Category Archives:

中国の高速鉄道があの事故以来初めて時速350キロ運行へ

 中国の北京と上海を結ぶ高速鉄道が再び最高時速を350キロに戻し、来月の9月21日からその速度で運行を始めるとのニュースを目にした。

 ただ、当面はその速度が適用されるのは全ての京滬高速鉄道の列車ではなく、北京南駅と上海虹橋駅を結ぶ列車のうち7往復の列車限定の適用だということのようだ。
 まあ列車が速くなることはいいことのようにも思えるかもしれないが、ただこの350キロ化に関しては、私なんかはどうしても2011年の列車事故をが思い出されてしまうのである。

6年前の京滬高速鉄道の開通時の様子

 まああの事故の原因そのものはスピードが問題ではなく、信号システムと人為的判断ミスが原因とは言われているのだが、とにかく何らかの不備が原因で事故が起きたことには間違いないにも関わらず、原因究明もままならないうちに事故発生区間は数日のうちに運行が再開されてしまっているのである、。

 ただこの対応には庶民から批難の声が上がってしまったため当局側では一応、あの事故直後に中国の高速鉄道は全ての路線で減速が行われ、最高時速は300キロに抑えられることになった。

 その後6年が経過して現在に至っているが、私はあの事故の正確な事故原因を聞いた記憶が無く、その後の根本的な改善が行われたのかについては全く分からず、今回の350キロ化のニュースを聞いて非常に疑心暗鬼に陥っている。
 それも日本的に20キロずつアップとかではなく、一気に50キロアップというところがとっても怖い。

 中国としてはどうしても時速350キロを復活させたいのかもしれないが、個人的には航空機も非常に発達しているこの時代にそこまでして無理にスピードアップが必要なのか疑問を感じてしまう。

 まあ、聞くところによると中国の鉄道部というのは国の中でも一つの独立した派閥のような組織らしく、そういう組織風土からすれば、例えば航空機など他の交通機関に対してライバル心などがあるのかもしれず、それ故の強引なスピードアップなのかもしれないとも推測できる。

 しかし、やはり利用する側としてはあの列車事故の記憶は消えて無い訳で、個人的には不安しか覚えないこの再スピードアップである。

 まあ参考までに、時速350キロを体験したい人と、避けたい人のためにも具体的な対象列車の列車番号と発車時刻を紹介しておく。
 ちなみに運賃はGで始まる列車番号の場合は、スピードに関わらず同じ距離なら同じ運賃だとのこと。

 で、上海側からの350キロ列車はG6列車(上海虹橋発07:00)、G10列車(上海虹橋発07:05)、G2列車(上海虹橋発09:00)、G14列車(上海虹橋発10:00)、G4列車(上海虹橋発14:00)、G18列車(上海虹橋発15:00)、G6列車(上海虹橋発19:00)であり、いずれも4時間28分~34分で北京南駅に到着する。

 逆方向はG5列車(北京南発07:00)、G1列車(北京南発09:00)、G13列車(北京南発10:00)、G3列車(北京南発14:00)、G17列車(北京南発15:00)、G7列車(北京南発19:00)、G9列車(北京南発19:05)であり、こちらは4時間24分~34分で上海虹橋駅に到着するとのこと。
 みなさんどうぞご参考に!


地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

上海公共交通カードへの現金チャージならローカルコンビニが便利!

昨年12月から上海の100駅もの多くの駅で、現金による上海公共交通カードへのチャージ取り扱いがなくなった。

基本的には充値機(チャージ機)に切り替えられたのだが、このチャージ機というのがちょっとは厄介もので、現金によるチャージが出来ない。

上海公共交通カードチャージ機

上海公共交通カードチャージ機

 中国の銀行発行の銀聯カードがあり口座にお金が入っていれば事足りるので居住者にとっては概ね問題ないのだが、口座のない短期滞在者などにとっては、現金チャージが出来ず結構不便なのである。

 また長期滞在者であっても、駐在者の付随家族などの立場で自分の口座を持っていなければ、いちいち家族に頼まなければいけないことになり、非常に面倒くさくなった。

 このように中国で電子決済が進むことは大変便利であると感じる一方で、電子マネーでなければ決済できない場合があり現金を手にしていても平等なサービスを受けられないというサービス格差が生じつつある。
 つまり現金が手元にあっても、役に立たないことがあるのが中国の現状である。

 その象徴の一つがこの公共交通カードのチャージ機である。

 しかし、どうやらそのような不便さを感じていたのは我々外国人だけではないようで、中国のニュースサイトにおいても今回機械化された駅周辺を中心に現金チャージが出来るスポット一覧というものが紹介されていた。

 その中心となるのがローカルコンビニチェーン及び銀行などである。

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

さすがに面倒くさいので全店舗の紹介はしないが、チェーンブランドを挙げると
好徳
可的
良友
聯華OK(スーパー)

などであり、確実に全店舗かどうかわからないが概ね現金チャージ可能なようだ。
そのほかは
浦東発展銀行
郵便局
なども対応できる模様。

上海の郵便局

残念ながら日系のコンビニ(ファミマ、ローソン、セブン)などは対応不可であり、台湾系のC-STOREなども含まれておらず、中国系のコンビニからはじき出されたような格好になっている。
まあやや不便になった上海公共交通カードだが、現金チャージに困った時は駅を出て、ローカルコンビニを探してみれば解決する可能性があるようである。
ぜひご参考に!

腰に優しくない上海の交通と道

 実は先週の土曜日の明け方、突然ぎっくり腰とヘルニアの併合のような症状に身動きができなくなった。

 おそらく前日の階段一段踏み外しの際に踵から落ちて、衝撃で全身に走った出来事があり、その場は大丈夫だったが、恐らくあれが原因である。
 痛みでベッドから起き上がれず、目の前に見えている薬にも手が届かない状態で、一人暮らしの私にとっては死の危機を感じるほどだった。
それでもなんとか痛みをこらえ脂汗をかきながら薬を手繰り寄せ服用した結果、今日までにパソコンにまともに向き合えるような状態になった。
 この間、まったく外出しなかったわけではないのだが、長時間座る姿勢を続けるのが辛いので、基本は立ち姿勢か家で横になっていた。

 この間の外出で改めて感じたのは、上海の道や交通機関は人の腰に優しくないということ。

 以前に何度も書いたが、上海の道路は幹線道路といえどもかなり凸凹であり、バスに乗っていると腰が浮き上がるほどの上下振動がある。
 特にスピードを出しているときなどはバスが壊れるんじゃないかと思うほどの激しい振動であり、当然のことながらずんずん腰に響き、区間によってはとても座っていられなくなる。
 しかもバスの座席はプラスチックシートで、優先席も色が違うだけで硬さに違いがなく、座り心地が特に良いわけではないのが上海のバスである。

上海のバス

上海のバス

 じゃあ地下鉄なら問題ないかというと、さすがにバスほどの振動はないが、やはり日本の地下鉄に比べれば振動は大きく、シートも同様にプラスチックなので腰に響く。
また駅の階段やホームの施工も微妙に粗いので、結構蹴躓きやすく、普段なら何でもないこの小さな躓きでも、腰痛状態に結構響くので歩くだけで結構恐怖を感じる。

これがまあタクシーだと、シートが柔らかい分だけ幾分救われるのだが、道悪自体は同じであり振動も多く、逆に立ち上がれないので必ずしも快適ということでもない。

歩道を歩いても凸凹は非常に歩きにくいのである。
結局のところ上海の道も交通もどうも腰には優しくないことに気が付いた。

そういえば上海の街は高齢化の影響で高齢者はたくさん歩いているのだが、不思議なことに腰の悪そうな人はあまり見かけない。
 腰が悪い人はあまり出かけたくなくなるのではないか、そんなことを感じた私の今回の腰痛劇である。