Tag Archives: 未来

宇宙戦艦ヤマトで描かれる惑星位置を真面目に検証

 最近最新作が出て再びフィーバーしているスターウォーズだが、この状況に何となく日本人としての対抗心が頭をもたげ、日本版SFの大作と言える「宇宙戦艦ヤマト」を最近チェックするようになった。

 「宇宙戦艦ヤマト」は私が小さい頃の、もう40年以上も前に作られたアニメだが、YOUTUBEで改めて見る限りでは、そんな古い時代のものとは思えないほど、絵やストーリーがしっかりしているなという印象である。

 もちろん古いことは古いので画質がやや粗いのは目をつぶるとしても、手書きのセル画で作られたであろう映像はかなり手が込んでいて描写が細かいし、佐々木いさをさんの歌う歌・音楽も今でも古びた感じのしない不朽の名作である。
 
 さらに驚くのはしっかり物語を支えている数々の宇宙情報であり、その当時の宇宙研究の最先端であろう情報が結構細かくいっぱい詰め込まれている。

 まあ当時の日本は1969年のアメリカのアポロ計画の月面着陸の成功を受けた直後で宇宙熱の高い時期でもあり、その時期に作られた宇宙戦艦ヤマトの宇宙描写が細かいのは当然とも言える。
 
 ところで、このアニメに描かれた宇宙の情報を今になって改めて検証をしてみると、結構大きな矛盾があることを発見する。

 もちろん所詮は創作アニメなので、元々ご都合主義で描かれる矛盾の塊と言えばそれまでなのだが、今回敢えてその矛盾をちょっと真面目に検証してみることにした。

 その矛盾とは舞台となった当時の太陽系の惑星の相対的な位置のことである。

月

 太陽系の惑星は、内側から順に水金地火木土天海冥の言葉で覚えるように、太陽の周りをそれぞれの軌道で回っているが、当たり前の話だが、直線上に全惑星が並んでいるわけではない。

 つまり、それぞれの惑星が、それぞれの速度で太陽の周りを公転しているから太陽から見た惑星の方角は基本的にばらばらとなり、3つ以上の惑星が直線になるのは奇跡的な確率といえる。
 しかし、アニメではなんと地球から太陽系の外へ向かう流れの中で火星、木星、土星、冥王星と順番に4つもの惑星が登場してしまっているのである。

 これはどう考えてもやはりおかしく、こんなに都合よく綺麗に遭遇するわけはないのである。
 そこで気になって、このアニメの背景となった2199年時点の各惑星の位置をチェックしてみた。(笑)

 この際、上下のずれを表す赤緯については無視するが、2199年10月の地球から見た惑星の方向(赤経)を計算ソフトを使ってチェックすると、火星08h23m、木星21h59m、土星21h51m、冥王星09h59mという結果が出た。

  参考サイト:つるちゃんのプラネタリウム

 これを信じれば、2199年10月時点で火星と冥王星はほぼ同じ方向だが、木星と土星は12時間も違うまるっきり別の方向にあることになり、アニメのような順番では惑星は登場し得ないことになる。

 更ににウィキペディアの情報によると宇宙戦艦ヤマトの目的地であるイスカンダル星のある大マゼラン星雲は、2000年の計測で05h23mの方向であることから、2199年当時で比較的火星と冥王星の方向に近いということが出来る。

 アニメの物語では敵のガミラス帝国が太陽系の前線基地を冥王星に設置していたという話が出てくるが、この惑星の配置から推測すれば、理に適っている位置となっていたようである。

 まあアニメの作者が未来の時点の惑星の位置まで計算していたとは思えぬが、冥王星を利用した発想は結果的に正しいものであったと同時に、木星と土星の登場は蛇足であったということになる。

 しかし、あれはアニメだから実際とは違うと言いきってしまうのもまたロマンがなくつまらないものなので、アニメのように惑星が登場する時期は本当にないのかとそれぞれの惑星の公転周期などを基に、前後の年代を調べてみた。(笑)

 ちなみに各惑星の公転周期はウィキペディアのデータによると火星686.98日 木星11.86年、土星29.53年、冥王星247.74年である。

 で、再び上述の計算ソフトを使って色んな時期の星の配置をシミュレートしていくと、2181年の6月1日現在だと火星08h48m、木星09h17m、土星07h19m、冥王星07h49mとなり、この時期ならかなり狭い範囲、つまり同一方向に収まることが判明。

 しかも土星と冥王星は赤緯もそれぞれ+22h02mと+22h06mとなりほぼ重なる位置関係である。

 さらに、このタイミングだとアニメで登場しなかった天王星と海王星は、それぞれ00h52mと23h05mと離れた方角にあり、登場しないことに矛盾しないのであり、ストーリーが正当化されるのである。

 このように見ていくと、実は宇宙戦艦ヤマトは2199年ではなく18年早い2181年の5月ごろを出発として描いていたならば、天体運行の描写としては矛盾がなかったようなのである。

 まあ40年前に完成したアニメを今更このように検証しても仕方ないかも知れないが、検証の結果2181年なら有り得るのかも知れないと思うとちょっとワクワクはする話になった気がするのである。

日本人と中国人の時制感覚のずれ

 日本人と中国人で物の考え方が圧倒的に違うなというのは時間軸の捉え方のような気がする。

 中国語にはよく過去形がないと言われ、英語のように過ぎ去った動作に対する表現がうまく出来ないと言われる。

 動詞の後に「了」をつければ過去形になるように思われている人もいるが、これは正確でなく「了」は動作の完了を意味する完了形であって、過去形のように使うことはできても正確には過去形ではない。

 何故なら未来のことでも「了」をつけて未来完了形的表現をすることが出来るからである。

 そういった中国人たちの感覚の中にも日本人と同様に「過去」「現在」「未来」というカテゴリはやはり存在し、まあ基本的には意味もほぼ同じようなのだが、実は日本人と中国人ではその言葉の範囲がだいぶ違う気がする。

 中国人にとって過去とは、現在ではない過ぎ去った時間の全てであり、未来とは現在ではない未だ来てないこれからやってくる全ての時間ということのようだ。

 この「現在ではない」というのが中国人の時制感覚というか考え方の基本を捉える上で一つのポイントとなり、つまり現在以外は全て過去か未来であり、現在との関係を特に必要としないのが中国語と中国人の時間感覚であり、現在に直接影響するものは全て「現在」なのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 これに対して日本語においては「過去」というと実は時間軸上のある特定時期を指している場合が多く、同様に「未来」と言えば時間軸上のある特定時期を指している場合が多い。

 何年前とか何年後とか、数字そのものははっきりせず漠然としたものであっても過去や未来という言葉にはある範囲が意識されて存在する。

 そして、日本人にとって現在とその特定の過去や未来の時期との間には「時間」が存在し、その時間の間には「変化が存在する」ことをきちんと意識するのが日本人の感覚で、日本人の場合は「過去から現在」「現在から未来」といった具合に時間の流れを非常に大事にする

 特に過去に発生したことが現在に影響する場合、日本人は現在までの流れがどうなっているかを重要視し必ずしも現在に固執しないが、中国人たちは過去の流れはどうでもよく現在のみに固執するのがおおよその彼らのスタンスである。

 よく中国側から日本に対して歴史問題がふっかけられているが、あれは中国人達が現在において過去の事象を持ち出すことにメリットがあるから持ち出すのであって、過去の問題と言いながら実は現在の利益のための取引材料になっており、中国人そのものは過去にはあまり興味がないのが本質のような気がする。

 日本人にとっては、その過去(例えば戦争中)から現在までの時間の流れを見てもらえば、いかに日本人が過去を反省し真面目に平和に取り組んできた面があるかは理解できるはずだとアピールしたいところなのだが、上述のように途中の流れはどうでも良いのが中国人で、現在でもそのネタが使えるなら使って圧力をかけてくるのが中国人達である。

 未来に対しても同様で、日本人はある未来に向かって動いていることが重要で、未来のある時間まで現在の状況が続くこと(例えば勤務)を前提に、分割払いの約束などをすることができるが、中国では原則未来は信じておらず、信じられるのは現在だけのようで現在確定できる範囲でしか取引しないのが中国人達の習慣である。

 契約時点でどうかというよりも未来のことは未来になったときに判断されてしまう故に、物の取引は現金主義・物々交換が主流でどうなるか分からない未来に対する信用取引はなかなか浸透しない

 こういった日中間の時制感覚の違いは日常ここで生活して大分慣れてはきたが、やはり時々戸惑うことがあり、乗り越えにくい日中間の壁の一つである。

原文

負の配分の時代

 先月日本の衆議院が解散して明日から総選挙モードだが、ネットを通して日本を見ていると、よくもまあこんなに沢山の政党が出来たものだとこの乱立状況にはびっくりする。

 そして主張も色々である。

 まあこのタイミングで特定の政党をどうのこうの言うのは避けたいが、一つだけ言えるのはどの政党が政権をとっても、バラ色の未来はまず描けないことは確かなような気がする。

 つまり日本にはそれだけお金がなく既に借金はほぼ限界まで積みあがっている。

 ある人が言っていたが民主党政権の最大の失敗は埋蔵金が出なかったことだと言っていた。
 全くもってその通りで、仕分け作業などそれなりに取り組んでいた面はあったものの、結果としてその埋蔵金はほとんど出ず、新たな財源を見い出せなくなった民主党は政権交代前に語っていた政策がほとんど実現できず、逆に財源不足で消費税アップの負担要求の方針となれば、今の国民から嘘つきだと言われる状況も当然とも言える。

 まあそこで民主党としては法律は通したが実際の消費税引き上げ実施前に今回の総選挙で「信を問う」ということになったのが今回の選挙である。

 しかしここで頭に置いておきたいのが、今回この選挙で再度政権交代をしようが現政権が継続しようが、日本の財政が厳しいことには変わりなく目の前には巨大な国債の債務が残っているのが現実だということである。

 しかも現在の日本の人口状況や国際経済の関係から言って日本の経済や税収が今後もほとんど伸びないというのは明らかな状況であり、少子化状況などがすぐに改善したとしても、財政にリターンできるまでには最低20年はかかるのが日本の現状である。

 故に現在のこの負の負担の配分をどうするのかが、今回の総選挙の本当のテーマなのかなという気がする。

写真はイメージ

写真はイメージ

 例えば今回問われている消費税というのは国民全員で負の負担をしましょうという提案で、平等といえば平等な面はあるが、1円足りとて負担をしたくない国民からすれば嬉しくない負の分配となる。

 またJ党の提案している日銀の国債買い取り(買いオペで)の案による財政出動は、目先のキャッシュは増え国民の負担はないように見えるものの、実際はカードローンの限度額を増やすようなもので、うまく活用しリターンが戻るような運用をすれば有効な面はあるが、少なくともすぐに国民の借金は減らず寧ろ増えるわけで、結局は後の世代へ負担を押し付けるものだと言う事も出来る。

 また公務員を減らして人件費を減らし財政に余裕を作れと言う意見もあるが、国民の一定割合が公務員になっているという現状がある以上、公務員枠を減らすということは若者世代から職を奪うというしわ寄せを押し付ける構造になる可能性があり、つまり世代間格差を生むわけで、所得税収入という意味でも決してプラスにはならない。

 また単に公共工事を減らすというのも、公共工事で仕事を得ていた人の収入を減らすという負担を押し付けるのと同じことで、その人が失業して生活保護受給者に回る可能性も十分にあり、公共工事を減らせば国の財政が改善するようなそんなに単純な話ではない。

 さらにその生活保護者や外国人に対して保護を減らし負の配分を押し付けろという声もあるが、適正化は必要な面はあるものの、まあ社会全体が厳しい中で人道的な面を含めて実質的な効果の面で財政再建の切り札になるというものでもない気がする。

 ましてや国会議員の歳費削減や定数削減など、有権者の不満のガスを抜くパフォーマンスにはなっても実質的な財政規模からすればほとんど焼け石に水である。
 寧ろ議員歳費削減により賄賂になびきやすい政治家を産む危険性や、有権者の1票の価値の減少、つまり国会や国政に届く国民の声1人当たりのパイプが小さくなるわけであり決して良い事だけではない。

 まあ今回有権者がどういった判断を出すかわからないが、税金を減らしますだのあれこれを国民に与えますなど、利益配分を語る政治家については、その根拠や財源をよく確認したほうがいい。

 要するに利益を配分しようということは、どこかに負の負担を押し付けることになる可能性が高く、それを恣意的にやるか全く理解していないかのどちらかでしかないということになり、その政策のさじ加減によっては利益を求めたつもりが有権者自らが割を食う可能性があるだろう。
 例えば親が世話になる福祉施設は出来たが、その影響で子供が就職できないという可能性はあるのである。
 また子ども手当はもらったが公共工事が無くなり親は失業したなんてことも笑い話ではない。

 つまり原則として新たな借金か負担の押し付けが無ければ新たな優遇や利益配分はもう生まれない。
 それくらい国家の財布は無限ではないことを国民は自覚しなければならない時代になっている。

 むしろそういった新たな利益配分の話より、現状の枠の中で知恵と工夫によって新たな道筋を生み出そうとする人、そういった政治家を探して見たい。
 
 さて投票、果たしてどうするか。。。。