Category Archives: 天体観測

季節外れの7月の東京のお盆は明治改暦の名残り

 現在、東京はお盆の季節となっている。

 下町などではお盆の伝統行事や飾りつけなどが行われていたりする。

 日本のお盆は8月ではないのかと思っている人が大勢いるとは思うが、現在は日本全国8月13日から15日あたりがお盆となっているが、ウィキペディアなどによると東京や神奈川、静岡あたりは7月15日がお盆とされていて、この時期にお盆の行事を行なっている。

 では、何故東京のお盆は7月15日であるのかと言えば、本来旧暦上(天保歴)で7月15日がお盆であったからであり、明治の改暦以後も7月15日をお盆としてしまったことによる。

 明治五年に実施された明治改暦、つまりそれまでの太陰太陽暦(天保歴)から太陽暦(グレゴリオ暦に日本は改暦されたが、東京では日付表記を優先して新暦でも7月15日をお盆としてしまったのである。

 しかし、これは伝統の由来を無視して移行した明治の伝統行事改悪の一例である。

 本来、お盆は「中元」(一年の中間の満月の日)に名を残すように、7月15日の満月の日に行うことを伝統とした行事である。

従って、旧暦上では意味のある7月15日(満月)という日付も、月の動きと関係ない新暦上は意味のない日付となる。

 以前から私は「日本の七夕の可笑しさ」について指摘しているが、お盆に関しても同様の状況が発生しているわけで、明治改暦によって由来を無視した伝統行事となってしまっているのである。

 また月の満ち欠けだけでなく、新暦での7月15日は季節までもがズレることになり、本来は晴れた日が続く暑い盛りの農閑期に行われていたものが、新暦移行によって梅雨の最中(今年は違ったようだが)になってしまい、東京のお盆はジメジメしたものとなってしまっている。

 これに対して東京など新暦お盆を実施する地域以外では、この梅雨のさなかでは、雨も多く人が集まりにくいため、農閑期に合わせて月遅れの8月15日にお盆を実施するようになったようだ。
 沖縄のように旧暦に従って旧暦7月15日にお盆を実施する地域もあるが、明治政府が旧暦そのものを廃止していったため、日本のほとんどの地域では、やむを得ず新暦で日程を固定出来て、かつ暑い盛りとなる月遅れの8月15日になったのであろう。

 よって、現在の新暦上では7月15日も8月15日も本来の意味から外れた伝統行事の実施日となっており、本来の由来からずれているのが日本のお盆の実情である。

 個人的には伝統を守るというなら、沖縄同様に旧暦に合わせたお盆の実施というのが本来の姿だと思うが、太陽暦のリズムが日本社会のリズムとなっている現在では、その復活は難しそうである。

 伝統、伝統と言葉を振り回しながら本来の由来を無視した形だけの伝統行事が現在の日本には多いのである。


思い出のホルストの「惑星」N響&デュトワ

先日YOUTUBEをチェックしていた際に、ふとシャルルデュトワ氏指揮NHK交響楽団の演奏によるホルスト作曲の組曲「惑星」の演奏映像に出くわした。
見始めた途端に出足の1曲目「火星」から非常に熱い演奏で、すぐに引き込まれたのである。
優等生的な演奏を見せる普段のN響とは一味違う熱い演奏で、さすがシャルルデュトワ氏だなと感心するような、オーケストラのドライブ振りを感じたのである。

そしてその熱さを感じ取ると同時に、非常に懐かしい記憶が私の中に湧き上がってきた。

そう、私の記憶に間違いが無ければ、この収録が行われた演奏会場(NHKホール)に私もいて、実際にこのライブ演奏を聴いていたのである。

あの日も一曲目から鳥肌が立つほどの強烈な印象を受けた記憶があり、映像の中で演奏されるあのリズムやパッションは確かに一度体験したものとして、体が覚えていたのである。
それを、映像を通してではあるが、演奏を再び耳にすることにより今回約20年ぶりに記憶が甦ったのである、

人間の記憶というのは不思議なもので、昨日まで忘れていた時間の体験について、音楽を聴くことによって体の感覚までもが記憶として呼び戻されるようである。

実はこのコンサートは私の「惑星」という曲に対する印象を一変させた演奏という意味でも思い出深い記憶であり、さすがデュトワ氏、さすがN響だなと感服した時間であったことも覚えている。

その記憶は最後の女声合唱が消え入るところまで残っており、曲全体を通してまさにあそこに自分がいたなという感覚を映像(音楽)は思い出させてくれた。

まあこうやって振り返ってみると、実はもうあの時から20年を経たことに気づくのであり、時間の経過の速さに寂しさも感じるが、記憶を甦らせてくれる音楽って改めて凄いな感じた記録映像であった。

宇宙に宇宙人や生命体がいるか調べる前に考えること

先日ラジオで、この宇宙には地球と同じような生命体を持った星が確率的に必ずあるはずといったような話が展開されていた。

この話の発端は、宇宙人は何故「○○人」と呼ばれ、宇宙の生命体は何故「人」限定で呼ばれているのかという点だったと思う。

まあ我々人間が人であるから、宇宙の生命体も「人」であるかのように思うのはごく自然な話ではあるので、致し方ないところではある。
ただ、私としてはこの話を聞いていて、宇宙人が「人」でなくなれば解決する話なのかという疑問を持った。

つまりその地球外生命体的な概念を「宇宙人」ではなく「宇宙生命体」と呼び変えたとしても、結局は人間の勝手な観念の枠組みを出ないものだという気がするからである。

すなわち生命体とか生命という概念自体が人間が勝手に作り出した概念に過ぎないわけで、つき詰めれば人間が生命だと思っている現象も、宇宙の中では一つの物理的現象に過ぎないと言えるかも知れないからである。

我々人間は、ある物体を指して勝手に生命を持っている、持ってないなどと勝手に区別しているが、それも実は物理的現象の一つの状態の違いに過ぎないのかも知れず、生命という絶対的区分があるかどうかは実は怪しいのである。

例えば死生の区分一つとっても、私という一人の人間の肉体が動かなくなれば、まずは社会的には個体の死として整理されるが、もし私に子供がいてDNAが受け継がれれば、DNAが死んだということにはならない。

さらにもし子供がいなくて私の肉体が朽ちてバクテリアなどに自然分解されれば、それもまた命を繋いでいるということが出来る。

これらのことを考えれば、元の個体の肉体は死んだとしても生命の受け渡しがあり、命が繋がっているとも言える。

そして宇宙的に突き詰めて言えば私の肉体を構成していた分子原子の要素が物理的に消滅しなければ、その物質はどこかに何らかの形で受け継がれるわけで、言うなれば人の死もまた物質の物理的現象の一つでしかないとも言えるのである。

 そして肉体だけではなく、我々人間は日々の時間を自分の意思を持って生きたり、或いは宗教的観念に支配されて生きていると自我を意識して生活しているが、実はこの意思すら人間という個体の中での物理現象の表出に過ぎない可能性もあるのである。

 つまり人間の自由意思など本当は存在せず、そういう意思があると思い込む脳内物質の動きによってそう感じているにすぎないという可能性があるということであり、物理的法則に支配された結果、何かを感じたり考えている可能性があるのである。

 なんだか複雑な話で恐縮だが、とどのつまりは人間が地球を飛び出し広い宇宙の中で生命体を探すという行為自体が、実はナンセンスなのかもしれず、まずは生命という現象区分自体をもう一度物理的尺度で見直す必要があるのではないかという気がする。

 そこが分かって無いと、他の惑星に高度な文明がある星があるかもしれないなどと考えて広い宇宙を探し回ることになり、まあこれらは人間的なロマンとしては面白くても、実は的外れな宇宙の捉え方なのかもしれないのである。

身を寄せ合う上野のニホンザル

身を寄せ合う上野のニホンザル