Category Archives:

仙台七夕まつりの日程の不思議

 先日の2018年8月17日は旧暦の7月7日にあたり七夕で、中国的に言うと夏の情人節つまり夏のバレンタインということになる。
 この日は、婚姻届の件数が増えたりする現象も起き、ちょっとしたイベントデーとなる。

 ところで日本で七夕といえば新暦で行われる7月7日の七夕の他に、仙台の七夕まつりが有名だがこの仙台の七夕は何故か8月7日前後に行われる。
 なぜ8月7日に行われるかについて、勝手に「旧暦」だと思い込んでいる人もいるようだが、今年の旧暦の7月7日が新暦の8月17日であったことから分かるように、仙台の七夕祭りの8月7日は旧暦ではない
 いわゆる月遅れの実施のために8月7日という日程が選ばれているということになる。 
                                                      
 前回「東京のお盆」についても全く同様のことを書いたが、明治5年の明治改暦によって従来の太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ暦)に変更されたため、基準となる1月1日が毎年一か月以上ずれてしまうことになった。

 これにより、従来の日程のまま伝統行事を実施すると季節感が全く合わなくなってしまうので、月遅れの中暦という暦を設定し、七夕やお盆は新暦の日付の1か月遅れで実施されることになった。

 これが現在8月7日に七夕が行われる由縁である。

 しかし、一か月遅れにしたおかげで季節感的にはなんとかマッチングできたものの、やはり太陽暦上で日程を設定したが故に月の満ち欠けは無視されることになり、七夕なのに半月にならず満月や三日月の晩となってしまうのが仙台の七夕の日程である。

 まあ日本では現在でも旧暦を復興する動きはほとんどないが故に、仙台の七夕祭りも今後も永遠に月とは無関係の日程で行われていくのかもしれないが、やはり行事の由来を考えると伝統とは言えちょっと残念ではある。

季節外れの7月の東京のお盆は明治改暦の名残り

 現在、東京はお盆の季節となっている。

 下町などではお盆の伝統行事や飾りつけなどが行われていたりする。

 日本のお盆は8月ではないのかと思っている人が大勢いるとは思うが、現在は日本全国8月13日から15日あたりがお盆となっているが、ウィキペディアなどによると東京や神奈川、静岡あたりは7月15日がお盆とされていて、この時期にお盆の行事を行なっている。

 では、何故東京のお盆は7月15日であるのかと言えば、本来旧暦上(天保歴)で7月15日がお盆であったからであり、明治の改暦以後も7月15日をお盆としてしまったことによる。

 明治五年に実施された明治改暦、つまりそれまでの太陰太陽暦(天保歴)から太陽暦(グレゴリオ暦に日本は改暦されたが、東京では日付表記を優先して新暦でも7月15日をお盆としてしまったのである。

 しかし、これは伝統の由来を無視して移行した明治の伝統行事改悪の一例である。

 本来、お盆は「中元」(一年の中間の満月の日)に名を残すように、7月15日の満月の日に行うことを伝統とした行事である。

従って、旧暦上では意味のある7月15日(満月)という日付も、月の動きと関係ない新暦上は意味のない日付となる。

 以前から私は「日本の七夕の可笑しさ」について指摘しているが、お盆に関しても同様の状況が発生しているわけで、明治改暦によって由来を無視した伝統行事となってしまっているのである。

 また月の満ち欠けだけでなく、新暦での7月15日は季節までもがズレることになり、本来は晴れた日が続く暑い盛りの農閑期に行われていたものが、新暦移行によって梅雨の最中(今年は違ったようだが)になってしまい、東京のお盆はジメジメしたものとなってしまっている。

 これに対して東京など新暦お盆を実施する地域以外では、この梅雨のさなかでは、雨も多く人が集まりにくいため、農閑期に合わせて月遅れの8月15日にお盆を実施するようになったようだ。
 沖縄のように旧暦に従って旧暦7月15日にお盆を実施する地域もあるが、明治政府が旧暦そのものを廃止していったため、日本のほとんどの地域では、やむを得ず新暦で日程を固定出来て、かつ暑い盛りとなる月遅れの8月15日になったのであろう。

 よって、現在の新暦上では7月15日も8月15日も本来の意味から外れた伝統行事の実施日となっており、本来の由来からずれているのが日本のお盆の実情である。

 個人的には伝統を守るというなら、沖縄同様に旧暦に合わせたお盆の実施というのが本来の姿だと思うが、太陽暦のリズムが日本社会のリズムとなっている現在では、その復活は難しそうである。

 伝統、伝統と言葉を振り回しながら本来の由来を無視した形だけの伝統行事が現在の日本には多いのである。

宇宙戦艦ヤマトで描かれる惑星位置を真面目に検証

 最近最新作が出て再びフィーバーしているスターウォーズだが、この状況に何となく日本人としての対抗心が頭をもたげ、日本版SFの大作と言える「宇宙戦艦ヤマト」を最近チェックするようになった。

 「宇宙戦艦ヤマト」は私が小さい頃の、もう40年以上も前に作られたアニメだが、YOUTUBEで改めて見る限りでは、そんな古い時代のものとは思えないほど、絵やストーリーがしっかりしているなという印象である。

 もちろん古いことは古いので画質がやや粗いのは目をつぶるとしても、手書きのセル画で作られたであろう映像はかなり手が込んでいて描写が細かいし、佐々木いさをさんの歌う歌・音楽も今でも古びた感じのしない不朽の名作である。
 
 さらに驚くのはしっかり物語を支えている数々の宇宙情報であり、その当時の宇宙研究の最先端であろう情報が結構細かくいっぱい詰め込まれている。

 まあ当時の日本は1969年のアメリカのアポロ計画の月面着陸の成功を受けた直後で宇宙熱の高い時期でもあり、その時期に作られた宇宙戦艦ヤマトの宇宙描写が細かいのは当然とも言える。
 
 ところで、このアニメに描かれた宇宙の情報を今になって改めて検証をしてみると、結構大きな矛盾があることを発見する。

 もちろん所詮は創作アニメなので、元々ご都合主義で描かれる矛盾の塊と言えばそれまでなのだが、今回敢えてその矛盾をちょっと真面目に検証してみることにした。

 その矛盾とは舞台となった当時の太陽系の惑星の相対的な位置のことである。

月

 太陽系の惑星は、内側から順に水金地火木土天海冥の言葉で覚えるように、太陽の周りをそれぞれの軌道で回っているが、当たり前の話だが、直線上に全惑星が並んでいるわけではない。

 つまり、それぞれの惑星が、それぞれの速度で太陽の周りを公転しているから太陽から見た惑星の方角は基本的にばらばらとなり、3つ以上の惑星が直線になるのは奇跡的な確率といえる。
 しかし、アニメではなんと地球から太陽系の外へ向かう流れの中で火星、木星、土星、冥王星と順番に4つもの惑星が登場してしまっているのである。

 これはどう考えてもやはりおかしく、こんなに都合よく綺麗に遭遇するわけはないのである。
 そこで気になって、このアニメの背景となった2199年時点の各惑星の位置をチェックしてみた。(笑)

 この際、上下のずれを表す赤緯については無視するが、2199年10月の地球から見た惑星の方向(赤経)を計算ソフトを使ってチェックすると、火星08h23m、木星21h59m、土星21h51m、冥王星09h59mという結果が出た。

  参考サイト:つるちゃんのプラネタリウム

 これを信じれば、2199年10月時点で火星と冥王星はほぼ同じ方向だが、木星と土星は12時間も違うまるっきり別の方向にあることになり、アニメのような順番では惑星は登場し得ないことになる。

 更ににウィキペディアの情報によると宇宙戦艦ヤマトの目的地であるイスカンダル星のある大マゼラン星雲は、2000年の計測で05h23mの方向であることから、2199年当時で比較的火星と冥王星の方向に近いということが出来る。

 アニメの物語では敵のガミラス帝国が太陽系の前線基地を冥王星に設置していたという話が出てくるが、この惑星の配置から推測すれば、理に適っている位置となっていたようである。

 まあアニメの作者が未来の時点の惑星の位置まで計算していたとは思えぬが、冥王星を利用した発想は結果的に正しいものであったと同時に、木星と土星の登場は蛇足であったということになる。

 しかし、あれはアニメだから実際とは違うと言いきってしまうのもまたロマンがなくつまらないものなので、アニメのように惑星が登場する時期は本当にないのかとそれぞれの惑星の公転周期などを基に、前後の年代を調べてみた。(笑)

 ちなみに各惑星の公転周期はウィキペディアのデータによると火星686.98日 木星11.86年、土星29.53年、冥王星247.74年である。

 で、再び上述の計算ソフトを使って色んな時期の星の配置をシミュレートしていくと、2181年の6月1日現在だと火星08h48m、木星09h17m、土星07h19m、冥王星07h49mとなり、この時期ならかなり狭い範囲、つまり同一方向に収まることが判明。

 しかも土星と冥王星は赤緯もそれぞれ+22h02mと+22h06mとなりほぼ重なる位置関係である。

 さらに、このタイミングだとアニメで登場しなかった天王星と海王星は、それぞれ00h52mと23h05mと離れた方角にあり、登場しないことに矛盾しないのであり、ストーリーが正当化されるのである。

 このように見ていくと、実は宇宙戦艦ヤマトは2199年ではなく18年早い2181年の5月ごろを出発として描いていたならば、天体運行の描写としては矛盾がなかったようなのである。

 まあ40年前に完成したアニメを今更このように検証しても仕方ないかも知れないが、検証の結果2181年なら有り得るのかも知れないと思うとちょっとワクワクはする話になった気がするのである。

中国がまだ旧暦を併用する理由

日本ではとっくの昔の明治5年に捨ててしまった太陰太陽暦(旧暦)だが、中国ではまだこの太陰太陽暦が生き続けている。
そのため1年の始まりを示す正月は、春節と呼ばれて未だに太陰太陽暦に基づいて行われる。
もちろん、これだけ世界との交流が激しくなっている現代では中国でも太陽暦(グレゴリオ暦)を公式暦として使用して、世界との共通軸を持つようになったのではあるが、一方で太陰太陽暦も捨てないでいる。

それは何故か?

その第一の理由として考えられるのは、太陰太陽暦の基礎となっている月の動きが実際の生活に大きな影響を与えているからと考えられる。
月の動きが生活に影響を与える代表と言えるのが潮の干満による水の動きである。

中国の沿海部は大陸棚の影響か浅い海底が多く、渤海湾などは干満の差の大きい場所として知られており、そこに繋がる黄河なども干満の影響を受け、満潮時の黄河周辺では洪水などのリスクが高まる時期となる。

同様に東西に長く伸びる長江でも影響は小さくなく、河口から1000キロ上流の武漢まで影響があると言われている。
さらに逆流で有名な杭州湾奥の 銭塘江なども潮の干満に影響を受けるため、月の状態によって洪水のリスクが左右される。
そもそも彼の地の逆流は潮の干満によって引き起こされている現象である。

銭塘江の逆流

このように中国では、各地に潮の干満によって影響を受ける地域が多く、そのためその基になる月の状態を暦によって知る必要がある状況となっている。

中国に限らず、太陰太陽暦を採用している地域は軒並み潮の干満差の激しいところであり、ペルシャ湾に面するメソポタミア文明でもやはり太陰太陽暦が採用されている。

逆に地中海のように地形上の理由で潮の干満の影響をほとんど受けないエリアでは、太陰太陽暦はほとんど採用されず、エジプト文明やローマ帝国などでは太陽の動きだけを基にした太陽暦が用いられているのである。

つまり潮の干満を知る必要がある中国では太陰太陽暦を捨てきれないのだと考える。

中秋の名月

中秋の名月(2013年9月の満月)

第二の理由として、植物や動物の生きるリズムが、月の動きに影響を受けていることが知られており、農業や漁業などに影響を与えているからだと考えられる。
例えばウミガメの産卵周期は海の干満と一致するし、海で育つ牡蠣なども干満の周期が大きく影響を与えているとされ、農業の上でも、太陽暦ではなく、太陰太陽暦を基に種まきなどを行うと成育が良いとされる。

それ故に、太陰太陽暦で月の動きを把握して行動する必要があり、太陽の位置だけを基にした太陽暦だけでは農業も漁業も都合が悪いのであろうと考えられる。
つまりそのために中国では現代でも新旧暦併用の状態となっているのだと思われる。

このことから考えると、日本の暦が明治の初めまで太陰太陽暦で、明治のタイミングで太陽暦に切り替えられたというのもなかなか興味深い変遷とみることができる。

古代飛鳥時代に他の文化同様に太陰太陽暦の暦を中国から輸入したというのは、単に中国から文明を学んだというだけではなく、海に四方を囲まれた日本にとっては、潮の満ち引きの大きさがわかる太陰太陽暦は都合が良かったから定着したとも推測でき、農漁業を行う上でも都合が良かったのだろうと考えられるのである。

逆に明治になって暦を切り替えてあっさり旧暦を捨てることが出来たのは、技術の進歩などにより潮の満ち引きなどの生活への影響がかなり克服された状況にあったからではないかとも推測される。

もちろん太陽暦の導入は明治政府の政治的意向(財政対策とか)があったにせよ、旧暦を捨てるにはそれなりの環境が整っていることが必要だったと私は思うのである。

ここが現在も旧暦を併用する中国との大きな違いと考えられ、現代の日本は海の干満によって洪水などということはほとんどなくなったが、中国では陸地の規模が違うために現代でも干満が非常に大きな影響を与えている状況であり、それ故の月の動きの把握が必須であり、太陰太陽暦を使っているのであろうに思われる。

現在は旧暦と呼ばれてしまっている太陰太陽暦だが、その内容をつぶさに見ていくと、単なる精度(誤差の多少)だけでは片付けられない面白い要素が沢山あり、中国ではそれがまだ生き残っているということに物凄く興味深い意義が感じられるのである。

ブルームーンは意味のない誤解の産物

 先日の7月31日は満月で、一部ではブルームーンと呼ばれ騒がれていたようだが、何故世間がこのブルームーンを騒いでいるのか私は全く理解できないでいる。
 世間が言うには1ケ月に2回満月があることは珍しいことだからブルームーンだというのだが、このことがまず何も意味を持たないと思うのである。
 1か月2回の満月というのは単に太陽暦で定めた暦より、月の満ち欠け周期が短いから時々起こりうるだけであり、人間が勝手に区切った時間の長さの中で、2回になってしまったということで、人間が勝手に決めたものである。

 つまり天体現象としては何ら特別なことが発生していない普通の満月でしかないのに、人間が勝手に時間的枠をはめて特別な満月だと思い込んでいるだけの状況である。

まあ、これが占星術上のブルームーンとして判断するなら、同じ星座期間中に2回満月が発生するのは、月の配置や角度を重要視する上で特別なことであると言えなくはないが、少なくとも一般の生活暦の中での月2回の満月は全く特別な意味を持たないのである。

さらに、この2回目の満月がブルームーンと名付けられた経緯を見ると、天文雑誌の誤解によって広がってしまったようであり、結果として命名の実際上も何の根拠を持たないものが出発点だったものとなっている。
 つまり名実とともに「ブルームーン」などと特別な言葉をつけるほどの意味のない普通の満月現象である。
恐らくロマンチック商法のイベントのきっかけが欲しいお菓子業界などが勝手につかっているのではないかという気がしている。
 世間には意味のないものの勝手に価値を作り出して売りつける商売上手な人が多く、その物事の根拠に本当に意味があるのかどうかしっかり見極めてから行動しないと、無駄に踊らされるだけのような気がするのである。