹の葉には少しばかり積もっているが、地面はそれほど白くなってはいない。

 まあ冬景色であることには変わりなく、寒々しくもあり、ちょっと寂しさを感じる風景だ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 こんな時には「北の国から」のアルバムを聞くと、すっと心が落ち着く。
 
 この曲を聞くと冷たい空気も寒そうな窓の外も、一瞬にして受け入れてしまう心の状態が生まれる。
 音楽一つで不思議なものだが、これがとてもしっくりくる。
 寒々しく静かな街の情景がとても心地よく感じられる。

 今朝はコーヒーがとてもよく香る気がする。

皆さんもぜひどうぞ!

マクドナルドのホットドッグ

ドラマ「家政婦のミタ」関連の話の続きだが、ドラマの中で遊園地でホットドッグが何度も映像に出てきてて、最近どうにもホットドッグが食べたくなった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 とはいえ簡単な料理のように見えるホットドックもイザ買おうと思うと、上海のどこで買えるのか分からない。

 恐らく遊園地とかに行けばありそうだが、まさかホットドッグを食べにだけ遊園地に行くのもちょっと馬鹿馬鹿しい。

 そこで思い出したのはマクドナルド

ハンバーガーの代名詞のようなマクドナルドであるが、最近ホットドッグを売り始めていたのである。

 マクドナルドがホットドッグを売るというのは、マクドナルドの成り立ちを考えると非常に面白いものがある。
 マクドナルドの創始者であるマクドナルド兄弟が最初に考えた商売がハンバーガー屋かホットドッグ屋だそうで、ホットドッグは客の好みや注文がうるさいからハンバーガー屋に決めたというのがいきさつだという。そのハンバーガーのマクドナルドがまたホットドッグを売りだした、これは非常に興味深い流れである。

 さて、まず古北のマクドナルドに行ったところホットドッグがメニューになかった。

あれ、おかしいなぁと思ったが、見た記憶は間違いはないので、いずれ別の店を探してみることにしてその日は撤退した。

 そして次の日の朝、今度はモーニングメニューの時間帯に西郊百聯のマクドナルドを覗いたところ、セットメニューでホットドッグが売られていた。

 やった!

 コーヒーついて10元と、まあホットドッグで外れることなどあるまいと思うし、
まずまずお得な価格で万が一外れても損はない。

 さて実際に食べてみた。

 ううっ、うまくない。。。マジ?本当に外れだ。。。(TT)

ホットドッグごときで、まさかの結果である。
ソーセージはともかくパンが駄目駄目であった。
ぼそぼそして美味くないのである。

 さすがに日本人なのでうまくなくても残さず全部食べたが、ちょっともう二度と注文する気にはならない。そのくらい食べてて不快だった。

 あんなパンを使わず普通のコッペパンを使えばいいんじゃないかと思うが、あのパンはとにかくぼそぼそして食べづらかった。

 うーん、こんなホットドックではこのホットドッグ欲求が満たせない。
 どこかもう少しマシなホットドッグはないものか?

 美味しいホットドッグ探しがまだしばらく続きそうである。

原文