Tag Archives: アニメ

上海の学生が「素晴らしい~」

 別に上海の学生を褒めようというのではない。
 先日の夕方に某サンドウィッチチェーンの店舗で食事をしていたところ、中学生だか高校生くらいの男の子が数人で入店してきた。

 その時にその中の一人が発したのが「素晴らしい~」という言葉。

 その学生たちは特に日本語で会話していたのではなく、中国語で会話する現地の普通の学生さんだったが、なぜかはっきり「素晴らしい~」という言葉が出てきた。
 恐らく大して意図をもたない状態で発した言葉だと思われ、ガチョーンとかイェーイとかと同じように、何となく口をついて出ただけのようだった。

 しかし裏を返してみれば、その学生にとってはそれだけその「素晴らしい」という言葉が彼らの脳裏に焼き付いてしみ込んでいるという言葉でもあり、それだけ日本の文化に触れている環境があるのだろうと察する。

 例えばアニメだったり、ドラマだったりなどを見ていないと、なかなか日常生活の中で「素晴らしい」という外国の言葉は口をついて出てこないだろう。

 この学生さんのケースにとどまらず、とっと日本人に興味を持っている中国の人々の会話でも、時々日本語のワンフレーズが紛れ込むことはよくある。

 気持ちいーとか、おいしいーとか感嘆符的なフレーズである。
 多くは思い出しきれないが、上海の街を歩いていても時々日本語のフレーズが混じっている言葉を耳にするのである。

 日本語でも「デリシャス」とか「ビューティフル」と時々混じる人がおりあれと同じようなものであろう。
 そういえば、先日上海の路上で「藤原とうふ店」と自動車の外装にプリントされた車を見かけた。

藤原とうふ店とプリントされた車

 上海にそういった日系の豆腐屋が出来たのかと思いきや、どうやら日本の漫画にそういう設定の豆腐屋と車が登場することを中国人に教えてもらった。

 国家間では時々国民感情のぶつかり合いが取り上げられる日中両国だが、文化の面ではいろいろな場面で日本の文化が染み込んでいっているようである。

アニメ「タッチ」の日常性

最近GYAOでアニメの「タッチ」が無料再放送されているのを見つけ、懐かしくなって夜とかに、ちょこちょこと見始めている
 まだ話は序盤で。主人公3人が和気あいあいとしている段階である。

このアニメを知っている人はストーリーの流れとして、今後に登場人物の誰かがどうにかなるということは知っていると思われるが、私もその一人で、その先の展開を知っていてこのアニメの序盤を今観ている。

まあ、当たり前と言えば当たり前で、その誰かがその後どうなるということをまるで予期出来ない雰囲気で物語は展開されていく。
しかし原作者のあだち充氏によると、その誰かがその後どうなるかはこの漫画を書き始めた時にあらかじめ決めていたということらしく、現段階の和気あいあいの雰囲気もその先の展開をわかった上で描いていたことのようだ。

つまり未来の展開を決めながら単なる青春ラブコメ的な雰囲気の物語で引っ張っていたということで、とても驚きである。
普通の作家なら、未来を予想する伏線をたくさん張りたくなるのが通常の手法だろう。

ただ、現実の私達の生活を振り返ってみても、今現在の生活の中にいる私達は、未来に周りの誰かがどうなるかということを知らずに生きているわけだから、ストーリーの中で次の展開の伏線など無いのは当たり前であり、作者はそれに沿っただけだとも言える。

そう言う意味では、このストーリが将来の展開を全く予測できない雰囲気で淡々と物語が進むことはごく当然のことだともいえるのだけど、作者がこの段階で平凡なラブコメディーを平然と描いていることに感心する。

 ただ、この「タッチ」という作品が平凡な状況からこの先に驚きの展開を見せるのと同様に、私達の生きている現実でも予想がつかないような展開が発生することはありうる話ではある。
 
 もちろん、いたずらに未来に怯える必要はないが、平凡に過ぎていくように見える今の私達の周りの時間でも。予測のつかない展開があり得ることをタッチは示してくれている。

 携帯電話もインターネットも出てこない30年以上の前のアニメだが、今見ても大事なことを教えてくれるアニメである。

追悼 常田富士男さん、まんが日本昔ばなしを見直す

 暑い夏の盛り、俳優の常田富士男さんが先月の7月18日に亡くなった。81歳だった。

 まあ、俳優と言いながら実際本人の姿を目にすることは滅多になく、もっぱら常田さんの印象は「まんが日本昔ばなし」の語り手としての印象で、というかほとんどあれが全てだった。
 かの番組では市原悦子さんと2人で、全ての登場人物の声色を使い分けており、当時はとても2人で演じているとは思えないほど、2人とも芸達者な仕事ぶりだったのを記憶している。

 もう既にそこそこ高齢だったので仕方ないとは言え、とても惜しい人をなくして残念という印象である。

引用元

 ところでこの訃報を受けて、急に常田さんの声が聴きたくなり「まんが日本昔ばなし」の当時の放送をYOUTUBEで探すことにした。
 すると結構な本数が上がっており、これらの昔ばなしを何本も改めて見直した。

 まあ当時子供のころに、見たことがある作品もあるのかもしれないが、当時のことは全く覚えていないので、基本的には全て初見同様である。
 悲しい話あり、ハッピーエンドありで、悲喜こもごもな先人たちの言い伝えが多く作品化されており、何本か見ていくうちに止まらなくなってくる。

 改めて見てみると、子供向けの番組ながら言葉遣いが難しい内容も少なくなく、子供が全て理解するのは難しそうだった。
 それでも当時は熱中してみていた記憶があり、言葉遣い以上にそこで織りなされる人間模様が面白かったのだろう。
 まあ自分自身の成長過程に、どれがどう影響したというハッキリした認識はないが、かの番組に道徳的考え方の基礎を与えられたという気はする。
 悪いことをすれば報いがあり、善行を続ければいつか報われる時が来るといった考え方は「まんが日本昔ばなし」で学んだ気がする。
 時に人生は不条理な結末を迎えうる話もあり、そういう不条理もあることも学んだ。
小さいころ祖母はいたが、昔話を教わったという記憶はほとんどないから、この手の伝承は全てこの番組から教わったいう気がする。

 最近の潮流として、どうも子供に対して、順位付けや悪い結果を伝えることを避ける傾向があり、運動会の徒競走で順位をつけないで手をつないで一斉にゴールをする学校や幼稚園があると言われるなど、順位付けを極端に否定する風潮がある。
これは亡くなった落語家の古今亭志ん朝さんの言葉を借りれば「可哀そう思想」であり、負けた側を可哀そうに思うあまり、反発力の発揮や人生の不条理を学ぶ機会を奪う考え方だという気がしており、世の中から消しきれない区別や差別は子供の目から覆い隠せばよいというものではないという気がするのである。

そういったネガティブな免疫を付けずに大きくなった結果が、例えば春先に起きた滋賀の新人警官により上司射殺事件だという気がする。

 話がそれたが「まんが日本昔ばなし」は、そういった子供への道徳教育的観点において、非常に重要な力を持っており、今思うと為になった番組だったという気がする。
今年から日本の小学校で道徳が正式教科として始まったようだが、今の政府が考える下手な道徳教育より、この手の昔ばなしを伝えてあげるほうが、よほど良い教育になるような気がする。

そんな番組を支えた常田富士男さんがお亡くなりになって、とっても悲しいが、彼の話を聞いて育った皆さんには、いつまでも彼を忘れずに幸せに暮らしてほしいもんじゃぁ、と願う。